桜の準備はじめました。♯3

毎年同じような光景を撮ってしまう桜ですが、改めて見直してみると、場所も天候も時間も様々で、花の種類も多くて、意外にバリエーションが撮れてます(笑)
それに加えデジタル時代の現像・加工で様々な表情への変化もたのしめるから桜をやると本当に切りがないです♪

e0272231_21295477.jpg
e0272231_20505999.jpg
e0272231_21461678.jpg
e0272231_21310744.jpg


初桜・夜桜・桜雨・夕桜・夜桜・花冷え・桜吹雪・花嵐・花風・朝桜・桜狩り・花衣・花人・花の露・詫桜・桜守・桜流し・花見・鑑桜・花時・花盛り・花守り・飛花・しべ桜・花霞・徒桜(あださくら)・夢見草・桜雲(おううん)・花曇り・花屑(はなくず)・花明かり・花雫・花筏(はないかだ)・花影・零れ桜・里桜・花の雪・残桜・残花・葉桜・花筵(はなむしろ)

日本には沢山の桜言葉があって、その言葉の情景を想像してみるだけで幸せが溢れるような、時には切ないような何ともいえない気持ちになります。

が更に思い返していくと、僕には「桜」に特別に思い出深い何かがある訳では無いと気づきました。
余りにも身近にあって春が来れば勝手に咲いくれて、誰でも楽しめるのが当たり前な存在すぎるのでしょうね。

そこで、もし日本が桜の無い国だったなら、春と桜がセットでなかったら、もしくは咲かなくなってしまったら・・・と想像したら!!

なるほど桜の咲く春そのものが日本にとって特別な存在なのですね。

そんな桜の季節、もう間もなく始まります♪


[PR]
by hanashigai | 2017-03-16 19:00 | 日本四季彩風景 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://hanasigai.exblog.jp/tb/25611298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by revoir-dima at 2017-03-16 21:26
確かに、毎年この時期になると咲くのが当然という前提で心待ちにしています。
夏は暑くて秋は紅く色付き冬は雪を期待する。
感謝して愛でないといけませんね。
Commented by sarusaM1 at 2017-03-16 22:18
日本では桜が咲くのが当たり前ですが、
当たり前すぎてその美しさを忘れてしまっているのかもしれません。
一年の間で咲くのは10日くらい。
パッと豪華に咲いて散ってしまいます。
僅かな時期だからこそ美しいんですね。

最近ハマっていることがあります。
引っ越しで持ってきたデスクトップパソコンのモニターを枕の横に置きます。
そしてYouTubeで寝台特急の動画を検索すると「サンライズエクスプレス」、「カシオペア」、「北斗星」
等の全区間フルの車窓をアップした動画が有ります。
当然、動画の長さは10時間を軽く超えます。
その動画をその枕の横のモニターにフル画面で映し出すととても良い雰囲気になります。
まるで乗車しているような・・。
動画の列車の発車時刻と実際の時刻を合わせると更に良いですよ(^^)
最近のノートPCでも外部モニター出力端子が有りますし、
最近のテレビはパソコン入力端子が有ります。
試してみてください。
きっとハマる筈(^^)
今そうしながらビール飲んでます。
寝台特急に乗って車窓を眺めながら眠りにつくのが私の夢ですが、その疑似体験ができるんですから(^^)
Commented at 2017-03-17 15:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by view-finder at 2017-03-17 19:11
脱毛です・・・・・・・いえ・・・・脱帽です・・・・・

撮り方・見せ方・切り取り方・露出・場面・・・・
あまりにもバリエーションが豊富すぎて圧倒されてしまいました。

「桜」という1つのテーマで、これほど様々な撮り方があるという
すごく良い勉強になりました。

かなり衝撃的でした。

やっぱり放し飼いさんはスゴイ! と(当たり前のことを)再認識いたしました。

Commented by nippa0927 at 2017-03-17 19:22
なるほど〜勉強になります・・同じような写真にならないようにと、いつも思うのですがなかなか・(⌒∇⌒)
Commented by hanashigai at 2017-03-17 22:00
> revoir-dima さんへ
僕は春からテンションが上がっていき夏にピークを迎える性質なので、
桜が咲く季節はスタート合図のように、とても華やかさを演出してくれます。
冬は同じ寒いなら雪降れ♪って感じで(笑)
桜はもう直ぐそこに来てますね\(^o^)/
Commented by hanashigai at 2017-03-17 22:28
> sarusaM1 さんへ
桜が咲く春が当たり前過ぎて感謝を忘れてしまってる・・・全くその通りで、全く外れていますよね♪
いや、否定ではなく、僕ら日本人は桜が大好き過ぎて「日本の春=桜の春=咲いて当たり前」です・・・きっと。
たぶん桜に対する思い入れはDNAレベルで刷り込まれてるんじゃないかと思っていて、
「桜が咲く事」に感謝し、また「自分が無事に春を迎え桜に会わせてくれた事」に感謝するのは無意識の領域なのかな?
とも思うのです。
そして「そんなふうに大袈裟に思いたい」事こそが「桜と日本人」の関係性を物語っている気がしています。

寝台列車たちの動画を枕元で観覧するのは、鉄道を愛するsarusaさんらしいですね♪
僕も全く違う手法で眠る前のひと時を楽しんでます。
部屋に在る空気清浄機を「強」に設定すると、飛んでいる飛行機の座席にいる時のエンジン音に似てるんです(笑)
それは風切り音とタービンが回って出力を出している時の音が混じった「空の旅」独特の音で、
それが心地よい眠りを誘導してくれます(笑)
お互い似たような事やってますね~♪
Commented by hanashigai at 2017-03-17 22:30
> 03-17 15:54 の鍵コメさんへ
色々な思いが駆け巡る時期なのかも知れませんね。
お知らせ頂いてありがとうございました。
Commented by hanashigai at 2017-03-17 22:39
> view-finder さんへ
今日も元気なハゲです\(^o^)/
撮ってるときの気分で「撮り方・切り取り方・露出・場面」の要素が決まり、
今回のようなブログ掲載の形での「見せ方」も気分で決まっていく写真。
改めてそう思うと桜に限らず写真表現のバリエーションは無限大なのでしょうね~♪
町中スナップのお姉さん達のように沢山気を使いながら、ほんの数分で作るのではなく、
納得いくまで時間を掛けて撮らせてくれるのも好いですね(笑)
Commented by hanashigai at 2017-03-17 22:43
> nippa0927 さんへ
ありがとうございます。
でも同じ桜・場所・日時・天候等の中でのバリエーションでは無いので、見た目が変わって当たり前なのです(^_^;)
厳密には「桜テーマ」のバリエーションということで m(_ _)m
Commented by sarusaM1 at 2017-03-18 03:50
夜中に「青函トンネル」に入る音で目が覚めましたが(笑)
モニターに映し出される車窓、時折聞こえる汽笛が良いんです。
その動画のコメント欄見ると同じような事している人が多いんです。
YouTubeで検索すると飛行機の車窓「機窓」が多く有りますよ(^^)
航空法が改正されて離着陸の時も動画撮影可能になりましたから。
国内線のフル動画は勿論、
東京(NRT)発サンフランシスコ(SFO)行きノーカット NH008便17時10分発
飛行時間9時間30分完全収録 
なんて動画も有ります。
これをモニターに映し出してはいかがでしょうか(^^)
寝台列車の車窓は大きなモニターの方が雰囲気出ますが。
モニターは飛行機の窓に合わせた小さめで見るのが雰囲気出るかも知れません。
空気清浄機の「強」と合わせれば hanashigaiさんならスグに爆睡できる筈です(笑)。
Commented by croix7ley at 2017-03-18 16:58
桜ってこんなに様々な表情があるんですよね^^
hanashigaiさんが回想した一つ一つのシーンの美しさに
改めて、桜を大好きになりました...
雨でもくじけない、雨桜の情景が思い浮かぶから...
私もこんな風に撮りたい撮りたいと思っていても
思いのほか、桜の季節は瞬く間に過ぎて行ってしまう..
でもだからこそ、日本人の心に深く刻まれるのでしょうね。

もうすぐ始まる季節、でもまだ何も決めていません。
さ、どこからスタートしようかなって...(^^ゞ
Commented by hanashigai at 2017-03-18 18:31
> sarusaM1 さんへ
ネット配信映像を様々の楽しまれてるのが伺えます。
きっと寝台列車で旅を楽しんだ方々には懐かしい映像でしょうし、
寝台列車未体験の方々には羨ましいけど有り難い映像だと思います♪
僕は睡眠をとるときは部屋を真っ暗にしたいので、この疑似体験は出来そうにありませんので、
sarusaさんのレポで楽しませていただきます。

Commented by hanashigai at 2017-03-18 18:51
> croix7ley さんへ
きっと日本中の桜に同じようなシーンがあるのでしょうね♪
例えば近所の公園にある一本桜が名所の桜と比較すれば物足りない風景でも、
それがそこにあるのは春に桜が咲いて皆が喜ぶのを想像しながら「皆でそこに植樹したから」なのですよね。
もちろん山桜等の野生桜も含めればすべてが人の手によるものでは無いですが、
それらの背景も想像しながら一年に一回の桜のひと時を有り難く楽しんで撮っています。
ライトアップされない桜、生憎の雨空の桜、住宅街に咲く桜、花冷えでも凛々しい桜・・・全てが愛おしいと感じます。
今回の「桜シリーズ」はフィルム写真を含めない10年分の桜写真です。
一回のシーズンでは撮れない写真でも一年に一枚、二枚だけ、三枚と撮れれば×10倍の写真が残るので、
あっという間に過ぎる桜の季節を思いのままに撮られれば良いのだと感じます。
そしておっしゃる通り「桜の儚さ」と「日本人の美意識」が強く結びついてるから、
日本で桜が愛されるのだと思います。
leyさんの今年の桜も素敵なひと時になりますように\(^o^)/
ブログ掲載が楽しみです♪
Commented by wara☆ at 2017-03-19 10:26 x
つい最近、急になんの脈絡もなく、頭に『ヒサカタノヒカリノ・・・』の詩が浮かび「そうだよなぁ、ほんとそう!」と思いながら、でも、桜が他の花達のように一ヶ月くらい咲き続けられる花だったら、ここまでみんなが桜を待ちわび、散りゆくことを寂しく思うこともないのも・・・と、思いました。
儚いからこそ、心にクルというのもあるんでしょうね〜。

Commented by loughpaper2788h at 2017-03-19 12:51
毎年思うのですが桜の撮影は難しいですね!今年は少し遠くに行って
撮影してみたいと思います。hanashigaiさんの京都桜写真楽しみにしています^^
Commented by hanashigai at 2017-03-19 19:00
> wara☆ さんへ
高校生くらいで習うのでしたっけね?
当時は殆ど何も感じませんでしたが今改めて読むと「やっと訪れた暖かい春を皆が喜んで迎えているのに、櫻の花だけが急いで散っていく姿、その儚さ」の情景を思い描くことができますね。
ある程度の人生を生きて初めて、僕は「儚い」の意味をちゃんと理解したのだと思いました。
桜だけではないのですが日本人の美意識は繊細だなぁ♪と思います。
Commented by hanashigai at 2017-03-19 19:04
> loughpaper2788h さんへ
おっしゃるように桜の撮影は難しいですね。
そしてまだ見た事のない桜風景を追い求めてさまよってしまいます。
僕も今年に撮りたい桜を見つけてあるので、その桜に会うのを今から楽しみにしてます。
お互い短い桜風景を楽しみましょうね\(^o^)/ 
名前
URL
削除用パスワード
<< 信楽高原鉄道を訪れてみた 春美人が京都に春を呼ぶ♯2 >>