タグ:鴨川 ( 15 ) タグの人気記事

浴衣美人にクラクラの夏 ♯20



祇園祭が始まった七月から五山送り火のお盆の日まで、あっという間の夏でしたが、
今年も大勢の浴衣美人に巡り合えて楽しい夏でした。
e0272231_01400066.jpg
e0272231_01431815.jpg

e0272231_01442626.jpg
e0272231_01311298.jpg
e0272231_01324246.jpg
e0272231_00465757.jpg
まだ残暑が続くので祇園清水界隈に出向けば浴衣美人に出会えると思いますが、
「浴衣美人にクラクラの夏」は今回で終了します。
ながくお付き合いくださった皆さんありがとうございました。

そしてモデルになってくださった大勢の綺麗なお姉さん、本当にありがとうございました。
お姉さん達がいるから日本の夏はいっそう華やぐのだと思っております。
また何処かでお会いした時はモデルお願い致します。




[PR]
by hanashigai | 2016-08-23 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(2)

浴衣美人にクラクラの夏 ♯18


京の七夕も終盤、少し早い目に会場入り(と言っても18時半過ぎ)して、
四条大橋側から河川敷を歩いていると可愛いお二人に遭遇。
e0272231_13571892.jpg

e0272231_13581131.jpg
e0272231_13585548.jpg
まだ少し明るかったけど、贅沢は云ってられないので爆写させていただきました。

e0272231_13592288.jpg
一旦お別れしてから1時間後位に再会。
僕のメアドを間違えてメモしてしまって送信エラーとなってしまい、
探してくれていたそうです。
要らぬお手間をとらせてしまい申し訳なかったですが、既に暗くなった会場で再び爆写しました。

送った写真のお礼までくださって、素敵なお嬢さん達でした。
大学一回生の二人は楽しい学生時代を送られてるのが伝わってきて、此方まで嬉しくなる!
そんなお二人でした。




[PR]
by hanashigai | 2016-08-20 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(4)

浴衣美人にクラクラの夏 ♯15


浴衣美人が提灯を眺めながらの夕涼み・・・好い情景です。
e0272231_14371085.jpg

ビルと会場の照明にガッツリ照らされて完全な逆行なので、
ファインダー越しになんとなく見える瞳にピンを合わせ、ストロボで補正してます。
e0272231_14382677.jpg
殆ど同じ場所で振り向いて立って貰うと、先程の逆光が今度は好い光に。
正対してカメラを構えると自分の影が投影されてしまうので、撮影ポジションをずらして撮影。
e0272231_14385844.jpg

立ち姿を撮ってる時は気付くと僕の後ろで、海外の観光客が大勢!
撮影見学会みたいになってました!
日傘が必要な時間帯ではないですが、よいアクセントになったと思います。
e0272231_14393777.jpg

竹籠の風鈴灯が設置してある場所に移動して。
ほんの数メートルの移動で急激に暗くなるので写真には手強いです。
少しブレてますが好い雰囲気だったのでアリにしました。
e0272231_14403844.jpg
e0272231_14412819.jpg
e0272231_14420452.jpg
一見、明るく撮れてますが此処の会場はやはり暗いので、ピント合わせが難しいです!
そしてピンがきても次は手ブレとの闘いが待ってます。
ISO/F値/S速をギリギリ妥協できる範囲で設定して、RAW撮影後に現像で起こしてます。

以前はスマホでお顔を照らして貰い、ピント合わせ後にスマホを隠して貰ってましたが、
スマホを隠す動作で結局ピントがズレる事が多かったので最近はやめてます。




[PR]
by hanashigai | 2016-08-17 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(4)

浴衣美人にクラクラの夏 ♯14


下駄も脱いでリラックスしながら鴨川で夕涼み
イベントが無くてもこんな風景が多くなってきてるのは嬉しいですね。
e0272231_13581818.jpg

e0272231_14024738.jpg
e0272231_14001102.jpg
e0272231_14034742.jpg
風の強い日でしたが頑張って撮らせてくださいました。

三脚で撮られている方々も多かったのですが、
脚を伸ばしっぱなしで担いで移動する方々が意外に多いのが気になりました。
そんな中ヒヤッとする場面が。
三脚を斜めに担いで歩きながら振り返りすれ違った人に当たりそうに!
運よく相手が避けてましたが御本人はそれに気付かない。
なので謝る事もない訳です。
当然相手の方は立腹されたのですが殆ど瞬間的に「馬鹿らしい」と判断されたのか?そのまま行き過ぎられました。
御年配のベテランっぽい方でしたが、此れではただの迷惑な写真愛好家です。

もし小さな子供を抱いてるママさんだったら避けられただろうか?。
伸ばしたままの三脚を斜めに持って振り返る等で、しゃがんでいたり歩いてる子供に直撃もしかねません。
考えただけで怖いです。

行き交う人の邪魔になるのが分かってる方は、脚を伸ばしてても自分の前で縦に抱きかかえて移動してました。
大変ですがそれが正解だと思います。
そして人で混雑する場所では三脚の扱いには十分に気をつけなければと改めて思いました。

三脚使用禁止になると困る愛好家もいるでしょうし、
何よりも写真愛好家の為のイベントではないってのを理解しておきたいですね。




[PR]
by hanashigai | 2016-08-16 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(8)

夏の綺麗なお嬢さん 


「浴衣のお姉さんだけを撮る」と決めて足をはこびましたが、
こちらのお二人が凄く可愛いので「時には例外も必要!」となった次第です(*´∀`*)
e0272231_14163517.jpg

e0272231_14180757.jpg
e0272231_14184580.jpg
e0272231_14191696.jpg
大学四回生の大分県が同郷のお二人。
無事に就職を決められ京都を離れるまではもう半年も無い今年の夏です。
その日のうちに添付画像付き(これがまた超絶に可愛い)のお礼メールをくださって、
御丁寧にお二人のフルネーム入り!
とっても可愛いくてお人柄が良くて本当に素敵なお嬢さん達でした♪




[PR]
by hanashigai | 2016-08-13 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(4)

浴衣美人にクラクラの夏 ♯11

京都の夏の催しとしてすっかり定着した「京の七夕」
今年も夕方からの時間を無駄なく撮り歩きました(笑)
e0272231_14315562.jpg

いつかの再現に!
しゃがんで構図を考える時に相変わらずやってるみたいです。
e0272231_14310315.jpg

e0272231_14301249.jpg

此方のお嬢さんが居た場所は会場の端に近く本当に暗いです。
MFでピン甘ですが、少し距離とってるのでそれなりに画になると予想しました。
e0272231_14343992.jpg
で、光が当たる場所に移動していただいてショット。
此処のポイントは背景が綺麗なので好きなんです。
e0272231_14331164.jpg

e0272231_14333971.jpg
鴨川会場では和装の来場者先着80名に「手提げ竹提灯」がプレゼントされます。
なので配布開始の19時前には長蛇の列になるほど浴衣美人が多いのです。
※堀川会場は「願いのブレスレット」が配布。

浴衣美人が鴨川べりで夕涼みする風景、
「日本の夏の原風景」を想わせる美しい光景にうっとりです♪



[PR]
by hanashigai | 2016-08-11 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(8)

浴衣美人にクラクラの夏 ♯1


祇園祭の夜祭が始まる頃、鴨川で夕涼み中の浴衣美人。
e0272231_22082102.jpg
e0272231_22091866.jpg
e0272231_22095212.jpg
e0272231_22102739.jpg

岡山の御出身で同級生のお二人。
京都の夏を楽しまれているようで、此方も嬉しくなります。
とても気さくで物腰の柔らかなお二人、
御覧の可愛さに胸キュンなオッサンでした♪



[PR]
by hanashigai | 2016-07-25 19:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(6)

高野川(鴨川)の鹿親子


左京区を流れる高野川です。

フルサイズ17-35mmと50mmしか持ち合わせてなかったのですが、バンビを連れた親子鹿だったので記録の意味も含めて。
19時をまわってますが感度を上げれば十分に撮れる状況です♪
e0272231_16394163.jpg
e0272231_18542808.jpg
e0272231_16382863.jpg
e0272231_16384584.jpg
数年前からこの辺りで見掛けるようになり撮るのは今回が二回目。
この界隈なら確実に見れるくらいに日常の光景になりました。

以前、一度だけ鴨川デルタでも見たので行動範囲が広いようです。
数も増えている筈ですから同じ鹿では無いかも知れません。
いずれにせよ相当数がこの一帯で暮らしてるようです!
※一番上の写真は川を歩く三頭以外にフレーム左側にも二頭いました。
左の川岸に一頭は写ってますが、トリミングしてるのでもう一頭はカットされてます。

わざわざトリミング前(別カットですが)を掲載したのは、撮る段階でトリミング前提にしてるのを御理解いただくため。
なるべくレンズ中央付近を使うのを意識して撮影段階でそれ前提の構図・・・親子鹿や背景、特に橋と川幅のバランスを考えてます。

車・人共に往来が激しい国道沿でも河川敷で暮らすぶんには安心なのですね。
ただし長閑で良いとばかり云ってられない現状もあり複雑な気持ちで撮った光景です。




[PR]
by hanashigai | 2016-07-12 19:00 |  ├ 里の四季 | Trackback | Comments(8)

ふだん暮らしの桜風景


今年は街なかの桜を積極的に撮ってみました。
往来する車、住宅や電柱・電線等、あえてそれらが写り込む画角と構図で。

京都に住んでいると神社仏閣の桜に注目しがちだけど、
もっと普段の暮らしに近い桜の魅力を探してみたかったのです。
e0272231_05044771.jpg

特に桜の代名詞とも云える「染井吉野」は、
挿し木した苗木を植えて、手入れをしないと育たない品種だそう。

そんな面倒な品種が日本中に在って、時期が来れば一斉に咲き、
誰にでも分け隔てなく桜を楽しませてくれます。

日本人が桜の季節を心待ちにして桜を愛してやまないのは、
それらの桜(多くの染井吉野たち)が、
その日本人の気持ちに、寄り添うように咲いてくれるからかも?と思いました。
e0272231_05083567.jpg
もちろん品種が多い桜だからそれぞれの土地に自生する桜の銘木もあるけど、
「分け隔てなく」を実現してくれたのは、
苗木から育った「街の桜」であるのが多いのだと思いました。

日本人が桜を好きな理由なんてどうでもよい(結論なんて要らない)のだけど、
それを考えた時にこんな写真が撮りたくなったのです。






[PR]
by hanashigai | 2016-04-12 19:00 | 日本四季彩風景 | Trackback | Comments(10)

ナツアシ

足を撮らせてください!って,
かなり変なお願いやんなぁ~(笑)

全て別々の綺麗なお姉さんですが、お願いきいてくださいました(人´∀`)
ありがとう\(^o^)/

e0272231_13522219.jpg


e0272231_13523999.jpg


e0272231_13525561.jpg


e0272231_1353649.jpg




需要は無いが最後に俺足!
e0272231_13584146.jpg

[PR]
by hanashigai | 2015-07-28 18:00 | 美人写真 | Trackback | Comments(12)