タグ:美山 ( 2 ) タグの人気記事

美山の秋


少し前になりますが京都の北、南丹市美山町「美山かやぶきの里」へ行ってきました。
自宅からだと車でたっぷり1時間半(片道54キロ)は掛かるので意外に遠いのですが、その価値は充分にある場所です。
そこは現代から時代を遡って訪れるような時間と距離なのかも知れません。
※それでも山をいくつもくり抜いてトンネルが通り、道が整備されたので随分と楽になりました。
e0272231_00052653.jpg
e0272231_00045503.jpg
e0272231_00043198.jpg
e0272231_00044832.jpg
e0272231_00054399.jpg
e0272231_00044006.jpg
e0272231_00055059.jpg

近年は雪が少なくなった京都ですが、やはり此処は北の山里。
トンネルを抜けると雪国!と云うのがリアルに体験できる美山の雪景色も間近です。
その頃の風景もとても美しく、近年の観光地化が功を奏して「信じられないくらいに賑やか」です。
観光バスがどしどし来るのは賛否あるかも知れませんが、それによって「茅葺き屋根民家が守られ、集落での暮らしができる」
とも言えますから、やはり大勢の方々に訪れて頂きたいと思います。

美山町といえば真っ先に思い浮かぶのが茅葺き屋根の集落です。
なかでも知井地区の北集落には茅葺き家屋が多く、京都の原風景というよりは日本の原風景が数多く残っています。
それらは古いもので築220年(寛政8年・1796年)にもなるのだとか!
その貴重な茅葺き屋根の集落は平成5年に「国の重要伝統的建造物群保存地区」に選定されました。

この歴史ある美山の茅葺きの里・知井地区集落には11軒もの茅葺き宿泊施設(旅館・民宿)があり、茅葺屋根の暮らしを体験できるのが魅力。
宿の囲炉裏をその日のお客さんと家主さんで囲んで日本酒を一献♪なんてのを想像してしまいます。
山と川に囲まれた此処ですから、近年は知名度が増し注目されるジビエ料理も楽しめそうですし、京都市内よりはむしろ福井県高浜市のほうが近いかも?と云う距離ですから新鮮な海の幸もいただけるかも知れない!と想像でヨダレ出まくり。
※事実、美山町は日本海から京都市へ続く「西の鯖街道」として栄えた歴史もあるんです。

京都の「都(みやこ)」としての一般的なイメージである「お寺・神社・京料理・舞妓さん・京町家」からはかけ離れてるかも知れません・・・いや、かけ離れています。
けど「都(みやこ)」に拘らず「ありきたりの京都」じゃない京都は京都リーピートの上級編として訪れるのも面白いかも。
私はこの日「美山」が「西の鯖街道」のハブ地として見せた華やかさ・賑わいを想像して楽しんでみました。


[PR]
by hanashigai | 2016-11-14 19:00 |  ├ 里の四季 | Trackback | Comments(12)

美山 雪灯廊



茅葺屋根の民家が残る「かやぶきの里」で毎年開催の冬の催し、美山雪灯廊へ行ってきました。

この日は残念ながら一面の銀世界には今一歩の感じ。

それでも随分の人出だったので驚きました。
いつの間にか有名な催しになっていたのですね!

e0272231_0302080.jpg

残照が残る時間帯に撮りたかったので頑張ってクルマを走らせました。
せっかくギリギリセーフな時間帯に着きましたが既に三十人以上がズラッと三脚を並べていたので、
遠く離れた場所で暫く観察&試し撮り。

e0272231_0305794.jpg

そこへ現れたのが可愛い二人組!珍しいなぁ!と思っていたら英語を話していて香港からの旅行だったようです。
英語は全く無理な私ですが、もちろん声をお掛けして撮らせて頂きました。
結構なハイテンションで快諾してくれたので此方も気分が乗りました♪

e0272231_0311673.jpg

びゅ~てほ~、あめ~いじん(ぐ)、ぷり~ず すまいる、ぷり~ず どんと む~ぶ、
とかで何となく伝わるもんです(笑)
因みにVR無しレンズの開放付近・1/10秒で盛大に手ブレしてます。
彼女達のスマホではカリッと撮れるので、いつものようにビックリ。

e0272231_032212.jpg

お二人を撮り終えて程なく、結構な量のみぞれ雪が降ってきたので退却。
大した事ないじゃないか!って?

e0272231_0323424.jpg

いやいや!
ピカッと焚けばご覧のとおり。
ゴア以外の衣類と、カメラ・レンズはビショビショになりましたよ。




[PR]
by hanashigai | 2015-02-12 00:00 |  ├ 里の四季 | Trackback | Comments(12)