今年の桜♯1

GWを終え季節は初夏に。
晴天ならば陽射しの強さを肌に感じるようになり、いつのまにか春が過ぎてました。
近所の田んぼには水が張られカエルの合唱がとても心地よいです♪

そんな夏に向かう季節ですが「今年の桜」を今更まとめました m(__)m
e0272231_19131553.jpg
スッキリ晴れ空だった印象が殆ど無い今年の春(桜の季節)
むしろ雨が多かった気が・・・それでもカメラを持っていれば、その時にしか撮れない風景に出会えますね。

e0272231_19130216.jpg
「綺麗なお姉さん」ばかり撮ってた昨年と違い、今年は他のテーマを持って桜を追いかけていました。
でも観光地で桜があれば「綺麗なお姉さん」もいらっしゃる訳で、脇見しないようにするのは難しいですね。

e0272231_19132758.jpg
雨のアスファルトに落ちた花びら。
よく観察すると薄ピンクの花弁にまじって、完全な透明の花弁まであります!
色素だけが抜けて花弁の形はしっかり残っているのが、美しくも不思議な物でした。

e0272231_19134742.jpg
長年続いた「祇園白川の桜ライトアップ」は今年中止に。
イベント中止って事態は大変に残念な事なのですが、理由を知れば仕方ないですね。
でも実は此処の界隈の夜桜は街灯りだけでも十分に美しいす。
 


[PR]
by hanashigai | 2017-05-10 19:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://hanasigai.exblog.jp/tb/25759172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by revoir-dima at 2017-05-10 21:50
祇園白川の夜桜。街灯りだけでも十分楽しめますね。
なのでライトアップしないからといって人が減るわけでもなく、
イベントないので警備員も配置することなく危険だけが残った状態。
なんて聞きました。
確かにイベントキャンセルは無理もないですが、ムツカシイ話ですね。

今年の桜、お姉さんがいないのはさみしい気もしますが、「桜」を表現した写真に感服しました。
ちょっと私にはこうは撮れないし、発想やイメージも出てこないです。。。
Commented by nippa0927 at 2017-05-10 23:52
流石にうまいまとめ方ですね・・いつも参考になります
見ることは肥やしになりますね〜(*´∪`)
Commented by hanashigai at 2017-05-11 00:25
> revoir-dima さんへ
今年の祇園白川のライトアップイベント中止によって全体の来訪者は激減した印象です。
そのぶんかつての風景(~2008年くらいまでの時期)が取り戻された雰囲気で、僕は懐かしい気持ちで歩く事が出来ました。
「警備員さんが居ない事で危険だけが残った状態」っていうのは、僕は違う気がしていて、
あの場に限定する言い方で卑怯かも知れませんが「安全はそれぞれ個人の責任で担保するもの」だと思うのです。
あの一帯は生活・御商売の場であり、そもそも普段から生活道路ですが、ライトアップイベントに合わせて警備員さんを配置し、観光客に対して交通安全への協力や、近隣施設などへのマナー配慮のお願い等の注意を促し、更に車両通行規制までして「花見客」の安全性確保に努めてきましたが、それに胡坐をかいて横着する輩が余りにも多すぎたと思います。
僕が実際に見た酷いと思うエピソードも沢山あります。
なので一旦リセットする時期なのだな~と、理解して今年の祇園白川夜桜を楽しみました。
お姉さんは桜美人ポストで燃え尽きたので、次回は昨年のリベンジとして祇園祭・宵山でガッツリいきたいです♪
本当は京都以外でお姉さん(あくまでも声掛けで)を撮りたいんですが・・・(笑)
Commented by 放し飼い at 2017-05-11 02:30 x
> nippa0927 さんへ
ありがとうございます
そう言っていただけると励みになります。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by sarusaM1 at 2017-05-11 09:00
今年の桜もあっという間に過ぎてしまいましたね。
今年はいつも以上に撮影出来たと思ってます。
京都の桜は綺麗でしょうね。
一度は桜の時期にも行ってみたいです。
自宅前の田んぼも田植えが終わり、夜は蛙の大合唱です。
そういった自然の「音」は心地いんですよね。
GWの時に郡上八幡駅に行った時に、「ながら」発車時刻ににご乗車されるお客様が1名いらっしゃらない、
という事が有りまして、連絡を取ったら、そのお客様が乗っている路線バスが渋滞に巻き込まれ遅れているとの事。
約5分後にそのバスが到着、そして「ながら」はお客様を乗せて出発していきました。
バスが遅延したのでなく他の都合だったらどうなったのかが気になりますが。
Commented by view-finder at 2017-05-11 13:36
ため息が出るほど素敵すぎます・・・

とくに1枚目の作品は芸術的すぎて感動いたしました。
まるで雪が降っているような光景ですね。

色のバランスも美しすぎて、絵ハガキとしてたくさんの人に
送りたくなるような作品です。

最近の放し飼いさんの作品は、このように明瞭度を落としたような
写真が多いですが、個人的にすごく好きです。

2枚目の2人の着物姿の女性も最高です。
全身が見えないほうが想像力が掻き立てられて、より色っぽく
艶やかな絵になりますね。
そして左側の女性の手の表情がまた最高で・・・
こんな素敵な瞬間を逃さずモノになさるのですから、
いつもながらアッパレです。

それにしても、最後の写真を見て思いましたけど、やっぱり観光客が
すごく多いのですね。皆さん気合いが入ってますね!
とくに右から4番目の方・・・(笑)
Commented by hanashigai at 2017-05-11 21:22
> sarusaM1 さんへ
あっという間に花の季節が終わって、桜並木は今、新緑に満たされて爽やかな風景を作っています。
新緑も美しくていいですよね~ヽ(^o^)丿
今年は沢山撮影できたそうで、何よりだと思います♪
京都の桜、もちろん綺麗ですが今年初めて訪れた樽見鉄道沿線も素晴らしかったです。
写真的には花が散っていてイマイチなのかも知れませんが、あの沿線の桜風景を想像して楽しめたのが良かったです。
季節の音風景の中でカエルの大合唱は大好きな音色です。
※皆に変わってると言われますが実は蝉の大合唱も好きなんです
おっしゃるように自然の「音」は心地いんですよね♪
「ながら」の乗客待ちのお話し、ちょっと驚きました!一本の線路上を分刻みで正確に運行するのが鉄道ですから、路線バスの渋滞到着遅れをリカバーしてくれるなんて凄いですし、そのバス会社との連携も凄いなぁと思います。
もちろんそれが出来る限界時間はあるのでしょうけれど、ナガテツの素敵なエピソードな気がします。
Commented by hanashigai at 2017-05-11 21:54
> view-finder さんへ
励みになる御言葉ありがとうございます。
一枚目は大粒の雨が落ちてきたところでイメージ作りしながら撮りました。
桜と雪を絡めるのは近年の京都では難しいので、狙ったとおりの写真になって嬉しく思ってます。
シャドウとハイライトを操作して疑似HDRを作り、元画像とレイヤーを掛け合わせながら
ガウス処理して絵作りしています。
お気付きのとおり春からこの方法で画像加工してブログアップしていますが、まだ技法の研究中でもあります(^_^;)

二枚目の女性の手の表情、お気づきくださって嬉しいです。
お顔が見えないぶん、手と足先の表情が全てを決定する写真だと思ってます。
運よく身体を少しねじっった瞬間でしたから艶っぽさが増しています。
こう云うのは狙ってもなかなか撮れないのでラッキーでした。

最後の写真ですが記事テキストにもあるように、昨年までライトアップがあった界隈です。
此れでも花見客が激減した風景なのですよ~。
※昨年だと写真撮る人と歩行者で三列渋滞の感じでしたから(笑)
右から4番目の方、そうとう頑張ってますよね~。
祇園の繁華街なので車も多く、写真ばかりに集中しないようにしなければ!と思いながら撮るようにしています。
自分の動作が事故の切っ掛けになる事もありえますので。
Commented by wara☆ at 2017-05-12 09:49 x
私も二枚目の写真、素敵だな~と思いました。
表情が見えない分、胸元に手を当てて・・・満開の桜を見上げて感嘆の表情を浮かべているのかな?と。
見えない可愛い笑顔を想像しました。
お着物の色も濃い色と淡色とで、桜の色とのコントラストが楽しいですね☆

いろいろな事情で各地でのイベントがなくなったりしています。
表に出ている事情も、出てこない事情もあることと思いますが・・・なんにせよ真ん中の横顔の方みたいに、みんなが自然に笑顔になれる場所・風景があり、それを各自が大切に思えたら・・・いいなぁと思います。
Commented by loughpaper2788h at 2017-05-12 20:03
一枚目が好みです。なんか雪が降っているように見えました^^
素敵な写真だと思います。
Commented by hanashigai at 2017-05-12 22:27
> wara☆ さんへ
ありがとうございます。
二枚目の写真は胸元に手を当てて歩く姿が春爛漫の喜び全てを表してる気がしています。
「満開の桜を見上げて感嘆の表情を浮かべているのかな?」と気持ちや表情までも想像しながら観て頂ける人は、そんな場面を自らも経験されてるでしょうし、その一人がwaraさんで良かったなぁ~と思いました♪

各地のイベントが縮小されたり中止になったりして、それはとても残念な事です。
おっしゃるように「訪れた皆が自然に笑顔になる」ことで「主催者や協力関係者も笑顔になれる」筈なんです。
でも来場者側の振る舞い等の問題が目立ってくると「来場者の笑顔」と「主催関係側」の笑顔のバランスが崩れてしまう・・・せっかくのイベントが悩みの種になるのは悲しい事ですね。
ただ今回の祇園白川ライトアップ中止の決定に限って云うと、私は花見客さん何人かとお話ができて、更にTVインタビューも受けたりしながら過ごした結論は、イベント中止でも此処に来る方々には「おおむね中止決定に納得・理解」されてたようです。
四枚目写真、真ん中の方の笑顔は本当に素敵だと思いますし、この光景を撮っていて僕も幸せでした。
Commented by hanashigai at 2017-05-13 00:56
> loughpaper2788h さんへ
晴れれば華やかな春と、まだ寒さが残る季節の狭間のイメージで仕上げました。
近年の京都は桜と雪を撮れる機会が減ったので♪
Commented by renchiyan3 at 2017-05-13 04:28
おはようございます
私一枚目のようなブルー系の写真好きです でも自分では
中々撮れない・・・
Commented by hanashigai at 2017-05-13 15:35
> renchiyan3 さんへ
こんにちは
一枚目は元画像を加工処理してるので、それと比較するとかなり印象が違うんですよ~。
撮ったままでなく自分が心地よい加工をしてポストするのもありだと思っています。
近年はフリーソフトも充実してますので色々と試されると面白いと思います♪
名前
URL
削除用パスワード
<< 今年の桜♯2 新緑の二ノ瀬駅 >>