夏乙女♯9

八月最後の週末、天気が良ければ八坂清水界隈を撮り歩こうと決めていたこの日、ドピーカン、真っ青な空に♪
予定通りにカメラを持って出撃しました。

e0272231_18282209.jpg
八坂庚申堂さんで出会ったキラキラの夏美人さん。
体育系部活を頑張る高校二年生の彼女たちは、金沢から日帰り京都旅行に来てくれました。

e0272231_18233322.jpg
お二人とも可愛い過ぎて、オジサン気絶しそうでした。

e0272231_18251623.jpg
いつものように「今の君は~♪ピカピカに光って~♪」が頭の中でヘビロテして。
でも萌えてばかりではいけません。
可愛い二人をしっかり画像センサーに受け止めさせ、メモリーカードに送り込むミッションがあるのです\(^o^)/

e0272231_18221654.jpg
おい、俺のカメラよ、こんな可愛いお嬢さん達を爆写できて幸せやろ~。

e0272231_18224817.jpg
最後はお二人の見返り美人ショットでしめました♪本当は何時間でも撮っていたかったけどね(人´∀`).☆.。.:*・゚
お二人とも是非ともまた、京都に遊びにいらしてくださいね。
ありがとうございました\(^o^)/

この日は別のサプライズもあり充実でした。
その内容はまた次回の「夏乙女」ぽすとで御報告します。


[PR]
# by hanashigai | 2017-08-28 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(7)

青春50きっぷ・夏旅♯3

樽見鉄道の夏の風景を追い求めて、谷汲口駅から高科駅にやってきました。
e0272231_22150524.jpg
青が栄える空と線路の向こうの山々をバックにタルテツを狙うつもりで、視界全体を見渡してから自分の正面あたりで流し撮りが決まるようにセッティングにして待機。
でも、いざ列車がやってくると流し撮り設定のまま止めカットも撮ってしまいました。
結局は序盤のカットがよい感じだった始末(笑)
e0272231_21484386.jpg
水鳥駅の午後三時、穏やかな静かな時間が流れています。
駅の周りを見渡すとツバメの親子が風を切って飛ぶ音、アブラゼミ・クマゼミに交じって晩夏を告げる蝉の声、ミンミンゼミ・ツクツクボウシが合唱し、上手く耳を澄ませば清流・根尾川の逞しい流れのこだまも聴き取れます。

そして15:04発に合わせて大垣行列車がやってきました。

e0272231_21490009.jpg
誰も乗り降りしない水鳥駅。
少しだけの停車のあと列車は再び走り出し・・・薄墨桜の並木に包まれながら消えていきます。
ディーゼル車が鉄路を進む音の響きと、視界から消える様子が完全にクロスフェードし、それが余韻となっていく心境に上手く合わせて、辺りは再び夏音が支配する世界に戻っていきました。

賑やかは五月蠅いではない、穏やかは静寂ではない、長閑は退屈ではない、そんな事を思わせられる素敵な風景が樽見鉄道沿線には在るのです。
e0272231_22072227.jpg
この美しい風景、いつまでも残していきたいですね。

e0272231_21494369.jpg
続いて訪れたのは高尾駅。
この地域の氏神様である熊野神社が駅前・・・いや、むしろ樽見鉄道・高尾駅は熊野神社の境内の一部である!そんな佇まいの駅。
こんな風景があったらいいなぁ~と私が求める鉄道風景写真の妄想が、実際に現れちょっと興奮気味(笑)
かなり暗い時間なので三脚を持ち出して撮影しました。

e0272231_21492816.jpg
樽見鉄道・夏旅の最後は再び夜の水鳥駅。春には水田水鏡に酔いしれた此処です。
夏の樽見鉄道沿線風景も本当に素晴らしく、次回は乗鉄をして沿線風景を撮りたいと思わせられる鉄道でした。



e0272231_23130719.jpg
名鉄・谷汲線・夏の妄想旅のきっかけをくださった、お母さんと息子さん。また来年の夏も再会できたら嬉しいな。

e0272231_22065800.jpg
完全に日が暮れるまで樽見鉄道沿線で粘ったのは、樽見駅前に設置された盆踊りやぐらが気になったからでした。
もしかすると盆踊りがあるかな?と期待するも・・・残念ながら別日のようで最終目的地の郡上八幡へと向かいました。

次回の夏旅は長良川鉄道です。
もうしばらくお付き合いください。

[PR]
# by hanashigai | 2017-08-26 19:00 | 鉄道風景 | Trackback | Comments(4)

青春50きっぷ・夏旅♯2


夏旅♯2は岐阜県のローカル鉄道・樽見鉄道。今年冬と春、そして今回の夏で三回目の訪問になります。
初日から青空に恵まれてギンギンギラギラに照り付ける太陽が強烈に厳しいですが、私にとってはそれが心地良かったぁ~♪
なんせ京都はどんよりグレー雲が広がるばかりの今季でしたから。
e0272231_23115849.jpg
桜のシーズンは大勢の人で賑わう樽見鉄道も、夏は御覧のように閑散としています。でも私はこれを期待して遥々訪れてるので、目の前の風景は「長閑」と云う言葉に変換されるのです\(^o^)/
駅舎の日陰でうたた寝するオジサンも良い感じ♪夏の樽見鉄道風景を気ままにスナップしていきます。
今回は郡上八幡への移動途中の寄り道なので、春にロケハンして夏のイメージができている場所をピンポイントに攻めているのです。
e0272231_23120598.jpg
珍しく時刻表を見て「車移動時間」と「列車遭遇時間」を予測しながら、15:55の樽見行きに合わせて谷汲口駅に来てみると、駅ホームが人で埋め尽くされていました!!
何かの催しかな?とガイドさんらしき方に尋ねると、あるツアーのお客さん達でした。(そして尋ねた方は観光バスのドライバーさん!女性だったので大油断!!ドライバーさんこの時は大変失礼しました)
ドライバーさんは「せっかくのローカル線風景なのにすいません」と恐縮されてましたが、なかなかどうして此れもレアで好い風景ですぞ~♪

e0272231_20403953.jpg

大勢のお客さんを乗せた樽見鉄道のラッピング列車も、なんだか嬉しそうじゃないですか~。私も一緒に乗っていきたかったけど、今日は撮り鉄なので我慢我慢。列車を見送りドライバーさんとお別れして、次の目的地へ向かいました。

e0272231_23121343.jpg
上は次の目的地ではなくて、それを撮り終えてから再び谷汲口駅に戻った時のショット。18:18 樽見行きの列車です。人の眼にはまだ十分に明るい時間帯でも、ヘッドライト等の写り具合で徐々に辺りが暗くなっているのが伝わるのでわ?山間の日暮れは思ったよりも早いです!
ミンミンゼミに混じってヒグラシの鳴き声も聴こえ始めました。
私の大好きな夏の音色、そして夏が過ぎていく夏の音色、全てが愛おしく感じられる一日でした。

青春50きっぷ・2017年夏旅は♯3に続きます。


[PR]
# by hanashigai | 2017-08-23 19:00 | 鉄道風景 | Trackback | Comments(2)