<   2016年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

晩夏の水辺



平日の夕方、少しだけ足を延ばしてきました。
滋賀県高島町の琵琶湖湖岸です。

背中側の空にはズッシリした雨雲が低くビッシリひしめいていましたが、
対岸の彦根市辺りは西陽を浴びて金色に輝いています。

ヤンマ系のトンボに混じって赤トンボも多く見られ、
季節が確実に秋に向かっているのを感じて少し寂しく思いつつ、
四季のある日本で生きている幸せを感じていました。
e0272231_15395342.jpg
ちょっと前に中古で手に入れたシグマ15-30/3.5-4.5。
なかなか出番がなくバッグのウエイトになってましたが、此処でワイド側の写りを楽しむことに。

前回のポスト同様、現像後に画像加工したので肉眼で観たままの風景ではないです。
この時は最終的にどうするかのイメージはないまま撮り、素材として持ち帰って作りました。




[PR]
by hanashigai | 2016-08-31 19:00 |  ├ 滋賀県・奈良県 | Trackback | Comments(8)

ニコン18-200レンズのAF故障


長年使っていたニコン18-200が故障しました!
e0272231_18054343.jpg

症状はAFの作動不良!
AFボタンを押すとキュルキュル音が鳴るのでAF-Sモーターは生きてる気がします。
距離指標を見ながらMFリングを回すと∞~5ftまでは動きますが、5ftから最短距離方向へは動かない。
鏡胴の中でフォーカスレンズユニットが何かに引っ掛かってるような感触です。

ニコンでの修理見積もりは¥36,000となかなかのお値段だし・・・
根拠は無いけどなんとなく直せそう!と思ったので自分で分解してみる事に(●´ω`●)

マウントを外し、AF/VR操作ボタンパネル部・電子接点パーツ・鏡胴カバー・MFリングを外して、
フォーカスレンズをMFで動かす歯車を露出させてから、
それを指で回しながらフォーカス系のパーツが動く様子を観察します。

う~ん、鏡胴フレームやら他の部品が邪魔してよくわからない!

AFやVRを制御するための基盤と、更に幾つかのユニットパーツを外して超音波モーターを露出させてみるか?
でも、そこまでやると元に戻す自信がないし・・・と頭で考え中もレンズの歯車を指でグリグリ。

∞から5ft辺りまで動かすと何かの部品と部品がカツンと当たって止まるのが指に伝わります。
なので少し強引にグリっとやってみた!

するとパキッと音が!
えっ!Σ(・∀・;)っと少々ビビりながらも歯車を回すと、グリグリグリリリリ~!!と、
なんと引っ掛かりが無くなり動くようになりました!

ワクワクしながら全てのパーツを元通り組んでD7000に装着してスイッチオン。

はたしてAFが動くか?・・・ちゃんと動きました~!\(^o^)/バンザ~イ

と云うのが7上旬に保存ポストしたまま忘れられた記事。
で本日、また故障しました!
前回と同じ症状なので上記のような分解をしないで簡単に直すことに。
e0272231_18093779.jpg
1.
先ずマウント部のビス4本を外します。
レンズ着脱指標を基準に対角三角形で結んだ3本が長いビスで、残りの1本が短いビスです。

2.
短いビスだけネジ山ピッチも異なるのでマウントにマジックペンで印をしておきます。

3.
マウントを少し引き上げつつ光軸中心から少しずらして、
鏡胴部のAF/VR操作ボタンパネルをマウント方向にスライドさせて鏡胴から外します。
この時、指矢印で示した配線をちぎってしまわないように慎重に!
※配線はソケットから抜かずにブラブラさせておいても大丈夫。
※マウントを持ち上げると数枚の薄いシム板が動き、シム板に開いた穴とマウント固定用のネジ溝穴位置とがズレてしまいます。
なので部品を持ち上げた直後にビニール被膜で覆われた針金等を穴に通して緩く固定しておけば、組み付けの時に穴位置を合わす手間が省けます。

4.
次に鏡胴カバーをマウント側に持ち上げると、フォーカスリングと鏡胴カバーの隙間からフォーカス駆動の歯車が幾つか見えます。
その歯車の一つ、指矢印の歯車を指で「強引に回転」させると引っ掛かりがとれて動くようになり、AFも復活しました。
初回は勝手が分からず、マウント・マウントシム・AF/VR操作パネルをレンズ本体から取り外して作業したので、それがとても面倒でした。
なので今回は隙間から歯車を動かして応急修理対応した次第です。

本当はメーカーで完全修理するのがよいのでしょうが、応急対策が容易な点を考えると
「自己責任」&「セルフ応急修理」で十分なので此れで好しとします\(^o^)/

あくまでも「同じレンズ」の「同じ原因と症状への応急修理参考」になれば幸いです。
試される時は、くれぐれも自己帰任でお願いします。



[PR]
by hanashigai | 2016-08-29 19:00 | カメラスタイル | Trackback | Comments(10)

京の空色



夕暮れの太陽が雲間に沈んでいきます。

空はまだ十分に明るい時間帯だったけど、光芒がはっきりと分かり、プラチナ色の光が雲の輪郭を描いていました。

これをカメラの標準露出で撮るとあっさりしすぎて印象が薄いので、思いっきり露光を切り詰め、八坂の塔や町屋風景をシルエットにして空の光を強調してあります。

e0272231_15321012.jpg
現像後に更に画像加工仕上げを施しました。
撮る段階で仕上げのイメージができていたので現像後の処理もスムーズでした♪
「撮る段階で」と云うのは、僕の中では意外に重要で、「ダイナミックレンジを有効に使って記録的に撮る」写真たちとは断然に違う仕上がりになります。

情報量が豊富であれば後の処理幅が格段に広がるのですが、僕が撮影時にその無難な撮り方をしてる時は、その段階でインスピレーション的刺激もなく「とりあえず押さえる」「なんとなく」という思考の時です。
これはフィルム時代には無かった感覚で、段階露出をして無駄なコマがあったとしても、撮るショットは全て使える(その瞬間は)」という感覚でした。

久し振りに無難に撮ったのではなく、後の仕上げも見据えて自分なりに「攻めた」写真なので楽しさを感じた次第です。




[PR]
by hanashigai | 2016-08-27 19:00 |  ├ はんなり散歩写真 | Trackback | Comments(6)

糺の森の光の祭

e0272231_22034308.jpg
まだまだ暑い日が続きますが五山送り火が終わり、京都は徐々に秋の気配を感じます。

盛夏のセミたちは少しずつ土に帰り、残暑を楽しむセミにバトンを渡します。
空にはトンボが乱舞し、夜になれば秋の虫たちがコロコロと合唱を始めました。

そんななか世界遺産・下鴨神社 糺の森では「糺の森の光の祭」が開催されています。
糺の森参道と下鴨神社境内をチームラボが手掛けた光と音でアート空間に変身させました。

e0272231_22071121.jpg
約460mの参道は「呼応する木々」光と音に囲まれた幻想的空間に。
週末だったこともあり参道は歩行者一方通行になる程の大勢の人で埋め尽くされました。
「呼応する球体」の入場待ちは参道入口から長蛇の列!
僕は華麗にスルーして「呼応する木々」を楽しみました。

e0272231_22055513.jpg
参道が広くなる鳥居前で屋倉がたてられ「下鴨盆踊り 下鴨御所音頭・紅葉(もみじ)節」も開催されていました。
なんと「王朝時代」まで遡るとされる歴史があるそうですが、いつのまにか途絶えてしまいます。
しかしそのまま無くならずに様々な方々の御尽力により甦り、保存会の皆さんの手で受け継がれています。
20日(土)だけの開催だったので偶然ですが拝見できて良かったと思っています。

e0272231_22080510.jpg

このイベントは「一過性のブームに終わらせず伝統行事として根付かせる」と
主催者側の発表もあるので、七月初めから八月終わりまでの京都は、
祇園祭~京の七夕~五山送り火~光の祭
と神事や行事、イベントが絶えない夏となるようです。

以下、下鴨神社ホームページから抜粋

~世界遺産の森に広がる神秘的な光の空間~
チームラボが森の参道を光のアート空間する作品「呼応する木々-下鴨神社 糺の森」と、
楼門の中の空間に「呼応する球体-下鴨神社 糺の森」を展示し、参道沿いの木々と楼門内をライトアップします。
一過性のブームに終わらせることなく、広く京都の文化価値向上を図ることを旨とし長く継続される、伝統行事として根付かせます

8月31日が最終日との事なのでまだまだ京都の夏を楽しめそうですね。





[PR]
by hanashigai | 2016-08-24 19:00 |  ├ 祭り風景 | Trackback | Comments(6)

浴衣美人にクラクラの夏 ♯20



祇園祭が始まった七月から五山送り火のお盆の日まで、あっという間の夏でしたが、
今年も大勢の浴衣美人に巡り合えて楽しい夏でした。
e0272231_01400066.jpg
e0272231_01431815.jpg

e0272231_01442626.jpg
e0272231_01311298.jpg
e0272231_01324246.jpg
e0272231_00465757.jpg
まだ残暑が続くので祇園清水界隈に出向けば浴衣美人に出会えると思いますが、
「浴衣美人にクラクラの夏」は今回で終了します。
ながくお付き合いくださった皆さんありがとうございました。

そしてモデルになってくださった大勢の綺麗なお姉さん、本当にありがとうございました。
お姉さん達がいるから日本の夏はいっそう華やぐのだと思っております。
また何処かでお会いした時はモデルお願い致します。




[PR]
by hanashigai | 2016-08-23 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(2)

浴衣美人にクラクラの夏 ♯19



お二人で撮りっこしてる浴衣美人に遭遇したのでお声掛けして、
撮影許可を取った直後に道沿いの店舗から、お連れの三人が出てきました。
通りが一層華やかになって素敵でした。
e0272231_00383726.jpg
e0272231_00393882.jpg
e0272231_00403952.jpg
e0272231_00420070.jpg

e0272231_00412043.jpg
e0272231_00425284.jpg
e0272231_00432423.jpg
短時間で思いつく限りのシーンを十数カット撮りました。
動きのあるシーンは1カット×4ショット程したので結構な枚数でした。
直感的に浴衣の色味で組み分けしましたが、今改めて見直すと柄で組み分けしたカットが欲しかった。

ちゃんと見て撮ってる積もりですが「積り」なんですね(T_T)







[PR]
by hanashigai | 2016-08-21 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(2)

浴衣美人にクラクラの夏 ♯18


京の七夕も終盤、少し早い目に会場入り(と言っても18時半過ぎ)して、
四条大橋側から河川敷を歩いていると可愛いお二人に遭遇。
e0272231_13571892.jpg

e0272231_13581131.jpg
e0272231_13585548.jpg
まだ少し明るかったけど、贅沢は云ってられないので爆写させていただきました。

e0272231_13592288.jpg
一旦お別れしてから1時間後位に再会。
僕のメアドを間違えてメモしてしまって送信エラーとなってしまい、
探してくれていたそうです。
要らぬお手間をとらせてしまい申し訳なかったですが、既に暗くなった会場で再び爆写しました。

送った写真のお礼までくださって、素敵なお嬢さん達でした。
大学一回生の二人は楽しい学生時代を送られてるのが伝わってきて、此方まで嬉しくなる!
そんなお二人でした。




[PR]
by hanashigai | 2016-08-20 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(4)

浴衣美人にクラクラの夏 ♯17



確か学生とおっしゃっていたお二人。
受け答えが穏やかで凄く落ち着いていらして、それが「和装」と相俟って一層魅力な女性に♪
e0272231_13533564.jpg

背景をボカせば好いってものではないですが、こう云う混みあう場所では明るいレンズが重宝しますね。
e0272231_13540581.jpg
絞って撮れば好いのですが、つい開けてしまいます(笑)
開放気味で撮った時のまつ毛が好きなんです(*´∀`*)
e0272231_13544406.jpg
e0272231_13552971.jpg

独特の雰囲気をお持ちのお姉さん
夏の京都を感性豊かに楽しまれている御様子でそれが好感度大でした。
e0272231_01371002.jpg

e0272231_01374777.jpg
e0272231_01383169.jpg





[PR]
by hanashigai | 2016-08-19 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(6)

浴衣美人にクラクラの夏 ♯16


お二人で撮っていた所にお邪魔してみたら、その流れで沢山撮らせてくださいました。

e0272231_13460824.jpg
e0272231_13470896.jpg
e0272231_13473429.jpg
祇園白川はよく撮る場所なのでワンパターン化しつつありますが、
工夫次第でまだまだ撮れるもんやな~!と思いながらの撮影です。
e0272231_13480306.jpg
e0272231_13500383.jpg
京の七夕会場で再び再会してビックリ!
おっとりした可愛い話し方をされていたのを覚えてて、振り向いたらお二人でした\(^o^)/
e0272231_13503899.jpg
普段の洋服姿も可愛いですね~♪
e0272231_13484565.jpg





[PR]
by hanashigai | 2016-08-18 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(6)

浴衣美人にクラクラの夏 ♯15


浴衣美人が提灯を眺めながらの夕涼み・・・好い情景です。
e0272231_14371085.jpg

ビルと会場の照明にガッツリ照らされて完全な逆行なので、
ファインダー越しになんとなく見える瞳にピンを合わせ、ストロボで補正してます。
e0272231_14382677.jpg
殆ど同じ場所で振り向いて立って貰うと、先程の逆光が今度は好い光に。
正対してカメラを構えると自分の影が投影されてしまうので、撮影ポジションをずらして撮影。
e0272231_14385844.jpg

立ち姿を撮ってる時は気付くと僕の後ろで、海外の観光客が大勢!
撮影見学会みたいになってました!
日傘が必要な時間帯ではないですが、よいアクセントになったと思います。
e0272231_14393777.jpg

竹籠の風鈴灯が設置してある場所に移動して。
ほんの数メートルの移動で急激に暗くなるので写真には手強いです。
少しブレてますが好い雰囲気だったのでアリにしました。
e0272231_14403844.jpg
e0272231_14412819.jpg
e0272231_14420452.jpg
一見、明るく撮れてますが此処の会場はやはり暗いので、ピント合わせが難しいです!
そしてピンがきても次は手ブレとの闘いが待ってます。
ISO/F値/S速をギリギリ妥協できる範囲で設定して、RAW撮影後に現像で起こしてます。

以前はスマホでお顔を照らして貰い、ピント合わせ後にスマホを隠して貰ってましたが、
スマホを隠す動作で結局ピントがズレる事が多かったので最近はやめてます。




[PR]
by hanashigai | 2016-08-17 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(4)