只今準備中

ようやく咲き始めた京都の桜。
まだまだ蕾が多くて咲き始めの木が殆ど!
「只今準備中」の桜たちだけど、私はこうやって待っている時のワクワク感が凄く好きです♪

e0272231_07454567.jpg
e0272231_07455523.jpg
週間天気予報を確認すると今週は日毎に気温がグングンあがるみたいで、一気に咲いてしまうのかも知れない。
ゆっくり、のんびり咲いて欲しいな。


[PR]
by hanashigai | 2017-04-03 19:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://hanasigai.exblog.jp/tb/25665873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by revoir-dima at 2017-04-03 22:58
気温はぐんぐん上がっているようですが、週末は天気は下り坂のようですね。
私は多少の雨は別にいいんですが、お着物の方の出足が鈍るとなぁと思います^^。
そうそう、ちょっと教えていただきたいことがあるんですが、昼間におねいさんとか撮影されるときにストロボで日中シンクロされてますよね。
その時の設定ですが、私の場合(勉強中ですが)
・レンズは解放1.8
・シンクロスピード(1/200)では到底明るすぎ
・したがってハイスピードシンクロでマニュアルフル発光
・クリップオンではなく手持ちでスレーブ、出来るだけサイドから発行させる
・小さなデフューザー付き

ここでハイスピードシンクロにすると光量が落ちていると思うんですが、普通のシンクロスピード200時のフル発光と、
ハイスピードシンクロのフル発光ではどのくらい光量が違うんでしょうか。
また、何か他に影響する因子がありますか?
すいません、よろしくお願いします。。。
Commented by hanashigai at 2017-04-04 05:51
> revoir-dima さんへ
まずフル発光に対してFPフル発光では1/4~1/10に落ちるなんて言われてますが実際はテストもしてないので知りません(^_^;)
いや、身も蓋もない回答ですみません(笑)
FP発光はSS1/250以上の高速SS時で補助光が必要な時に使うので、カメラ側にオートFPの設定をしてて(通常シンクロ設定ではシンクロ値以上の高速SS撮影をできませんので)意識しないでもFPが必要な条件で、SB900・SB800ではSS1/4000まで勝手にやってくれるから気にした事ないんです。
僕が補助光(一灯)を使う時の街SNAPでお姉さん撮りする流れは、先ず環境光の背景露出をSSで決めてから、補助光を当てる姉さんの露出をテストしながら決めていきます。
御存じのとおりかなり限られた撮影機材・撮影時間・ロケーションの中で撮るので、写真仕上がりの優先順位を決めてそ妥協点は妥協しながら、対応できる範囲で割り切って撮ってる感じです。
で御質問の状況を想像すると、開放絞り・スレーブ・サイド光・デフューザーの撮影条件で、フル発光が必要な照射角と撮影距離があり、加えて背景露出は結果SS1/200以上になるからFP発光(ハイスピードシンクロ)設定するわけですね?その流れのなかで、光量不足を気にされてるので補助光機材の容量等を変えない場合の解消方法は、ISOを上げる・照射角狭くする・補助光機材を被写体に近づける事で対応するくらいしか思いつきません。
御質問から的が外れた回答かも知れませんが、思いついたことを書かせていただきました。
Commented by revoir-dima at 2017-04-04 06:46
いえいえ、大変満足のいく回答をいただけました!ありがとうございました。
アドバイスいただいた事、私もなんとなくそうなんじゃないかなーと思ってはいたんですが、確信を持たせていただきましたありがとうございました。

それにしてもFP発光だと一般論とはいえそんなに落ちるんですねぇ。日中屋外なので正確な数字はあまり意味が無いと思いますので、感覚的に知っておきたかったんです。なるほどぉ。

私が本日アップしたブログで少しストロボ記事を書いてますがあれは補助光ではなくちゃんとした照明です。
あれとは別の話だと思います

最後にもう一つ、ディフューザーをつけてもTTLって有効なんですか? 私はそうは思えないのですが、、、。
なのでついついマニュアル発光が確実、と思ってしまいます。ただ、光量設定が恐ろしく面倒です(^^;;
Commented by hanashigai at 2017-04-04 22:20
> revoir-dima さんへ
お役に立てたようで良かったです。
FP発光とマニュアル発光のフルでは発光時に手に伝わる感触でも出力が大きく違うのを感じます。
僕はフル発光する状況が少ないので、此れまで全く気にした事がないですが、FP制御が入るときはアカンと感覚的に使ってます。
コメ返してからdimaさんの記事に伺うとストロボの事が書かれてあったので、僕の返事内容とは思い描く仕上がりが違うので、それようのコメントに書き換えようか迷ったのですが、今回はそのままにしました。
TTLでディフューザーを使ってもその制御は有効だと思います。
ただマニュアル発光が確実という感触でしたら、タイムラグも無いマニュアル発光で撮るのが一番だと思います。
僕はTTLを多用します。
どのみちテストするのでカメラの出した露出にどれくらい調光するかを考える方が手っ取り早いので。
Commented by revoir-dima at 2017-04-04 22:49
重ね重ね、うぬぅと納得のいくご説明ありがとうございます。
仰るように、私の記事での事と今回お伺いしたことは別の話です。
なるほど、ディフューザー使用でもTTLは有効ですか。となればもうちょっと積極的にTTLを使ってもみてもいいかもしれません。
ちょっと考えてみます。なにせ設定が相当面倒なので^^;

色々ありがとうございました。
私の周りにはカメラを持ち写真撮影を趣味としている人はたくさんいますが、こういう話を聞ける方がいず、
いつもネットのグーグル先生か放し飼い先生しかいません。
ということで、これからもよろしくお願いします(^o^)
Commented by hanashigai at 2017-04-05 17:24
> revoir-dima さんへ
TTLは計算の必要がないので飛躍的にクリップオンストロボ使用が簡単になりました。
ズームレンズに連動してオートズームするストロボもあるので、それらに慣れてしまうと他の物を使えなくなっちゃいます。※ワイド・ノーマル・テレで手動切り替えしてた時代もあったのですから!
加えてデジタルカメラの撮影後再生でテストもできて、ストロボが身近に使えるようになりましたよね♪
懸念されてるようにTTLは完全ではないです。
が、しかしカメラの自動露出が完全でないのと同じなので、経験値を積んで仕上がりイメージに対応したセッティングをする能力を身に着ける事で求める絵になるようにすれば良いと思っています。
やってみないと知らないままですから、dimaさんのチャレンジ精神は素晴らしいと思います。
此方こそ今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by sarusaM1 at 2017-04-05 19:55
京都の桜も咲き始めてますね(^^)
名古屋周辺は五分咲きくらいでした。
桜は咲きはじめましたが、週間予報見るとまた嫌な予感が・・。
車は明日納車です。
名古屋駅西の量販店に行きましたが、ビデオカメラを載せるサイズの吸盤式雲台が高価すぎて諦めました(^^;
アクションカメラがもう一台買える値段でした。
車載動画に使おうかと思いますが持ってるアクションカメラはバッテリの持ちが悪いです。
調べてみると三脚を助手席に固定する方法も有るそうですが、固定できる自信がありません。
万が一走行中運転席側に倒れてきたら大パニックになるかと・・(^^;
自分の車とはいえ雲台をガムテープ等で固定する勇気は有りません(^^::
何か良いアイデアはございますか?
運動不足なのでジムへ行こうかなっと思ってますが車を買った上、
退職金やら色々後回しになって収入無しなのでまだ行けません(汗)
郡上八幡のはじめていく床屋の主人に、
「ラグビーか何かやってみえた?」と言われましたが全然やったことが有りません。
ガタイが大きい、らしいんですが、全くそんなこと考えた事有りません。
でもその一言でジムに行こうと思ったのですが・・。
通販で買う服は、腹は問題外ですが(笑)肩周りがキツくなるのはそのせいかも知れませんね。
お店で買うよりワンランク上のサイズを買ってますが・・・。
同じサイズでもモノによって全然基準が違うのでしょうか?
特に若者向けの服が小さくなる傾向が有ります。

自動車学校の車でよく頭をぶつけました。
友人の車に乗ったときもいい音がしました。
セダンタイプの車は慣れが必要です(笑)
車を買うときもちろんそれは考慮して有ります。
Commented by hanashigai at 2017-04-05 21:41
> sarusaM1 さんへ
ここ数日で各地とも随分と咲いたみたいですね。
そして車の納車が明日と云う事で楽しい事が沢山の春になりましたね。
特に昨日今日で随分咲き進みましたから、のんびり構えていたのに急に始動しなければいけなくなりました。
吸盤式雲台が高価過ぎたようですが、三脚や雲台は意外に高価です!ただ比較対照がアクションカメラとかだと三脚や雲台の歩が悪くなるのも仕方ないです。
それが必要で選択肢がないようでしたらそれを選ぶのが良いと思います。
で様々な理由で無理な場合は「知恵を絞りつつ妥協して技術でカバーする」しかありません。
例えば、助手席三脚固定は手っ取り早く目的達成率も可能性が高いのでその一例ですよね。
どんな場合でも「求める画を作るための妥協ない準備と撮影労力」か「妥協点を認識して画作りするか?」ですし「そのリスクも妥協点の中に入れる事」で「結果に納得できる」と思います。
運動不足は僕も同じな悩みです(笑)
もう中年ってよりは高齢者が迫っているのを実感する年齢ですが、体脂肪率5%以下を保ってた時は、毎日5~10キロを泳いでた頃です。
今はそんなストイックな自分を取り戻せないでいます・・・もう年齢なりに成り行き任せの体たらくぶりを炸裂させて朽ち果てる方向性なんだと認識してますよ~(汗)
Commented by sarusaM1 at 2017-04-06 13:02
車納車しました♪
車載動画撮影はドライブレコーダーでも一応出来ますね。
SDカードの容量次第で何十時間も撮れるようです。
有効画素数100万画素。
ビデオカメラよりは落ちますがそこそこの画素数です。
ナビの使い方が分からず説明書で勉強中です(^^;
Commented by 放し飼い at 2017-04-06 14:50 x
> sarusaM1 さんへ
マイカーの納車、おめでとうございます\(^o^)/
桜の季節にも間に合って好かったですね♪
おっしゃるようにドライブレコーダーも車載動画機器にできますし、電源も車から引っ張れますから、
メモリーカードの容量次第と設定でかなり撮れますから、先ずはそれで試してみるのも良いと思います。
以前はナビ無しで何処にでも出かけてましたが、今はナビが無いと遠くに行ける気がしないです(^_^;)
一回覚えればあとは同じ設定の繰り返しですから、頑張ってくださいね\(^o^)/
それにしてもワクワクの春になりましたね~♪
Commented by view-finder at 2017-04-06 19:05
僕も放し飼いさんの「京都さくら便り」をワクワクしながら待っている状況です!!
いつ届くかとソワソワしながら待っています。

それにしても・・・僕は目黒川ですら「ものすごい混雑」だと思っていたのですが、
京都とは比較にならないほどぬるい混雑だと知って驚愕しております(笑)

京都は人と人との間に隙間がなくなってしまうほどギューギュー状態になるということですか?
もともと人混みが嫌いな僕なんか想像するだけで目眩がしそうです!

毎年毎年そんな状況の中で、こんなに素敵な作品の数々を生み出していらっしゃることを
知って、なおさら尊敬の念が沸き起こっております。
Commented by oyamasuki_Y at 2017-04-06 21:46
こちらはまだつぼみですね
なんせ先週は雪降ったくらいですから・・・
いまだにファンヒーター稼働中&行くところは氷点下です 笑
ですが山も少し遠ざからないと・・・
今の時期は雪崩が凄いです

京都の桜見に行きたいですね
ミーハーですが哲学の道が好きなんですよ
Commented by hanashigai at 2017-04-07 06:14
> view-finder さんへ
ありがとうございます。
ここ数日の暖かさで京都も一気に咲きだしてしまいました!!
もう少しゆっくり南のエリアから攻めていくつもりでしたが、既に市内中心を撮り歩く感じです(^_^;)
同じエリアでも木によって咲き進みのばらつきが大きくて、不思議の感じております。
混雑具合は有名処と凄~いですが、様々な理由で少なめに感じる場所も見受けられました。
「人と人との間に隙間がなくなる」ってのは大袈裟ですが、目的の場所にたどり着くまでの超混雑も含めるとそんな場所も多いです。
昨日夜から雨が好い感じに降ってくれてます♪
Commented by hanashigai at 2017-04-07 06:29
> oyamasuki_さんへ
流石に寒い地域ですもんね。
以前、GWに八ヶ岳をぐるっと一周撮り歩いた時に、小海辺りで桜を撮れた思い出があるので、
今年は久しぶりにその時期まで桜を追いかけられるかも?なんて期待してます♪
此方は徐々に暖房は着けなくなりました。
oyamasuki_さんの撮影エリアで僕が到達できない地点、まだまだ極寒ですよね。
雪崩等どうぞくれぐれもお気をつけください。
※ベテランですからその辺りは十分に予測されて、山に入れない時期と場所も熟知されてると思います。
僕も哲学の道は好きですよ♪
沢山の種類の桜を花見しながらのんびり歩けますもんね。
あそこはライトアップが無いので夕方からは静寂感があって凄く良いです\(^o^)/
名前
URL
削除用パスワード
<< 京都の桜、はじまりました♪ 桜美人とおかめ桜 >>