正寿院・風鈴まつり♯2

前回に引き続き正寿院「風鈴まつり」

数枚の写真だけを見て事前情報にしてたので来てみてビックリ!
お寺の境内に入ってしまうと、見上げる空の殆どが風鈴で埋め尽くされてるような感覚!これは異次元と言っても好いでしょう\(^o^)/

e0272231_16273326.jpg

私は鉄風鈴をベランダに吊るして夏の音を楽しんでますが、此方は硝子風鈴。

音が続いていく余韻が素晴らしい鉄風鈴とは一味違う、キレの良い爽やかな音色が魅力です♪加えて圧倒的な数があるので、一斉に鳴る時の音圧っていうのかな?とにかく迫力も凄いです。


e0272231_16272582.jpg

この日は概ね晴れ空でしたが、流れる曇のおかげで青空を取り入れたり、光の変化も存分に楽しみながらの撮影。
光を透き通らせながら涼しげな音を奏でるのが硝子風鈴の魅力ですね♪

e0272231_16274154.jpg
レベルとアングルと、さらにレンズ画角も変えながら…結構なバリエーションを撮らせて貰いました。

e0272231_16271782.jpg
大勢の拝観客さんを無理に画面から排除せず、積極的にフレーミングして場の雰囲気も押さえます。
表情をガッチリ捉えなくても皆さんの楽しい様子が伝わるように、仕草にも気を付けながらショットしました。
※浴衣美人の三人組さんがいたので声掛け撮影&掲載許可もいただきましたが、今回のポストには合わないので掲載見送りました。


それにしてもマイカーでなければ相当にアクセス不便な正寿院さんなのに、それを感じさせない大賑わいはどういう事でしょう?

鉄道最寄駅が「京阪宇治駅・JR宇治駅・近鉄田辺駅」、そこから路線バスで宇治田原町内の「維中前バス停」まで約30分、そしてコミュニティーバスに乗り換え「奥山田バス停」まで約17分、そこから更に徒歩約10分を要するので、乗り継ぎに要する時間もプラスすると決して楽に来れるお寺ではない筈…にも関わらずなのです!

ここ数年ローカル鉄道も撮るようになって知ったのが、利用客の減少に歯止めがかからない鉄道路線が多く、また一日の乗客数1000人に満たない鉄道もある事。

正寿院さんで楽しげに過ごす人達を眺めながら、ふとそんな状況の鉄道路線の事が頭に思い浮かびました。

例えば、大井川鉄道・いすみ鉄道・わかやま電鉄・九州JR、そして私の好きな長良川鉄道もそうですが、イベント列車やアイドルキャラクターが沿線住民以外の乗客、すなわち日常の交通手段としてでない乗客を呼び込むことに成功しているようです。
この例えでは沿線イベント(例えば、長良川鉄道で言えば、郡上おどりや白鳥おどり開催中は、放って置いても乗客が見込める)は入れないで、鉄道会社自らの企画で乗客を呼んでいる事に注目です。
※「いすみ鉄道」は「いすみ鉄道 社長ブログ」で社長自らが、積極的に会社の取り組みを発信されてて、とても楽しく拝読しています。

これらの鉄道会社の詳しい経済現状や企画による収益効果の割合も知りませんし、そもそも移動手段としての存在が本来の役割ですから、お寺の催しに集まる観光客と単純比較するのはナンセンスですが、それでも「近隣・沿線以外の人をターゲット」に「人を寄せる魅力つくり」を積極的に行った結果が、今の正寿院なり、例えに挙げた鉄道の賑わいなのは明らか。

正寿院で言えば、お寺が在る宇治田原町は観光客が多い地域でもなく、周辺に観光スポットが沢山あって巡りやすい等の好条件も無いにも関わらず「交通が不便な立地(しつこいって?)に、ピンポイントで大勢の参拝者が集まる事実」は、かなり衝撃的で、SNSなどの口コミ情報伝達のスピードと世界規模で情報拡散される時代の好条件も手伝ってはいますが、やはり大変に興味深い出来事と思いました。

その正寿院と人気鉄道が人を呼ぶ共通点は、ただ一点「コンテンツの魅力」であり、それは多少の不便を跳ね除ける力がある事を証明していました。

積極的に情報収集目的で訪れたのでもない中、自然にそんな事を考えさせられながら過ごした正寿院さん。
ここに来れば悟りを開けるかも知れません♪


[PR]
by hanashigai | 2017-09-06 19:00 |  ├ 寺社仏閣めぐり | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hanasigai.exblog.jp/tb/26025193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by revoir-dima at 2017-09-07 11:41
私もここに行った時、駐車場の車の数よりもどう考えても参拝者の数が圧倒的に多い。まさか、公共交通機関を使ってきてるのか??
と、信じられない思いでいましたが、どうやら皆さんその間逆の方向でこられてました。
今のSNSやインスト映えブームとうまくマッチングしている部分もあるでしょうが、それでも相当な努力をしないとたどり着けないここ。皆さんがぞろぞろとここを目指して歩いている姿を想像するとすごいものを感じます(^^;;

私はこの記事を読んで貴船神社が頭に浮かびました。
あそこもまた一級の集客力を持つ場所です。
放っておいても参拝者や観光客は来るでしょうが、それでも何やかんやとイベントを行ってます。
なのでまた、行きたくなります。
この正寿院さん、一度は行ってみたい所ですが2度目はどうでしょう。
私が行った時は堂内でヨガが行われてましたが、あのロケーションに勝つ次のコンテンツが要る気がするんですが。。
Commented by hanashigai at 2017-09-07 18:34
>revoir-dimaさんへ
交通アクセスの不便さはハードルが高い場所だと思ったのですが、見事にそれを撥ね退けていましたね。
先日ポストした美大生三人組さんは、東京からのご旅行で、此処のお寺の為にほぼ一日を使っている筈ですから、その集客力はやはり凄いと思いました。
貴船神社も季節の文化や風景を巧みに取り入れた不定期&時間限定の催し、例えば「七夕飾り」や「雪の日のライトアップ&開門時間延長」など積極的に活動されてますよね。
僕は「風鈴まつり」が終わってから正寿院に再訪しようと思ってます。
本堂拝観と客殿も観てないからもありますが、素の様子に興味を持ってしまったので。
秋はまだしも、長い冬に徒歩10分以上を掛けさせるのは厳しそうなので、だからこその初夏から秋口までの「風鈴まつり」なのかな?と思いました。
名前
URL
削除用パスワード
<< 小さな訪問者 正寿院・風鈴まつり♯1 >>