初夏の叡電旅 ♯1


初夏の青空に誘われての叡電旅!
と云ってもおもいっきり地元です。

車のほうが断然に便利だけど、それと引き換えに休日感たっぷりの時間を過ごしてきました。
e0272231_21070764.jpg
着物の色柄が夏の装いになってきましたね♪

綺麗なお姉さんに撮影をお願いしたらお気遣いくださって、ペットボトルのお茶を隠してしまいそうに!
僕の思う「旅感」を伝えて元の位置に♪

この小物が有ると無いとで全然違う画になると思うのです。

お二人は貴船口で下車、僕は再び乗り鉄続行。


[PR]
by hanashigai | 2016-05-16 19:00 |  └ えいでん・らんでん | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://hanasigai.exblog.jp/tb/24383070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nippa0927 at 2016-05-16 23:42
確かに・・絵を勉強した人はちゃんとしてます(*´∪`)
Commented by revoir-dima at 2016-05-16 23:54
着物の絵柄が夏向けに、そして浴衣に変わっていくのはワクワクしますよね〜。
ペットボトルやその他、ちょっとしたアイテムがあるか無いかは大きな違いですね。
臨場感という重要な要素に配慮しつつ、それがわざとらしく無い程度の演出。そう言うのを一瞬で気を配られるのはさすがです。
Commented by hanashigai at 2016-05-17 12:09
> nippa0927 さんへ
ありがとうございます。
好いか悪いかは別なのですが、少しは考えるようにしてます(*ノω・*)
Commented by hanashigai at 2016-05-17 12:14
> revoir-dima さんへ
晴れれば夏日になりますから浴衣のお姉さんももうじきですね〜。
ペットボトルは洗練された小物では無いですが、
自然な雰囲気になりますし、この時は「リアルな旅情」を感じさせると思いました。
「きらら」ならではな座席配列にも助けられ満足の一枚になりました。
Commented by wara☆ at 2016-05-17 15:15 x
細やかな心配りが出来るお嬢さんたちなんでしょうね~☆
季節を感じさせる色合いの御召し物も素敵です。
Commented by hanashigai at 2016-05-17 21:24
> wara☆ さんへ
wara☆さんのおっしゃるとおり素敵なお嬢さんたちでした♪
貴船の青紅葉の中を、夏色着物で散策。
素敵ですね~\(^o^)/
Commented by sarusaM1 at 2016-05-18 19:18
和服姿のお姉さんが見られるのは京都ならではでしょうね。
紅葉の時期のように混雑しすぎて「ラッシュ時状態(苦笑)」になってなく、ゆったりとした感じが良いですね。
長良川鉄道の「ながら」にもこんな感じに車窓を見られる席があります。
「ながら」にはテーブルがあるのですが、
叡電にはテーブルが無いんですね。
この席にはドリンクが置けるちょっとした大きさでもあったほうがいいと思いますね。
Commented by hanashigai at 2016-05-18 20:44
> sarusaM1 さんへ
やはり和服のお姉さんが多いのは京都の特権かも知れません!
自分の暮らす街で日常を過ごしながら冷静に考えると、
和の趣ある観光地が広範囲にあり、普段から和装が違和感なく街に溶け込んでいるのは特別な事なのだ!!と思う今日この頃です。
おっしゃるとおり紅葉の時期は「朝の通勤ラッシュ時状態」な京都の公共交通網ですが、
今時分はのんびりして好いですよ♪
「きらら」はそれこそ通勤・通学にも乗れる普通の車両なのである意味で叡電も頑張っていると思ってます。
むしろ「ながら」のような特別な列車も走らせてほしいと思うのですが、その辺りはちょっと別枠で紹介いたします\(^o^)/
名前
URL
削除用パスワード
<< 初夏の叡電旅 ♯2 耳を澄ませば >>