春の樽見鉄道を訪ねて

かねてから計画していた春の樽見鉄道訪問を実現して参りました。
何故に春か?と云えば「根尾谷淡墨桜(国指定天然記念物)」の見頃(薄墨色の頃)に合わせて訪問したいオプション付きだったのです♪
そんな樽見鉄道フォトスケッチ、暫しお付き合いください。
e0272231_00280514.jpg
樽見鉄道本社がある本巣駅に到着したのが13:00過ぎ。

正月にロケハン済みですから、桜の咲き具合&空模様と睨めっこしながら訪問日を決めて再訪するだけ♪と、三月上旬には気持に余裕があったのに、結果的には見頃タイミングには合わせられませんでした。
そして、とどめは出発日の未明から明け方に掛けての春の嵐・・・桜が散ってるのを覚悟しての訪問だったのです。

そんな事もあって青空の現地に気分は (´∀`∩)↑age↑になりました。

e0272231_00273183.jpg
e0272231_00274899.jpg
樽見駅で回送の車両があったので先ずはそれを見学しました。
レールのポイント切り替えを手動でされているのですね!樽見鉄道はディーゼル機関車両で運行するので、燃料給油等で普段から見れそうな場面ですが私には珍しい光景です。
係員さんが一つの作業の初めと終わりに、何度も何度も指差しで安全確認されてるのが印象的でした。

本巣駅での回送作業を見届けた後、車を沿線沿いに北上させて、今回の樽見鉄道撮影行の本番が始まっていきます\(^o^)/
暴風雨の後とはいえ、終点の樽見駅はもちろん途中の駅や沿線の町にも沢山の桜がありますから、もしかすると!?と云う若干の期待はある訳です(笑)

e0272231_00235013.jpg
が、しかし桜と鉄道風景を撮りたい思いは空しくも・・・予想どおり各駅の敷地や沿線にある桜の下は、風に飛ばされ雨で流された、まだ瑞々しい花弁がドッサリ!
でも例年と同じ開花時期であったならこの光景すら見れていなかったのですから今回は満足せねばなりません♪

e0272231_01361772.jpg
最上段左コマが根尾谷薄墨櫻。花弁は随分散っていましたが、まさに三大巨桜の一つと云える迫力の存在感!そしてただ大きいだけでなく美しい樹影を堪能できました♪
本巣駅から樽見駅までの各駅で見頃であれば華やかだろうなぁ~というのを、来年以降に向けてのロケハンと云う事で納得の今回です(笑)

そんな少し寂しい春の訪問でもガッツリ撮った駅が一つだけあります。
次回はそれをポスト致しますので、暫しのお付き合いよろしくお願いします。


[PR]
by hanashigai | 2017-04-25 19:00 | 鉄道風景 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://hanasigai.exblog.jp/tb/25714627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by revoir-dima at 2017-04-25 23:51
これが有名な樽見鉄道なんですかぁ。
放し飼いさんにして珍しい光景となれば私には初見なもの目白押しかもしれませんね。
桜は残念と言えば残念かもしれませんが、おっしゃるようにだからこその景色も見られ、
逆に来年行っても見られないかもしれませんしね。
私も撮り鉄ゆる鉄、やってみたくなってきました^^
Commented by 放し飼い at 2017-04-26 18:47 x
> revoir-dima さんへ
樽見鉄道を再訪してローカル線鉄道に改めて魅力を感じました。
僕は地元の叡電を極たまに撮るくらいが殆どで、鉄道に関する知識もありませんから、その分、見た目の印象から入って自由に楽しんでます。
今季は此処でのピーク時期の桜を逃しましたが結構満足しています。
人気のタルテツですからピーク時には制限がかなりありそうですし(笑)
大阪にも堺電気鉄道がありますから、やってみると楽しいかも知れませんよ~?
Commented by sarusaM1 at 2017-04-26 22:50
樽見鉄道の本巣駅は駅構内が広い事にお気づきかと思いますが、
それはかつてセメントの材料の石灰石を運ぶ貨物列車が有った名残です。
その鉱山や工場は今も操業してますが、トラック輸送になってます。
2枚目の写真の右奥に続く線路の左側に左にカーブしていく線路跡が見えますが、
それが貨物専用線の跡です。
それが活躍してた頃は客車列車もあったそうです。
YouTubeで検索して頂くとその映像が出てくる筈ですが。
今は1両の気動車が走る路線です。
ポイント切り替えを手動でされているのは驚きました。
長鉄は私の見る限り全部自動です。
桜は残念でしたね。でも雰囲気を楽しまれたようで良かったです(^^)
多分それと同じ春の嵐で郡上八幡周辺の桜は一気に散ってしまいました。
樽見鉄道の大垣駅はJRの駅の中に有ります。
岐阜県の第三セクターの中で唯一JRと線路が繋がってます。
物理的には同じホームで名古屋方面の新快速に乗れますが、
ICカード使ってるとややこしくなるので一旦改札出る必要が有ります。
Commented at 2017-04-26 23:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hanashigai at 2017-04-26 23:51
> sarusaM1 さんへ
樽見鉄道・本巣駅の錆びついた線路(途中でなくなっている)は僕も気になって、この時に現地で自分なりに調べました。
sarusaさんがご指摘の線路(二枚目)は正にセメント工場へ続く貨車専門の線路だったそうです。
構内の錆びついた線路と、それが曲がってゆく先に見えるセメント工場と眺めながら、高度経済成長時代のこの鉄道と沿線界隈の繁栄を想像しつつ、現状を鑑みると言葉にするのが悲しい・・・故郷が衰退し寂れていくのを見ているような気持ちが込み上げました。
全てのポイント切り替えが手動か?は不明ですが、少なくとも本巣駅構内で車庫・燃料補給区画へは、手動で管理されているのかも知れません。
桜は残念でしたが、殘念でもなかったような(笑)前日の天気予報で予測しつつそれでも春の此処に訪れたい気持ちが勝って達成できたのですから(全行程600キロに迫る距離なので)
今回、樽見鉄道の現在に接し、全国の同じような第三セクター鉄道の現状と将来等を深く考えさせられました。
そのあたりは気持ちを書きなぐる程度にまとめてみるつもりです。
Commented by hanashigai at 2017-04-26 23:52
> 04-26 23:08の非公開コメさんへ
いつも面白いお話をありがとうございます。
今後とも宜しくお願い致します。
Commented by loughpaper2788h at 2017-04-27 03:46
樽見鉄道の詳細は存じませんでしたが、しっかりロケハンされて出かけられたようで流石です!
レールのポイント切り替えを手動で行っている場所があるんですね。

桜のタイミングはしょうがないですよ。。
私も先週ネットで満開とあり出かけたら散っていました(苦笑)
Commented at 2017-04-27 08:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hanashigai at 2017-04-27 14:13
> loughpaper2788h さんへ
樽見鉄道は僕も具全に知ったのですが、沿線の風景が素晴らしい鉄道でした。
レールのポイント切り替えを手動で行なえるのは、一時間に一本しか運行してないからなのでしょうね?
それと此処に限っては頻繁にポイント切り替えする事もないようです。
桜は咲いてればラッキーと思う程度、殆どの場合でその時の状態を楽しむようにしています(笑)
ネットの桜(紅葉)情報ってあまりあてになりませんよね。
Commented by hanashigai at 2017-04-27 14:14
> 04-27 08:35の非公開コメさんへ
参考になる情報ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。
名前
URL
削除用パスワード
<< 春の樽見鉄道を訪ねて♯2 長浜曳山祭と湖北の桜 >>