海津大崎桜#2

海津大崎を訪れた最大の目的は夜桜。満開から数日が経過してたので、上手くいけば夜桜の飛花もイケるかもと淡い期待もありました。

e0272231_20414741.jpg

今回は湖と街灯りも構図したいと考えていたので、立ち位置はおのずと決まってきます。そこに強すぎず弱すぎずの風がレンズ方向に吹き、その風に乗った花びらがある程度舞い上がってくれないと良い感じに撮れません。
またストロボ設定も重要で、風の強さと舞う花びらの量によって一回発光か?連続発光か?を考え、花びらまでの距離・レンズ画角・ストロボ照射角・発光出力・連続発光なら発光間隔と発光回数、それらに空の青が残せる背景露光量(時間帯)も考慮しながら臨機応変に設定します。
19時前から20時過ぎまで粘って、あれこれやりながら撮れたのが上です。

e0272231_19231671.jpg
上は驚きの光景!湖からの突風に来た道を振り返ったら、それを受け激しい花嵐になった時のショットで、自分が此れまで見てきた中で過去最大に激しい桜吹雪でした。
全てのカットでピント距離が少しづつ違うのは「花びらが多すぎて何処を撮れば良いか?」の判断に迷ったからです(汗)
この時の眼に見えた周囲の明るさを再現したのが3段目の画像。かなり暗い状況の中なか、花びらが標識などにバチバチ叩きつけられる音が凄くて、それも人生初のことでした。

e0272231_22024224.jpg
怒涛の花嵐が過ぎ去ると道路や湖面には大量の花びらが散り積もり、今年の桜が終演間近であるのを告げています。
儚くも美しい花の宴でありました。


海津大崎としての桜並木道の歴史は1936年6月(昭11)に大崎トンネル完成記念として海津村(現・マキノ町)が植樹をしたのが正式な始まりだそうですが、桜並木誕生のきっかけは村が植樹するのを遡って約5年前、当時の滋賀県高島地方事務所に勤める一人の修路作業員が、若木を自費で購入して自ら植えた事から始まります。
その彼は重労働であった海津の湖岸道修路作業に日々携わりながら、自らの癒しの為に桜を増やしていく中、やがてその気持ちは此処を通る人々を桜並木でもてなしたい思いに昇華していったのです。
植樹3年後に彼の桜が花をつけると、それを観た村の青年団も彼の活動に賛同して植樹に加わるようになり、最初の桜並木が誕生します。そして桜植樹・保護活動は海津村、後に現在のマキノ町と受け継がれた事で、今の素晴らしい桜並木へと成長しました。

海津大崎桜にはそんな素敵な歴史がありました。

毎年しつこく書かずにいられないのが桜並木や桜公園の存在について。
特にソメイヨシノは自生木ではなく、接ぎ木から造らなければ生まれない種ですから、全てのソメイヨシノは誰かが植えて育てたもの。その事はソメイヨシノの数だけ桜物語が存在しているという事です。
桜を通してそんな桜物語を見ている事に気付かされ、私はそれに出会うために桜を撮り続けているのかも知れません。断片的でも片鱗でも桜物語を知る事で、桜はもちろんその地域の魅力にも気づかされ、そして少しだけ桜と親密になれた気持ちにもなります。
海津大崎にある樹齢80年を越えるソメイヨシノ。その木は海津大崎桜の切っ掛けとなった修路作業員・宗戸清七氏が植えられた桜かも知れません。再訪の際には是非ともその桜に会ってきたいと思ってます。


写真素材のピクスタ

[PR]
by hanashigai | 2018-04-24 12:00 |  ├ 滋賀・奈良・関西 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://hanasigai.exblog.jp/tb/27205831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aitoyuuki13 at 2018-04-24 12:20
驚きの量の花吹雪、現場の状況は計り知れませんが
作品として素晴らしい花吹雪になったのですね^^
Commented by dima02 at 2018-04-24 13:15
なるほどぉ、夜の桜吹雪ってそんな風に撮るんですね。マルチ発光とか考えもしませんでした。
それにしてもすごい花の飛び方ですね!息もしづらい映像です。この瞬間はなかなか見れませんよぉ、、、
Commented by hanashigai at 2018-04-24 17:26
>aitoyuuki13さんへ
音がするほどの量でしたから圧巻でした!
その写真に関しては、もう少しバリエーションも欲しかったですね。
例えば、もっと高速で止めるショットもあれば、と今は思いますが、光景が凄すぎて取り敢えず「記録」になってしまいました。
Commented by hanashigai at 2018-04-24 17:39
>dima02さんへ
特に夕方や夜は必然的にシャッター速度が落ちるのと、光が花弁に当たらないと写らないですし、さらに花弁を止めたい&はっきり写したい時など、ストロボの出力を調整して撮ってます。もちろん明るい時間帯でも使える技です。
下段写真は圧巻の桜嵐で、おっしゃるように音も迫ってきましたから「息もしづらい」迫力がありました。
Commented by wara☆ at 2018-04-27 09:36 x
画面を開いたとき(予想を)裏切られた!と思いました(笑)
桜=ピンク色の画面が出てくると思っていたので、まさかの!
特に前の記事が鮮やかで華やかな色だったので。どっちもいいですね~(*´▽`*)
桜の花びらが音を立てて、だなんてまるで霰のようですね( ゚Д゚)
すごい瞬間に出会えた放し飼いさんにジェラシーです。やっぱ、日ごろの行いですかね☆

Commented by hanashigai at 2018-04-27 22:21
>wara☆さんへ
ありがとうございます。
期待を裏切ったのでなくて良かったです(笑)
言われてみれば桜=ピンク色のイメージですものね。木には光を当てないで舞う花びらだけで表現しましたから、
余計に予想外の色イメージに繋がっていると思います。
実はフラッシュの光を生で当てると白くなりすぎるので、ほのかにピンクを感じられるように色フィルターを付けて撮りました。
桜の花びらが音を立てて飛んでた時、撮る事よりも観る事を優先してしまい、今思えば少し残念ですが、それほどに圧巻の光景だったのです。
こんな光景に出会えたのはきっと日頃の行いが良いのです(爆)
Commented by wara☆ at 2018-08-02 09:23 x
過去記事に失礼いたします。
図書館で借りた本の中に、見覚えがあるような場所があり放し飼いさんのブログでだ!!と思い過去記事に潜り込んできました(笑)
桜吹雪舞う緩やかなカーブの道を違う角度から、違う季節に撮っていると思うんですが(⇐たぶん・・ですが)行ったことがない場所なのに、なんとなく懐かしい感じがして面白いです。
そして結果、この時期に見ることになった桜吹雪ですが大満足♪
桜は無理にしても、この風がいま吹いたら少しは涼しいのにな~とか思いながら( *´艸`)

Commented by hanashigai at 2018-08-02 17:23
>wara☆さんへ
この風景が僅か四ケ月前の出来事ってのを自分で驚いていました(笑)
海津大崎は有名ですし琵琶湖岸の綺麗なロケーションも手伝って、人気のエリアなんですよね♪
冬季閉鎖の奥琵琶湖ドライブウェイ開通期間は休日ドライブなどで、好い感じに賑わいます。
waraさんからのコメントで春の桜風景を思い出しつつ、あれ以来訪れてないのに気付きました。
※近くの湖西道路・湖岸道路を利用する事も多いのですが、此処に来るのは数十キロの遠回りなのです。
お盆には近年お決まりの本巣・郡上エリアに行くつもりなので、少し寄り道してみようか?と思っています。
コメントありがとうございました\(^o^)/
名前
URL
削除用パスワード
<< 今年の桜♯3 海津大崎桜#1 >>