人気ブログランキング |

青春50きっぷ・夏旅♯1(名鉄:谷汲駅)

青春50きっぷ・2017年夏旅のはじまり
e0272231_19011882.jpg
今年の夏旅の起点は岐阜県を走る名鉄・谷汲(たにぐみ)駅。だし京都から此処まで約150キロ・約3時間ほどの道のりはマイカーでやって来ました。
※今時、駅前駐車場が無料!貧乏旅の懐に大変ありがたかったです。
谷汲駅に到着すると既に赤白カラーのレトロな列車が停車中、駅の切符売り場に急ぎます。

e0272231_17431442.jpg
少し焦りながら駅員さんに尋ねると出発までまだ20分程あるとの事で、ホッと一息つきながら一先ずは黒野駅までの乗車券¥340を購入。
それから発車までの待ち時間で谷汲駅構内を見学することに♪
今週は曇りや雨が続いてたけど今日は夏の太陽と青空が気持ち良い「青春50きっぷ・夏旅」スタートに相応しい日となりました♪

e0272231_17424410.jpg

そうこうしてると赤い列車が入線してきました。
どうやら赤白レトロ列車は新岐阜行の次発、先発はこの名鉄カラーが鮮やかな少しだけ新しい型式車両の黒野行きです。

e0272231_19013040.jpg
それなら先ずは先発で黒野まで行って、そこで一時間ほど時間をつぶせば、次発のレトロ列車に乗り継ぎできます。
最初は黒野から揖斐方面に向かおうかなぁ~と、おぼろげに考えてましたが、レトロ列車の魅力に負け岐阜方面行きに予定変更♪
その場の気分まかせ旅なので全然問題なしです\(^o^)/

e0272231_17430588.jpg
そうと決まればワクワク気分で赤い列車に乗車。
赤白列車と比較すれば新しく見えたけど、改めて眺めてみると此方もかなりレトロな佇まいの列車です!

真夏の正午過ぎ、私以外の乗客はいないので気兼ねなく車内を撮影しました。
整理券発券機と運賃箱は私が高校時代のバス通学でお世話になっていた物と全く同じ!これがまだ現役とは、なんて素敵な鉄道なんでしょう♪
そして今まで見たこともない木製の日よけを発見!※ここに来る途中まで誰かが此の座席に乗っていたんですね~。
名鉄・谷汲線の車両たち素敵すぎます\(^o^)/

e0272231_17425143.jpg

さあ、発車のベルが鳴りました。2017年夏旅、いよいよスタート♪
この先どんな素敵な出会いがあるのか?
それは車窓風景や、各地のグルメや、そして沿線に暮らす人たちとの一期一会、ローカル線旅を思う存分に楽しみたいと思います。

今回のローカル鉄道を巡る旅第一弾は名鉄・谷汲線を選びました。
この谷汲駅~黒野駅を結ぶのは、もともと谷汲鉄道が大正15年に開通させた歴史ある路線。
現在は名古屋鉄道(名鉄)が運行させ、一時間に一本程とはいえ、名鉄・谷汲線/揖斐線(いびせん)黒野駅から接続して忠節駅(ちゅうせつ)まで行けば、更に名鉄・岐阜市内線に接続できるので岐阜の主要都市へ行くことができる便利な鉄道です。

途中駅からはポツリポツリと沿線に住む方々、お孫さんを連れたおじいちゃんや、部活帰りの学生さんが乗り込んで来られ、沿線の大切な交通網であるのが伺えます。
僕にとっては旅の乗り物でも、通学や通勤、岐阜市内へのお出掛けや、また生活の用足しに利用されるなど、沿線住民に愛される乗り物なのでしょうね。

いつまでもいつまでも谷汲線で変わらない夏が繰り返されると嬉しいです。

名鉄・谷汲線を知ったのは今年冬に樽見鉄道を訪れる途中の事。
しかしそれは既に廃線後の谷汲駅跡としての存在でした。
この路線を合わせた四路線は合理化を目的に2001年9月30日をもって同時廃止となり、今は鉄道跡の一つとして当時の面影を此処「谷汲駅跡」に残しています。
e0272231_17435108.jpg
ほんの十数年前までは線路が敷かれ列車がガタゴト行き来した此処も、既に線路は撤去されて雑草が生えています。
遠くの谷汲駅跡の駅舎にひっそり佇む赤い列車・赤白列車の姿が、何かもの言いたげに見えて仕方ありませんでした。

e0272231_17425967.jpg
春の訪問時は窓シャッターが閉じられ寂しい改札窓口(上写真)でしたが、この日は係りの方がおられ訪れるファンの姿も。
その様子をカメラのファインダー越しに眺めてると、谷汲線がまだ営業運行してるような、もしくは昔の記録映像を観ているような錯覚におちいります。

四つもの鉄道路線がまるごと一度に、自分の知らないうちに消えていた事実は衝撃的で、それを知った今春、「名鉄・谷汲線」をただの廃線跡として紹介するのではなく、もう少し何かを書きたい気持ちでいました。その「何か」のきっかけを作ってくれたのは樽見鉄道・本巣駅で偶然にお会いした親子のお母さん。
約30年前に谷汲駅から丸窓列車(赤白レトロ車両)に乗り高校に通学してたと言うお話しです。

青春時代の思い出でが詰まった鉄道が消えた寂しさ。
地域の人が普段の生活の為に利用しても、それが鉄道会社の利益に繋がらない事実を理解しつつ、それでも存続して欲しかった思い。
一個人では廃線を止められない虚しさと、それを受け入れなくてはならないジレンマが伝わってきた時、もう一度僕の妄想の中で谷汲線を走らせたいと思いました。

もし此の鉄道が残っていたら今回の妄想夏旅は現実の旅風景となっていたに違いありませんし、廃線になるまでは僕の妄想旅のような鉄道旅を実際にされた方も多いかも知れません。
単に地方鉄道の赤字ローカル路線が消えたのではなく「日本の財産が減った」って事に気づける人間が国の中央にどれだけ居ることか?
そんな殺伐とした感情のなか、それでも今年「谷汲線妄想旅」と「2017年夏のリアル旅」をする事ができた私は幸せだったと思います。


by hanashigai | 2017-08-21 19:00 |  ├ ナガテツ・タルテツ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://hanasigai.exblog.jp/tb/25986869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by revoir-dima at 2017-08-22 08:42
恥ずかしながら、私は全く存じ上げませんでした。
次から次へと廃線となっていくローカル線。
懐古ブームですでに人気のある路線はともかくとして、今だ地元の方しか知らない路線が人知れず消えていく。
時代の流れ、といってはそれまでですが、なんとも寂しい。
色んな要素が複雑に絡みあって今の現状がある訳で、誰かが金だけつぎ込めば解決するというものでも無く。
ただ、「まずは知ってもらうこと」かも知れませんね。
放し飼いさんのブログのような、小さな(失礼)波紋を起こすことが大事。それを痛感する記事です。
Commented by hanashigai at 2017-08-22 12:50
>revoir-dimaさんへ
ぐだぐだな投稿を読んでいただいてありがとうございます(笑)
私も今年の年明けに存在を知ったばかりですから似たようなものです。
以前書いた美濃駅も同じ名鉄路線でしたが、名鉄はかなりの財産を自ら消してしまったのですね!
公共鉄道を国中に密に行き渡らせると実は儲からないシステムになってしまうのだそうです。
沿線人口が少ない地域の路線は当然赤字になるので、それを儲かる路線の利益で補填しながら走らせるので、それを抱える鉄道会社全体としてはあまり儲からない。
実は海外(特にヨーロッパの国々)では、それが当たり前として公共交通網を構築し運行してるので、今でも古い鉄道路線が活躍してるのだそうです。そうやって儲からない鉄道を廃線にしないのだそうです。
本来は国鉄時代にしっかり考えを持ちシステム構築しておけば、今の日本中で鉄道が残っていたのでしょうね。
鉄道を簡単に無くす国ってかなり稀なのだそうですよ。
冬の谷汲鉄道訪問後、悶々と考えて煮詰まっていた時に出会ったのが「いすみ鉄道」社長のブログの記事でした。
http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=2746
リンクの記事は日本の鉄道の問題点をズバリ指摘されています。
読み応えありますので御興味あれば訪れてみてください。
Commented by pitipitibeach at 2017-08-22 22:22
まさしくその通り、さらに進んでアスファルトを剥がしてでも廃止路線を復活させるべき。それは日本の国土を守る大切な国策です。今のケチケチ安物行政から脱出しないとえらいことになりますよ。
Commented by hanashigai at 2017-08-22 23:59
>pitipitibeachさんへ
既に配線になった路線の復活は、それの為の膨大なコストを考えれば実現が難しそうだと考えますが「ボロイ商売してる政治家や官僚が身銭払って復活させろ」ってのが本音です。戦前から敗戦後の高度成長期に至るまで、日本全国に鉄道を張り巡らせる事ができたのは、当時の国民一人一人が「日本の発展」「日本の再建」に心を一つにしたからだと思います。きっと今と比べれば労働・賃金・物価などの生活水準・環境面で満たされないままにも、自己犠牲にも近い生活を強いられる中で、その時代を生きぬいた先人達が作った貴重な鉄道だった筈です。
しかしそれを私も含めた現代日本人がいとも簡単に消し去ってしまったようで大変なショックでした。
国土の単位や国策で考える時、無くしたい側の無くす為の都合よい理論を見抜き、今は最低でもこれ以上の貴重な日本の財産を壊したり消さないようにしなければと思っています。
Commented by croix7ley at 2017-08-23 16:26
ご無沙汰しています^^
名鉄・谷汲線!!なんて素敵なローカル線なんでしょう!!
レトロな外観と車内... これはたまりませんね(*ノ∇)ゝ
hanashigaiさんの各々の切り取り方も本当に素敵で
これは一度訪ねてみなければなんて思いました。
次々と廃線になっていく小さなローカル線
諸事情があるとは言え、地元の方々の大切な足になる鉄道を
できれば残していって欲しいですね。
Commented by hanashigai at 2017-08-23 21:28
>croix7leyさんへ
残暑見舞いもうしあげます。あっという間に夏が過ぎていきますね(´;ω;`)
名鉄・谷汲線、今はなきローカル線となってしまいましたが、この列車達は廃線の日まで現役だったのですから驚きです。
YouTubeで検索して在りし日の雄姿を観ると、名鉄(国)は、つくづく勿体無い事をしたもんだと思います。
国と書いたのはJRが引き取ってでも存続させれば「国の観光資源」として活躍したのにという気持ちです。
この谷汲駅や以前に紹介した美濃駅は、同じエリアにありますから丸一日を使ってどっぷりハマるのも良いかも知れませんよ~。
ぜひ訪ねられてLeyさんのフレーミングを見せてください♪
廃線になる事情は重々わかるのですが、沿線に暮らす方々を切り捨て、日本は都市部でしか暮らせない国になっていて、
随分昔から問題視されていた過疎化ですが、僕自身は全く無関心でした。
過疎化は固有独自文化の消滅に繋がっているのをようやく理解した次第で無関心であった自分を反省しています。
Commented by sarusaM1 at 2017-08-31 16:10
こういったレトロな車両、駅舎は廃線当日まで現役でした。
こういった貴重な日本の財産が消えてしまうのは悲しいことですよね。
欧州などでは鉄道が重要なインフラとしてとらえられているので、古い路線も残っています。
環境に優しい鉄道が消えてしまうことはどんなに悲しいことか。
4路線が一気に消えてしまったのは名鉄だけでなく、岐阜市や県にも責任があると思います。
鉄道が消えることで経済的損失は計り知れないものだったと思います。
Commented by hanashigai at 2017-08-31 18:02
>sarusaM1さんへ
たった十数年前まで現役で安全運行を続けてたのですから、本当に勿体無い事をしてしまったと思います。
おっしゃるように欧州等は鉄道を重要インフラとして位置付けていて、需要が少ない=廃止ではないのだそうですね。
何かの時に大量輸送ができるように保険にしてあるのだとも聞きます。
なので鉄道は国がある程度は面倒を見るシステムをしっかり作るべきなのでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 青春50きっぷ・夏旅♯2(樽見鉄道) 夏の郡上八幡 徹夜おどり  >>