秋の石塀小路で


久しぶりの綺麗なお姉さん撮り♪
浴衣で賑わった夏以来なので少しだけドキドキしました(笑)
石塀小路を抜けてねねの道に出たところで四人組の綺麗なお姉さんに遭遇したので勿論お願いしました\(^o^)/
e0272231_06411472.jpg
e0272231_06413241.jpg
e0272231_06412492.jpg
e0272231_06414178.jpg
e0272231_06415054.jpg
晴天の空の下、がっつりと陰に入っているのでお姉さんたちにはストロボを当てています。
それを更に明るく現像して仕上げました。

あれから何か変化があったかな?と思い、8月31日以来に来てみた石塀小路。
ネット上でも「石塀小路 撮影禁止」の件で様々な投稿があり、中には京都市の担当に問い合わせをされた方もおられ、その際に担当者は「その事態を把握してない」「私的な撮影は自由」と回答を得たとの事。
だとすればその時点で「京都市の関係担当先は既にこの事態を認識した」訳なので、そろそろ何かしらの動きがあったのでは?と出向いてみました。

相変わらず「撮影禁止シール」は貼られたままで、しいて動きと云えば此の界隈を歩く方々への「注意を促す大きめの張り出し」が付け加えられていました。
その内容は「此処の路地は静かに歩いてください」と云う極めて常識的なもので、それをわざわざ掲示しなければならない状況なのだなぁ!と改めて思う。
e0272231_06485974.jpg

皆さんお気づきだと思いますが、今回のお姉さんは「石塀小路」の入り口付近で撮ったもの。
一番上のショットを撮っている最中に、ねねの道沿いの店舗の方が出てきてらしたので、あえて石塀小路に少し入って撮ってみました。
何かお話がきければ良いなと思ったのですが、私たちを気にされる御様子もなく・・・「禁止シール」の無い店舗の方でした。
その後、路地を進んだ先で掃き掃除をされていたお母さんが居られたので、お話を伺おうと思い声を掛けてみると「えっ!撮っても大丈夫ですよ!」と驚いたご様子で「新たな注意書き」にも気づいてなかったとの事でした!

この狭い界隈での温度差に驚いてる次第です。



[PR]
by hanashigai | 2016-11-17 19:00 | 美人女子スナップ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://hanasigai.exblog.jp/tb/24935520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by renchiyan3 at 2016-11-18 05:05
おはようございます
初めましてrenchiyanことカメラ夢遊です 昨日は私の拙い写真にイイネ送って頂きありがとうございます
少し前からここに気づき拝見していました 厚かましくリンク頂いてかえります これからも楽しまさせて
下さいね
Commented by revoir-dima at 2016-11-18 13:12
リポートありがとうございます。
てことはこの界隈の、一部の方達が声を上げてる、って事のようですね。
私もここでの撮影を再開しようかなぁ。
とはいえ、ルールやマナーを守ることはこれまでもこの先も同じ。今好意的に見ていただいてる方たちまで気を悪くさせないようにしないとですね。
さて、久しぶりのおねいさん(^。^)
やっぱコレが見たいっすよぉ(^^)
ありがとうございます
Commented by view-finder at 2016-11-18 16:29
キ・キターーーーー!!!!麗しきお姉さま達!!!!!!!!!(笑)
久しぶりの綺麗なお姉さんに、ページを開いた瞬間にテンションが上がりました。
1枚目左側の方はモデル経験有りでしょうか?
なんかサマになっている感じがいたします。

撮影禁止の件ですが、商業的な撮影や、明らかに周囲の邪魔になるウエディングフォト
などを主に禁止しているのであって、このような個人的な撮影を禁止しているわけでもなく、
迷惑だと思っているわけでもないのかもしれませんね。

でも、「撮影禁止」と書かれたシールが実際に貼ってあるので、それを無視するのも
なんだか抵抗があるし悩ましいところです。

要は、「常識的なマナーがあれば問題はない」
これに尽きると思いますが、いかがでしょうか。
Commented by sarusaM1 at 2016-11-18 17:15
今の時期に和服姿の綺麗なお姉さんが見られるのは羨ましいですね。
撮影禁止の張り紙が物々しい雰囲気を出してますね。
こういった感じにしないといけない時代なんでしょうか。
今の郡上八幡は紅葉が見頃になってます。
町を行くとせせらぎの音と一緒に工事の音も響いてます。
たまにはこんな郡上八幡も良いですけど(^^;
郡上大橋は11月28日~12月10日、終日全面通子止めにして改修工事が行われます。
地図で調べてみるとお分かりになると思いますが、
あの橋が通れなくなると駅や町への買い物がもの凄く遠回りになります。
迂回路は県道の郡上八幡トンネル~城山トンネル。
交通の流れが大きく変わるので事故が起きないか心配です。
普段何気なく通っている橋もこうやってみるといかにありがたいかが分かります。
あの橋の近くに小学校の先生が住んでいたのですが、
郡上大橋ができる前、鉄橋を渡って(当時の国鉄)に怒られたことがあったそうです。
今は長良川鉄道の鉄橋と郡上大橋が並んで架かってます。
Commented by hanashigai at 2016-11-18 21:11
> renchiyan3 さんへ
こんばんは
カメラ夢遊さん初めまして。
いつもイイネばかりで通り過ぎてしまってすみません。
此方こそリンクありがとうございます♪
後ほど私も頂きに上がりますのでよろしくお願いいたします。
Commented by hanashigai at 2016-11-18 21:55
> revoir-dima さんへ
撮影禁止は町内会や自治会の総意では無いようなのですが現状は変わらずのようです。
おっしゃるように最低限のマナーを守ることはこれまでもこの先も同じですし、
今好意的に見てくださってる方たちまで、お気を悪くさせてしまう事が起こるのは辛いですよね。
個人的には「原因」を知りたい思いがあるので、機会があれば地元の方々にお話を聞けたらと思っています。
Commented by hanashigai at 2016-11-18 22:07
> view-finder さんへ
和装のお姉さんは久しぶりですから、自分も新鮮な気持ちで撮らせていただいてました。
ご覧のとおり皆さん綺麗なお嬢さんでいらっしゃいました♪
1枚目左側の方はモデル経験有りですかね?あまりコミュニケーション取れずに、
後半は「店舗の方の出かた」が気になってしまっていました。
非常に勿体無く、お姉さんたちに失礼だったと反省してます。
撮影禁止の件はあれから自分なりに調べていますが実態は掴めてないです。
view-finder さんがおっしゃるように商撮が事の発端だったのでは?と推測してますが、
それが個人まで波及したのはやはり撮影マナーなのだと思ってます。
そして現在も「撮影禁止シール」は貼ってあるので、それを知りつつ無視するのは後ろめたいですよね。
問題は「撮影マナー」だけにあらず「撮影後の写真の扱い」にあるのでは?と現時点では考えが行きついてます。

Commented by hanashigai at 2016-11-18 22:23
> sarusaM1 さんへ
京都は一年中で和服姿の綺麗なお姉さんが見られます。
そうなるまでには和装業界の方々が様々な御努力をされ行政も巻き込んで「和装」をアピールした結果と思います。
一時は本当に存続が危ぶまれたのが事実です。
やはり「撮影禁止の張り紙」は悲しいです。
此処の界隈は日本だけでなく世界的にも有名で、余りにも大勢が行き来するのでご苦労は計り知れません。
ただしあくまでも「京都の魅力ある風景の一つ」であり「京都」のネームバリューがあってこそ、
この界隈での御商売であるのも事実なわけで、訪れる観光客を全く相手にしませんと云う御商売をされているのは、
あってもほんの僅かでしょう。
逆に御商売とは関係なく暮らしがある方々もおいででしょうし難しい問題ですね。
郡上大橋の改修工事は大掛かりですね?僕はトンネルを抜けるルートも好きなので苦痛には感じませんが、
日々の暮らしをされる郡上の方々には不便極まりないかも知れません。
しかし、その先に安全や便利があるのですから暫くは辛坊が必要ですよね。
「鉄橋を渡って」(笑)・・・なんだかわかります。
Commented by wara☆ at 2016-11-19 11:40 x
若いお嬢さん方が古典的な柄のお着物を着てるのって粋でいいですよね。
皆さん自分に合うものを選ばれていてオシャレ~♪

昨日、兼六園で偶然に前撮り撮影中のグループがいたんですが、華やかな和装姿のお二人の登場に、周りの観光客も一気に盛り上がり撮影中も熱い視線が注がれ大注目の中、祝福ムードの中で和やかに撮影が行われていました。
もちろん兼六園のような広く開放された場所と石塀小路のような狭く、また居住地にある場所では全く比較の対象にならないことは前提ですが・・・それまでは他の人を押しのけてでも風景を撮影していた観光客たちもベストスポットを占領(と言うほど長い時間でもありませんが)されても優しい目で見つめ一帯がほのぼのとした雰囲気になっていたので、なんというか、そんな風にみんながルールを守り、思いやりを持って行動すれば、そういう気持ちって伝染して揉め事になりにくいのになぁと思いました。
見ず知らずの人の慶び事であっても、偶然目にするとあたたかい気持ちになれる優しい気持ちを人は持っているのにな・・・(←あ、近隣の方が我慢しろとかそういう意味ではないですよ)
石塀小路の撮影禁止の件も、発端は商業用の撮影なんだと思いますが、そういう人たちはなんというか表現は悪いけど「慌てる乞食は貰いが少ない」というか・・・自分たちで自分の首を絞め結局はいろんな人たちを巻き込んで迷惑をかけてるんじゃないかなって思ったり。
こういうデリケートな問題は難しいですよね~。
でも、掃き掃除をしておられたお母さんは、少なくともそれほどは気分を害されてないようでちょっと安心しました。

Commented by hanashigai at 2016-11-19 12:50
> wara☆ さんんへ
浴衣もそうですが近年は古典柄が増えたようで、僕も若いお嬢さんが古典柄を選んでられるのが御洒落で好いなって思っています。
兼六園に行かれたのですね!またレポを楽しみにします♪
あのロケーションで前撮りできるのは幸せですよね!
周りの皆さんが祝福ムードになってくれるのは御本人達も嬉しいことですし、そういうのって撮る側も凄く嬉しいのです。
wara☆さんがおっしゃるとおり兼六園のような超有名観光スポット、皆さんが撮りたい気持ちは同じな筈です。
自分が撮ったら次の方に譲る、先に撮られていたら順番を待つ、フレームを少し替えるなどすれば好いだけなのですが、
なかなかそうはなりませんよね。
ただ御来光など一瞬勝負なら寒く暗いうちから場所を確保した努力などもあるだろうし、なかなか譲るのは難しいでしょうね。
それらは撮る被写体で想像できますから、それを尊重して次回に自分も頑張れば好いのだと思います。
思いやりは各人の良心ですから無い人は仕方ないですが、ルールやマナーに関しては良識ですので、その個人だけでなく育ちを想像してしまいますよね。
酷い言葉を選べば「親の顔」まで想像するとかね。
石塀小路の撮影禁止の件は僕も発端を辿っていけば商用撮影と思っていて、それは昔からあったようです。
それはウエディングだけでなく変身舞妓の随行撮影などが主だったと聞きます。
wara☆さんのご指摘どおり「自分たちで自分の首を絞めた」結局ですが、残ったのは「一律禁止」と取れる意志表明でした。
それがとても殘念なのです。
ただ町内全体の総意でないのは門に貼ってある方と、何も貼って無い方がおられる事で想像できます。
掃き掃除のお母さんは貼ってない方でした。
名前
URL
削除用パスワード
<< 秋空の八坂通りで 美山の秋 >>