糺の森の光の祭

e0272231_22034308.jpg
まだまだ暑い日が続きますが五山送り火が終わり、京都は徐々に秋の気配を感じます。

盛夏のセミたちは少しずつ土に帰り、残暑を楽しむセミにバトンを渡します。
空にはトンボが乱舞し、夜になれば秋の虫たちがコロコロと合唱を始めました。

そんななか世界遺産・下鴨神社 糺の森では「糺の森の光の祭」が開催されています。
糺の森参道と下鴨神社境内をチームラボが手掛けた光と音でアート空間に変身させました。

e0272231_22071121.jpg
約460mの参道は「呼応する木々」光と音に囲まれた幻想的空間に。
週末だったこともあり参道は歩行者一方通行になる程の大勢の人で埋め尽くされました。
「呼応する球体」の入場待ちは参道入口から長蛇の列!
僕は華麗にスルーして「呼応する木々」を楽しみました。

e0272231_22055513.jpg
参道が広くなる鳥居前で屋倉がたてられ「下鴨盆踊り 下鴨御所音頭・紅葉(もみじ)節」も開催されていました。
なんと「王朝時代」まで遡るとされる歴史があるそうですが、いつのまにか途絶えてしまいます。
しかしそのまま無くならずに様々な方々の御尽力により甦り、保存会の皆さんの手で受け継がれています。
20日(土)だけの開催だったので偶然ですが拝見できて良かったと思っています。

e0272231_22080510.jpg

このイベントは「一過性のブームに終わらせず伝統行事として根付かせる」と
主催者側の発表もあるので、七月初めから八月終わりまでの京都は、
祇園祭~京の七夕~五山送り火~光の祭
と神事や行事、イベントが絶えない夏となるようです。

以下、下鴨神社ホームページから抜粋

~世界遺産の森に広がる神秘的な光の空間~
チームラボが森の参道を光のアート空間する作品「呼応する木々-下鴨神社 糺の森」と、
楼門の中の空間に「呼応する球体-下鴨神社 糺の森」を展示し、参道沿いの木々と楼門内をライトアップします。
一過性のブームに終わらせることなく、広く京都の文化価値向上を図ることを旨とし長く継続される、伝統行事として根付かせます

8月31日が最終日との事なのでまだまだ京都の夏を楽しめそうですね。





[PR]
by hanashigai | 2016-08-24 19:00 |  ├ 祭り風景 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hanasigai.exblog.jp/tb/24611248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sarusaM1 at 2016-08-24 19:30
昔ながらの風景に、現代的なライトアップが上手く溶け込んでますね(^^)
和洋折衷というか、そんな感じですね。
最近は大阪城などでも3Dマッピングがあったりしますね。
盆踊りというとどうしても郡上踊りの曲しか浮かびません。
アチコチで開催されてる盆踊りはそれぞれに曲があるのでしょうけど
Commented by hanashigai at 2016-08-24 21:40
> sarusaM1 さんへ
世界遺産・下鴨神社糺の森とチームラボの共演とあって、連日の大賑わいだそうです。
本来は人の動きに合わせてライトと音が変化していく仕掛けなのですが、
人が多すぎてそれを実感するのは難しかったです。
3Dマッピングは最近の流行りなようで「京の七夕」でも対岸の護岸壁を使って投影されてました。
盆踊りは地域に根ざした祭りなので、幼い頃から暮らしている方であれば、
故郷の盆踊りが身体に一番合うのじゃないでしょうか?
僕は引っ越しが多かったのもあるのか、いまいち故郷が何処なのか悩みます(笑)
Commented by revoir-dima at 2016-08-25 06:49
このイベント、行きたいなとは思っていたんですがスケジュールが合わず行けませんでした。
あの球体も見てみたいと思っていましたがそんなことになっていたんですね。
京都の夏のイベントとして定着すればいいですね。3-Dマッピングはもう見飽きられた感もあるんじゃないかと個人的には思っているんですが、そこはチームラボが手掛けるもの、マンネリ化してきた今の状態を一歩抜きん出て欲しいですね。
Commented by loughpaper2788h at 2016-08-26 04:45
何とも幻想的な色合いです!
その下での盆踊りも懐かしいです。田舎の実家付近では毎年やぐらを
組んで盆踊りをやっていましたが今では高齢化で無くなりました。
大事にしたい日本の文化ですね。
Commented by hanashigai at 2016-08-26 07:21
> revoir-dima さんへ
週末はとんでもない事になってるます。
正月三が日でも見られない人の多さなので、どとらかと云うとそれが驚きでした(笑)
僕は3Dマッピングは殆ど興味が無くて、わざわざそれ目当てに出掛けた事もないのですが、
あれとは一味違う光の演出になっています。
ただ再訪したいとまでは思わなかったのが本音でした(^^;
Commented by hanashigai at 2016-08-26 07:30
> loughpaper2788h さんへ
京都って盆踊りが少ないようで、今回は偶然でもそれに遭遇したのが嬉しかったです。
loughpaperさんのご実家付地域と同じで「参加者の者高齢化」が影響してるのか?
おっしゃるように「大切にしたい日本の文化」だと思っています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 京の空色 浴衣美人にクラクラの夏 ♯20 >>