祇園祭の余韻

今年も京都祇園祭の宵山行事・山鉾巡行の二週間が終わり、私の祭熱ような症状も少し落ち着き、今は祭りの余韻を楽しんでおります♪※祇園祭は7月31日の疫神社夏越祭で厄祓いを終えるまで、関係者の方々は気の抜けない日がもう数日続きます。

今年は前祭後祭共に山鉾巡行は観れませんでしたが、宵山行事の数日間はたっぷり撮り歩きしました。
夏美人だけしか撮ってないと思われるかも知れませんが、そんな事はないんですよ♪

e0272231_21203275.jpg

e0272231_21212670.jpg

e0272231_21204293.jpg
毎年同じようでも街の風景が変っていくなか、時代の変化に流されて萎んでしまわないのが日本の祭り。
京都祇園祭も2014年には50年ぶりの後祭復活、2015年には大船鉾が150年ぶりの再建復興・山鉾巡行への復帰を果たし益々盛大な祭に進化しております。
今年も時に粛々としめやかに、時に華やか豪華絢爛に神事・行事が執り行われ、京都の夏を彩る祇園祭の一ヶ月が過ぎて行こうとしてます。

ここ数年の宵山行事の数日間で特筆したいのは「ゴミのポイ捨て」が格段に減ってること。
少し以前なら視線を道路脇に移せば「ゴミ溜めの祇園祭」という恥ずかしい状況でしたが、今年は22箇所もの「ゴミステーション」が設置され、ボランティア活動の皆さんが分別ゴミ収集活動をしてくださっている結果が「ゴミ散乱の減少」です。
少し歩けば「ゴミステーション」がある、そこまで持っていれば適切に捨てれるというのが確実に浸透して、数年前から年々、綺麗な宵山を楽しめるようになったのが嬉しいです♪

余談ですが、大船鉾の再建計画を新聞で知った十数年前・・・「この不況のご時世では頓挫もありうる」と内心に思ったのは、巨額資金は鉾町だけでは捻出できないのは当然で、寄付を募るにも日本経済が冷え切った時代背景だったと記憶しています。
※私が持っているガイドブック(2008年発行書)でも、「休み山(焼け山)」であった当時の大船鉾再建・復帰はまだまだ前途多難、先が長い道のりである事が書かれてあります。

あれから十数年を経て大船鉾は見事に再建・復帰をされて今では後祭巡行の殿の大役を務める鉾になりました。
e0272231_18234903.jpg
ただただ情熱と信念で地道に大船鉾再建・復帰にご尽力された関係者の方々に頭が下がりつつ、携わりもしない癖に新聞記事を読んだだけで諦めた、あの時の自分を恥ずかしく思い出して、反省しながら大船鉾を観覧するのが、僕の後祭でもあります。

そして今の「休み山」である「鷹山」も再建・巡行復帰を目指して御尽力されてる事を知りました。
鷹山(再現図)の立派な姿を観ると、途方もない時間と莫大なお金が掛かり苦難もある筈なのはあの時の大船鉾と同じだけど、今は必ず再建復興できると信じる事ができます。
e0272231_21211281.jpg
最後は鷹山の祭衆の方に後姿をとらせていただいたショットを。
既にお囃子は復活し、鷹山は2026年の山再建・復帰を目指しております。
皆さんも復帰を楽しみに、鷹山の応援をどうぞ宜しくお願い致します。


[PR]
by hanashigai | 2017-07-28 19:00 |  ├ 祇園祭 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://hanasigai.exblog.jp/tb/25938084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by revoir-dima at 2017-07-28 21:01
夏乙女だけでなくこうした本質を根拠とご自身の思いとできっちり押さえられているのへ流石です。
どのお祭りも伝統行事も、その継承や存続には並大抵ではないご尽力されてることと思います。
そういう様々な歴史に自分はどう関われるのか。
何もできないようでそうでなはく、自分なりの発信をする事で知ってもらい関心を持ってもらい足を運んでもらう。
そうである事を信じて、私は写真を、ブログを続けてます。
今年は祇園祭りには行けませんでしたし来年も行けないかもしれません。
それでも鷹山は楽しみだし2026年の再建まで、微々力ながら、応援したいと思います。
Commented by hanashigai at 2017-07-28 22:44
>revoir-dima さんへ
ありがとうございます。
おっしゃる通り日本古来から続く祭事・伝統行事などなど、その継承存続に大変な御尽力がある筈です。
そして日本が日本であり続けるには、何としても歴史を絶やしてはいけないと近年は特に強く感じています。
dimaさんが感じてるように、自分なりの関わり方を見つけるのは素晴らしい事です。
僕は自分自身が関心を持って接するだけで、興味の輪が広がって行くんじゃないか?って思うんです。
自分にとっての写真は生活の糧でもありますが、「興味ある物を撮って、残しておきたい」と言う考えは、中学生だった頃から変わっていません。※記録保存方法は様々変化してますが。
京都祇園祭は日本の数ある祭のほんの一つ、dimaさんが「観たい・撮りたい・残したい・伝えたい祭り」を、ブログにポストされるのを僕は楽しみにしています。
そしてdimaさんの応援、鷹山にとっても大変心強いと思います\(^o^)/
Commented by nippa0927 at 2017-07-30 19:33
シリーズとしてずっと拝見してましたが、ちゃんと抑えてらっしゃいますね、さすがに見習うところが多いです
誰かが素晴らしいと思うものを、そのまま継承出来たら・・写真はその一つですよね、そう思います(^▽^)/ 
Commented by loughpaper2788h at 2017-07-31 04:29
京都祇園祭の宵山行事・山鉾巡行が2週間ですか! 京都の歴史が凝縮された壮大な祇園祭なんですね。
多くのお客様の中で撮影が大変な状況と考えますが素晴らしい写真を撮られており私が出かけた気分になりました。
Commented by hanashigai at 2017-07-31 11:54
>nippa0927 さんへ
ありがとうございます。
お姉さん7:祭り風景3ぐらいの気持ちで撮り歩いてました(笑)
京都祇園祭は本日で終了しますが、暫くは余韻も楽しめそうです。
nippaさんも来年は、混雑がない後祭に是非いらしてください\(^o^)/
Commented by hanashigai at 2017-07-31 12:05
>loughpaper2788h さんへ
丸二週間もあるので祭り好きにはたまりません♪
17日の山鉾巡行の前後に梅雨明けするのも、京都に夏を運ぶ祭りとして知られるところです。
前祭は観覧客が多くて大混雑ですが、後祭はのんびり撮り歩きできて良いですよ~\(^o^)/
Commented at 2017-08-01 18:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-08-01 18:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hanashigai at 2017-08-01 22:17
>すみか さんへ
先ほどはありがとうございました。
写真送りますので少しお待ちくださいね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 夏乙女♯6 夏乙女♯5 >>