<   2017年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

初秋のそら色

九月も最終週に入り、いよいよ秋の気配が色濃くなり始めました。
けたたましく夏を謳歌したセミたちに代わり、秋の虫たちのオーケストラが聴こえています。
すでに稲刈りを終えた田んぼの畦道には彼岸花が咲き秋の彩の先陣を切ったようです。
お出掛けの帰り道、大渋滞をやり過ごすために暫しの寄り道。
e0272231_18211127.jpg

18時を少し回った空が茜色に染まり、あちらこちらからコロコロ・チリチリと秋の音が♪

e0272231_18212666.jpg

e0272231_18214164.jpg
ついでにJR湖西線・安曇川駅近くで夕暮れの撮鉄も。
今回はD300/ISO1000なので少々ノイズが目立ちますが、それがこのシーンにマッチしてると思いました。


[PR]
by hanashigai | 2017-09-25 19:00 | 鉄道風景 | Trackback | Comments(8)

夏乙女♯16

前回の夏乙女が最終ポストと思っていたら、大変失礼なことに出町デルタで撮らせて貰った可愛いお嬢さんを忘れてました(汗)
e0272231_17374050.jpg

川の流れに素足を浸しながら髪を結うお姉さん。
この素敵な光景、夏のシチュエーションとして思い浮かべる事はできても、実際に撮れる場面に出会うのは難しいです。


会話しながらのショットですが、お顔の向きも含めて私からは何も指示をしてないので、100%彼女達の素の表情。
オッサンにバシバシ撮られてレンズを意識するでしょうけど、それも含めての素なのです。

今夏は曇天続きでしたから写真の為に出町デルタに来たの此の日一度だけ。
晴れてなかったら撮りに来ることも無かったので、良いタイミングが重なって感謝ですね~。
この時のお姉さん、ありがとうございました\(^o^)/

同じ日にもう一組の女の子たちを撮らせて貰っったのが下の画像。
e0272231_18422070.jpg

私の横で撮影会が始まるも、なかなか思うように撮れないご様子。
それ自体も楽しんでる様子だったのですが、その楽しそうな遣り取りを見てるうちにオジサンの御節介が炸裂して…(汗)
彼女たちのリクエストに応えつつ、私も楽しい時間の仲間に入れて貰いました♪
※お二人はとても可愛い女子高生さん。ブログ掲載OKのお返事でしたが、私の判断で顔出し掲載を止めました。
お二人とも、ありがとうございましたヽ(^o^)丿


[PR]
by hanashigai | 2017-09-22 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(16)

青春50きっぷ・夏旅♯5

「美濃白鳥駅」で待つこと約2時間、11:54発・北濃行き列車がやってきました。
ここから先の下り終点「北濃駅」は未体験ゾーン、僅か10分の区間でも、どんな車窓が見れるのか楽しみです。
※此処での二時間を退屈にしてしまったのは自らのせいで反省点です。今思えば界隈の長良川沿いを散策して撮り歩きをするべきでした。

e0272231_13564873.jpg
車窓の様子を見ながら乗ってるうちに12:04終点「北濃駅」到着しました。
ホームに着くと乗客の皆さんが急いで駅舎横?併設?の食堂へ。なかなか趣のある食堂は直ぐに満席に!パック弁当を買って車両に戻る人もいて、皆さんよくご存知だと感心しました。

私は初めての「北濃駅」なので駅周辺を撮り歩きすることに。
線路脇の桜が良い感じで春の此処も素晴らしい写真が撮れそう♪そして一際に存在感を放つのが蒸気機関車運行時代に使われていた転車台。これは国登録有形文化財に指定され書類上はまだ現役なのだそうです!凄いね~!!

35.930309, 136.829486

e0272231_13571212.jpg

自分好みの風景がたっぷりある「北濃駅」までやってくる列車は平日9本、土休日は7本、しかし「美濃太田駅」から全線を通して乗れるのは平日7本、土休日5本。そして此処着の最終電車で此処まで来てしまうと折り返し列車がないなど、なかなか難易度が高いです。でも良い風景てんこ盛りの郡上八幡駅~北濃駅なのでまた次回に車窓風景を撮りたいと思います。

e0272231_13565568.jpg
軽く散策した後、12:40発・美濃太田行きで折り返します。
車内は来るときと殆ど同じ乗客の皆さん。それぞれ思い思いに過ごした「北濃駅」での35分間、滞在は短くても思い出はデッかいですよね。

お昼を食べ損ねた私は郡上八幡駅で一旦下車。入れ替わるように大勢の人が列車に乗り込みました。麦わら帽が夏らしさを演出していました。

お腹ペコペコだけど、先ずはビール飲みた~い♪

e0272231_12553215.jpg
今年は踊りが始まる夜まで乗り鉄しようと考えての一日フリー切符購入でしたが、14時過ぎに突如友人も郡上八幡入りしたので合流、そのまま郡上八幡の町中散策になってしまい切符を完全活用とはいきませんでした。
e0272231_12551811.jpg
明けて翌日、リベンジを考えるも土砂降りの雨!
今年夏の乗鉄も晴天には恵まれませんでしたが、前回は雨で今回が曇りとくれば次回はピ-カン晴れでしょう♪また来年の夏旅を楽しみにします。

だらだら続けた「青春50きっぷ・夏旅」も今回で終わり。

目的地として郡上八幡を訪れるようになったのが2010年の夏 で、長良川鉄道の初の乗り鉄が昨年、そして全線走破がようやくの今年・・・本当にノンビリと郡上八幡と長良川鉄道沿線の散策を楽しんでいます。

此処に通い始めた頃は鉄道に殆ど関心がなかった私も、今では各地で踏切を見つけるとワクワクするようになり、配線跡を見つけるとその歴史に興味が沸くようになってしまいました。

それもこれも全ての始まりは沿線風景が素晴らしい長良川鉄道と、現役時代を知ってた鉄道の廃線が影響しているのは確実です。

まだ名前も知らない日本の地方鉄道はどれくらいあるのか?そんな事を考えると、私の長良川鉄道旅みたいなスローペースでは、到底人生が足りないでしょうけど、今後見つけた鉄道も、マイペースでじっくり接していきたいと思っています。

[PR]
by hanashigai | 2017-09-15 19:00 | 鉄道風景 | Trackback | Comments(14)

青春50きっぷ・夏旅♯4

今年も「ながてつ」で乗り鉄してきました。
昨年は雨で沿線夏風景をじっくり楽しめませんでしたが、はたして今年はどうなるでしょう。
e0272231_13551787.jpg
郡上八幡駅の駐車場に車を止めて駅へ。まだ営業時間前にも拘わらず、偶然に駅員さんがおられたので「一日フリーきっぷ」を買えました♪
07:04発の列車に乗って、いざ「ながてつ旅」開始。
肝心の空模様、郡上八幡上空は残念ながら曇り空ですが、沿線距離が長いのと、ほぼ一日乗るつもりなので晴れのチャンスもあるはず\(^o^)/

e0272231_13553068.jpg
先ずは「関駅」で途中下車。この駅までの車窓が自分好みなのと、今回は長良川鉄道本社社屋がある駅周辺の散策もしたかったのです。
20分ほどぶらぶらして駅に戻り、08:35発「美濃白鳥行き」で折り返します。
目指すは「白鳥おどり」の町♪


e0272231_13562527.jpg
運転席横は前後共に既にガッツリキープ。さらに全体的に乗客が多くて、立つ場所探しに困りながら仕方なく前方ドア前に行くと、同じように思ってか高校生くらいのお嬢さんもやってきました。
駅を二つほど進むと、その子の友人も途中駅から乗り合わせし、怒涛の「乙女の時間」が始まっていきます。
どうやら乗務中の運転手さんは合流したお嬢さん憧れの人らしく、それはそれはシャイで乙女なリアクションが炸裂されていきます!
御本人はギリ抑えてるんでしょうが、傍目には非常にわかりやすくて、彼女の周りを漂うハートマークが見えるよう٩(♡-♡ ) とても微笑ましかったです♪
お二人は駅で降りると、すかさずホームで自撮り。もちろん運転手さんとツーショットになる構図です!!シャイなのか?大胆で積極的なのか?時代遅れのオジサンは混乱しました。
それにしてもイケメン運転手さん、モテる悩みも多そう。実に羨ましい(笑)

e0272231_13563500.jpg
さて「郡上八幡駅」で殆どの乗客が下り、静か~な車内のまま「美濃白鳥駅」に到着。
ここ美濃白鳥でも「白鳥おどり・徹夜おどり」開催中ですから、町の賑わいを期待して散策するも「北濃行き」到着までの約2時間!完全に時間を持て余しました。
※目的の食堂もお休みだったみたいで…せめてビール飲みたかった~。



[PR]
by hanashigai | 2017-09-13 19:00 | 鉄道風景 | Trackback | Comments(4)

小さな訪問者2017

何かの視線を感じる・・・カエルピョンが窓越しにジッと此方を見つめてました(^_^;)

e0272231_22534171.jpg

前に紹介したこの子だったら嬉しいな。




[PR]
by hanashigai | 2017-09-11 19:00 |  ├ 里の四季 | Trackback | Comments(6)

正寿院・風鈴まつり♯2

前回に引き続き正寿院「風鈴まつり」

数枚の写真だけを見て事前情報にしてたので来てみてビックリ!
お寺の境内に入ってしまうと、見上げる空の殆どが風鈴で埋め尽くされてるような感覚!これは異次元と言っても好いでしょう\(^o^)/

e0272231_16273326.jpg

私は鉄風鈴をベランダに吊るして夏の音を楽しんでますが、此方は硝子風鈴。

音が続いていく余韻が素晴らしい鉄風鈴とは一味違う、キレの良い爽やかな音色が魅力です♪加えて圧倒的な数があるので、一斉に鳴る時の音圧っていうのかな?とにかく迫力も凄いです。


e0272231_16272582.jpg

この日は概ね晴れ空でしたが、流れる曇のおかげで青空を取り入れたり、光の変化も存分に楽しみながらの撮影。
光を透き通らせながら涼しげな音を奏でるのが硝子風鈴の魅力ですね♪

e0272231_16274154.jpg
レベルとアングルと、さらにレンズ画角も変えながら…結構なバリエーションを撮らせて貰いました。

e0272231_16271782.jpg
大勢の拝観客さんを無理に画面から排除せず、積極的にフレーミングして場の雰囲気も押さえます。
表情をガッチリ捉えなくても皆さんの楽しい様子が伝わるように、仕草にも気を付けながらショットしました。
※浴衣美人の三人組さんがいたので声掛け撮影&掲載許可もいただきましたが、今回のポストには合わないので掲載見送りました。


それにしてもマイカーでなければ相当にアクセス不便な正寿院さんなのに、それを感じさせない大賑わいはどういう事でしょう?

鉄道最寄駅が「京阪宇治駅・JR宇治駅・近鉄田辺駅」、そこから路線バスで宇治田原町内の「維中前バス停」まで約30分、そしてコミュニティーバスに乗り換え「奥山田バス停」まで約17分、そこから更に徒歩約10分を要するので、乗り継ぎに要する時間もプラスすると決して楽に来れるお寺ではない筈…にも関わらずなのです!

ここ数年ローカル鉄道も撮るようになって知ったのが、利用客の減少に歯止めがかからない鉄道路線が多く、また一日の乗客数1000人に満たない鉄道もある事。

正寿院さんで楽しげに過ごす人達を眺めながら、ふとそんな状況の鉄道路線の事が頭に思い浮かびました。

例えば、大井川鉄道・いすみ鉄道・わかやま電鉄・九州JR、そして私の好きな長良川鉄道もそうですが、イベント列車やアイドルキャラクターが沿線住民以外の乗客、すなわち日常の交通手段としてでない乗客を呼び込むことに成功しているようです。
この例えでは沿線イベント(例えば、長良川鉄道で言えば、郡上おどりや白鳥おどり開催中は、放って置いても乗客が見込める)は入れないで、鉄道会社自らの企画で乗客を呼んでいる事に注目です。
※「いすみ鉄道」は「いすみ鉄道 社長ブログ」で社長自らが、積極的に会社の取り組みを発信されてて、とても楽しく拝読しています。

これらの鉄道会社の詳しい経済現状や企画による収益効果の割合も知りませんし、そもそも移動手段としての存在が本来の役割ですから、お寺の催しに集まる観光客と単純比較するのはナンセンスですが、それでも「近隣・沿線以外の人をターゲット」に「人を寄せる魅力つくり」を積極的に行った結果が、今の正寿院なり、例えに挙げた鉄道の賑わいなのは明らか。

正寿院で言えば、お寺が在る宇治田原町は観光客が多い地域でもなく、周辺に観光スポットが沢山あって巡りやすい等の好条件も無いにも関わらず「交通が不便な立地(しつこいって?)に、ピンポイントで大勢の参拝者が集まる事実」は、かなり衝撃的で、SNSなどの口コミ情報伝達のスピードと世界規模で情報拡散される時代の好条件も手伝ってはいますが、やはり大変に興味深い出来事と思いました。

その正寿院と人気鉄道が人を呼ぶ共通点は、ただ一点「コンテンツの魅力」であり、それは多少の不便を跳ね除ける力がある事を証明していました。

積極的に情報収集目的で訪れたのでもない中、自然にそんな事を考えさせられながら過ごした正寿院さん。
ここに来れば悟りを開けるかも知れません♪


[PR]
by hanashigai | 2017-09-06 19:00 |  ├ 京都寺社めぐり | Trackback | Comments(2)

正寿院・風鈴まつり♯1 sanpo

今年の夏がはじまって、ずっと気になっていた宇治田原町の「正寿院」さんへ。
15時到着にもかかわらず、大きな駐車場がほぼ満車!ギリギリ二台停めれるタイミングでラッキーでした。

e0272231_16280519.jpg
本堂がある門をくぐると、すぐに圧倒的な数の風鈴が出迎えてくれます。
風に揺られてキラキラ鳴る風鈴の音と、そよぐ風が心地よくて、これは長居してしまいそうな予感♪

e0272231_16282789.jpg
お寺の庭を駆けていく夏風に、風鈴の短冊が踊り、音色を響かせ、目と耳の両方を楽しませてくれる♪とても素敵な空間です。

e0272231_16284689.jpg
そして撮っても撮ってもキリがない、そんな楽しい正寿院さんの「風鈴まつり」です。


ここ正寿院は800年程前の創建と伝えられる、高野山真言宗のお寺さん。

その歴史を伝えるのが御本尊の十一面観音菩薩像、と仏師・快慶作とされる不動明王坐像です。
ただし御本尊は秘仏(50年に一度の開扉)なので普段はそのお姿は見えません。
それでも観音様を心で感じながらお参りをしたいですね。

正寿院さんの拝観では御住職の説法も授けられ、お茶とお菓子で接待くださるそう。さらに本堂でヨガ体験などの催しを企画されたりと、人気の理由は、ハート猪目窓・天井画・風鈴まつり等だけでは無いのが理解できます。

柔軟な発想で時代に沿った催しの数々、大変魅力的だと思いました。

晴天・土曜日も影響してか?本堂拝観は16時前でも長蛇の列、きっと客殿も・・・と言う事で、今回は「風鈴まつり」に集中して、次回の訪問時に合わせてじっくり拝観したいと思います。

町役場近所で、改めてナビで近隣施設検索すれば簡単に見つかるだろう…と、気安く思ってたらかな~り手間取りました(汗)
宇治田原町は約35年前(高校時代)に1、2度程訪れたきり(その時は電車とバスを乗り継いで片道2時間半以上の道のり)、改めて来てみると当時感じていた以上に町の規模が大きい事に驚きました!
ふつうは逆ですよね。
盆地の地形ですから目の前に見えている集落だけが、宇治田原の町と思い込んでいたようです(笑)
あの頃は何もかもが青かったンですね~。


[PR]
by hanashigai | 2017-09-04 19:00 |  ├ 京都寺社めぐり | Trackback | Comments(2)

夏乙女♯15

宇治田原町・正寿院さんでの彼女たちが今季最後の夏乙女。

彼女たちはプロダクトデザインを学んでいる美大生で、お二人が写真部に所属するカメラ女子♪もうお一人は部活こそしてないけど、ミラーレス一眼(α7)を使うカメラ女子なのです♪♪

e0272231_15324073.jpg
シャッターを頼まれた流れで撮らせて貰ったのですが、三人のこの笑顔にオジサン、イチコロです(人´∀`).☆.。.:*・゚

e0272231_15315679.jpg
彼女は高校時代から写真部で活動されてるそうで、カメラ機材もかなりの拘りよう!
この日のデジイチは、Canon D6+レンズ数本と、フィルム機まで!ツアイスイコン「CONTINA」とOLYMPUS「PEN(たぶん S )」を使い分けてました。
※御本人からコメいただきました♪ツアイス・イコンは「IKONTA M」だそうです。

そうそう、もう一人の写真部カメラ女子さんは、SONY α7 ユーザーで、最近はキットレンズが物足りなくなってきてる御様子でした。
そんな話を聞かせて貰えるのも楽しいのです\(^o^)/

e0272231_15320903.jpg
そして何かと撮らせて貰うタイミングが多かったのが彼女です。
彼女はお仕事写真も撮られてるそうで、シャッターをお願いされた時のやり取りも、今は成るほどと納得。
下手なウンチクをぶっこかなくて良かったです(^_^;)

e0272231_15322118.jpg
閉門ギリギリまで撮らせて貰ったぶん、最寄り駅まで三人を送りましたが、オジサンにとっては楽しいドライブで、正寿院さんではもちろんの事、帰路の退屈な道のりまで楽しく過ごせて嬉し楽しい一日でした。

また三人+写真部美女もわんさか連れて京都に遊びにいらしてくださいね。
ありがとうございました。


[PR]
by hanashigai | 2017-09-03 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(4)

夏乙女♯14

今の時期は夕暮れ間近になると静かになってしっとりした京都風情をかもし出す祇園白川。
Dimaさんとお別れしてから欲張って再び行ってみると・・・大正解でした~♪
e0272231_12452245.jpg
白川沿いの灯りが辺りを良い感じに演出してくれるなかで、お二人がとても美しかった。
撮影許可(ブログ掲載許可)してくださるモデルさんが居てくれての美人写真♪
本当にありがたいです。

e0272231_01160095.jpg
最初に声掛けした時が右のカット♪御友人のお姉さんがスマホで撮影中にどさくさ紛れにお邪魔したわけです。
だって、この状況を目の前にしたらお願いせずにはいられません。
そしてシッカリ目線もいただいて、ファインダー越しにウットリしました(人´∀`)

e0272231_01062187.jpg
更に欲張ってもう一人のお姉さんにもお願いしたところ・・・2カット目に本職モデルさんと気付きます。
シャッター音に合わせてリズミカルに目線とお顔の向き、表情バリエーションを作ってくださる夏美人さん♪
僅か数ショットですがお互いにタイミングを合わせながらの撮影が心地よく、突然の声掛けにもちゃんと対応してくださって嬉しかったです。
願わくば、振り向き姿、歩き姿、座り姿、全方位をくまなく撮りちぎりたかった・・・それは贅沢過ぎってもんですね。
それにしても、ため息が出る美しさです~♪

お二人とも、この時は本当にありがとうございました。
また何処かでお会いした時は撮らせてください。

8月最終の週末に出掛けた八坂清水界隈は観光客さんが少なくて驚きました。
加えて湿度が低く風もあり涼しくて、とても撮り歩きしやすかったです。
人が少ないぶん夏美人さんたちとの遭遇も厳しいかな~?と思ってたけど、終わってみれば大勢に撮らせて貰えた楽しい一日でした。

大好きな夏が終わる寂しさはありますが、次は秋美人さんたちとの出会いが待っていますね\(^o^)/


[PR]
by hanashigai | 2017-09-02 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(6)

夏乙女♯13


e0272231_12530040.jpg
祇園白川ですれ違いざまにクラシックなフィルムカメラが目に入って思わず声掛けしました。
お二人ともよほど写真が好きなのでしょうね♪肩にはしっかりデジイチもお持ちです。

e0272231_12525058.jpg
最近はフィルムカメラを気軽に楽しめるように、レンタルしてくれるお店もあるようで、左のお姉さんの二眼レフがそれでした。
私はてっきりローライフレックスと思っていましたがヤシカフレックス!
ヤシカは京セラが引き継いで、その光学技術・カメラ製造技術をもとにコンタックスブランド復活まで成し遂げた老舗メーカーで、私も京セラコンタックス時代の35ミリ判コンパクトフィルムカメラをまだ二台所有してます。
ペンタの一眼レフは彼女御自身で買い求めたカメラなのだそう!レンズは純正メタルキャップ付き!!こだわりが伺えますね♪カメラも嬉しそうです。
全てがキュート炸裂の夏乙女さんたちでした\(^o^)/

e0272231_12510435.jpg
このロケーションはとても和装が似合いますよね。
そして、もしかすると以前にも撮らせていただいた三人組さんかも知れません。※確信はないですが(汗)
春の祇園白川も大人気ですが、私は柳が揺れる夏が風景としては一番好きです♪
それにしても浴衣姿って本当に素敵♪♪子供から大人まで老若男女問わず、お洒落に着こなせるのが魅力です。※そんなこと言って自分は一着も持ってないですけど(爆汗)
私のようなオッサンが見てくれをマシにするには相当に頑張らんとあきませんが、彼女達が綺麗なのは素が可愛いからなのは言うまでもないですよね。

e0272231_12514300.jpg
再び八坂庚申堂さんに時間軸を巻き戻して。15時過ぎに撮らせて貰った夏美人さん。
側は日射しが強烈なのでハイライトが厳しく!反対側に移動して貰ってからのショットで良い感じに。笑顔も素敵でしょ~\(^o^)/ 

e0272231_12515825.jpg
こんな美しいお二人の願い事なら、必ず叶えてくださると思います。

カット数が少なかった夏美人さん達の続きです。
私的にはどなたも電池が尽き果てるまで撮影できるテンションでも、お姉さんたちには御都合がありますから(´・ω・`)

皆さんまた何処かでお会い出来ましたら、また是非とも爆写させてくださいね。
ありがとうございました。


[PR]
by hanashigai | 2017-09-01 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(2)