<   2017年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

春の樽見鉄道を訪ねて♯2

今回の樽見鉄道訪問は、本巣駅から、織部(おりべ)ー木知原(こちぼら)ー谷汲口(たにぐみぐち)ー神海(こうみ)ー高科(たかしな)ー鍋原(なべら)ー日当(ひなた)ー高尾(たかお)ー水鳥(みどり)の各駅、そして樽見駅へと順繰りに訪れました。

桜に合わせて多くのファンで賑わう木知原駅・谷汲口駅・日当駅は、既にしべ桜となってて平日なのもあってか?めっちゃ閑散としていました。
まぁ仮に桜が見頃だったとしてもそれらの駅は超人気撮影地。
そこは撮り鉄さんに任せて、私は自由に動き回って撮れそうな高科駅・水鳥駅に行くと決めていました。
e0272231_23341733.jpg
その目当ての一つである高科駅が上の写真。
桜を中心に正対した時の駅舎・車両・背景(山と空)のバランスが美しいと思うのですが如何でしょうか?
此処は頻繁に訪れられるなら季節毎の鉄道自然風景が撮れる素晴らしい駅だと思います。

そして下写真の水鳥駅には、なんと奇跡的に桜が残っていました!!此れは完全に予想外の嬉しさ\(^o^)/
e0272231_00251267.jpg
何故に撮りたい駅だったかは高科駅と反対のバランス(車両に対して桜・駅が反対になり、なおかつ背景が綺麗)だからですが、正月のロケハンで予想してなかったのは水田の水鏡ボーナス♪本当に美しいです♪♪
※ただし撮る位置に設置された害獣除けのフェンスも予想できてませんでした(笑)

e0272231_00255610.jpg
上は水鳥駅ホームから高尾駅方向を見た眺め。
両脇の桜と若葉に囲まれて走るタルテツ、全てが明るい色のまとまりに対して、それらとは対照的な濃い緑が背景にある事で前景をより印象的にしてくれました。


e0272231_00253922.jpg
上は二枚目を撮った位置から、本巣駅方面を見た写真。
車両と根尾谷の家々、自然風景を広い視野で絡めて撮れるのが此処の魅力です。

e0272231_21582885.jpg

太陽が山影に隠れてからの風景の色の移り変わりを眺め、風の感触を肌であじわい、同時に木々や土が香り、動物の声にその姿を想像する。
それらは幼い頃に祖父母の故郷で過ごした遠い昔を思い出します。
此処には五感で感じる美しい夜がありました。

e0272231_22001049.jpg

遠くの山間からボンヤリとした灯りと、鉄路を鳴らすガタゴトの音が次第に近づき、汽笛が鳴るとともにカーブから姿を現すタルテツ。
星空に包まれた駅ホームに一両の小さな汽車がすべりこみ、数十秒間の静寂の後、再び走り出して闇の隙間に消えていく様を、実像と虚像で眺めていると、あたかも自分が「銀河鉄道」の物語の中にいるような錯覚に。

思いがけず桜にも出会え、春の樽見鉄道訪問を大満足で終えました♪



[PR]
by hanashigai | 2017-04-28 19:00 | 鉄道風景 | Trackback | Comments(6)

春の樽見鉄道を訪ねて

かねてから計画していた春の樽見鉄道訪問を実現して参りました。
何故に春か?と云えば「根尾谷淡墨桜(国指定天然記念物)」の見頃(薄墨色の頃)に合わせて訪問したいオプション付きだったのです♪
そんな樽見鉄道フォトスケッチ、暫しお付き合いください。
e0272231_00280514.jpg
樽見鉄道本社がある本巣駅に到着したのが13:00過ぎ。

正月にロケハン済みですから、桜の咲き具合&空模様と睨めっこしながら訪問日を決めて再訪するだけ♪と、三月上旬には気持に余裕があったのに、結果的には見頃タイミングには合わせられませんでした。
そして、とどめは出発日の未明から明け方に掛けての春の嵐・・・桜が散ってるのを覚悟しての訪問だったのです。

そんな事もあって青空の現地に気分は (´∀`∩)↑age↑になりました。

e0272231_00273183.jpg
e0272231_00274899.jpg
樽見駅で回送の車両があったので先ずはそれを見学しました。
レールのポイント切り替えを手動でされているのですね!樽見鉄道はディーゼル機関車両で運行するので、燃料給油等で普段から見れそうな場面ですが私には珍しい光景です。
係員さんが一つの作業の初めと終わりに、何度も何度も指差しで安全確認されてるのが印象的でした。

本巣駅での回送作業を見届けた後、車を沿線沿いに北上させて、今回の樽見鉄道撮影行の本番が始まっていきます\(^o^)/
暴風雨の後とはいえ、終点の樽見駅はもちろん途中の駅や沿線の町にも沢山の桜がありますから、もしかすると!?と云う若干の期待はある訳です(笑)

e0272231_00235013.jpg
が、しかし桜と鉄道風景を撮りたい思いは空しくも・・・予想どおり各駅の敷地や沿線にある桜の下は、風に飛ばされ雨で流された、まだ瑞々しい花弁がドッサリ!
でも例年と同じ開花時期であったならこの光景すら見れていなかったのですから今回は満足せねばなりません♪

e0272231_01361772.jpg
最上段左コマが根尾谷薄墨櫻。花弁は随分散っていましたが、まさに三大巨桜の一つと云える迫力の存在感!そしてただ大きいだけでなく美しい樹影を堪能できました♪
本巣駅から樽見駅までの各駅で見頃であれば華やかだろうなぁ~というのを、来年以降に向けてのロケハンと云う事で納得の今回です(笑)

そんな少し寂しい春の訪問でもガッツリ撮った駅が一つだけあります。
次回はそれをポスト致しますので、暫しのお付き合いよろしくお願いします。


[PR]
by hanashigai | 2017-04-25 19:00 | 鉄道風景 | Trackback | Comments(10)

長浜曳山祭と湖北の桜

久しぶりに青空が広がった4月13日、両親を連れて滋賀県湖北の桜景勝地「海津大崎」「奥琵琶湖パークウェイ」へ。
両方共に花の見頃を迎えてて好い花見となりました♪
e0272231_22180303.jpg
お昼を食べて無かったので湖の上をぐるりと回って長浜市にお邪魔する事に。
長浜駅周辺に来るとカメラ片手の人が多くて、なんとな~く賑やかな雰囲気!何故だろう!?と思っていると「長浜曳山祭り」開催中でありました。

e0272231_12144812.jpg
そうと分かれば祭を観覧しないで帰る訳にはいきません。
食事をサッと済ませて長浜の町を散策する事にしました・・・が、全く勝手がわからずウロウロしてると祭法被を羽織った子供を発見。
後をついて歩けば祭り会場だろう?と云う事で、辿り着いたのが大きく立派な山車の前。

既に大勢の観覧客と写真家が待機しており、祭衆の方に尋ねると、間もなく「子ども狂言(子ども歌舞伎)」が演じられるとの事で丁度良いタイミングでした♪
山車の周囲をぐるりと一周して何処から観ようか考え、町の方に舞台横から観るのは失礼でないか?を確認してから、正面ではなく横から観覧することに。
舞台である曳山との距離が近いので演者の表情や細かな仕草も観れそうなのと、正面より観客が少ないので動きまわって撮れそうと判断しました。
コンデジXZ-2と15-30ミリレンズのカメラだったのも理由です。

e0272231_12151367.jpg
長浜曳山祭の曳山(山車)はそれ自体が子ども狂言の舞台として造られています。
一風変わった独特の形は「下山」と呼ぶ台車、「舞台・楽屋」の真ん中の層、そして囃子演奏の部屋「亭(ちん)」の三層構造からなり、上写真の諫͡鼓山(かんこざん)からその特徴が伺えます。※諫鼓山の演者11名が勢ぞろいし座ってるので曳山の大きさが想像頂けるのではないでしょうか?
そして見るからに豪華絢爛な曳山、そのどれもが重要な歴史文化財でもあります。
例えば諫鼓山、曳山本体は1774年(安永3年)、亭は1818年(文政元年)、舞台前柱は1843年(天保14年)建造という物で、装飾の胴幕や見送り幕等も合わせて大変貴重な文化財品の塊と云えます!

e0272231_12151970.jpg

くじ取り式で一番くじを引いた壱番山の諫鼓山では、舞台幕開けの三番叟(さんばそう)が演じられました。
舞台袖を歩いて舞台に上がる三番叟の演者は、なんと若干10歳の男の子!!

そして壱番山の子ども狂言「花祭長浜城~歌劇フィガロの結婚より~」が4歳~12歳の演者たちによって演じられていきます。
この子ども狂言(子ども歌舞伎)の響きから連想してた「幼い子供達のお遊戯会的なイメージ」が、好い意味で木っ端微塵に砕かれて吹き飛ばされました。
子供たちの芝居演技は想像を遥かに超えた本格的なもので、私はすっかり長浜曳山祭の子ども狂言に魅了されてしまったのを此処で打ち明けます(人´∀`).☆.。.:*・゚

e0272231_12145589.jpg
長浜曳山祭は子供から大人まで町全体で祭をつくっているのが伺えます。

まだ幼い男子たちが演じる子ども狂言が本当に素晴らしいので、そこだけに注目しがちですが、囃子(しゃぎり)を奏でる子供達(女子も含まれる)も祭りに欠かせない存在♪赤い祭法被を羽織った囃子方が亭や曳山の周りで囃子を演奏します♪♪

そして曳山の舞台袖では祭衆の大人が子供の芝居を見守りながら、同時に舞台袖の保持をされたり、舞台裏の楽屋では衣装替えや化粧等の手伝いで忙しくされてます。
もちろん直接に祭りに関わる方々はそれだけではないのは云うまでもなく、また大勢の観衆は声援で役者の子供たちを元気づけ拍手で演技を褒め称えます。

そんな祭りを創る一体感を眺めているのがとても心地好くなると同時に、こんなに素晴らしい祭が隣県にある事を知らずにいたのが恥ずかしくなりました(汗)

e0272231_12150132.jpg
夜には山車に提灯が飾られるそうでしたが翌日の予定を考慮して、後ろ髪を引かれつつ帰路に着きましたが、花見に加えて長浜曳山祭までも楽しめたので大満足♪春爛漫の素晴らしい一日となりました。

思いがけず偶然に観覧できた「長浜曳山祭」は開催日が「高山春祭」と重なるのが悩ましいですが、また再び訪れたいです\(^o^)/
※本年はユネスコ世界文化遺産登録の記念として、15日に曳山13基全てが曳き揃いするのが注目でしたが、それには訪問できなかったのが悔やみどころであります(T_T)

長浜曳山祭(ながはまひきやままつり)は約400年を遡る歴史ある日本の祭りで、滋賀県長浜市の長浜八幡宮に奉納される春例祭(4/9~4/16)で、日本三大山車祭(京都/祇園祭・岐阜県高山市/高山祭)のひとつでもある。
1979年には国重要無形民俗文化財に指定され、昨年秋にはユネスコ世界無形文化遺産「日本の山・鉾・屋台行事(全国33件)」にも登録。

祭りの中心となるのが曳山行事。13基ある曳山(山車)のうち12基の各曳山には舞台があり、そのうち4基が毎年交替で出番山を務め曳山の舞台上で子ども狂言(子ども歌舞伎)が上演され、それが祭の軸となる行事のよう。(※狂言を上演しない曳山は暇番山(かばんやま)と云い山蔵の前に展示される)
※現在13基ある曳山は1745年(延享2年)高砂山が始めで、全ての曳山が揃うのは1829年(文政12年)の事!それぞれ如何に手の込んだ職人技がなされているかが御想像戴けるのではないでしょうか?
4月14日には出番山4基と長刀山が長浜八幡宮前へ曳行され、夜間には曳山の提灯が燈るなか各行事が進められ、その幻想的で美しい光景に魅了されるファンも多いと聞きます。

地元の方に伺った話では、曳山の一つ鳳凰山の見送り幕が京都祇園祭の鶏鉾と対(一枚を裁断して京都に売り渡した物)だったり、曳山の装飾彫金修理の多くは現在は京都の職人が手掛けているのだそう。

地元の方々からお話をお聞きし、更に資料を参考にして長浜曳山祭への興味は深まるばかり♪今季は祭りの片鱗に触れただけですから、次回はもう少し余裕をもって訪れるつもりです。

[PR]
by hanashigai | 2017-04-22 19:00 |  ├ 祭り風景 | Trackback | Comments(6)

京都桜美人♯3

今年の桜美人さんのポストはこれが最後ですが、今回も華やかに参りましょう♪
e0272231_17183713.jpg
此方はほんのワンカットづつお願いした桜美人さんたち。
殆どの桜が散ってしまっていた中、清水寺・西門前の枝垂桜が好い感じでした。大勢の人で賑わうなか、二組の和装桜美人さんを撮らせていただきました。帰路に向かう二寧坂・・・桜はありませんが三人組の桜美人さんを。

e0272231_15410263.jpg
こちらの綺麗なお二人は神戸からの桜美人さん。シックな着物のチョイスが流石お洒落な神戸っ子ですね!

e0272231_17145212.jpg
「笑ったほうがいいですか?」とおっしゃるので最初の数カットはお姉さんにお任せで♪1枚目がそれですが美形すぎてちょっと怖い印象になるので「ほんの少しだけリラックスして」とリクエスト。その「ほんの少し」を上手く演じて下さっったのが2枚目の組み写真です。本来はどちらか一枚にするべき類似カットですが、少しの表情違いがこれまた魅力的過ぎて選びきれませんでした。

e0272231_17175102.jpg

今年はライトアップが中止された場所があったり、開花が遅れてイベントに間に合わなかったりしましたが、終わってみれば思い出に残る素晴らしい桜の季節でした。
そんな素敵な春を過ごせるのは大勢の桜美人さんたちのお陰でもあります♪
これから京都は遅咲きの桜の後、新緑の季節に向かっていきますが、観光客が少なくなり落ち着いて散策できます。
皆さん是非また京都に遊びに来てくださいね\(^o^)/

[PR]
by hanashigai | 2017-04-19 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(10)

京都桜美人♯2

今回は和装でない桜美人さんたち。
京都の観光地を撮り歩きしてると大勢の着物姿のお嬢さんたちに遭遇しますが、おしゃれな春の装いで観光を楽しむお嬢さんたちも多くいらっしゃいます。そんな桜美人さんも撮らせていただきました♪
e0272231_15065375.jpg
地面に落ちた桜を拾って可愛く♪こういうのは女の子と小さなお子さんがキマリますね。
e0272231_14342343.jpg
写真右はシャッターを頼まれた時に私のカメラでも撮らせて頂きました。殆ど桜は見えませんが桜美人が三人もいるので好いんです\(^o^)/
写真左は人でごった返す巽橋で。此方も桜は僅かに写ってるだけですが主役は桜美人のお二人♪全く問題ありません♪♪
e0272231_14340157.jpg
春色の洋服がお似合いで綺麗なお二人。まるで清水寺の枝垂れ桜とコーディネートされたような可愛さ(人´∀`)♪
e0272231_23482310.jpg
大きな桜に抱かれるように撮影を楽しむ桜美人さん♪修学院から今出川まで高野川河川敷(国道沿い)には約3キロの桜並木が続きます。車でも、川沿いを散歩しながらでも桜を楽しめます。
e0272231_23393003.jpg
東京からいらした桜美人♪よく笑う明るくて可愛いお二人は、着いたばかりで宿にチェックインする前のタイミング!ほんの十数分でしたがやたら楽しかったです\(^o^)/鴨川沿いを散策しててラッキーでした♪

e0272231_15570811.jpg
すぐ近所にお住まいとの事だった桜美人さん。高校生の可能性ありだったので後ろ姿&大幅トリミングで。


[PR]
by hanashigai | 2017-04-17 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(8)

京都桜美人

今年も桜の季節に大勢の桜美人が京都にいらっしゃいました。
生憎の空模様がつづいた日もありましたが、そんな時でも桜美人が通りを闊歩すれば町が一気に華やかになるのです♪
そんな桜美人さんたちを御紹介します。
e0272231_14334620.jpg
e0272231_14341370.jpg
e0272231_14340782.jpg
e0272231_14335442.jpg
e0272231_18101624.jpg

昨年は無節操に長々と桜美人さんをポストし続けたので、今年はまとめて掲載する事にしました。
咲き始めの頃に撮らせて頂いた桜美人さん達は、もう旅の余韻も薄れて地元の桜を愛でている頃なはず。
先ずは、お着物姿の桜美人さんです。

今年は開花してから気温が高めを維持した為、一気に咲き進んだ京都市内中心の桜たち。
昨年のように一夜明けたら強風で全部散っていたと云う事もなく、ハラリハラリと風に美しく散る姿を楽しんでおります。
部屋の窓から眺める公園の桜はまだまだ満開\(^o^)/
大原などの洛北では此れから見頃を迎える季節ですから、もう暫く桜と桜美人の美しさにウットリできそうです♪


[PR]
by hanashigai | 2017-04-15 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(6)

京都てくてく桜散歩 sanpo

始まりが遅かった今期の桜、京都は満開になったのも束の間、あっという間に散り始めに差し掛かかっています。
今年は早朝と夜をメインにしたので日中は殆ど撮ってませんが、その分は一日の空き時間をまるまる歩いて濃厚な花見散歩をする事に♪ 
e0272231_02010812.jpg
e0272231_02002265.jpg
e0272231_02003150.jpg
e0272231_02003893.jpg
e0272231_02004945.jpg
そんな一日を使っての桜散歩。
今回は神社仏閣のあるこれぞ京都っていう場所は控えめに、日常を感じる桜風景を撮りたくて、そこで決めたテーマは「橋がある桜風景」です。※と云いつつ欲張りに「Kyoto code」も狙っています。
桜と橋梁が個々に主張し過ぎないで、双方がお互いを補完しながら季節の風景を完成させているような、そんな風景を求めてさまよいました(笑)

昨年も書きましたが、街の桜は人々の暮らしに寄り添うように咲いているのが印象的です。
例えば桜並木が自然にできる訳はないですから、それら桜風景は多くの人の手によってつくられた風景。
今、京都の町なかで美しく春の宴を演出してくれる桜たちは「皆が喜ぶ姿を楽しみにしながら育ててくれた」人たちが居られたからこその風景。
満開の桜を眺めているとそんな方々の気持ちまでも見えるようでした。

今回の京都桜散歩、終わってみれば徒歩で10時間程の行動となり相当に疲れましたが、それに見合う大満足な一日となりました♪
人影や橋梁以外の人工物も積極的にフレーミングしてますが、現代の京都桜風情を感じていただけたら嬉しいです。

京都の桜は早くも終盤に差し掛かりつつありますが、名残惜しいのでもう少しだけ桜撮影を楽しみたいなんて欲張りに思ってます\(^o^)/


[PR]
by hanashigai | 2017-04-12 19:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(20)

京都の桜、はじまりました♪


数日まえまで咲き始めだったところが此処二日間の暖かさで一気に五分~満開に!

e0272231_07442930.jpg
e0272231_07425338.jpg
e0272231_07430682.jpg
e0272231_07422834.jpg


京都の町には都市の雑然とした日常風景の中に、京都(主に歴史)を強く感じさせられるキーワード的な京都感風景が乱雑に点在していて、
見ようによってはバランスが取れていない中途半端な景色なのですが、ふとした瞬間や何かと何かが合わさって見えた時に、
アンバランスだった風景から強烈な京都感が放たれている事に気付きました。

その京都感を更に掘り下げて考えてて思い浮かんだのが「kyoto code」 と云う言葉。
それは広く一般的に認められた慣習的な意味の「code」と暗号的な意味の「code」です。
単なる綺麗な桜風景を撮るのではなく「kyoto code」を考え発見しながらの桜の季節となりました。

今年はエリアは同じでも、木によって咲き進みのばらつきがあるのと感じてるのは私だけでしょうか?
それこそ隣同士でも咲き加減の差が大きいのが目立ちますが、時間差があればそれだけ長く桜時間があると考えて、見方を桜に合わせて楽しみたいと思ってます。
私の桜ショット&お花見弁当

[PR]
by hanashigai | 2017-04-07 19:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(16)

只今準備中

ようやく咲き始めた京都の桜。
まだまだ蕾が多くて咲き始めの木が殆ど!
「只今準備中」の桜たちだけど、私はこうやって待っている時のワクワク感が凄く好きです♪

e0272231_07454567.jpg
e0272231_07455523.jpg
週間天気予報を確認すると今週は日毎に気温がグングンあがるみたいで、一気に咲いてしまうのかも知れない。
ゆっくり、のんびり咲いて欲しいな。


[PR]
by hanashigai | 2017-04-03 19:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(14)