エキサイティング ロケ


商品撮影でモデルに商品を身に着けて貰って撮る仕事があったのだけど、なかなかエキサイティングでした。

なにがエキサイティングか?っていうと「クライアント先の事務所内」で撮りました!
光源を考えた時、メイン光と明らかに異なる、すりガラスから入る外光と事務所内の蛍光灯をどうするかで考えた時、
蛍光灯を全て消してガラスを暗幕で覆うとなりますが・・・まぁエキサイティングだったわけです。

JPEGで撮って画像編集さんに渡すのですが、その編集さんが「WBは影響なし」と云うのでお言葉に甘えました。
さらに背景処理も追いつかず窓サッシ等が入ってしまう画角と距離でしたが「問題なし」と云うのでお言葉に甘えました。

もちろん「問題なし」=「俺が後で画像処理する」と云うのを知ってるので「申し訳ないなぁ~」と0.2秒程は思いましたが、そこが「妥協点」だったというところです。

ちなみに編集さんは元同僚で営業畑から大手企業に移籍して、今は独立したデザイナーです。
ちなみに仕事の依頼元も元同僚で営業畑から大手企業に移籍後、独立して企画ディレクションやってます。

モデルさんはセミプロでとても可愛い二十歳のお姉さんでした♪
ギャラは一人分なのに可愛いご友人が付き添いで来てらして、自ら進んで撮影アシをしてくれたりと、
お二人ともとても好い娘さんでした。
御両人ともコスプレもやってらっしゃるそうで知ってる方もおられるかも?
今後もお仕事が増えていくことを願っております。

メイドインジャパンの超高品質商品を製造卸する老舗メーカー相手に「私を筆頭」に「私みたいなポジションの者」が集まって、スチル物撮り&モデル撮りを、クライアント事務所スペースの一角でしてるのはなかなかシュールな画だったと思います。
e0272231_03400156.jpg
e0272231_03402059.jpg
写真の女子高生はテキストとは無関係。
8月の下鴨納涼古本市に大阪から遊びに来てた女の子です。
もちろん掲載許可済みですが大胆にトリミングしました(笑)
今思うとコスプレだったかも知れません。




[PR]
by hanashigai | 2016-09-16 19:00 | 美人女子スナップ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hanasigai.exblog.jp/tb/24658621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sarusaM1 at 2016-09-16 20:19
モデルが「商品」を着けて撮影、とイメージすると広告の撮影かと思いましたが、
エキサイティングな撮影ということは若者向けの雑誌の撮影でしょうか?
そういった撮影の仕事もされているんですね。
チラシやカタログなどで商品を何気なく見ますがやはり誰かが撮影されているんですよね(当たり前ですけど)。
商品を撮影するにあたり、いかにお客様が欲しいと思うような写真にしないと行けませんからね。

郡上八幡駅にやはり除雪車が有りましたね。
同じ線路上にながらの車両が止まって展示会のようでした(^^)
Commented by hanashigai at 2016-09-16 21:27
> sarusaM1さんへ
「エキサイティング」の表現は抽象的ですよね(汗)
見てくださった方が想像して楽しんで貰えると、こちらも楽しいと云う感じの意味で、
実際は「商業撮影をする上で大変でした」って意味合いも大きいです(笑)
sarusaさんが御想像されてると推察する(ファッション系コマーシャルフォト)ような華やか現場ではないです(;´・ω・)
大阪商人のコテコテの現場です\(^o^)/
郡上八幡駅の除雪車は美濃白鳥の車庫の修繕工事に伴って移動してたと思いました、
実際はどうなんでしょう?
8/27には既に来ていた気がします。
Commented by revoir-dima at 2016-09-17 10:19
マンネリ化した仕事よりもエキサイティングなシチュエーションの仕事が時々入らないと私も自分の仕事はただの作業になってしまいます。
どの分野でもそういう変化が仕事へのモチベーションになりそれがプライベートの充実につながるのかもしれませんね。
それにしても室内の物撮りのリアルが伝わってきて読んでいて楽しいです(^^)
Commented by hanashigai at 2016-09-17 20:01
> revoir-dima さんへ
仕事のエキサイティングなシチュエーションは捉え方が難しいですよね~。
本来スタジオライティングで撮る仕事なのに、それが出来ないのは予算なんですね。
僕は「趣味の写真」が充実してるので好いのでしょうね\(^o^)/
名前
URL
削除用パスワード
<< カンクウ黄昏 長良川鉄道の旅 ♯3 >>