大阪・阪堺電車、チン電の旅

前回の「大阪食いだおれツアー」の流れで「阪堺乗り鉄」もうちょっとやります。
もちろんこの日が初の「阪堺電気軌道」です。
e0272231_21045768.jpg
先ずは、えびす町停留所に到着したチン電の運転手さんから、阪堺電軌一日乗車券「TAKETAKEきっぷ(大人¥600-/子供¥300-)」を購入しました。
年/月/日にちの部分をコインで削って、利用する日にちがわかる仕組みの一日券は、ユニークで楽しい切符ですね。
※阪堺電軌は何処まで乗っても一回乗車¥210-の激安運賃ですから、大してお得感は無いと感じるかも知れないけど、この日は四回乗り降りしたので、一回分お得に乗れました♪
皆さんも是非、阪堺電軌の一日切符で乗り鉄してください。 

出発前に昭和レトロな停留所構内・職員室の軒下の丁寧な作りなど見ながら、駅の佇まいに沿線風景への期待が高まる私(*´∀`*)

e0272231_21051353.jpg
出発時刻が迫ると乗客がチラホラ。
ホームが地面に近くて、電車の中には段差高めのステップが二段ある懐かしい車両。
正直ラッピングカラーは好きじゃないけど、今の時代はしかたないですね。

e0272231_21052997.jpg
大阪我孫子は聞き慣れた土地名だけど、訪れるのはもちろん初めて。
乗ってきたチン電を撮ってる私を見る大阪のおばちゃんの笑顔にほっこりしつつ、振り向くと両親はスタスタ勝手に歩いて行ってます。大阪のおばちゃんとおしゃべりしたかった~。
そして入線してきた見るからに上等な電車は堺トラム。堺市が支援して導入した車両なのだそう♪公共交通に力を注ぐ市政、いいじゃないですか~\(^o^)/

e0272231_21095564.jpg

停留所を出ると目の前に「あびこ道商店街」があったので散策してみました・・・が時間帯のせいでしょうか?シャッターの降りたお店ばかりで残念。肉屋さんの揚げたてコロッケとか食べたかった。
直ぐ前を通る電車の音が静かな商店街に響き、少し寂しい気持ちになりましたが、界隈には住宅なども多いので、商店街としてのポテンシャルはある筈。
京都の升形商店街(出町商店街)のような活気のある商店街風景を取り戻してほしいです。

e0272231_21061700.jpg
停留所前の粉もん屋さんで買った、持ち帰りたこ焼きを三人でハフハフつまんでたら、大阪のおばちゃんがニコニコしながら「あら、ええもん食べて美味しそう♪」と、京都では絶対ないよなぁ~って嬉しく思いながら少しおしゃべり。
おばちゃんは一つ早い電車に乗らはりました。
皆さんも阪堺電車で沿線地域に暮らさはる、大阪の優しいおばちゃんに会いに行きましょう。

反対線路にやってきた鮮やかオレンジ電車のレトロな風貌に一目惚れしつつ、視線の向こうにも電車がズラリ。
ここ「あびこ道」は阪堺電気軌道株式会社の本社と車庫があるんですね!ざっと見た感じはローカルちん電のイメージには似かわしくない大きな車庫!ここらは一人で来た時に歩き倒してみようと思います。 

e0272231_21102368.jpg
「あびこ道」から折り返して降りたのは「住吉鳥居前」
大阪の新年初詣といえば「すみよっさん」のイメージがあるほど、その賑わいが超々有名な「住吉大社」ですが、その「すみよっさん」の目の前に、阪堺電軌の電停があるなんて想像もできませんでした。※大阪住吉大社は初詣客数で、ほぼ全国第二位!もちろん大阪第一位を誇る神社です。

路面電車区間であることもローカル鉄道風景として素敵ですが、電停のむこうに見える鳥居、または住吉大社の境内から眺める阪堺電軌の風景が本当に素晴らしかったです。
「ザ・昭和ノスタルジック」な、この風景で一杯呑めそうな佇まいは、まるで鉄道模型ジオラマ(っていうのかな?)のようで、好い意味で出来過ぎな空間となっています。
阪堺電軌に乗ったら「すみよっさん」にお参りして、この風景も楽しみましょう\(^o^)/

e0272231_21110882.jpg
再び電車に乗って「あべのハルカス」を見に行った後、「天王寺駅前」~「住吉(乗り換え)」~「えびす町」まで戻って、この日の阪堺乗り鉄を終えました。

上画像は乗り換えの為、住吉電停に降りた時のもの。
車両・歩行者が頻繁に往来するのに遮断機が無い(沿線の至る所に遮断機の無い場所がある)のに驚き、地面に眼をやればアスファルトの隙間から見える石畳が、この道は古くから住吉大社への参道であるのが伺えたりと、そこかしこに取り残された時代の断片があるようで、今回は住吉・住吉鳥居前の各停留所あたりが面白いと思いました。
いつか一人で思いっきり「阪堺+南海乗り鉄の旅」をしたいです\(^o^)/
何故に「南海」もって?それは今の阪堺電気軌道があるのは、南海電気鉄道あっての歴史があるからです。
皆さんも「阪堺電軌乗り鉄(乗り軌?)」を是非やりましょう♪

それにしても大都会の大阪に、こんな風情たっぷりのローカル鉄道が残っているのが凄い。

「阪堺電気軌道株式会社」の始まりは1897年(明治30年)の「大阪馬車鉄道株式会社」設立まで遡ります。
設立後、時代の流れとともに変わる大株主の影響か?「大阪電車鉄道」「浪速電車軌道」「阪南電車電軌」「南海電気鉄道」「南海鉄道」「近畿日本鉄道」 と十数年で度々改名され、現在の「阪堺電気軌道」に落ち着いたのは1910年(明治42年)のこと。
※現在は南海電気鉄道グループの軌道事業子会社(100%株主)として運営。

戦時中は従業員の戦地召集により乗務員の不足を女子乗務員で補ったり、また1945年(昭和20年)3月13日~7月10日までの数度に及ぶ大阪・堺大空襲では、大和川車庫や大浜支線が爆撃され車両の焼失や駅・線路に甚大な戦災被害を受けるなどした悲しい歴史もあります。
戦後の高度経済成長期には堺を走る阪堺電気軌道は大活躍して、大阪の戦後復興と経済発展に大きく貢献したのは云うまでもありません。

1980年(昭和55年)11月28日には平野線(開業1914年4月26日・西成区の今池~平野区の平野間・11駅・5.9km)と、大浜支線(開業1912年4月1日)堺市の宿院~大浜海岸間・6駅・1.6km)が共に廃止(※共に明治後期に計画され大正になって間もなく旅客営業がはじまった路線。※大浜支線は1949年(昭和24年)3月3日から休止されていた路線)となり、2016年1月31日には上町線の住吉から僅か200m伸びる住吉公園停留所が廃止されました。
※グーグルマップで「南海住吉駅」を検索、航空写真をクローズアップすると廃止前の軌道が見れます(2018/11現在)ので、写真が更新される前に必ずチェックしてください(笑)

現有車両40両弱の中には1923年(昭和6年)に導入され今年現役90年を迎えた車両や、堺市と国の補助により2013~15年までに新規導入された、3両のLRT超低床式電車「堺トラム」など、新旧車両が走っているのも特徴的。
さらに上町線・天王寺駅前が新しい駅舎となり、更に天王寺駅前~阿倍野区間が併用軌道から近代的な専用軌道への新規移設整備工事を終え、2016年12月から運用が始まるなどして活気があります。

大阪唯一の路面電車であること、運が良ければ乗れるかも?な現役90年のチン電など「阪堺電気軌道」は、今最も乗り鉄すべき鉄道の一つではないでしょうか。
HPに掲げられた「暮らしがある。未来がある。ずっと息づく軌道がある。」のキャッチフレーズどおり、沿線の暮らしに寄り添い、歴史を絶えさせずに走り続けて欲しいと願ってます。


by hanashigai | 2018-11-06 12:00 | 鉄道風景 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://hanasigai.exblog.jp/tb/27627995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by G7_2007 at 2018-11-06 21:39
阪堺電気軌道、いいですよねぇ〜
町の雰囲気もたまりません。
何年か前に撮りましたが、楽しくて一日では足りないくらいでした!!
また、行きたくなりましたよ...
Commented by hanashigai at 2018-11-07 17:57
>G7さんへ
おっしゃるように沿線の町の雰囲気が凄く好かったです。
G7さんは既に撮り鉄済みとの事で流石ですね~♪
後ほどお邪魔しに参ります\(^o^)/
Commented by wara☆ at 2018-11-09 22:18 x
我孫子かぁ・・・高校時代はクラブの試合が長居競技場であったので何回か行きました!なつかしい!!
当時は天王寺からJR阪和線で行きました。
練習好きの試合嫌い、で先生に目を付けられてたのもいい思い出です(笑)
天下茶屋で本屋をやってる親戚がいて店舗兼自宅のすぐそばにチン電の駅があったので何度か乗ったことがあります。
ほんと、懐かしいなあ~。
住吉大社は逆に行ったことがないなあ・・・と放し飼いさんのブログを読んで思いました。
お父様からは土手焼きのリクエストも出てるようですので、食い倒れ大阪ツアーの続編もそう先ではないのかな?と楽しみにしておりますね~(*^-^*)
あ!今回の食い倒れツアー、スリーショットがなかったので少し残念でした!

Commented by hanashigai at 2018-11-10 22:42
>waraさんへ
最初は我孫子を読めませんでした(汗)聞いてみて初めて「おぉ~!!」ってのが、お出掛けの楽しいところですね。
練習好きの試合嫌いは凄~くよくわかります♪僕は試合で休日が潰れるのも嫌だったなぁ(笑)
でも高校時代の毎日の通学は凄く楽しかったです。
高校生のwaraさんが乗ったチン電は、凄く趣のある古い車両だったと思いますから羨ましい。
今となっては超レアな現役車両(と言っても予備車両)なんだそうです。
とか言って「鉄道に興味」を持ったのはここ数年ですから、もし当時に僕が乗っても何も思わんかったかも(笑)
住吉大社は界隈は凄い良いノスタルジックな風景で、いつかwaraさん御夫妻が旅行された広島の路面電車風景とも似ています。
錆色が沁み着いた地面の石畳や沿線の建物、路地風景が最高に良かったですよ♪
名前
URL
削除用パスワード
<< もみじのトンネルライトアップが... 新世界ジャン横、チン電の旅 >>