二ノ瀬・守谷神社・富士神社の御焚火祭

守谷神社・富士神社で御焚火祭が執り行われたので観覧して参りました。
e0272231_03000320.jpg
と、さも知ったかぶりな出だしですが観覧できたのは偶然。
この二社が置かれる京都市左京区二ノ瀬町は、秋になれば足げく通う叡電・二ノ瀬駅の近くにも関らず「御焚火祭」の事はもちろん、そもそも二社について全く何も知らずにいました。なので勉強を兼ねて調べながらの追体験記です。


いつものように紅葉の二ノ瀬駅で過ごしていると、遠くから「トントン♪トントン♪」と小太鼓の音が響き近づいてきます。「火の用心」かな?と気にせずにいると、暫くして駅周辺に焚火の煙が漂ってきて町会所の大銀杏が炎に照らされ浮かび上がっていました。

こりゃあ何かの「祭りだ♪」と一先ず駅の紅葉狩りを中断し町集会所に向かうと、子どもから大人まで数十人が焚火を取り囲み、警察と消防の姿も。そして山裾にある神社の社でも焚火灯りが見えます。
さっそく神社に行って尋ねると地元のお祭りだと教えられ、観覧・撮影もOKとの事で再び町集会所に。

e0272231_02594970.jpg
町集会所広場の大きな御焚火から手持ちの松明に火を移し、用意がそろうと神主とお稚児を先頭に篝火の列が出発。
静かな山間の集落に太鼓の音をこだまさせながら、一旦に離れていき折り返しの橋を渡ってまた徐々に近づいて来ます。対岸を歩く篝火の列が鞍馬川の水面を明るく照らし、その流れに揺らめく炎がとても美しく幻想的な光景を作り上げていました。

二ノ瀬駅に丁度入線していった電車の車窓からも此の篝火の列が見られたかも知れません。

e0272231_02595698.jpg
トン♪トントン♪~太鼓の音とともにやって来た篝火の列が守谷神社の境内に。
モミジと炎の朱色と漂う焚き木の香りに、日本の秋とまもなく訪れる冬を感じていました。

撮影ポジションを予測して動き回れたのは此処まで。境内ではどんな神事が執り行われるか分かりませんし、そもそも町民の為の祭りでありますから、この場の空気を乱さないように、撮る事を優先させ過ぎないようにわきまえました。

e0272231_03001087.jpg
社の前で神事の祝詞がはじまり、お稚児さんなどによる玉串奉奠の儀が執り行われ、神楽殿では巫女が舞いの奉納をし粛々と厳かに神事が進められていきました。
二ノ瀬の守谷神社・富士神社の御焚火祭は、きっと日本の祭りの原点の姿を今に残す祭りで、また各地にも同じような町祭りが無数にあるのだろうと、まだ知らぬそんな祭りに思いを馳せる事ができました。華やかに賑わう有名な祭とは違う、静かで趣ある良いお祭りです。

二ノ瀬は文徳天皇の皇子・惟喬親王(これたかしんのう)が隠棲する以前に一時的に閑居された所とされ、その所縁から二ノ瀬町に鎮座する二社、守谷神社は惟喬親王、富士神社は母の紀静子(きのしずこ)をそれぞれを祀り祭神にし、平安時代に創建されました。

守谷神社は東宮として町を流れる鞍馬川の川東にあったのが、近年の台風で社殿が破損したため、川西にある西宮・富士神社に合祀されて現在に至ります。

惟喬親王は文徳天皇の第一皇子であるにも関わらず、皇太子には第四皇子の惟仁親王(これひとしんのう【後の清和天皇】)が立てられ、当時の政治的な理由で惟喬親王が皇位継承される事はありませんでした。
それは母が紀氏の出身であり政治権力が弱かったのが影響したともいわれ、後々には朝廷を追われるまでの不遇に合うのが惟喬親王だったのです。

川を隔てて社を建てたのは平安時代の集落の形によるもの…つまり集落の東と西の境界を守る厄払いの意味があったと想像します。
ただでさえ自然環境が厳しい洛北の谷間いの集落で農作物の不作や大きな災害などが頻発し影響が長く続けば、それらの原因をが不遇の惟喬親王とその母の怨霊による祟りと考えて、祀り鎮めて集落を守ってもらうよに祈りを込めて神社が建られたのかも知れません。

であれば「近年」に東宮が壊れてしまった事は、その役目を終えた惟喬親王が母の元(西宮)に戻るという意思表示だったのだと、惟喬親王の不遇から想像するに思えてなりませんでした。

歴史を知り視点を変えると、此処の御焚火祭が厳かな神事であるのは、単に長閑な田舎の祭り風景だからではないと思えてきました。
恥ずかしながら御焚火祭の当日でさえ「二ノ瀬の神社」とざっくりしか頭になかったので、次回の二ノ瀬駅訪問では守谷神社と富士神社をしっかり参拝したいと思います。


[PR]
# by hanashigai | 2017-11-18 19:00 |  ├ 祭り風景 | Trackback | Comments(0)

叡電二ノ瀬駅の秋


e0272231_21291802.jpg

秋が進むにつれ平日でも二ノ瀬駅からの乗客(正確には折り返し客だけど)が徐々に増えてきました。


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



[PR]
# by hanashigai | 2017-11-15 19:00 |  └ えいでん・らんでん | Trackback | Comments(6)

2017秋の蓮華寺


今年も京都に秋がやってきました。私の秋のスタートは地元に近いエリアから巡っています。前回の叡電・二ノ瀬駅の次は、洛北・蓮華寺さんです。

e0272231_22191522.jpg

e0272231_22190699.jpg

昨年より早い時期なのにイチョウの黄葉が随分進んでいて落葉していました。黄色い絨毯になる一歩手前な雰囲気です!もしや書院からの眺めも秋色満彩かな?


e0272231_22184798.jpg

7~8組20人程の拝観客さんが居ましたが20分もせずに私と合わせて3人に!蓮華寺さんは入れ替わりが速いので、庭を眺める位置も少し待てば移動できます♪焦らず心静かに時を待つ事ができる良いお寺です。

庭園の椛はご覧の通りまだ緑が目立つ状態。それでも風の吹きだまりに集まって干からびた落葉もあって、今年の紅葉は一気に染まる様子ではないですね。もちろん今のグラデーション椛もとても美しいです。

e0272231_22250694.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



[PR]
# by hanashigai | 2017-11-12 19:00 |  ├ 京都寺社めぐり | Trackback | Comments(4)