八重山チャージ♯7

沖縄県石垣市竹富町に属する…いや八重山諸島の一つ、竹富島のお祭り「十五夜(ジュングヤー)」は子孫繁栄と健康を願う祭り。
竹富島も含め八重山地方のお祭りは旧暦開催が殆どですから、旅行で訪れた私が見物できたのは本当にラッキーでした♪

※突然に竹富島のお祭りなのは10/29から本日31まで、竹富島最大の祭り「種取祭(タナドウィ)」が開催されてたから。と、お祭り記事連投の流れに此れも乗せました(笑)
e0272231_17192887.jpg
「東集落(アイノタ)」の旗頭「太陽頭(ティダチカラ)」を先頭に祭衆が集落を練り歩きあいのた会館を目指す。

竹富島には東集落の他に「西集落(インノタ)」「仲筋集落(ナージ)」が在り、各集落にそれぞれの旗頭があります。
祭り行事は同時進行なので一人での同時撮影は物理的に不可能、自分がお世話になってる宿集落の旗頭を撮らせて貰って大満足でした♪

e0272231_17112820.jpg
あいのた会館前で旗頭を掲げるのも習わしです。
島内観光の水牛者が珊瑚砂の道を過ぎていき、八重山情緒たっぷりの風景が目の前に!

会館前の宝印帆の横に小さく写る人物は、沖縄写真家の大塚勝久氏。
同じ宿に宿泊でしかも相部屋!数日を過ごす間、個人レクチャーをいただきラッキーな時間を過ごしました。

e0272231_17105593.jpg
真っ青な秋空に向かって高く掲げられていくティダチカラは、まさに太陽が空を駆け上がり新しい世が始まっていくような荘厳な光景!まさか竹富島の中で御来光を拝めるとはラッキーではありませんか♪

フィルムカメラのニコンF3とニコンFE2で一枚一枚を巻き上げながら撮っていた時代で懐かしいです。

e0272231_17114052.jpg
この時はアイノタ集落の宝船が新らしくなった年で、組み立てと飾り付けの様子も見物できました。
この宝船は琉球地方伝統の漁船・サバニ造船職人さんの手造りと云う、かなり本格的な造りの船との事。


祭り法被を見ても分かりますが竹富島の祭りはとてもカラフル♪南の島の鮮烈な色彩が各所に感じられます。力強い太陽や鮮やかな木々・花々などは勿論、集落の家々も含めた島の風景色に負けて馴染んでしまわないように、ビビットな色使いがされてるのが印象的でした。




[PR]
by hanashigai | 2017-10-31 19:00 |  └ 八重山チャージ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hanasigai.exblog.jp/tb/26145363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by revoir-dima at 2017-11-01 12:02
これはまた私には私には珍しいお祭りです。
まず見たことがない、おそらく知る機会もなかったお祭りで大変貴重なものを見せていただいています。
青い空に赤がとっても映える、そして空気感が沖縄のそれをとってもよく表している写真たち。一層の臨場感です。
改めて、旅はいいなと感じています。
Commented by wara☆ at 2017-11-01 17:53 x
すごくラッキーで、いろんな意味で充実した旅だったんですね~!
色のパワー炸裂な写真たち。
もちろん皆さんの熱気とかが写真には写らないけど出てるからなんでしょうね♪
子供と年配の方が多く、青年の姿があまり見えないのはたまたまでしょうか?
若い人達は都会に憧れて島を離れているのかなぁ?
女性が見えないのは男性だけのお祭りなのかなぁ?と、見知らぬ土地のお祭りに想像が膨らみます。
水牛車のシーサー(かな?)がピースしてるの、笑いました( *´艸`)かわいい!
Commented by hanashigai at 2017-11-01 21:03
>revoir-dimaさんへ
Dimaさんがご存知ないのも無理ないのは、「十五夜祭」は八重山地方でも竹富島の祭りなんです。
僕もこの時まで全く存在を知りませんでした。
九月中旬過ぎなので既に秋空ですが一日を通して、Tシャツ+短パンで十分なのが夏好きの僕にぴったりの島です。
思い出のポジを眺めてると、また旅に出たくなってきます。
Commented by hanashigai at 2017-11-01 21:24
>wara☆さんへ
沖縄本島や八重山の旅は毎回、本当に充実してました。
民宿に泊まるので他の旅人と話す機会もたっぷりで、そうして知り合って今もお付き合いを続けさせて頂いてる方が大勢いて有難いことです。
おっしゃるように八重山は色のパワーが凄くて天然極彩色の風景に圧倒されます。
青年が少ないのは石垣島の離島である竹富島は、高校生になると石垣島での寮生活が始まり、その年頃の島民が少なくなります。
ただし竹富島は高速船で石垣島まで10分程ですから通ってる子もいるかも知れません。
その先の進路によっては沖縄本島や本州に出られる方も多いので、戻ってくる時は結婚や家業を継ぐ等のタイミングが多いみたいです。※でも民宿のヘルパーさん等は20代の若い方が多いです。
ご名答!十五夜祭は男の祭りなのです。でも女性が全く居ないわけでもないんですよ~。
関空から二時間半、石垣港から10分で美しい沖縄の島に巡り会えますから、wara☆さんも是非旅行してみてください。
名前
URL
削除用パスワード
<< 京都亀岡祭♯2 京都亀岡祭♯1 >>