Prologue【受け継ぐ伝統 郡上おどり】


日本三大盆踊りの一つ「郡上おどり」は、その歴史を江戸時代まで遡ります。

時の郡上八幡城城主が村々の盆踊りを城下に集め、「お盆の四日間は身分隔てなく無礼講で踊がよい」と奨励したところから、老若男女はもちろん武士も農民も商人も分け隔てなく、一緒に輪をつくって踊ったのが始まりなのだとか。

それが受け継がれ誰でも踊れる日本を代表する盆踊りとして、今日の「郡上おどり(国重要無形民俗文化財)」になりました。

この同じ日、京都では祇園祭・前祭の山鉾巡行が執り行われました。
その様子が気になりつつも 日本三大盆踊りを堪能できることに感謝しながらの撮影です♪
e0272231_22553272.jpg


7/17の踊り会場は旧庁舎記念会館前!
郡上おどり保存会ジュニアクラブの皆さんによる郡上節で、会場の踊りの輪が一気に活気づきます。
e0272231_22561162.jpg

e0272231_22325273.jpg
無粋な事と思いつつも、御父母様方に混じって屋形前で撮りちぎってしまいましたm(_ _)m

e0272231_01320609.jpg
この会場から山頂を見上げればライトアップされた郡上八幡城が見えています!!
きっと城から殿様も城下の踊りを誇らしげに眺め楽しんでいるに違いありません。
いや、もしかすると既に踊りの輪の中かも知れませんね(ノ´∀`)ノ✨

e0272231_22323279.jpg
屋形の囃子方の浴衣が違うのがわかりますか?ベテランの囃子方にバトンタッチして踊りが続いて行きます。

ジュニアクラブの子供達の元気な声、爽やかな演奏に代わり、なんとも艶っぽい音色の郡上節に!

ベテラン囃子方は子供達の郡上節に頼もしさを感じ、子供たちは大先輩の演奏に尊敬の眼差しを向けていたに違いありません。

どちらの郡上節が好いと比較するのではなく、その両方があってこそ現代の「郡上おどり」であり、それを今夜此処で聴けたことに幸せを感じました。
e0272231_01364564.jpg
そしてそれは踊り手の皆さんにも云えること。
世代を超え受け継がれる伝統の踊り風景・・・本当に素晴らしいですよね。

やはり「郡上おどり」は踊ってなんぼ!
次回は是非、踊りの輪の中に入ってみたいと思っています。
問題は「カメラ置いて撮りたい気持ちを我慢できるか?」です(笑)

[PR]
by hanashigai | 2016-07-21 21:00 |   └ 東海北陸の祭り | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://hanasigai.exblog.jp/tb/24539129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sarusaM1 at 2016-07-21 21:49
hanashigaiさんはマナーを知っているので大丈夫だと思いますが、
踊り最中にここまで屋形に接近してその場で長時間撮影する方が居ますが踊る方々の邪魔になってしまいます。
良い写真を撮りたいのは分かりますが。
以前行ったとき「屋形前での立ち止まっての撮影は踊りの邪魔になるので控えてください」と何度もアナウンスされてました。
撮るなら、次の曲に入るときの踊りが止まった時のタイミングで素早く撮影するのが良いです。
望遠で離れた場所から撮る方法も有ります。
踊るのであれば機材はもちろんコンデジの方が良いです。
踊りながらの撮影も良いですよ(^^)
もちろんブレブレの写真になってしまいますが、臨場感が出る写真にもなります。
一番いいのがビデオカメラです。
三脚に固定して録画開始し、そのまま放置し自分は踊りの輪の中へ。
仰る通り郡上踊りは見る踊りではなく、自分で参加する踊りです。
もちろん飛び入りOK。
Commented by aitoyuuki32 at 2016-07-21 22:05
臨場感ばっちりのシャッタースピードに惚れ惚れ(^^)
Commented by revoir-dima at 2016-07-22 00:48
おぉ!これが郡上踊りなんですねぇ。
徹夜の日でなくてもこの人出。これがほぼ毎日なんですね。
うーん、これはどうさばいていいのか、、、。
チャレンジしたくなります。
確かにこの中で撮ってると場違いな気分になるのはわかる気がします。ですが溶け込みながら撮るのもまた一つの参加形態かも。
マナーを守りつつ雰囲気を壊さず、、、
ハイレベルな場所ですね。撮りがいありそうです。
Commented by wara☆ at 2016-07-22 09:23 x
すごい躍動感ですね。
そしてなにより、演奏している子どもさん達の真剣な表情!
プロの演奏家の方たちみたいに一生懸命、本当に真摯に取り組んでいるのがわかりますね~。
ベテラン勢の艶っぽい郡上節・・・これも更けていく夜空に響き渡ってかなり良さそうです^^

Commented by hanashigai at 2016-07-22 23:35
> sarusaM1 さんへ
屋形の写真は周囲の様子を見ながら御父母様方に混じって撮っているので、
たぶんギリギリ大丈夫だったと思います。
ファインダーを見るより踊りの輪を確認しながらの撮影です。
sarusaさんの御友人の歌い手さんも隣にいらして、
内心「最悪、怒られたら引き際やな」と思いながら撮ってました。
ビデオカメラは専門外なので手出ししないでおこうと思います(笑)
あれこれ手をだすと中途半端になりいけませんし、やはりスチルが性分のようです\(^o^)/
Commented by hanashigai at 2016-07-22 23:37
> aitoyuuki32 さんへ
ありがとうございます。
このシャッタースピードで表現しようと決めるのに、
かなり試行錯誤しました(^_^;)
苦労が報われました。
Commented by hanashigai at 2016-07-22 23:43
> revoir-dima さんへ
郡上踊りは取材されて無いのですね?意外でした!!
この日は週末開催の三回目(毎日は八月から)だったので「郡上の踊り助平」さんが大勢参加してたのかと。
おっしゃるとおり「どうさばくか」ロケーションも日替わり・週替りなので難しいと思いますよ~。
>「溶け込みながら撮る」( ̄ー ̄)ニヤリ
相当にハイレベルですがチャレンジ実現できれば最高の写真になりそうです。
Commented by hanashigai at 2016-07-22 23:52
> wara☆ さんへ
踊りのテンポがつかめずに、このイメージを形にするまでに時間かかりました!
仕事でもそこそこやってるんですが、やはり「撮る為の場が用意されてる」のとは勝手が違いますね(^_^;)
ジュニアクラブの皆さんは、既に「プロ」だと感じました。
それはwara☆さんがおっしゃるとおり「踊りを継承する立場」を理解してるのが伝わるので。
郡上八幡の夏、素晴らしいですからwara☆さんも、いつか訪れて堪能してください。
その時は是非とも浴衣で(^_-)-☆
名前
URL
削除用パスワード
<< 祇園祭り 後祭宵山の夜を歩く Epilogue【郡上おどりへ... >>