信楽高原鉄道を訪れてみた

仕事帰りに滋賀県・信楽鉄道を訪れてみました。
e0272231_23360772.jpg
↑随分以前に夜の沿線を撮った事があるのですが、まだ明るいうちに来るのは初めての事。この時は気が付きませんでしたが当時はレールバス車両が現役で走ってたようです!
それにしてもディーゼル車のローカル線は趣があってよいですね♪

e0272231_20131835.jpg
最初は「信楽駅」を目指して国道を走っていましたが、運転中に目に入った駅が気になり一端通り過ぎるも引き返したのが「紫香楽宮跡駅(しがらきのみやあとえき)」です。
空が蒼くて「高原の鉄道駅」らしい画が撮れるタイミングだったのが気になった理由でしたが、なんだか物々しい名称の駅でした。
ホームの時刻表を見ると20分もせずに列車が来るので待つことに。
そして緩やかな坂の直線を駆け上って現れたのは、派手なカラーリングの信楽鉄道車両!(以前の記憶ではもっと地味だったのですが!!)
調べてみると今年デビューしたての「SHINOBI-TRAIN」というのだそうです。もしかするとラッキーだったのかも知れません。

e0272231_20131095.jpg
焼き物の里だけあって信楽焼狸が出迎えてくれる此処「紫香楽宮跡駅」は、滋賀県甲賀の自然に囲まれる中、絶妙なバランスで起伏とカーブと直線の線路が敷かれてるので、一回の列車通過で色々撮れそうな抜群のロケーションです。

SHINOBI-TRAINが軽やかに警笛を響かせながら、遮断機の無い踏切を通過して駅に到着。此処で誰か降りて来るといいなァ~と狙いましたが・・・一日の乗客が千人にも満たないローカル鉄道らしく殘念ながら閑散としたものでした。

右下写真の撮り鉄お父さんは大津から信楽高原鉄道を撮られにいらしたそうです。フジの単焦点高級コンパクトをお使いで渋いな~♪と思いながら楽しいお喋り時間をいただきました\(^o^)/

e0272231_20133285.jpg
撮り鉄お父さんにお勧めされた駅に向かうも・・・「吊橋を渡って行く駅」の吊橋が予想以上に高い橋で、ユラユラ揺れる橋にビビって駅に到達できませんでした(汗)駅チカの家のお父さんに、車を停めさせて貰うまでしたのに情けなかった(T_T)下から見た時は「楽勝やん♪」って思ったんだけど・・・(^_^;)

で仕方ないので国道から見えた「勅旨駅(ちょくしえき)」に立ち寄ると、此処が思いの外イイ感じの佇まいでした。

今回はたまたま思いつきの寄り道でしたが、此処も時間を掛けてゆっくり撮り歩いてみたい鉄道でした。
季節は新緑から真夏の頃の昼間が好だろうな♪きっと高原鉄道に相応しい画が撮れると思います。

偶然に立ち寄った「紫香楽宮後駅」の話し。
元々は「信楽」ではなく「紫香楽」だったのを、近代に読み書きしやすく変えちゃったんだろうなぁ、なんて思っていました。
しかし帰宅してから調べてみると、それは僕の早とちりのようです。
正倉院時代の文書に「信楽」表記が登場するも、「紫香楽」表記は見当たらず、日本書紀を編纂(へんさん)した続日本紀(平安時代に書かれた奈良時代の歴史資料)に初めて「紫香楽」の名が出て来るのだそう!
とすると編纂時に何かの理由で「紫香楽」に替えた事になるのが推察できます。
もちろん「信楽/紫香楽」の何方にしたって相当に古い時期の表記には違いないですが、最初に使われたのが「信楽」だったらしい事が意外でした。
そして驚いたのは「信楽宮/紫香楽宮」は、奈良時代に「都」に定められ栄えた歴史がある土地だったこと。
それは今の長閑な風景からは想像もできない事実でした。

思いつきの寄り道で奈良時代まで遡ってタイムトリップできたのが面白かった一日でした。

[PR]
by hanashigai | 2017-03-20 19:00 | 鉄道風景 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://hanasigai.exblog.jp/tb/25622573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by revoir-dima at 2017-03-20 20:30
良い一日でしたね。
私はなかなか上っ面しか取材できないのでいろいろ勉強になります。
名前一つにしても歴史があり意味がある。
奈良にはそんな名前がゴロゴロしてます。
そういうのを知り、思いを馳せ、目にして感じるって心が贅沢になる気がします。
Commented by hanashigai at 2017-03-20 23:46
> revoir-dima さんへ
ありがとうございます。
信楽高原鉄道は六年ぶりの訪問で、前回は友人とブラブラ走ってて偶然に遭遇した感じです。
特に予定をたてずに大雑把に方向だけ決めて出掛けてしまうのは昔からのようで(笑)
上っ面しか取材できないのと云うの謙遜し過ぎかと思いますが、
dimasさん御自身が求める写真表現が今よりももっと高い次元にあるのが伺える御言葉です。
暖かくなり積極的に活動する季節、ますます写真熱に力が入りそうですね♪
Commented by sarusaM1 at 2017-03-21 10:21
雰囲気の有る路線ですね(^^)
こうやってみると全国の第三セクター路線は似た雰囲気なのかもしれませんね。
長鉄と樽鉄を乗り比べても大まかな雰囲気は似ていました。
車窓や車両は違いますが、駅や線路の造り、ノンビリと走る所。
信楽高原鉄道は近江鉄道と繋げる計画が有るそうですが、
その近江鉄道も面白そうな私鉄です。
西武グループの鉄道なんですが、
地方私鉄なのに非常に高い技術力のある100年以上の歴史のある車両工場を持っており、
全般検査や改造はもちろん、新規に車体を造ったり他社からの中古車両を大胆に改造したり、
「1/1鉄道模型」と言われているほどです。
信楽焼と言えば狸の置物ですよね。
海外で狸は意外と知られていなくて、架空の動物だと思っている人が多いようです。
車でひるがの高原に行ったりしてますが、なかなか野生動物に遭遇しません
Commented by hanashigai at 2017-03-21 19:17
> sarusaM1 さんへ
おっしゃるように第三セクターは何処も似た雰囲気ですね。
沿線風景の違いは車窓に現れるでしょうけど、第三セクターになる経緯も似通ってる筈ですし、
駅舎や施設等も似てくるのも仕方ない事で、鉄道会社としては色々やりたくても、
これまた同じような事情で全てをできないから、それが似た雰囲気をだすのだと感じてます。
でもそのお陰で郷愁を感じる鉄道風景に出会えてるのですよね。
近江鉄道は電化された路線で沿線も比較的賑やかな路線のようです。
個人的には余り興味がありませんでしたが(下道で郡上にいく時は近江鉄道の横を通るんで余計に)
100年以上も存続する車両工場と聞くと興味がそそられますね♪調べて機会があれば尋ねてみようと思います。
信楽焼と言えば「狸」ですよ\(^o^)/
海外ではタヌキが架空の動物と思われてる事もあるって!驚きました。
図鑑とか映像で観たりしないのですかね?架空の動物と云えば僕の中では「龍」が筆頭です。
Commented by loughpaper2788h at 2017-03-22 04:53
結構山の中に入った場所と見ました。栃木県鬼怒川温泉から福島県会津に向かう電車
がありますが似た雰囲気があります^^
そこは、ところどころに集落がありますが、山間の駅は観光客くらいかなと思います。
hanashigaiさんも色々な場所にお出かけで有名な場所だけでなく写真スポットは結構
あるものですね。。
Commented by hanashigai at 2017-03-22 19:12
> loughpaper2788h さんへ
信楽高原鉄道の名のとおり山間の町を縫うように走る鉄道です。
一時間に上下一本が走るだけでなので、かなり寂しいのですが、
それは日本の多くの第三セクターローカル鉄道と同じような事なのですね。
以前は観光シーズンであれば大勢の乗客で賑わったそうですが、
新名神高速道路が整備開通され鉄道沿線への自動車でのアクセスが気軽になった分、
鉄道は乗客が減ってちょっと大変みたいですね。
色々な場所に行くのは「仕事ついでが殆ど」ですから普段は、地元でウダウダしてます(笑)
Commented by sarusaM1 at 2017-03-22 19:48
車、購入手続きしてきました(^^)
ダイハツの中古ですが、結構いい車だと思ってます。
どんな車かは納車したらブログで書きます。
はじめて買う自分の車ですからワクワクしてます。
hanashigaiさんの所有していたカプチーノはそこまで無かったと思いますが、
最近の車は色々機能が有りすぎるくらいですね。
座席に重い荷物載せたりするとシートベルト不着用でピーピーなったり。
(その場合は空でベルトを閉めるようです)
衝突安全装置などついていますが、ドア開きっぱなしでも走っちゃうのは何とかしてほしいですよね。
空いていたら警告灯は出ますが。
性能が良くなっているので軽でもグレードの高い車ですと新車で200万近くします。
ちなみにダイハツはトヨタの完全子会社です。
トヨタの軽自動車部門みたいな感じです。
トヨタの技術が使われているので性能が高いんです。
日野自動車もトヨタグループで、実質トヨタの大型自動車部門です。
ドライブレコーダーは必要ですね。それが有れば過失割合でゴタゴタしなさそうです。
車載動画なんですが、ガラスに吸盤で張り付ける雲台が有りますね。
Commented by hanashigai at 2017-03-23 18:47
> sarusaM1 さんへ
お車の購入おめでとうございます。
マイカーがあると時間に効率よく移動できるようになって行動範囲が広がりますから、
此れからの季節、乗り始めにも丁度良いですよね~。
カプチーノは現代の車と比較すると便利な機能装備が無くてシンプルな車でした。
オートロックや電動格納ドアミラー、パワステもなかったです。
それらの機能をそぎ落として軽い車に仕上がってるのが魅力でしたよ。
トヨタとダイハツは20年程前くらいから関係が親密になりましたよね。
その分、親会社の販売・開発戦略によって本当に作りたい車が作れてないのでは?と思います。
ドラレコはあれば何かの時に役立つと思いますが、やはり役立てる必要が無いようにしたいと思います♪
お互い安全運転、もらい事故も無しで行きましょうね\(^o^)/
Commented by sarusaM1 at 2017-03-25 12:11
カプチーノはシンプルで魅力的な車ですね。
最近の車は便利機能のおかげ?で値段が高くなっている気がします。
昔は軽自動車なら新車でも100万でお釣りが来ますし普通車でも150万程で買えたはず。
今は軽で170万以上普通車は250~300万以上はします。
新車も考えましたが保険などを含めると200万を突破しそうなので。
軽自動車でトヨタのマークが入っているのを見かけると思いますが、
製造しているのはダイハツです。トヨタの営業云々でそうなっているそうです。
軽自動車って事だけで、機能は友人のトヨタの普通車に近いです。
4WDに表示もお知らせもなく勝手に、いや自動的に切り替わったりするところが(^^;
高原へ車で行って満点の星空を撮影したいですね。
バスだと不便ですし、誰かの車の運転で行くと気を使います。
一人で自由に動けるのが良いですね。
飛騨高山、乗鞍周辺で車中泊におススメの場所は有ります?
花粉症は突然治るそうですね。
それがいつ、どのようにしたら治るのかは医者にも分からないそうですが。
車ばかり運転していると本当に運動不足になりそうです。
今から自転車で郡上八幡一周してきます。
郡上のひな祭りは「月遅れ」と言われているのでまだやってるんです。
Commented by hanashigai at 2017-03-25 23:39
> sarusaM1 さんへ
日本車の価格は各社頑張っているなぁ~と云う印象ですが、低価格に越したことはないですよね。
今でもグレードを選べば100万程度で購入できる車はあって、それはいわゆる快適装備を省いてある車で、例えば私が昨年購入した車も低価格グレードがありました。
ですが便利まみれに染まった私にはベースグレードを選ぶのも、それはそれで難しかったです(笑)
今はマイカーの納車が楽しみでワクワクの毎日と思います。
御質問の飛騨高山・乗鞍周辺で車中泊におススメの場所ですが、トイレもありますし、いづれも道の駅が無難だと思います。
花粉症や運動不足、現代病と云っても良いとおもいますが、運動不足は特に私も気を付けなければならない世代です。
数年前の写真と比べると嘘のようです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 奈良・東大寺金堂と二月堂 桜の準備はじめました。♯3 >>