新緑の東福寺へ

最高気温が31℃に迫ろうかと云う夏日に、涼を求めて東福寺さんをお参りしました。
先ずは青もみじの海に向かい日下門から臥雲橋に歩きます。
臥雲橋まで青もみじのトンネルが陽射しを遮ってくれとても涼しい♪
e0272231_15334961.jpg
午前中に訪れれば人も少ないけど、今日は臥雲橋から空の青も撮りたかったので午後からと決めていました。
そんな事よりも昨年の今頃なら観光客はまばらだったのに今季は結構な人です!ようやく青もみじの美しさも周知され始めたのかも知れませんが、個人的には「せめて新緑から夏は京都人に楽しませて」と密かな気持ちが(笑)
まぁ、それでも秋の超大混雑とは比較にならない程に空いてますから十分に楽しめますけどね。

e0272231_15342865.jpg
秋は黄から朱まで幾重もの色に包まれる此処、今の季節は緑一色に染まります。
木の種類による濃淡の差はあれども視界一面が緑色に統一されてとてもダイナミックで爽やか。
その色が瞳に優しくも鮮烈な新緑色なのですから、僅かな時期だけに観れる四季彩を有難く愛でさせていただきました。

e0272231_15335888.jpg
通天橋は御覧のとおり人がまばら!もちろん今の時期でも常にではなく丁度そんなタイミングでした。
此方から臥雲橋を眺める・・・正確には臥雲橋を撮ると空は真っ白になるけど、それは承知の上なので眺めを楽しみながら開山堂に。
開山堂はお堂と庭園を眺める方々で普門院の廊下(縁側?)に人がびっしり!此処は腰を下ろしてじっくり過ごせるので人気なのです。
私は早々に次の目的地へ。

e0272231_15340687.jpg
せっかく東福寺に訪れたなら是非とも拝観したいのが東福寺・方丈です。
方丈は明治14年に焼失し、それから9年を経て再建がされ今に至ります。
方丈を囲んで東西南北に配置された庭園は再建後から更に年月が経った昭和14年に完成。

なるほど!あまりにも有名な方丈のモダン庭園は、その造園された時代背景を想像すると、庭師の前衛的な解釈や試みが許され、それを思う存分に表現できるタイミングだったのかも知れません。
私が述べるのもおこがましいですが、もちろん闇雲にデザインしたのではなく、全ての造形に仏教を表現されているのは云うまでもありません。
そして独特の佇まいから日本モダニズム庭園の先駆的存在に捉えられおり、世界的にも有名だそうで、そんなお庭が身近にあるのは幸運なことだと思います。

前知識無しに庭師の解釈・想像・意図した表現を感じるのは、私では全く精進が足りていませんが、意識して拝観する事で観えてくる世界があるかも?なんて、そんなふうに思いながら東福寺方丈の庭園を拝観しました。

なんでもそうですが物事は到達点が同じでもアプローチが全く同じとは限りません。
むしろ千差万別です。
それぞれが選んだ道を進んで、その道中で経験を積み目指す場所に辿り着けば好いと思っていますし、また辿り着けなくとも、目指したか?意識したか?は、自分に取って重要なプロセスです。

新緑の東福寺で、今年も素晴らしい時間を過ごしたと実感いたしました。


by hanashigai | 2017-05-24 19:00 |  ├ 京都寺社めぐり | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://hanasigai.exblog.jp/tb/25796628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by revoir-dima at 2017-05-25 00:20
新緑の東福寺かぁ。
なんとなく盲点でしたが、皆さんよくご存知で、人は多かったようですね。
方丈庭園も、最後に見たのは7、8年前じゃないかなぁ。
確かにここに限らず、きちんと手入れされた庭園は一つひとつに目的があり、計算があり、表現方法があるんだと思います。
先日の無鄰菴も然りです。
結果にたどり着くアプローチも、その過程も大事ですがそれそのものも楽しみたいですよね。
私でいうなら先日より色々ご教授いただいてるようなことです。
美術館などや、建仁寺などでは音声ガイドがありますが、あんなのでいいので耳にすると、敷居も低くなって楽しいでしょうね〜。
Commented by sarusaM1 at 2017-05-25 13:31
東福寺は紅葉の時に行きましたが、新緑の時も綺麗ですね(^^)
比較的空いている事も有って行きやすそうです。
Commented at 2017-05-25 14:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hanashigai at 2017-05-25 18:25
> revoir-dima さんへ
東福寺に限らず紅葉名所は新緑名所なので風景写真がお好きな方は、
桜に引き続きお忙しくされている事でしょうね。
寺院の庭は単なる日本庭園ではなく思想を反映した表現がされていますから、それを感じ取りながら眺めて過ごすのは瞑想にも
繋がると思っています。
方丈庭園は観たままの姿をすんなり理解できないのが、今の僕には魅力と感じていて、
年に一~二度、僕なりの瞑想に伺っています。
なので到達点とアプローチの話で云えば、今は過程を楽しんでいるところですね♪
Commented by hanashigai at 2017-05-25 18:29
> sarusaM1 さんへ
紅葉の東福寺は美しい分、人気の名所なので大変だったでしょう?
昨年秋はが臥雲橋からの撮影は禁止となり、その混雑ぶりが想像できます。
新緑時期はとても綺麗ですが空いているので、ゆったり過ごせますよ~。
Commented by hanashigai at 2017-05-25 18:31
> 2017-05-25 14:11 の鍵コメさんへ
面白いお話をありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
名前
URL
削除用パスワード
<< 岩倉散歩道♯3(田舎風景浪漫) 京都伏見稲荷大社は平日夕方がおすすめ >>