六月の風景♯1 sanpo

せっかく梅雨入りをしたので雨の風景を求めてウロウロ。
e0272231_09232040.jpg
田んぼの苗が少し育ち、まだギリギリ若葉色の木々も残る今、ファインダーを埋め尽くすのは緑いっぱいの風景。

e0272231_09231041.jpg
未明からの雨、かなりしっかり降っていますが川の水は濁りなく透きとおっていました。
この上流の山あいは落葉樹が豊富な証拠ですね。

e0272231_09221944.jpg
雨に濡れた風景は重厚感が増しています。
雨音と川のせせらぎに混じって「カジカカエル」の美しい鳴き声が響きはじめました♪
とても贅沢な時間です。



[PR]
# by hanashigai | 2017-06-10 19:00 |  ├ 滋賀県・奈良県 | Trackback | Comments(4)

天川村訪問

奈良県吉野でロケがあったので、ついでに天川村に立ち寄りました。
約30年程前に来たことがある懐かしい場所です♪

e0272231_09120715.jpg
渓谷を縫って流れる清流「天の川」
清らかに透き通る水は、この地の生命の源、命の水。

e0272231_09131020.jpg
上写真の一部分をトリミングしてみると、川の上流に向かって浮遊する「アマゴ」の集団が見えました。
上流から流されてくる獲物を狙って、皆が同じ方向を向いています。
魚影は豊富でも釣るのが難しい魚なのも、「アマゴ・イワナ」の魅力。

e0272231_10110872.jpg
34.241136,135.853454

30年前には確実に無かったはずの橋を背景に天の川で釣りを楽しむ風景を写真に収める。
僕なら「もう少し下手に立ってザラ瀬に放り込んでから水流の勢いでエサが底に潜り込んで、また浮いてくるように投げるなぁ~」と思いながらショット。

e0272231_09123008.jpg
立ち寄った商店前の大きな水槽には「アマゴ」がどっさり。
日本の清流魚として「イワナ」に並ぶ美味な魚です。※鮎も清流魚だけど僕の中ではジャンルが少し違う。
味噌を薄く敷いた熊笹に、魚を載せて魚の腹にも薬味味噌を詰めて蒸し焼きにするのが僕の好きな食べ方。
もちろんオーソドックスに塩焼きも絶品ですけど、酒も一緒にいきたいので濃い目の味付けで♪

e0272231_00011500.jpg
34.244786,135.858335

上の写真をとってたら、大阪ナンバーの車から降りてきた女の子達が「アマゴってなに~?」と、楽しそうに撮影会を始めたので声掛けして撮らせてもらいました。
仮に彼女たちが30年後に此処を訪れた時、どんな風景になってるのかな~。

e0272231_10120918.jpg
34.245747,135.855309

30年前のあの日あから過ぎた歲月を考えれば、当たり前のように当時に記憶した風景は無くなっていました。
それは此処があの時に来た同じ場所と別のところでは?と思うくらいの変化です。

しかし私の記憶が曖昧なのも確かなようで、途中の道すら思い出せない・・・道標に従って走ったら突然着いた感じ!
京都から高速道路でかなりの近いところまで来て、更に旧道横に並走して走るバイパスや拡張された道、かつては峠越えが必要だった山を貫いた幾つかの長いトンネルとを快適に走って来たので「記憶の断片と一致する風景に出会えない」と云うのが実態です。
もはや此処にかつて私が感じた秘境感はありませんが、でも此処で暮らす人達にとって格段に安全・便利になり、住民の方々の暮らしを優先して発展したのは素晴らしいことです。

便利な道が繋がれば訪れる方も増え、それによって此処も潤うのです。
僕は町の商店でこの地方の「醤油・味噌・吉野産のワンカップ酒・柿の葉寿司・吉野杉の割り箸」を買い求めて京都えの帰路につきました。


[PR]
# by hanashigai | 2017-06-07 19:00 |  ├ 滋賀県・奈良県 | Trackback | Comments(8)

水鏡

仕事終わりにちょっと寄り道して撮り鉄しました。
此処は比叡山を背景にして走る叡電車両の横姿が撮れる数少ないポイント・・・いや、もっと云うと「比叡山と水田と叡電車両の横姿」を「いい感じ~」に収めれるのは、たぶん此処オンリーです。

e0272231_13301117.jpg
時刻は18:45頃。水鏡に映る空のグラデーションが美しく、雲が赤く染まり始めていたので、もう少し焼けるかな?と期待してたけれど、残念ながらこの日は白っぽくなって終了。
でもプラチナ色に輝く夕刻の空も、それはそれで綺麗なので好きな空色です。

目的は「水鏡に写る夜の叡電」なので、夕焼けはまた今度に。

e0272231_13300461.jpg
東の空から深い碧に変わっていくに連れ、カエルの大合唱が辺りに響きなかなか賑やかになってきました♪
おなじみの二ノ瀬駅へと続く此処、鞍馬線は、途中駅の二軒茶屋駅で折り返してくる車両もあるので、この場所で18時~20時辺りまでなら、10~15分間隔毎に一時間で上下10本程は撮れるみたい。

車内灯が目立ち始める頃、水鏡の映り込みも幻想的になってきました。

e0272231_13295779.jpg
そして夜が主張し始める時間帯に。
「きらら号」の展望席はグラスエリアが広いので、このロケーションでは一層華やかになると考えてました。
下りの「きらら号」がやって来たとき、周囲の暗さと車両の写り方バランスが絶妙な時間帯のチャンスでした♪
しかし「連写速度」を「Hi」に設定したらそれが仇に・・・レリーズ中に指の力を少し抜いてタイミングを取ろうとしたら、メモリーへの書き込みが始まって継続撮影が出来なくなってしまった(笑)初歩的なミスに凹みました(^_^;)
機能を理解していても常から使い慣れていないと、こんな失敗をしてしまいます。

そして上りの「きらら号」でリベンジ。思いどおりの画が撮れたのでこの日は撤収する事に。

※ 35.064304, 135.792323 ドラッグ選択して、ググルと地図が出ます。地図をストリートビューにすると、ズバリのロケーションになります。御興味のある方はどうぞ。


[PR]
# by hanashigai | 2017-06-03 19:00 |  └ えいでん・らんでん | Trackback | Comments(16)