初夏の叡電旅♯1

出町柳駅の近くで仕事、ピーカン晴模様、そして混雑しない平日と言う事で、私的には此の日しかないと言うタイミングで約一年ぶりの「初夏の叡電旅」をしてきました。
叡電・出町柳駅で一日乗車券「ええきっぷ(¥1,000-)」を購入して本日の乗り鉄スタートε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
e0272231_22164570.jpg
駅構内で駅員さんに「こもれび」が運行してるか?を確認してから、先ずは出町柳駅構内をスナップ。既に入線していた二両編成の鞍馬行き電車は乗客も疎らで余裕ぶっこいてたら・・・出発直前には既に座席が埋まり立ってる乗客まで!
いや、座りたいからではなく【平日の昼間に二両編成分の座席が埋まっている】事に驚きました!!

e0272231_22165824.jpg
先ずは宝ヶ池駅で途中下車。
私にとっては此処までの車窓は退屈なので、私の叡電乗り鉄・撮り鉄は宝ヶ池駅が本番スタートです。
又も驚いたのは1/3近くの乗客が同じ宝ヶ池駅で降りられました!さらに出町柳方面行きホームにもお客さんがいるっ!!
最近は「いつもこうなの!?僕が知らなかっただけなの!?」と【閑散とした駅風景になるのを当然のように受け入れてた】自分を少しだけ反省しました。

次発だった八瀬方面行き電車を待っていると、その八瀬方面から叡電新車両「ひえい」がやってきました♪そして車内には「大勢の乗客さん」が・・・これはかなり嬉しい光景です♪

ところで叡電「ひえい」は特徴的なデザインのエクステリアで、それには賛否ありそうですが、個人的にはデザイン図からイメージしてたよりもかなりイケてると思ってます。だってこんな攻めた奇抜な意匠にお金を掛けて造るなんて、他社さんでは先ず実現できないでしょう?たぶんですがデザイナーや関わった方々は ( ̄ー ̄)ニヤリ って思ってるんじゃないかな。
今回の叡電旅は「ひえい」に乗るのも目的の一つ。楽しみ楽しみ♪


e0272231_22173229.jpg
出町柳からやって来た八瀬行き電車も、想像をはるかに超える混雑に又も驚きつつ、混雑の中では撮影もできないので、当初狙っていた写真もお預けのまま駅に到着・・・駅には折り返し電車に乗る乗客が列をなしていました!
そして此処で降りられたお客さんは、ほぼ全員が瑠璃光院のある方向に!!その数と言ったら!!!もうビックリマークの連発にならざるを得ない光景なのでした。

昨年の叡電旅も丁度今頃、数日違う程度なのに状況がまるで違います。
私的には「今の時期の叡電に観光客らしき人がいるっ!!\(^o^)/」って感じ。「大勢いる」以前に『人が居る』のが既にスゲー事なのでした。

e0272231_15442486.jpg

しつこいですが桜でも紅葉でもない季節の叡電の各駅に乗客がいるっ!なんて、もう洛北民としては感涙な事態ですよ(笑)
この時期に多くの観光客がおられるって事は、その分だけ新緑の美しさに気付いた方が大勢いるって事ですから、そういう意味では「日本全国」的に沸き起ってる、もしくは広がりつつあるムーブメントかも?と思うとワクワクしてしまいます。

e0272231_09185544.jpg
八瀬比叡山口駅は直ぐ近くの比叡山ケーブル+ロープウェイで比叡山の山頂に登れる接続駅なので、時間と懐に余裕がある旅行者さんなら、山頂から滋賀県側に降りる坂本ケーブルを使い、京津線にアクセスして浜大津まで出て琵琶湖を愛でるなんて贅沢旅もできます。
直ぐ近くの八瀬駅前バス停から京都バスに乗れば京都大原(三千院でお馴染)まで行くことだってできるんですよ♪

e0272231_09172280.jpg
e0272231_16162737.jpg
鉄骨組の駅舎がレトロな佇まいの八瀬比叡山口駅。
以前にもブログで紹介したとおり、1925年(大正14年)開業当時の姿をほぼ留めており、鉄材のトラス構造が特徴的な建築美を放っております。
神社や寺院などの分りやすい歴史遺産もよいですが、こういった近代建築も趣があってよいものです。

e0272231_09204447.jpg
三面二線の駅ホームにアーチ状に鉄材で骨組みを造り、それに木材屋根が被せられるシンプルな構造。※一見華奢に見えますがトラス構造は現代巨大建築でも多用される程の安定性と丈夫さがあり、だからこそ90年もの間その形を留めて、今なお現役の駅舎なのです♪


[PR]
by hanashigai | 2018-05-28 12:00 |  └ えいでん・らんでん | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://hanasigai.exblog.jp/tb/27289602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aitoyuuki13 at 2018-05-28 12:28
以前に乗った時は、仰るようにたいへん空いていたので今回の記事にびっくりです
願わくば、名所が静かな場所でいられるように、ですね^^
Commented by hanashigai at 2018-05-28 15:30
>aitoyuukiさんへ
観光シーズンから外れて空いてると言う理由で、叡電乗り鉄はこの時期と決めてましたが、今回は本当に驚きました。
新緑が目当でしょうから、今後は益々賑やかになるかも知れません(^_^;)
はたして来年はどうなってるか?
Commented by croix7ley at 2018-05-29 06:46
こんにちは^^
叡山電鉄の旅、充実してますねぇ~
新緑の爽やかな風景と体感的にもちょうど良い気候
やはり今の季節は良いですね^^♪
それにしても、年々訪れる人が増えていて驚くばかりですが
これもネット社会の影響かと思います。
瑠璃光院のここ近年の人気ぶりはちょっと普通じゃない気が...^^;
書院のテーブルの映りこみを順番待ちで撮影、時間制限もあるって
ちょっと興ざめしてきましたが^^;...

瑠璃光院だけでなく、八瀬比叡山口駅のレトロな駅舎も
これだけの人を魅了する素晴らしさがあるんでしょうね。
Commented by hanashigai at 2018-05-29 16:21
>leyさんへ
こんにちは
一年ぶりの叡電旅してきました。去年とほぼ同じ時期に、快晴だった事もあり新緑を存分に楽しみました♪
おっしゃるように年々訪れる人が増えてますが、この日は昨年と比べ10倍以上の印象でした!急激過ぎです(笑)
ネット社会の情報拡散力は有益と弊害が表裏一体ですよね(^_^;)
瑠璃光院は拝観料500円の頃に何度かお邪魔しましたが、最後に秋の拝観をした翌年に特別拝観を中止してしまい、復活したら拝観料が・・・なので、それ以来は訪れていませんでした。
京都の新緑の美しさを知らしめたのは東福寺・臥雲橋だと思いますが、それの人気を押し上げたのが瑠璃光院さんですね。八瀬駅から急ぎ足、中には小走りで瑠璃光院を目指す方々の列に驚きました。
順番待ち撮影&間制限まであるのは、僕のような「写真目的」の観光客が多過ぎるが故の対策ですが「撮るタイミング」を自分で決めれないなら、僕にとっては訪れるのが勿体無い空間なんで、熱が冷めるのを待ちたいと思っています(笑)
八瀬比叡山口駅とその周辺は、自然と文化の景観バランスが凄く好いので、それも観察できるようになれば一極集中も穏やかになると思うのですが・・・。
名前
URL
削除用パスワード
<< 初夏の叡電旅♯2 青もみじ新緑のライトアップ#3 >>