人気ブログランキング |

あ お そ ら 写 真 社  カテゴリ・タグ・以前の記事欄クリックでサムネイルが出ます Copyright©2012-2019 あおそら写真社 All Rights Reserved.

大阪・新世界くいだおれツアー

ながいこと関西に住んでいながら、大阪新世界・ジャンジャン横丁界隈に初めて行ってきました(プライベートでは)
雲一つない秋晴れの下、原色に彩られた看板の威力はハンパなく、此処が食い倒れの街であるのを瞳が受け止め、脳へとビシバシ伝達され誘惑され続ける時間が始まっていきます。
e0272231_00154089.jpg
なんでしょう・・・この「ザ・オオサカ」な風景。
すぐ近くに摩天楼「あべのハルカス」がありますが、このタワーには「若いもんには負けへんで」的な元祖が持つ風格が漂います。
あっちは超高いけれど何処まで行っても高層ビルなんですよね。

e0272231_00151767.jpg
すでに「おのぼりさん状態」の私、通天閣とふぐの巨大ぼんぼりは別個に撮ってしまいました。
この年齢になると2025の文字に敏感に反応してしまう(笑)その時、俺は●●歳かぁ~ってね。

e0272231_00150639.jpg
すっごい昭和レトロスタイルの壁画?が素敵な通天閣の真下。

e0272231_00144978.jpg

大阪と言えば「たこ焼きと明石家さんま」ですよね。
「西の明石家さんま、東の郷ひろみ」と言われていたのはもう30年近くも前の話。
その明石家さんまさんがビールの販促ポスターに起用されていたのは知りませんでした!当時の人気ぶりが伺い知れます。
そして表面カリッ、中トロトロ熱々の美味しいたこ焼きは、一個一個が大きいので、界隈を食べ歩きするなら2~3人で一皿で十分。(今回は両親を連れていったので、そのようにして食べました)


e0272231_00145807.jpg
お昼前に到着したので店が込み合う前にジャンジャン横丁で寿司をいただきました。
8カン¥500(赤だし付き)激安でしたが職人さんが握るちゃんとした寿司でネタも大きくて美味しかったです。

串カツ、どて焼き、ホルモン焼きなど他の店も回る気満々でしたが、なんと父親が急に体調を崩してしまい、初の大阪食い倒れツアーは寿司とたこ焼きのみで終了。
通天閣すら登らずに急遽、帰宅となりました(´;ω;`)

まぁ、また次回の楽しみに取って置けということですね。

にほんブログ村 写真ブログへ
トラックバックURL : https://hanasigai.exblog.jp/tb/27585845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by G7_2007 at 2018-10-09 22:15
8カン¥500(赤だし付き)!? 😍
Commented by hanashigai at 2018-10-10 12:40
>G7さんへ
G7さんも食い倒れツアーしちゃってください♪
Commented by kaotti-1 at 2018-10-11 11:31
こんにちは。
その後お父様の体調いかがですか?
お元気されていたら何よりなのですが。

大阪新世界、私も今年3月に行きました。
楽しい街ですね。
1枚目のお写真と通天閣の真下から、同じところで私も撮りました(^^)

串カツはジャンジャン横丁で頂きましたが、思いの外高くついてしまいましたね(食べ過ぎ)
ハルカス展望台からの夜景も東京より優しくて良かったです。

京都にはない色合いとか感じられる不思議で面白い街。
放し飼いさんのお写真拝見してまた行きたくなりました〜(°▽°)
Commented by hanashigai at 2018-10-11 23:32
kaottiさんへ
こんばんは。
もともと持病を抱えていて、それの新しい薬を処方されたのですが副作用だったそうです。
お陰様で今は体調回復しております。
ありがとうございます。

kaottiさんも大阪新世界へ行かれたばかりだったのですね♪
私達も串カツをジャンジャン横丁で食べるつもりでした。
色んな店を楽しみたかったので、少しづつ食べながら界隈を散策して、最後はハルカス展望台からの夜景で〆るつもりだったんです(笑)
また来春以降に再チャレンジする積もりです\(^o^)/
そうそう、東京出張の際に「たたみ掛けてくるような威圧感と冷たさ」を東京の都市から感じた事があったので、「東京よりも優しい夜景」の言葉に凄く納得し共感しました。
Commented by wara☆ at 2018-10-17 09:22 x
私も大阪に住んでいながら通天閣・・・のぼったのは三十代後半か四十代に入ってからだと思います(-_-;)
関東からの知人が来た時に行きたいというので行きましたが「そういえば、来たことないかも?」と。
近くに住んでるアルアルですよね?
いつでも行けると思うと、なかなか行かない。
でも、ジャンジャン横丁は(未定ではありますが)近いうちに行く予定の場所なんです♪
昔懐かしいゲーム機があるらしくテレビで昭和のゲームとかの特集をしていて、ジャンジャン横丁ではないんですがテーブル台みたいなゲーム機でインベーダーとかパックマンが映っていて、それを見た夫がとても懐かしがっていたので。
調べてみたらジャンジャン横丁にもあるらしく、サプライズで連れて行こうかと。
激安のお寿司、探してみよう♪

放し飼いさんちゃんと親孝行してエライです!
せっかく放し飼いさんが連れて行ってくれたのに、お父様もきっと残念だったでしょうね。
隣県とは言え、旅先での体調不良はいつも以上に不安になりますし。
今は大丈夫なようで安心しました。

昔のさんまさんのポスターが、イケメンに見えて衝撃でした(笑)
Commented by hanashigai at 2018-10-17 22:32
>waraさんへ
僕も似たようなもので例えば京都タワーに初めて登ったのは数年前の事でした(笑)
そして以前に住んでいた直ぐ近所には観光バスが列挙してくる有名な寺がありましたが、関東から親戚が来た時にどうしてもと言うことで一緒に行ったきりです。
大阪は行きたい所が沢山あるのですが、車だと以外に道中時間が掛かるので、どうして信号と車の少ない地方に出向いてしまいます。
今回は久しぶりの秋晴れだった事と、家族全員が未体験の大阪食い倒れを是非と言うことでジャンジャン横丁を目指しました。
結果的に満喫にはなりませんでしたが楽しく過ごせたようで、それが良かったと思っています。

waraさんも近くお出掛け予定なんですね。
昔懐かしいゲーム機の場所、きっとあそこだな♪ってわかります。何店舗か似たような店が界隈の通りにありました。
(実は僕たちも一回¥100のスマートボールで遊ぶつもりだったんです)
そして激安のお寿司の店も系列店が数店舗あるので、すぐに見つかるとおもいますよ♪
waraさんからするとなんて言うか、僕が清水界隈や先斗町を歩いてもピンと来ないのと似て、観光客用のお店に見えてしまうかも知れません(笑)

父は昨日入院して本日、手術でした。
今春にも別の病気で手術があったのですが、そっちは六時間に及ぶ手術でして、やはり人間年相応にガタがきますね。
おかげさまで経過は良好で、明後日には退院できるようで安心しております。
Commented by sarusaM1 at 2018-10-21 09:19
大阪に万博が来たら絶対行ってみたいと思っています。
愛知万博(愛・地球博)の感動が忘れられないので・・・。
ちなみに東京オリンピックには行きたいとは思いませんが(笑)
大阪には数えきれないほど行っていますが、通天閣の近くに行ったことが有りません!
(ついでにあべのハルカスにも行ったことが有りません。)
現在どハマりしているPCゲーム「A列車で行こう9」には通天閣が収録されています。
大阪中心部再現マップが公開してあったのでダウンロードしましたが凄いです。
Commented by hanashigai at 2018-10-21 17:54
>sarusaM1さんへ
大阪万博どうなりますかね。
誘致できれば大阪はもちろん日本として嬉しいことだと思います。
僕は愛知万博は訪れませんでしたが、sarusaさんが感動して思い描いた、もしくは確信した日本(世界)の未来図に、今の日本(世界)は到達しましたか。
まだまだなのか、既にそれを超えてしまったのか?興味あります。
僕も東京オリンピックを会場で観たいとまでは思いませんが、日本人選手が活躍しそうな種目のTV観戦はする積もりです。
大阪歴はsarusaさんの方がありそうですね。記憶する限り25年以上前に海遊館、今回のジャン横が遊び目的で行った大阪です(笑)
基本的に都会が凄く苦手で、梅田のニコンサービスセンターもそれがネックで行きそびれるんです(汗)
僕の大阪のイメージは「安くて美味しい食べ物」なんですがその、片鱗をジャン横で感じられましたし、また機会を見つけて訪れたいと思ってます。
Commented by sarusaM1 at 2018-10-21 22:17
個人的な感想ですが。
私が愛知万博(愛・地球博)で感動したのは科学技術だけではありません。
会場全体が国境や戦争のない平和な「小さな地球」だったからです。
例えば紛争などで敵対している国の参加者もお互いに笑顔で手を取り合って歌ったり、踊ったり、
多くの国々が一体となって協力し、豊かで、温もりのある文字通りの「愛・地球博」だったからです。
北朝鮮のパビリオンも有りましたが決して誰も攻撃などはしません。
世界の国の人々がお互いに笑顔で笑い、感動する温かい万博。
仕事のストレスで疲れ果てていた私はそれに魅了されて私は全期間入場券(フリーパス)を買って30回以上は行きました。
私はこの万博で地球の未来は緑あふれる地球や国境や戦争が無く、豊かで笑顔や感動が溢れる世界を想像しましたが
今現在どうなっているかは説明する必要有りません(´・ω・`)
ちなみに万博で公開されたクリーンな技術は日常に多く広まってますよ。
ただ説明するのは長くなるので省略しますm(__)m
大阪の万博が実現すれば多少違えど会場全体が「国境のない豊かで笑顔溢れる小さな地球」になるでしょうから行ってみたくなるんです。
もしかしたらはやぶさ2の持ち帰ったサンプルが展示され、かつての大阪万博の月の石のように大人気になるでしょうね。
Commented by hanashigai at 2018-10-21 23:28
sarusaさんが「愛知万博(愛・地球博)」で感動した最も大きな要素が「会場全体で観られる平和的な世界」だった事に深く感動しました。
僕もその場に居たなら、きっと同じ感想を持ったと想像します。
北朝鮮のパビリオンは確かTV番組でも話題になりましたし、sarusaさんが目の当たりにし感じた、会場全体が「平和な一つの地球」に包まれていたのは、素晴らしい光景としか言いようがありません。
それはオリンピック競技などに言える事で、本来のあるべき姿であり、事実そういった場面を多く見てきました。
sarusaさんがフリーパス券で30回以上も訪れた愛知万博は、それこそ「各国の政治を司る人間が足げく通う」べき程のメッセージを発信してたのだと確信します。

逆にオリンピックはもちろん他の国際大会や国際的な催しで、国家間のイザコザを表だってアピール主張しパフォーマンスをする輩もいたりと様々で、ああいった場では常に感動と落胆の繰り返しもあります。
そしてsarusaさんがその時に思い描き想像された「緑あふれる地球・国境や戦争が無い豊かで笑顔や感動が溢れる世界」は、その理想に近づくどころか、現在遠ざかっているように見えるのは非常に残念で、それはsarusaさんも同じように感じられていると思いました。

時の万博で公開展示された先進技術は、常にどんな世代・状況下でもエコで安全で平和な地球の為に、更に発展進化を遂げて一般社会に普及して欲しいと願っています。
そう考える一方で私は「国境の無い地球」の概念が、物理的に実現してしまう事に恐ろしささえ感じているのが本音で、例えば今の京都は「自分の国で通用する習慣を持ち込んで地域を乱す」事態が頻繁に見受けられます。
それはある種の環境破壊と感じていて、ボーダレスになる現実空間で、そこを行きかう人間の振舞いが「他方の習慣などを尊重して行動する」、意識の成長が不可欠であると考えてます。
名前
URL
削除用パスワード
by hanashigai | 2018-10-09 12:00 |  ├ 滋賀・奈良・関西 | Trackback | Comments(10)