<   2016年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

鞍馬火祭り♯4



e0272231_19071309.jpg
太鼓が聴こえてきたのでそちらを伺うと、老若男女問わず太鼓で祭りを祝います。
幼い子供の可愛い音、お姉さんの淑やかな音、祭衆の勇ましい音、たたく人によって音色が様々です。
一人が叩き終わると拍手が沸き起こり、また次の人に代わられていき、鞍馬の町に太鼓と一般見物客の喝采が響き渡りました。

e0272231_22230725.jpg
鞍馬の町には「七仲間」と云う火祭を執り行う組織があり儀式にそった順序で各神事が進められます。
その「七仲間」は鞍馬出身の氏子(世襲制)だけで組織されており、祭りを盛り上げるために他から呼んだ神輿担ぎの人(祭り請負人?)等のお世話にもならないので、それを代々守り続けてきたことで「鞍馬の祭り」としての純粋さがあります。
その事実は鞍馬火祭の神聖性もより高めているように私は感じました。
e0272231_19083931.jpg
e0272231_19074919.jpg
e0272231_19082174.jpg
e0272231_19080421.jpg
e0272231_19073829.jpg
e0272231_22232210.jpg
この後、各仲間から集まった大松明が由岐神社前石段下(鞍馬寺三門前)に向かい、各松明が山門前にひしめきあい掲げられてから石段下に焼き捨てられます。
残念ながらその様子は観ることが出来ませんが、歓声とともに火の粉を巻き上げながら大きな炎が燃え上がり、鞍馬の空を焦がす様子が遠くからもハッキリと確認できました。

先にも書いたとおり過去には石段下での大松明焼き捨ての様子は簡単に観ることができました。
現在は観光客が増えたので「石段下付近で立ち止まっての観覧は出来ない」ことになっていますが、個人的にはそれでも好いと思っています。
鞍馬の由岐神社の神様を祭る神事ですから「土地に縁もゆかりもない誰が見ようが見れまいがどうでも好く(※此れは私の気持ちです)粛々と執り行われる」のがお祭りなのですから♪

e0272231_19073032.jpg
由岐神社に安置されていた御神輿を従えて祭りの列がやってきました。
まだ10代初めの頃、此れを観た記憶があるのですが、その時は石段下前だった気がします。
この後、神輿は御旅所に安置され神楽が奉納されたあと神楽松明が境内をまわって鞍馬火祭りが終了します。

e0272231_19064282.jpg
観れない神事の最中、振り返って改めて町の様子を眺めてみました。
大松明が練り歩いた町にはまだ熱気が残り漂うように見え、氏子の方が篝(篝火)を絶やさないように薪を焚べています。
ほんの少し前に過ぎていった時間の余韻を楽しみながら思い起こし、それが素晴らしい体験だったのを実感しました。
祭りの全てを最後まで見届けられなくとも十分に楽しんだ2016年の鞍馬火祭、大満足のうちに叡電・鞍馬口駅に戻り帰路につきました。

この祭りを境に京都は寒さが一段増すと云われ、いよいよ紅葉が色づく季節を迎えます。

「鞍馬火祭り」は由岐神社の例祭。起源は940年(天慶3年)とされ宮中に祀られた祭神を鞍馬に移すにあたり、当時の村人が篝火(かがりび)を持ったて迎えたのが始まりとされ、18時の「神事にまいらっしゃれ」神事を合図に、町の篝(エジ「篝火」)に一斉に点火されると、宵が間近の鞍馬集落は篝火が照らす幻想的な風景に包まれます。

先ずは小松明を持った子供達が練り歩いていき、その後、徐々に青年が担ぐ大松明へと変わり「サイレイヤ、サイリョウ」の囃も幼い可愛い響きから迫力の鼓魂へと変わっていきました。

我々一般人は松明を担いで町内を練り歩く姿と、神輿行列しか見る事が出来ませんが、それでも凄い数の観客が此処を訪れます。
叡電の終電午前0時頃に合わせて見納めになる鞍馬火祭りですが、お祭りはその後も執り行われ御旅所から神輿が由岐神社へ戻る午前2時頃まで続けられるのだそうです。


[PR]
by hanashigai | 2016-10-31 19:00 |  ├ 祭り風景 | Trackback | Comments(10)

鞍馬火祭り♯3


子供たちの御旅所参りの後、いよいよ大人の松明も出発の時を迎えました。

e0272231_19090252.jpg
ひと際大きな松明に火が着けられると周囲から拍手が沸き起こり、その炎が鞍馬の町を明るく照らしだしました。
まだ電球が無い「明かり=炎」の時代、洛北・鞍馬に暮らす人々(その時代を生きる人々)にとって「鞍馬火祭りの炎」は、今以上に特別な灯りだったでしょう。
そんな事は既に分かりきった事!なのですが、それを改めて感じたのも祭りのお陰かも知れません。

e0272231_19092496.jpg
あちこちで松明にが灯され「サイレイヤ、サイリョウ」の勇ましい声(囃)が町中に響きます。
いったい幾つの松明があるのでしょう?大きな松明は近くを通り過ぎるだけで「熱さ」を感じる程のもの!
鞍馬の空に舞う炎は、やがて京都の天をも焦がす程、もちろん実際の炎だけでなく祭り衆と観客の熱気も凄いのです。


e0272231_19093667.jpg
a/b 幼い子供たちを円陣に迎え、大人たちによる「サイレイヤ、サイリョウ」の音頭(囃し立て)がはじめました。
彼方此方で始まるこのような光景・・・これは即興なのか神事の一つなのか?私にはわかりませんが、やはり心打つ光景です。
最初は声の迫力に驚いていた子供達、この子たちにとっては「鞍馬火祭の洗礼」だった事でしょう!
それでも次第に大人を真似て身体を揺らし音頭を取り始める子供もいました。
その様子を観ていて「あぁ、成る程な~」と、伝え受継ぐと云う言葉が僕の頭にすんなり入ってきました。

c 氏子はもちろん観客の皆も此処に集い、この円陣を中心に大きな輪が出来上がっていきます。これぞ祭りと云う風景ですね。

d そうしているうちに此方では御旅所参りを終えた子供の松明が自分の家に戻ります。
でも祭りはまだほんの序の口、此れから日にちをまたいで様々な神事が執り行われていきます。






[PR]
by hanashigai | 2016-10-29 19:00 |  ├ 祭り風景 | Trackback | Comments(2)

鞍馬火祭り♯2


e0272231_15362140.jpg
e0272231_15361348.jpg
此方の子供達も松明を担いで町内を練り歩くそうです。
立ちポーズがキマってる男の子は小学校一年生で、女の子二人は六年生と話してくれました。
一年に一度の晴れ舞台の日、大人も子供も気持ちが高ぶりますね~♪


a 18時前頃には空が暗くなり古風な町並+提灯が宿場町の風情を醸し出して好い感じ。間もなく篝(エジ)にも火が着けられます。

b 町内の篝に一斉に火が灯されると完全に火が着くまではモクモクと色い煙が立ち登り辺りを漂います。※少しの間は皆が燻製状態です(笑)

少しづつ肌寒さを増した谷間の小さな町、鞍馬集落が篝火の揺らめく炎に照らされ、薪の香りに燻されていく情景は、月並みな表現ですがとても風情があり郷愁に訴えかけてくる風景でした。

e0272231_11435995.jpg

a 町内の一本道に「神事にまいらっしゃれ~」の合図が響き渡ると、氏子の家々に積まれた松明に火が着けられます。

火祭りの先陣を切るのは子供たちが担ぐ松明の御旅所参り。大きく重たい松明を担いで立派にその役目を果たします。
※子供が担ぐ松明は見た目は小さいですが、紛れもない「本物の炎」が燃え盛る松明ですから、大人の助けが必要なのは云うまでもありませんよね。
親御さんたちも幼い頃の自分達と子供(孫)の姿を重ね合わせて、見守りながらの御旅所参りです。
こうして何百年も繰り返し受け継がれてきた鞍馬火祭り、随分と久しぶりに訪れた癖に「歴史の1ページに立ち会った」気分になってしまう私・・・ちょっと大袈裟でしょうか?



[PR]
by hanashigai | 2016-10-27 19:00 |  ├ 祭り風景 | Trackback | Comments(4)

鞍馬火祭り♯1


10月22日叡山電鉄鞍馬線で17時前の鞍馬口駅に到着。人の多さに驚きながら(笑)町内散策を楽しみました。
e0272231_18515718.jpg
①17時前の叡山電鉄・鞍馬口駅に降り立つと祭り見物の人で既に随分と賑わっています。
②帰路への道は険しい。帰りの鞍馬口駅へ向かうには、つづれ折りの長い列順路を並ばなくてはなりません(゚∀゚)。
③鞍馬神社・由岐神社への参道はご覧の人だかり。
④参道の階段横は祭りクライマックスの絶好の観覧ポイント♪既に場所取りを終えて準備万全の皆さん、、、でも此処は18時前には祭り関係者以外(氏子とその関係者)の一般人は立ち止まり禁止ゾーンなので粘るのは無駄なのです。
⑤参道の階段上から振り返ると・・・やっぱり改めて凄い人!私が中学生時代はゆったり観て回れましたが此れも時代の流れですね。
⑥この松明は大人が担ぐ大きな物。氏子である鞍馬集落の家々の玄関先に用意され来る時を待ちます。


e0272231_18520731.jpg
A二基の由岐神社神輿。※21時頃に此処を出発して町内を練り歩いた後、御旅所に安置されます。
B標高の高い洛北にありながら清らかな水に恵まれた鞍馬。水路に流れる水音が耳に心地好い所です。
C祭りのクライマックス目当てに一箇所で粘ってみても仕方ないのが近年の鞍馬火祭り。それならば18時の篝火点火までは町内を散策するのが好いと思うのです。
D此処はこの界隈で唯一視界が開けて開放感があるポイント。京都・鞍馬の素朴な自然風景も味わえるので個人的に好きな場所です。
E鞍馬口駅から道ながらに歩けばその通りに現れる重厚な佇まいの家並み。鞍馬の歴史を感じられます。




[PR]
by hanashigai | 2016-10-25 19:00 |  ├ 祭り風景 | Trackback | Comments(12)

白鬚神社で女神降臨


滋賀県高島市の白鬚神社はパワースポットとして人気な場所なだけあり大勢の人で賑わってました。
そこで綺麗なお姉さん五人組を撮らせて貰いました。
さっそく此処に訪れた御利益に授かり有り難いですね~(*´∀`*) 

e0272231_18554501.jpg
↑この瞬間はオッサン一人で場違いな感じでしたが、写真右の三人組さんにシャッターを頼まれて「役に立つオッサン」をしてから少しホッっとした後、写真左の五人組さんにも「役に立つオッサン」をした次第です。

e0272231_18552957.jpg
その五人組さんが此方の可愛いお嬢さんたち(人´∀`).☆.。.:*・゚
女神降臨という感じです。
大阪からいらしたそうで秋の京都にも是非遊びにきていただきたいですね~♪
※最初の三人組さんが可愛くなかったという事では無いので、その辺りくれぐれも宜しくお願い致します。


e0272231_18553760.jpg
私のブログを検索中、サイトになかなか継らないスマホをフリフリ(Shake!Shake!)してたのが可愛いかったです。
「アクセス急げ!」と言う気持ちをスマホに伝えてるのだそうです。
う~ん、ことごとく可愛いですね。


e0272231_18555624.jpg
e0272231_18560301.jpg
上二枚は早朝に別日ですが撮った写真。
人気の写真スポットでもあります。




[PR]
by hanashigai | 2016-10-23 19:00 | 美人女子スナップ | Trackback | Comments(8)

季節を駆け抜けて


秋色には少し早いけど、もう暫くすれば此処も錦秋に包まれるでしょう。
そうなれば連日大勢のお客さんで賑わうのでしょうね♪
そして明日は「鞍馬火祭り」です。
叡電・鞍馬線が一年で最も混雑する日かも知れません。

e0272231_14124539.jpg
e0272231_14125646.jpg




[PR]
by hanashigai | 2016-10-21 19:00 |  └ えいでん・らんでん | Trackback | Comments(8)

古酒(クース)仕込み♯2


古酒のお話パート2
前回は自家製古酒造りのレポでしたが今回は「瓶詰熟成酒」について。

e0272231_00530689.jpg
店頭で売られる泡盛に「◯年古酒」と神々しくラベル表記され少し高値で売られてるのが、皆さんがご存知の古酒。
それ以外は新酒の瓶詰酒ですが、まれに古め(売れ残り)の泡盛が店頭で売られています!
泡盛はビン詰後も熟成が進む酒(波照間島・石垣島・沖縄本島の島人談)だそうで、それが僕の「~ほのかな~泡盛熱」を発症させました。

手元の瓶詰泡盛の写真を撮りました。
a.「玉の露」2006年3月16日瓶詰
b.「泡波」平成19年4月9日瓶詰
c.「どなん」平成18年2月21日瓶詰
d.「宮之鶴」2006年8月瓶詰
e.「まさひろ」2014年7月15日瓶詰
と、それぞれ瓶詰の日付が表記されてます。

「b.泡波」は2007年(H19)の新酒で2007年に戴いた物ですが、「a.玉の露」と「c.どなん」も同じ2007年に買い求めたのに一年前に瓶詰めされた酒でした。
「d.宮之鶴」は2010年4月に買ったので約4年のビン熟成酒!
「e.まさひろ」は先日に京都の酒屋で買ったのに2014年瓶詰!因みに2015年に「まさひろ酒造」になる前なのでに、ラベルには旧社名の「比嘉酒造」と記されてます。
「e.まさひろ」は既に自家製古酒甕に投入しましたが、他の「a.~d.」は今も瓶のまま手元にあるので最長10年の瓶熟成泡盛になってます♪

f.写真左奥の瓶は2008年秋に鳩間島・民宿「まるだい」さんで頂いたもの。
※余談ですがその時に同宿で御世話になった旅人さん達とは今でも仲良くさせていただいてます。
これら瓶熟成酒を「はたして呑む時がやってくるのか?」と云う気持ちもチラホラ。
なぜなら飲んだら終わってしまう瓶熟成・・。
自分にとってコレクション化した感があるので、封を開けられないのです(笑)

まぁ普段から泡盛を飲む習慣も無いので、たま~に飲みたくなったら「京都の量販店で買える泡盛」を買ってます。



[PR]
by hanashigai | 2016-10-18 19:00 | オキナワじかん | Trackback | Comments(8)

岐阜県高山市 秋の高山祭(八幡祭)♯2



e0272231_21120971.jpg
町に提灯や灯篭が灯される頃、櫻山八幡宮表山道は八幡様への参拝列で賑わい始めます。
空を見上げれば高山祭・宵祭の夜に華を添え飾るかのように蒼く輝く月が!
曳き揃えの屋台にも提灯が灯され、町街全体が祭風情に包まれ幻想的になってきました。

e0272231_04453706.jpg
e0272231_21173237.jpg
神楽台の上では楽人によって太鼓と笛の御神楽がはじまり、此れと同時に向こうの交差点でも御神楽と獅子舞が奉納されています。

e0272231_15584026.jpg
獅子舞奉納の交差点は宵祭の曳行屋台が向きを変える場所でもあり見所の一つ・・・既に大勢の人なので近寄れません。
が、此れだけの祭りにも係わらず全体を眺めてみれば拍子抜けする程に人が少ない印象を受けます。
そして皆さん極めてマナーが好い。
警備員が声を張り上げて誘導しなくても道の中央が開けられ、曳行される屋台を観衆皆で迎えていました。

e0272231_15575399.jpg
華麗で優美で艶やかで厳か、兎にも角にも美しい。

e0272231_21164399.jpg
e0272231_15565822.jpg
獅子舞が奉納される最中も曳行屋台が列を整えながら集結してきました。
御神楽の太鼓や笛・高山の町並風景・屋台に揺られる提灯・装束や法被姿の祭衆・・・眼に映る祭り風景、耳に届く祭りの音色その全てが美しく優雅。
しっとりと静かな時が流れていく秋の高山祭「宵祭」です。


e0272231_21201135.jpg
e0272231_21152042.jpg
それにしても高山祭で先ず驚くのは屋台との距離感!
大変貴重な屋台にも関わらず屋台曳き揃えの展示中も柵はもちろんロープすら設けられてません。
触れようと思えば簡単に振れる事ができる程に(もちろん触れてはいけません)本当に遮るものが何もない距離なのです。
e0272231_21111780.jpg
年々観光客が増加する高山祭ですから「万が一屋台に傷でも」と考えれば柵の一つがあって当然、そんな対策がされてると予測して訪れた今回、あの20年前の高山祭のままだったのが、決して大袈裟でなく僕には奇跡に近いことでした。
20年前にも感じた「こんな祭りがまだ日本に残っていたのか!!」という感動が甦り私は嬉しくて嬉しくてたまりません。

e0272231_15581563.jpg
e0272231_21271446.jpg
高山祭の屋台に接していると不思議な気持ちにさせられます。
国重要有形民俗文化財の屋台にも係らず「俺様は凄いだろう」と云う近寄りがたい威圧的な雰囲気はなく、
「もっともっと近くで観ておくれ」「でも触るのはよしておくれよ。僕たちは見た目以上に繊細だからね」と語りかけ促してくれてるような優しい佇まいです。
それは言い換えれば祭衆・町衆、飛騨高山の方々の親しみやすいおおらかさの現れでもあり、それこそが高山祭の最大の魅力であると感じていました。

e0272231_15582581.jpg
提灯を揺らしながら巡行していく屋台。
曳行屋台が町の角を折れ曲がって姿を消すと、灯籠が灯された町並の路地には静かな余韻だけが漂い、まだ見える屋台の後姿を見送る観衆からは興奮と満足感、宴が過ぎていった寂しさ、哀愁とが入り交じった表情が伺えます。
そんな光景さえもまた美しいと感じました。
表参道や町を流れる宮川沿いの賑やかさはまだまだ衰えませんが、後ろ髪を引かれながら私も高山の町を後にしました。

9日午前中は強い雨でしたが、それでも高山祭初日は15万超もの人が訪れたのだそうです。
開けて10日は終日快晴に恵まれてたはずなので、爽やかな秋空の下で更に賑わい素晴らしい秋祭となったことでしょう。




[PR]
by hanashigai | 2016-10-13 19:00 |  └ 郡上八幡・飛騨高山 | Trackback | Comments(8)

岐阜県高山市 秋の高山祭(八幡祭)♯1


前回の回想記事のとおり、週末の連休を利用して秋の高山祭(八幡祭)へ訪れました。
e0272231_23470268.jpg
e0272231_00443675.jpg
高山祭の会場入りしたのが16:00時だったので「屋台曳き廻し」には間に合いませんでしたが、
それでも「屋台曳き揃え」と「宵祭」を堪能することができました。
e0272231_23473636.jpg
e0272231_00420559.jpg
e0272231_00431807.jpg
陽が沈み空が暮れていく高山の城下町。
櫻山八幡宮の提灯、曳き揃えで屋台が集結している表参道や町の通りに掲げられた提灯に火が灯される頃、
徐々に人が増え辺りが活気づいてきます。
春・秋あわせて二夜かぎりの幻想的で雅な夜の始まりです。
e0272231_23432458.jpg
春の「山王祭」と秋の「八幡祭」の総称を高山祭と呼び、その起源は16世紀後半から17世紀なのだそう!
毎年10月9日・10日開催の「八幡祭」は氏神様の櫻山八幡宮(八幡様)への奉納例祭です。

国重要有形民俗文化財の屋台総勢11台が屋台蔵から出され、曳き廻し・からくり奉納・曳き揃え・御神幸(祭行列)・宵祭の祭行事が八幡様へ奉納されます。




[PR]
by hanashigai | 2016-10-11 19:00 |  └ 郡上八幡・飛騨高山 | Trackback | Comments(14)

20年ぶりの高山祭


今年の冬に仕事で訪れた岐阜県高山市。
それがきっかけで昔よく訪れた乗鞍高原や奥飛騨に加え、郡上八幡や周辺の地域等へも訪れる機会が増えました。
その流れと云うと強引ですが、今週末からの連休に開催される「高山祭・秋祭」に出かける予定です。

高山祭との出会いは平成8年の春祭り「遷都400年記念の臨時大祭」でした。
同じ年の秋祭りにも訪れましたが、それきりなので高山祭りは実に20年ぶりとなります。
e0272231_01363734.jpg
e0272231_01375362.jpg
e0272231_01384777.jpg
e0272231_01151049.jpg
e0272231_01404911.jpg
e0272231_01392337.jpg
春の高山祭が日本三大美祭とも知らずに、屋台曳き揃えと祭り神楽行列を観て「祇園祭とタメかそれ以上やん!!」なんて、大馬鹿を曝け出していた自分が恥ずかしい(汗)

高山祭・春祭りの見どころの中心でもあるのが総勢12基の屋台。
兎にも角にもそれを飾る彫刻が素晴らしく、なかでも有名なのが彫刻師「谷口与鹿」の作品群。
高山の祭り屋台は「与鹿に始まって与鹿に終わる」と称賛されるほどなのです。

そんな凄い彫刻であることを知らない当時の私でさえ与鹿の作品を写真に収めていた事実は、説明されずとも観覧者を魅了してしまう圧倒的な存在感を放つ、美術性の高い彫刻である事を物語っています。

屋台曳き揃えではその作品をすぐ間近で観覧できるのだから贅沢極まりない有り難いお祭りです。

e0272231_01370977.jpg
e0272231_01422378.jpg
夜祭では全ての屋台に提灯が灯され幻想的な風景が現れます。
提灯を灯したまま高山の城下町を曳行される頃になると、それに合わせて街灯が消される町筋もあそうです。
そこを屋台が曳かれていく光景は「現代ではなく時代を遡って祭りを観ている!」そんな錯覚になるかもしれません。
きっと私ならそんな想像をして曳行を観覧している気がします。

秋祭りを境に本格的な秋を迎え、やがてすぐ訪れる冬への備えも始まるのがこの季節の高山なのです。

※夜祭(宵祭)は秋の写真です。
※春・秋ともにH8年にフィルムカメラで撮影




[PR]
by hanashigai | 2016-10-07 19:00 | ├ 郡上・高山 | Trackback | Comments(6)