<   2012年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夕空



綺麗な青空の後に現れた澄んだ夕空!

地球の大気に含まれる水蒸気や塵やらと、太陽から届く光線が、今日の締めくくりを知らせるように最後の鮮やかさを見せる。


じゃあね、またあした!!


e0272231_242451.jpg
D700  Σ50/1.4EX DG HSM  京都東山  周辺部ソフトフォーカス加工
[PR]
by hanashigai | 2012-08-29 15:00 |  ├ はんなり撮影散歩 | Comments(10)

コントレイル

e0272231_2033185.jpg
D300  AiAF-S80-200/2.8D


e0272231_20323810.jpg
D300  AiAF-S80-200/2.8D


e0272231_20332275.jpg
D300  DX18-200/3.5-5.6G


e0272231_20333770.jpg
D700  ZEISS Planar50/1.4ZF


e0272231_2033492.jpg
D700  Σ24-70/2.8EX DG 


何気なく見上げた空に飛行機雲を見つけると、どんなレンズを装着していても撮ってしまいます。

もちろん飛行機雲を引っ張ってない時の旅客機も。
[PR]
by hanashigai | 2012-08-26 21:00 | 飛行機風景写真 | Comments(12)

京都東山 将軍塚からの夕景



久しぶりに訪れた京都東山の夜景スポット「将軍塚」ですが、とても印象的な夕焼け空になってくれました。

e0272231_224914.jpg
D300  Σ24-70/2.8EX DG  将軍塚  トリミング

この場所、やはりカップルが多くて、この時も次々に入れ替わりで来られてました。
全然、羨ましくないです・・・・なんか、以前も同じ事を書いたなぁ(ToT) 


e0272231_23132327.jpg
D300  Σ24-70/2.8EX DG  将軍塚

19:11分、空の色と、街の灯りのバランスが丁度良いと感じるタイミングで撮影。
夕焼けは何度も撮影してるけど、その時に瞳に感じる繊細な明るさや色彩を再現するのに、色々と試行錯誤しながら追い込む。
油断して小さい方の三脚で出撃したのが失敗だった!




[PR]
by hanashigai | 2012-08-23 15:00 | 四季彩風景 | Comments(16)

季節の足音

e0272231_168553.jpg
D300  Σ50/1.4HSM DG  知恩院三門前

蝉時雨

相変わらずの陽射しの中、ツクツクボウシが鳴き始めました。  


e0272231_16705.jpg
D700  Σ50/1.4HSM DG  円山公園

そよ風

木々の葉を揺らすそよ風が、肌に心地よさを運ぶ。


e0272231_1672424.jpg
D700  Σ24-70EX DG  滋賀県 琵琶湖

波の音

小麦色の賑わいに消されていた、静かな時間が戻る。


e0272231_1674384.jpg
D300  DX18-200/3.5-5.6G  大原 三千院門前

秋の唄

いつの間にか秋の虫達が、小さな演奏会を始めていた。
[PR]
by hanashigai | 2012-08-21 17:00 |  ├ はんなり撮影散歩 | Comments(15)

琵琶湖景



太陽が沈んでしまう数十分前に此処に着いた。

e0272231_2521330.jpg
D700  AiAF-S80-200/2.8D  60sec  ND8+PL  滋賀県 琵琶湖

空は辛うじて明るさを留めているけど、僕の他にはバス釣りの人が一人いるだけ。

水遊びで賑わう週末の昼間のような喧騒の代わりに
ヒグラシのもの悲しい鳴き声がこだまのように辺りを包む。

水面を撫でる夏風が湖に小さなウネリを作り

波が静かに寄せては粒の粗い浜辺の砂に消えていく。


それが繰り返される様子を眼で確認しながら、ショワショワと砂に滲み込む水音に耳を傾けていた。


e0272231_2525564.jpg
D700  AiAF-S80-200/2.8D  8sec  滋賀県 琵琶湖

ポツリポツリと点き始める対岸の街灯りに合わせるように空が紫がかり、

やがて赤味を失うとユックリとした速度で群青の空が現れはじめる。

いつのまにか遠くへ移動していた釣り人の、ロッドを降る様子が、まるで夜へのカウントダウンのようだと思った。
[PR]
by hanashigai | 2012-08-17 18:00 |  ├ 滋賀県・奈良県 | Comments(12)

京の七夕



京都で行われていた「京の七夕」を三日に分けて行って来ました。

会場は鴨川(二条~四条)と堀川(二条らへん・・・)なのですが今回は全て鴨川会場のほうへ。

こちらはLEDと短冊で飾られた笹が川沿いに立てられ綺羅びやかで、川音が聴きながら河原を散歩したり土手で休む人達で賑わっています。

もちろん夏の風情と艶やかさを添えくれる浴衣美人も多く来場されてて、とぉ~っても素敵な催しでした。

e0272231_23291093.jpg
D700  Σ50/1.4HSM DG  SB-900 トリミング    

ヒラヒラ舞っていたカワトンボが良い具合に短冊に止まってくれたのでパチリ!

e0272231_23284010.jpg
D700  Σ50/1.4HSM DG

LEDが点き始めの明るい時間帯は人が少なくて撮りやすいです。

e0272231_2330993.jpg
D700  Σ50/1.4HSM DG

大中小の竹の籠に風鈴が吊るされ川音と風鈴の音色、そして暖色の灯りが眼に耳に心地よかったです。
F1.4でもピントが合わない暗さなので、見知らぬ方の助けをかりて撮りましたm(_ _)m
因みにISO6400で1/10秒の手持ちです。

e0272231_23311169.jpg
D700  Σ24-70/2.8EX DG  SB-900  2sec 

初日だけ三脚を持って行ったのでスローシャッターで撮りましたが、二回目からは三脚は無しに・・・
画質より楽を取るってヤバイですが(^o^;)だって重いねんモン! 

e0272231_23314918.jpg
D700  Σ50/1.4HSM DG

四条大橋からの風景。
以前の川床記事と比べて頂くと「京の七夕」の雰囲気が伝わりやすいと思います。

e0272231_23323018.jpg
D700  Σ50/1.4HSM DG

凄い美人さん二人組だったので、お願いして全方位くまなく撮らせて頂きました。
やたら撮ったので後半は引いていたハズ・・・(^_^;)
後ろ姿しかお見せできなくて本当に残念ですが我慢してください。



[PR]
by hanashigai | 2012-08-15 07:00 | 四季彩風景 | Comments(10)

夏の夜空と観覧車



早くも暦の上では立秋を迎えてしまいました!

街には小麦色に日焼けした子達が大勢歩いていますが、
あと一ヶ月もすれば日焼けの色が徐々に薄くなって、そんな事でも秋を感じるのでしょうね。

毎年同じ事を思うのだけど、やはり夏という季節はアッと謂う間に何処かへ行ってしまいます・・・(寂)

e0272231_311114.jpg
D700  AiAF-S80-200/2.8D  30sec×47Composite  滋賀県堅田
[PR]
by hanashigai | 2012-08-11 07:00 |  ├ 滋賀県・奈良県 | Comments(18)

波照間島 西浜の夕焼け



日本の有人島としては最南端に位置する波照間島に訪れました・・・って言っても2005年の事ですが(汗)
9月の台風に足止めされて3日間のつもりが5日間滞在しました。

でも、その御蔭で沢山の思い出深い出逢いに恵まれて幸せ一杯の旅でした。

e0272231_1914287.jpg
F90Xs AF-S80-200/2.8  コダック・エクタクロームE100G  波照間島 西浜  

以来お付き合いを続けさせて頂いている方々が数人いまして、この写真の女の子もその一人。

九州から来られていた女子大生でした。(めっちゃ可愛い子なんですよ~)

波照間島ありがと~(*´∀`*)って感じです。


 
[PR]
by hanashigai | 2012-08-06 17:00 |  └ 八重山チャージ | Comments(18)

うみねこ



先日、何かで見た「日本の美しいビーチ・ベスト10」の上位にランクされていた沖縄県・八重山諸島・竹富島にある砂浜。

順位をつけてしまうのは些かヤボな気もするけど、晴れた日の海の色は溜息が出るくらいに素晴らしく、ここのビーチが美しいって謂うのは本当の事です。

e0272231_14272825.jpg
D700  AiAF-S80-200/2.8D  皇紀2670(2010)  竹富島・カイジ浜

そんな浜辺では多くの猫達が悠々自適に暮らしています。

ノンビリの達人のような猫が、八重山時間が流れる島の特等席で毎日を更にノンビリ、マッタリと過ごしているのは、

かな~り羨ましいなぁ!と思ってしまう僕ですが・・・、

当の猫達には「そんなに気楽な暮らしでもないんだよ!」と怒られてしまうかも知れませんね。
[PR]
by hanashigai | 2012-08-05 17:00 |  └ 八重山チャージ | Comments(14)

浴衣美人と蝉時雨



盛夏の今を象徴するように蝉時雨が響く毎日です

アブラゼミやクマゼミの鳴き声がけたたましい今頃は、夏を楽しむ余裕がありますね。
そのうち山からヒグラシの声が届き始め、更にミンミンゼミが鳴く頃には、残暑はあれども過ぎていく夏を切なく思ってしまいます。

可愛いお嬢さんたちが浴衣で古都の街を闊歩してくれるのも嬉しい夏の風物詩。
夏が過ぎれば少しかしこまった着物姿に変わってしまいますから、そんな事にも季節を感じて切なかったり。

そんなふうに思いながら、取り(撮り)こぼしないように夏を楽しんでいます。

e0272231_14245222.jpg
D700  Σ24-70/2.8EX DG  SB-900  南禅寺  Koki2672(2012)  
ことごとく可愛いかった兵庫から来られたと謂う五人組の女の子達。
何枚か撮らせて頂いた後、足元も撮りたくて三人に並んで頂きました
(全員にお願いすると整列になりそうなので浴衣の色を考えてお願いしました)

e0272231_14255192.jpg
D300  Σ24-70/2.8EX DG  SB-900  八坂神社  Koki2672(2012)
こちらは本物の舞妓さん。お姉さん芸子さんの舞台を見学に来てたようです。
年齢相応の無邪気な笑顔がとても素敵で可愛いかったです。
(上手いこと顔が隠れたカットを選びました)

e0272231_14264197.jpg
D700  Σ24-70/2.8EX DG  京都  Koki2672(2012) 
地上に出て僅か一週間程の儚い命を精一杯に謳歌するアブラゼミ。
早朝から蝉が元気に鳴く日は気持ちいいです。(世間では余り歓迎されないようですが・・・)
[PR]
by hanashigai | 2012-08-03 23:00 | 四季彩風景 | Comments(8)