人気ブログランキング |

あ お そ ら 写 真 社  Copyright©2012-2019 あおそら写真社 All Rights Reserved.

叡電二ノ瀬駅の大もみじ♯3

夕方に激しい雨が降ったので二ノ瀬駅に。
駅ホームの水鏡が綺麗でした。此れは此れで「床もみじ」ですね。
此れを撮ってる時、バリアングルモニターの機材が欲しくなりました。
e0272231_00584193.jpg
フォーカスと構図をあれこれやってる時に、待合室から出てきた女性が良い雰囲気を醸し出していたので♪とっさにレリーズしました。

e0272231_00594890.jpg
一枚目から一歩引いた所の水たまりに落葉が。
此れを何かと絡めて撮ろうと試行錯誤してると、先ほどの女性が直ぐ近くに立ってスマホをいじり始めたので、そのままショット。

e0272231_01084668.jpg

写真は1・2枚目とは別の方。此れもなかなか無いタイミングでラッキーでした♪

e0272231_01103088.jpg
上3枚の翌日、風が吹いてたので来てみた。
でも余りの寒さに負けて30分ほどで退散。今季はお目当ての「こもれび号」を思うように撮れてないので、最終日のラストチャンス(本日)も狙ってみます。

トキナー10-17フィッシュアイは最短撮影距離14㎝(レンズ先端から2.5㎝)と短かく、F3.5-4.5の超広角(35mm換算15mm対角180度魚眼~25.5mm超広角ズーム)なので、それを生かした絵作りが面白いです。
主役と前景/背景と撮影距離と被写界深度と画角を「楽しく勉強」するなら此れじゃないか?って思うぐらい。
因みにAPS-Cレンズだけど、15~17mm域はフルサイズフォーマットでも開放付近ではケラレ少なく使えるのでフルサイズ15~17/F4.2-4.5の超広角レンズみたいにもなります。
今回はD750に着けてDXクロップで撮りました。※解像度96pix/inc・長辺650pixelにリサイズ後、更に圧縮した画像を掲載してます。

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ

トラックバックURL : https://hanasigai.exblog.jp/tb/26218940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sarusaM1 at 2017-11-30 08:51
やはりこの駅が定番で綺麗ですね(^^)
以前行った時にスルーしてしまったのが悔やまれます。
先日、車で岐阜羽島まで車で行きそこから新幹線で小田原まで行き在来線で横浜へ行ってきました。
箱根方面の紅葉も考えましたが小田原での小田急の箱根方面の混雑にびっくりして行けませんでした(^^;
横浜と神戸の記憶が「中華街とか」ゴチャゴチャになってましたが整理できた筈です。
ICカードが共通で使えたのが便利でした。バスに乗る時もピッですから。
Commented by hanashigai at 2017-11-30 13:50
>sarusaM1さんへ
近年、秋の紅葉ライトアップは二ノ瀬駅で十分満足するようになってしまいました( ´∀` )
今年は「もみじのトンネルライトアップ」が終わったのに、二ノ瀬駅はライトアップしてくれています。
昨晩、偶然に通り掛かり知りました!もちろん撮ってきました\(^o^)/
横浜旅行お疲れ様でした。
紅葉時期の箱根は混雑凄そうですね~?温泉地も近いエリアですから京都よりも自然を満喫できる気がします。
そして貿易で栄えた異国情緒ある街ですから、都市も魅力的です。
Commented by view-finder at 2017-12-01 16:56
1枚目がものすごく好きです。
そして、もしも僕のカメラだったら撮影するのがすごく大変そうだと思いました。
D750はバリアングルではないですが、チルトが可能ですよね?
チルトだけでも随分便利だと思うのですが、バリアングルとはかなり差があるのですか?
僕のカメラはチルトすらできないので、すごく羨ましいです(笑)

このレンズで撮影なさった作品をこれまでも拝見してきましたが、本当に素晴らしい
レンズですね。超広角レンズは持っているのですが、フィッシュアイは持っていないので
僕も欲しくなってきました。この独特の描写は使いこなすのが難しそうですが、だからこそ
上手く撮れた時は感動しそうです。
Commented by hanashigai at 2017-12-01 18:42
>view-finderさんへ
1枚目への御評価ありがとうございます。
この高さ&角度ならview-finderさんのカメラでも、僕のカメラと同じように大変です(笑)
チルトは「縦構図」の特にアイアングル・ローアングルでは使用頻度が極端に減ります。
地面すれすれから上方向に煽っての「横構図」ならチルトモニターも良いですが、縦構図では使えないです。

カメラに正対して撮れる場所であればD750でローアングルなら、本来はアングルファインダーを付けて撮る方が良いでが、でも駅ホームでのライトアップモミジの条件では、観光客の方々は殆ど上を見ながら歩くので、うずくまるうな姿勢でファインダー内だけに集中してしまいがちなアングルファインダー使用は危険と思って使っていません。
※僕に気付かない方がぶつかって転んだら一大事ですから(汗)
御存知のようにバリアングルモニターは自由に角度設定できるので、チルトと比べてビューモニターとしての使い勝手は雲泥の差だと思います。
チルトモニターのD7000系(グリップ前後にダイヤルあり)が欲しいですね。

このレンズは既に10年ほど使っており、とても良いレンズだと思ってて、逆光に強く近づいて撮れるので超広角~魚眼の面白さを存分に味わえるのがその理由です。
歪曲を絵作りに活かせる場面では大活躍してくれるので車移動の時は常にカメラバックに入れてあります♪
「使いこなす」を「楽しく撮る」に変換すれば、view-finderさんなら重宝するレンズになると感じます。
Commented by view-finder at 2017-12-04 17:33
そうでした!!縦位置にするとチルトは役に立ちませんよね!(笑)
自分では使ったことが全くないので、こういう大ボケをかましてしまうのかもしれませんね・・・

アングルファインダーでも、地面スレスレのような位置ではかなり厳しくないですか?
やっぱりバリアングルモニターは欲しいですね。次買うならバリアングルか、最低でもチルト式を
選びます!

トキナーのレンズは昔から気になっていて、カメラ屋で試したり、実際に購入を検討したことも
あるのですが、結局まだ1本も持っていません。なぜか、いつも結果的に最後はシグマを選ぶこと
ばかりで、シグマのレンズが溜まってきています(笑)
Commented by hanashigai at 2017-12-04 20:05
>view-finderさんへ
アングルファインダーで地面スレスレだと地面に直接あぐらで座って、更に両肘を足の上に置くか、地面つけると安定します。
でもメッチャしんどいです(笑)
7000系がバリアングルモニター機だったら今秋に購入してたと思いますが、今は安価な外つけモニターディスプレイで十分やな!と考えが行きつきました。
僕は初社外レンズがトキナーでした。
昔のSIGMAやタムロンはデザインが嫌いだったのです(笑)中身はそんなに変わらんだろう?と云うざっくりの選択でしたが、徐々にシグマに移行して僕もSIGMA製が一番多いです。
最近、超広角域はDXレンズに任せるべきかも?と思ってて、そうなるとトキナーの明るいDX超広角レンズたちはなかなか魅力的に思ったり、いやいやシグマ8-16も捨てがたいなんて悩みますね。
Commented by view-finder at 2017-12-06 13:16
な・る・ほ・ど!!!外部モニターを付けるという手もあるのですね!!
まったく考えたこともなかったです!(笑)またまた目からうろこでした。
もしかしたらスマホも使えますかね?ちょっと自分で調べてみますね。仮に外部モニターを使えたとしても
その度にいちいちセットするのが面倒で使わなくなる可能性が僕の場合は高い気もしますが(笑)
やっぱり最初からバリアングルであることがベストですね。

たしかに昔のシグマやタムロンのレンズのデザインはイマイチでしたね。でもフィルム時代もシグマの
レンズは使っていました。タムロンも最近デザインが変わりましたよね。
シグマの8-16は持っていますが、F4.5-5.6で少し暗いということを除けば全体的にとても良いです。
逆光にもそれほど弱くありません。
Commented by hanashigai at 2017-12-06 20:17
>view-finderさんへ
7インチ外部モニターでHD対応品が¥2万程(中華製)でユーザー評価もそこそこなので試そうかな?と思い始めてます。
スマホ対応はどうでしょうか?僕はガラケーユーザーなので知る由もないですが、以前、スマホでテザー撮影してるのを見たような気がするので出来るのかも知れません。
やはり一番はバリアングルの7000系か750後期型が出ると好いですね。

僕ももシグマはフィルム時代からもシグマも使ってて、1995年位あたりの記憶では、当時はF90Xsが主力機でした。
でもレンズグリップに社名を刻印したり、ちょっとポップ?なデザインだったりするシグマ・タムロンに対して、ニコン純正に似ていたと言う理由でトキナーが好きでした(笑)
今は三社共に格好いいと思います。
シグマ8-16は暗いですが唯一無二のレンズなので魅力を感じています。
Commented by milletti_naoko at 2019-08-27 22:28
放し飼いさんの写真を拝見していると、自分では意識して避けている構図や、思いもよらなかった構図、光の配分が実はとても美しいことに気づき、いろいろと発見があって興味深いです。ライトアップというよりは、ちょうどいい位置にある外灯がちょうど燃え盛る炎のように照らし出していて、そうしてその美しい輝きが水たまりに映って、本当にきれいですね。
Commented by hanashigai at 2019-08-28 07:54
>なおこさんへ
ありがとうございます。
意識して避けている構図があるのですね!なおこさんは写真もお上手なのでなる程と思いました。

普段の二ノ瀬駅は待合室の灯りと、ホーム、スロープを照らす灯りがあるだけでかなり寂しい駅なんです。
この駅と前の駅との間にある線路沿いもみじ並木をライトアップする催しの時にだけ、二ノ瀬駅の大モミジにも光をあてて華やかさを演出します。
このライトアップイベントは叡電スタッフさんの手作り催しなので、特に秋は紅葉の色づき具合・散り具合を見ながら叡電保線係の方々が光を当てる場所を定期的に調整しておられ、常に見栄えするようにしてくださっているんです♪
青もみじの時にライトが消える瞬間を動画で撮った時、普段とのあまりもの差に驚きました(笑)
↓その時の動画記事です。

https://hanasigai.exblog.jp/27298980/
名前
URL
削除用パスワード
by hanashigai | 2017-11-26 19:00 |  └ えいでん・らんでん | Trackback | Comments(10)