タグ:桜 ( 45 ) タグの人気記事

今年の桜♯2

e0272231_19121955.jpg
昨年見つけたここの桜も見事に51年目の満開を迎え、見事な咲きっぷりで出迎えてくれました♪
車で通り掛かりに立ち寄った親子連れ、娘さんが熱心に写真を撮ってます。
そんな光景も嬉しく眺められるのが「写真を撮る眼になってる時」の私です。

所で此の桜、何本かの支柱で大きな枝を支えてる桜・・・の筈ですが、受けの縄が外れて枝がズレてたり、受けが朽ちてしまったりと既に殆どが支えになっていない事。
御高齢のおばあちゃんなので御自分では当然直せないし、なんとかしたいのだけど余計なお節介かなぁ。

e0272231_01521310.jpg
毎年撮っている「祇園枝垂れ桜」は今年のライトアップ(かがり火)期間中に満開になりませんでした。
なので今年はライトアップされてない夜桜。
でもしっとり妖艶な姿がとても美しいです。

私が薄暗い桜を撮ってると何人かの観光客さんに「これライトアップしてるんですか?」と尋ねられました。
事情を説明すると落胆される方ばかり。
なので撮影後のプレビューを見て貰うと、脅ろきつつも同時に凄く喜んでくださいました。
満開の祇園枝垂れ桜が眼の前にあるのにガッカリしてしまうなんて勿体ないですもんね♪

e0272231_19133852.jpg
京都市内の桜が見頃を迎える頃に鴨川を散歩。
この時期に此処を歩いたのは初めての事で、河川敷で皆さんそれぞれ桜(春)を楽しんでる光景を眺めてると、此方にも嬉しい楽しいが伝染してきます♪

桜のトンネルをサイクリングの外国人家族が気持ちよさげに駆け抜けていきました。

e0272231_19124967.jpg
これも鴨川の河川敷。
近所の方々でしょうか?こんなロケーションで花見が出来るなんて羨ましいなと思いながらショット。
数年前なら絶対に撮る事は無かった光景ですが、最近は日本の桜風景の一場面として好きになりました♪
ただし河川敷をブルーシートで埋め尽くして、大勢で騒ぎまくるような集まりには眉をひそめる事になりますけどね。

e0272231_19123954.jpg

今年最後の桜は高野川の桜並木で。

此処は移築した区役所への交通利便性向上の為に、新たな道路橋梁を架ける工事が行われています。
此処から160m先にも既に橋があり、それを使って対岸に行く場合と比べて約320mが短縮できるだけなんですが・・・。
もう少し工事が進めば数本の桜は切られてしまうでしょう。
植樹から30年は経ってる円熟期を迎えた桜、これから益々美しい桜風景になった筈ですから残念でなりません。

来年は絶対に撮れない姿ですから、此処の桜の思い出に感謝しながら写真を撮りました。



[PR]
by hanashigai | 2017-05-14 19:00 | 日本四季彩風景 | Trackback | Comments(6)

今年の桜♯1

GWを終え季節は初夏に。
晴天ならば陽射しの強さを肌に感じるようになり、いつのまにか春が過ぎてました。
近所の田んぼには水が張られカエルの合唱がとても心地よいです♪

そんな夏に向かう季節ですが「今年の桜」を今更まとめました m(__)m
e0272231_19131553.jpg
スッキリ晴れ空だった印象が殆ど無い今年の春(桜の季節)
むしろ雨が多かった気が・・・それでもカメラを持っていれば、その時にしか撮れない風景に出会えますね。

e0272231_19130216.jpg
「綺麗なお姉さん」ばかり撮ってた昨年と違い、今年は他のテーマを持って桜を追いかけていました。
でも観光地で桜があれば「綺麗なお姉さん」もいらっしゃる訳で、脇見しないようにするのは難しいですね。

e0272231_19132758.jpg
雨のアスファルトに落ちた花びら。
よく観察すると薄ピンクの花弁にまじって、完全な透明の花弁まであります!
色素だけが抜けて花弁の形はしっかり残っているのが、美しくも不思議な物でした。

e0272231_19134742.jpg
長年続いた「祇園白川の桜ライトアップ」は今年中止に。
イベント中止って事態は大変に残念な事なのですが、理由を知れば仕方ないですね。
でも実は此処の界隈の夜桜は街灯りだけでも十分に美しいす。
 


[PR]
by hanashigai | 2017-05-10 19:00 | 日本四季彩風景 | Trackback | Comments(14)

春の樽見鉄道を訪ねて♯2

今回の樽見鉄道訪問は、本巣駅から、織部(おりべ)ー木知原(こちぼら)ー谷汲口(たにぐみぐち)ー神海(こうみ)ー高科(たかしな)ー鍋原(なべら)ー日当(ひなた)ー高尾(たかお)ー水鳥(みどり)の各駅、そして樽見駅へと順繰りに訪れました。

桜に合わせて多くのファンで賑わう木知原駅・谷汲口駅・日当駅は、既にしべ桜となってて平日なのもあってか?めっちゃ閑散としていました。
まぁ仮に桜が見頃だったとしてもそれらの駅は超人気撮影地。
そこは撮り鉄さんに任せて、私は自由に動き回って撮れそうな高科駅・水鳥駅に行くと決めていました。
e0272231_23341733.jpg
その目当ての一つである高科駅が上の写真。
桜を中心に正対した時の駅舎・車両・背景(山と空)のバランスが美しいと思うのですが如何でしょうか?
此処は頻繁に訪れられるなら季節毎の鉄道自然風景が撮れる素晴らしい駅だと思います。

そして下写真の水鳥駅には、なんと奇跡的に桜が残っていました!!此れは完全に予想外の嬉しさ\(^o^)/
e0272231_00251267.jpg
何故に撮りたい駅だったかは高科駅と反対のバランス(車両に対して桜・駅が反対になり、なおかつ背景が綺麗)だからですが、正月のロケハンで予想してなかったのは水田の水鏡ボーナス♪本当に美しいです♪♪
※ただし撮る位置に設置された害獣除けのフェンスも予想できてませんでした(笑)

e0272231_00255610.jpg
上は水鳥駅ホームから高尾駅方向を見た眺め。
両脇の桜と若葉に囲まれて走るタルテツ、全てが明るい色のまとまりに対して、それらとは対照的な濃い緑が背景にある事で前景をより印象的にしてくれました。


e0272231_00253922.jpg
上は二枚目を撮った位置から、本巣駅方面を見た写真。
車両と根尾谷の家々、自然風景を広い視野で絡めて撮れるのが此処の魅力です。

e0272231_22400855.jpg
太陽が山影に隠れてからの風景の色の移り変わりを眺め、風の感触を肌であじわい、同時に木々や土が香り、動物の声にその姿を想像する。
それらは幼い頃に祖父母の故郷で過ごした遠い昔を思い出します。
此処には五感で感じる美しい夜がありました。

e0272231_20310359.jpg

遠くの山間からボンヤリとした灯りと、鉄路を鳴らすガタゴトの音が次第に近づき、汽笛が鳴るとともにカーブから姿を現すタルテツ。
星空に包まれた駅ホームに一両の小さな汽車がすべりこみ、数十秒間の静寂の後、再び走り出して闇の隙間に消えていく様を、実像と虚像で眺めていると、あたかも自分が「銀河鉄道」の物語の中にいるような錯覚に。

思いがけず桜にも出会え、春の樽見鉄道訪問を大満足で終えました♪



[PR]
by hanashigai | 2017-04-28 19:00 | 鉄道風景 | Trackback | Comments(6)

春の樽見鉄道を訪ねて

かねてから計画していた春の樽見鉄道訪問を実現して参りました。
何故に春か?と云えば「根尾谷淡墨桜(国指定天然記念物)」の見頃(薄墨色の頃)に合わせて訪問したいオプション付きだったのです♪
そんな樽見鉄道フォトスケッチ、暫しお付き合いください。
e0272231_00280514.jpg
樽見鉄道本社がある本巣駅に到着したのが13:00過ぎ。

正月にロケハン済みですから、桜の咲き具合&空模様と睨めっこしながら訪問日を決めて再訪するだけ♪と、三月上旬には気持に余裕があったのに、結果的には見頃タイミングには合わせられませんでした。
そして、とどめは出発日の未明から明け方に掛けての春の嵐・・・桜が散ってるのを覚悟しての訪問だったのです。

そんな事もあって青空の現地に気分は (´∀`∩)↑age↑になりました。

e0272231_00273183.jpg
e0272231_00274899.jpg
樽見駅で回送の車両があったので先ずはそれを見学しました。
レールのポイント切り替えを手動でされているのですね!樽見鉄道はディーゼル機関車両で運行するので、燃料給油等で普段から見れそうな場面ですが私には珍しい光景です。
係員さんが一つの作業の初めと終わりに、何度も何度も指差しで安全確認されてるのが印象的でした。

本巣駅での回送作業を見届けた後、車を沿線沿いに北上させて、今回の樽見鉄道撮影行の本番が始まっていきます\(^o^)/
暴風雨の後とはいえ、終点の樽見駅はもちろん途中の駅や沿線の町にも沢山の桜がありますから、もしかすると!?と云う若干の期待はある訳です(笑)

e0272231_00235013.jpg
が、しかし桜と鉄道風景を撮りたい思いは空しくも・・・予想どおり各駅の敷地や沿線にある桜の下は、風に飛ばされ雨で流された、まだ瑞々しい花弁がドッサリ!
でも例年と同じ開花時期であったならこの光景すら見れていなかったのですから今回は満足せねばなりません♪

e0272231_01361772.jpg
最上段左コマが根尾谷薄墨櫻。花弁は随分散っていましたが、まさに三大巨桜の一つと云える迫力の存在感!そしてただ大きいだけでなく美しい樹影を堪能できました♪
本巣駅から樽見駅までの各駅で見頃であれば華やかだろうなぁ~というのを、来年以降に向けてのロケハンと云う事で納得の今回です(笑)

そんな少し寂しい春の訪問でもガッツリ撮った駅が一つだけあります。
次回はそれをポスト致しますので、暫しのお付き合いよろしくお願いします。


[PR]
by hanashigai | 2017-04-25 19:00 | 鉄道風景 | Trackback | Comments(10)

京都桜美人♯3

今年の桜美人さんのポストはこれが最後ですが、今回も華やかに参りましょう♪
e0272231_17183713.jpg
此方はほんのワンカットづつお願いした桜美人さんたち。
殆どの桜が散ってしまっていた中、清水寺・西門前の枝垂桜が好い感じでした。大勢の人で賑わうなか、二組の和装桜美人さんを撮らせていただきました。帰路に向かう二寧坂・・・桜はありませんが三人組の桜美人さんを。

e0272231_15410263.jpg
こちらの綺麗なお二人は神戸からの桜美人さん。シックな着物のチョイスが流石お洒落な神戸っ子ですね!

e0272231_17145212.jpg
「笑ったほうがいいですか?」とおっしゃるので最初の数カットはお姉さんにお任せで♪1枚目がそれですが美形すぎてちょっと怖い印象になるので「ほんの少しだけリラックスして」とリクエスト。その「ほんの少し」を上手く演じて下さっったのが2枚目の組み写真です。本来はどちらか一枚にするべき類似カットですが、少しの表情違いがこれまた魅力的過ぎて選びきれませんでした。

e0272231_17175102.jpg

今年はライトアップが中止された場所があったり、開花が遅れてイベントに間に合わなかったりしましたが、終わってみれば思い出に残る素晴らしい桜の季節でした。
そんな素敵な春を過ごせるのは大勢の桜美人さんたちのお陰でもあります♪
これから京都は遅咲きの桜の後、新緑の季節に向かっていきますが、観光客が少なくなり落ち着いて散策できます。
皆さん是非また京都に遊びに来てくださいね\(^o^)/

[PR]
by hanashigai | 2017-04-19 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(10)

京都桜美人♯2

今回は和装でない桜美人さんたち。
京都の観光地を撮り歩きしてると大勢の着物姿のお嬢さんたちに遭遇しますが、おしゃれな春の装いで観光を楽しむお嬢さんたちも多くいらっしゃいます。そんな桜美人さんも撮らせていただきました♪
e0272231_15065375.jpg
地面に落ちた桜を拾って可愛く♪こういうのは女の子と小さなお子さんがキマリますね。
e0272231_14342343.jpg
写真右はシャッターを頼まれた時に私のカメラでも撮らせて頂きました。殆ど桜は見えませんが桜美人が三人もいるので好いんです\(^o^)/
写真左は人でごった返す巽橋で。此方も桜は僅かに写ってるだけですが主役は桜美人のお二人♪全く問題ありません♪♪
e0272231_14340157.jpg
春色の洋服がお似合いで綺麗なお二人。まるで清水寺の枝垂れ桜とコーディネートされたような可愛さ(人´∀`)♪
e0272231_23482310.jpg
大きな桜に抱かれるように撮影を楽しむ桜美人さん♪修学院から今出川まで高野川河川敷(国道沿い)には約3キロの桜並木が続きます。車でも、川沿いを散歩しながらでも桜を楽しめます。
e0272231_23393003.jpg
東京からいらした桜美人♪よく笑う明るくて可愛いお二人は、着いたばかりで宿にチェックインする前のタイミング!ほんの十数分でしたがやたら楽しかったです\(^o^)/鴨川沿いを散策しててラッキーでした♪

e0272231_15570811.jpg
すぐ近所にお住まいとの事だった桜美人さん。高校生の可能性ありだったので後ろ姿&大幅トリミングで。


[PR]
by hanashigai | 2017-04-17 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(8)

京都桜美人

今年も桜の季節に大勢の桜美人が京都にいらっしゃいました。
生憎の空模様がつづいた日もありましたが、そんな時でも桜美人が通りを闊歩すれば町が一気に華やかになるのです♪
そんな桜美人さんたちを御紹介します。
e0272231_14334620.jpg
e0272231_14341370.jpg
e0272231_14340782.jpg
e0272231_14335442.jpg
e0272231_18101624.jpg

昨年は無節操に長々と桜美人さんをポストし続けたので、今年はまとめて掲載する事にしました。
咲き始めの頃に撮らせて頂いた桜美人さん達は、もう旅の余韻も薄れて地元の桜を愛でている頃なはず。
先ずは、お着物姿の桜美人さんです。

今年は開花してから気温が高めを維持した為、一気に咲き進んだ京都市内中心の桜たち。
昨年のように一夜明けたら強風で全部散っていたと云う事もなく、ハラリハラリと風に美しく散る姿を楽しんでおります。
部屋の窓から眺める公園の桜はまだまだ満開\(^o^)/
大原などの洛北では此れから見頃を迎える季節ですから、もう暫く桜と桜美人の美しさにウットリできそうです♪


[PR]
by hanashigai | 2017-04-15 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(6)

京都てくてく桜散歩 sanpo

始まりが遅かった今期の桜、京都は満開になったのも束の間、あっという間に散り始めに差し掛かかっています。
今年は早朝と夜をメインにしたので日中は殆ど撮ってませんが、その分は一日の空き時間をまるまる歩いて濃厚な花見散歩をする事に♪ 
e0272231_02010812.jpg
e0272231_02002265.jpg
e0272231_02003150.jpg
e0272231_02003893.jpg
e0272231_02004945.jpg
そんな一日を使っての桜散歩。
今回は神社仏閣のあるこれぞ京都っていう場所は控えめに、日常を感じる桜風景を撮りたくて、そこで決めたテーマは「橋がある桜風景」です。※と云いつつ欲張りに「Kyoto code」も狙っています。
桜と橋梁が個々に主張し過ぎないで、双方がお互いを補完しながら季節の風景を完成させているような、そんな風景を求めてさまよいました(笑)

昨年も書きましたが、街の桜は人々の暮らしに寄り添うように咲いているのが印象的です。
例えば桜並木が自然にできる訳はないですから、それら桜風景は多くの人の手によってつくられた風景。
今、京都の町なかで美しく春の宴を演出してくれる桜たちは「皆が喜ぶ姿を楽しみにしながら育ててくれた」人たちが居られたからこその風景。
満開の桜を眺めているとそんな方々の気持ちまでも見えるようでした。

今回の京都桜散歩、終わってみれば徒歩で10時間程の行動となり相当に疲れましたが、それに見合う大満足な一日となりました♪
人影や橋梁以外の人工物も積極的にフレーミングしてますが、現代の京都桜風情を感じていただけたら嬉しいです。

京都の桜は早くも終盤に差し掛かりつつありますが、名残惜しいのでもう少しだけ桜撮影を楽しみたいなんて欲張りに思ってます\(^o^)/


[PR]
by hanashigai | 2017-04-12 19:00 | 日本四季彩風景 | Trackback | Comments(20)

京都の桜、はじまりました♪


数日まえまで咲き始めだったところが此処二日間の暖かさで一気に五分~満開に!

e0272231_07442930.jpg
e0272231_07425338.jpg
e0272231_07430682.jpg
e0272231_07422834.jpg


京都の町には都市の雑然とした日常風景の中に、京都(主に歴史)を強く感じさせられるキーワード的な京都感風景が乱雑に点在していて、
見ようによってはバランスが取れていない中途半端な景色なのですが、ふとした瞬間や何かと何かが合わさって見えた時に、
アンバランスだった風景から強烈な京都感が放たれている事に気付きました。

その京都感を更に掘り下げて考えてて思い浮かんだのが「kyoto code」 と云う言葉。
それは広く一般的に認められた慣習的な意味の「code」と暗号的な意味の「code」です。
単なる綺麗な桜風景を撮るのではなく「kyoto code」を考え発見しながらの桜の季節となりました。

今年はエリアは同じでも、木によって咲き進みのばらつきがあるのと感じてるのは私だけでしょうか?
それこそ隣同士でも咲き加減の差が大きいのが目立ちますが、時間差があればそれだけ長く桜時間があると考えて、見方を桜に合わせて楽しみたいと思ってます。
私の桜ショット&お花見弁当

[PR]
by hanashigai | 2017-04-07 19:00 | 日本四季彩風景 | Trackback | Comments(16)

只今準備中

ようやく咲き始めた京都の桜。
まだまだ蕾が多くて咲き始めの木が殆ど!
「只今準備中」の桜たちだけど、私はこうやって待っている時のワクワク感が凄く好きです♪

e0272231_07454567.jpg
e0272231_07455523.jpg
週間天気予報を確認すると今週は日毎に気温がグングンあがるみたいで、一気に咲いてしまうのかも知れない。
ゆっくり、のんびり咲いて欲しいな。


[PR]
by hanashigai | 2017-04-03 19:00 | 日本四季彩風景 | Trackback | Comments(14)