叡電二ノ瀬駅の大もみじ♯2

小雨が降ったり止んだりの日で気温が高くモヤっぽい一日、二ノ瀬駅の様子を見に寄り道しました。
e0272231_17263548.jpg
この日は完全に暗くなってからの到着です。前回よりも紅葉が進んでいました。まだ緑が多く感じるかも知れませんが、日当たりの良い外側の葉は先に染まり内側はまだ青く、その差が大きいのが此処の大椛。そのぶん二ノ瀬駅の紅葉は秋色グラデーションが美しいのです。

e0272231_17262724.jpg
いくぶん霞がかって幻想的でした。紅葉シーズン始まったばかりの平日なので人気の「きらら」はガラ空きです。平日の叡電旅したいなぁ。

e0272231_17264714.jpg
撮っているのは私だけで列車がいなければ静寂に包まれた此処。駅舎裏の山斜面で「パキッ」っと小枝が折れる音!直後に甲高い鳴き声が!!私の気配に気づかなかった鹿がすぐ近くまで降りて来ていました。餌を食みながら発する鳴き声が、山間の集落にこだまします。そしてそれが徐々に遠ざかり、山の奥に消えていくと再び静寂に。二ノ瀬駅の秋夜らしい時間でした。


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



[PR]
by hanashigai | 2017-11-09 19:00 |  └ えいでん・らんでん | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://hanasigai.exblog.jp/tb/26164118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aitoyuuki32 at 2017-11-09 19:18
京都もそろそろ紅葉が始まりましたね
もう2週間もすれば満員の叡電なんでしょうね(^-^;

Commented by revoir-dima at 2017-11-09 20:51
今年の秋は、私にとってスケジュール的に次の日曜がワンチャンスのようです。
午前中は京都でロケがあるので使えるのは午後。さてどうしましょうかね。
この時間の二ノ瀬も見たいんですが、夜はそこまでの時間がない。
やっぱいつもの東山ですかねぇ。南禅寺辺りも行ってみたいし。悔いのないように時間を使いたいです。。。
Commented by hanashigai at 2017-11-09 22:16
>aitoyuuki32さんへ
こちらも徐々に秋が深まってきました。
2週間後の「きらら」きっと凄い混雑になってる幡豆です(;^_^A
Commented by hanashigai at 2017-11-09 22:24
>revoir-dimaさんへ
秋のスケジュールが充実されてそうで何よりです。
今週末は京都にお出でなのですね?ロケとの事でその写真を拝見できるのか?楽しみです。
僕は仕事ですが終わってから夕方の二ノ瀬駅に行ってみるつもりです。
東山界隈の紅葉は始まり程度ですが凄い賑やかだと思いますし、ならば着物のお姉さも大勢だと思います♪
僕も今秋の東山界隈、撮り歩きしなきゃです。
Commented by G7_2007 at 2017-11-09 22:55
初めまして。shibazoさんのブログからこちらにやって来ました。
二ノ瀬駅、随分前に撮ったきりでしたが、このお写真を見て久しぶりに撮りに行きたくなりました。
フォローさせてもらいましたので、よろしくお願いします。
Commented by hanashigai at 2017-11-10 11:28
>G7_2007さん
初めまして。shibazoさんのブログからお出でくださったとの事、ありがとうございます。
早速G7さんのブログで以前の二ノ瀬駅を楽しませていただきました。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
Commented by view-finder at 2017-11-15 14:13
いよいよ紅葉がはじまりましたね。
紅葉は全国で見られるますが、やっぱり秋の京都は別格なんだなと最近思います。
色々な写真やCM映像を見て、いつもため息をついております。
これまで以上に秋の京都に対する思いが強くなってきたので、放し飼いさんが届けてくださる
素晴らしい数々のお写真をますます楽しみにしています。

それにしても、突然パキッと音がして振り向いたら鹿・・・なんとも素敵なシチュエーションですね。
東京近郊ではまずあり得ないことなので、想像しただけでウットリしてしまいます。
Commented by hanashigai at 2017-11-16 16:16
>view-finderさんへ
紅葉といえば信州方面に出掛けていたのが昔の事でしたが、今は京都や滋賀辺りで楽しむのが増えました。
京都風景の魅力に気づいたのが此処7~8年なので、TV等では京都特集も組まれる事が多い時期、知らなかった魅力に気付かされる事もしばしば。
当たり前だと言われそうですがなかなか奥が深いのを実感してます。

写真の二ノ瀬駅は谷にある駅なので、直ぐ後ろは貴船・鞍馬の山深い自然が広がっています。
集落の電柱には「熊出没・注意」の注意書きが貼ってありますし、鹿の鳴き声はそこいらじゅうで聞こえているんですよ。
そんなロケーションもこの駅の魅力と思っています♪
Commented by view-finder at 2017-11-17 16:19
京都風景の魅力に気づいたのが、わずか7~8年前というのは本当に驚きですね。
以前から、京都に何年住んでも、いつまで経っても「よそ者」のように感じてきた
というようなことを何度かおっしゃっていますが、それも関係ありますか?
何故、これほど長い年月をかけてもなかなか馴染むことができなかったのか・・・そのことに興味があります。
たとえば、京都以外の場所だったら、もっと早く馴染んでいたと思いますか?
Commented by hanashigai at 2017-11-17 21:37
>view-finderさんへ
7~8年前というのは、それ以前は沖縄や信州などに魅せられていたからだと思います。
生まれは東京で、更に埼玉県内など含め数回の引っ越しの後に来たのが京都って云うのもあるかも知れません。
よそ者のように感じていたのは、暫らくは「東京人(関東人)」という自意識もあり「また何時に引っ越すかも分からない土地に今更興味も沸かない」というような意識が過剰にあったかも知れないし、感情の断片を繋ぎ合わせて考えるともっと他にもいろいろありそうです。
「長い年月をかけてもなかなか馴染むことができなかった」と云うのは、実際は私のとらまえ形だけの問題でありそうで、同じ年月を過ごしている親兄弟はそうではないンだろうなぁと感じます。
でも「京都人」か?と言われれば、やはり違うと言わざるを得なく、じゃあ何人?と聞かれれば「生まれは東京で京都育ちの日本人」が最小単位的です(笑)
京都以外の場所だったら、もっと早く馴染んでいたか?の問いは、沖縄に住もうが信州に住もうが更に中途半端人になっただけと想像しちゃいます。


名前
URL
削除用パスワード
<< 2017秋の蓮華寺 叡電二ノ瀬駅の大もみじ♯1 >>