秋の叡電乗り鉄してきました

平日に実行しようと考えてた紅葉時期の叡電乗り鉄、急な仕事などが重なったりして時間が作れず「もみじのトンネルライトアップ」最終日を迎えたこの日、仕事から帰宅後に諦めきれず乗り鉄してきました。
帰宅途中に出町柳駅で叡電一日乗車券「ええきっぷ」を購入し、再び出なおして岩倉駅から乗車。先ずは八瀬方面に向かいます。
e0272231_11035880.jpg
16時前に八瀬駅に到着すると、出町柳駅行き電車を待つ大行列!それは駅の外までずらっと並んでたので、その光景に軽い衝撃と、こっちに来たことに少しの後悔が。
この列に並んで折り返すくらいなら久しぶりに瑠璃光院でも拝観しようと軽く考えながら歩きます・・・が、またもや大行列&トドメは当日拝観券完売( ゚Д゚)!
残念よりも瑠璃光院人気スゲーって思いました\(^o^)/

e0272231_11034648.jpg
駅に戻り駅構内での撮影許可をいただいて暫しの撮り鉄タイムに。
日没近くには夕日がホームを朱く染め、駅の周りの紅葉もより鮮やかに色づいていきます。
真ん中のホームに乗客が並んでくれてたら最高でした。※今は立ち入り禁止ゾーンです。

e0272231_11042302.jpg
そして黄昏の時、開業当時の塗装を再現した「ノスタルジック731」とピカピカの新型車両「ひえい」の共演が実現して、思いもよらぬ嬉しい光景のプレゼント。
この見た目が全く異なる「ひえい」と「ノスタルジック731」の二両は、実は730形という同型の電車なのです♪・・・って調べて初めて知ったんですけどね(笑)
でも同じ形式の電車で新旧二つの個性を作り上げた、叡電の発想力&コンセプト&デザインに改めて驚嘆させられました。

e0272231_11044883.jpg
比叡山ケーブル・比叡山口駅周辺も絶賛秋色中。
数年前から開催され始めた「八瀬・もみじの小路ライトアップ」も徐々に周知されてるのか?はたまた瑠璃光院帰りの寄り道客か?そこそこ賑わってました。
上の写真は暗いので勘違いしそうだけど、時刻はまだ17時15分です!
秋の夜長は始まったばかりだし、電車にはまだ乗れそうもないし「八瀬・もみじの小路」ライトアップ開催中の界隈を散策してみました。

e0272231_11052055.jpg
瑠璃光院へ向かう観光客(たぶん前売り券持ってるっぽい)を若干恨めしく思いながら「八瀬・もみじの小路」ライトアップを鑑賞しつつ、私にとって秋の叡電乗り鉄は「えいでん・もみじのトンネルライトアップ」が本命なので、そろそろ鞍馬方面に行かねばと言う頃合いに。

ただし叡電・鞍馬線の秋の大混雑具合は「二ノ瀬駅ライトアップ」を撮り続けてるので予測済み♪一歩間違えると朝の通勤ラッシュ状態ですから!
乗車時刻と電車種類のタイミングを上手くやらねば(-ω☆)キラリ

e0272231_11050701.jpg
混雑は予想していたものの、やはり早い時間帯(18~20時)の「きらら」は上下とも撮るに撮れず、その間に「こもれび」ともすれ違い続けます。
そして紅葉狩りスポットとしても人気の貴船にアクセスする貴船口駅は、人で駅ホームが埋め尽くされ、更に駅階段下まで人の列状態・・・なので降りたくても華麗にスルーして鞍馬or市原まで乗るしかないままの時間が過ぎていく始末。
「おおげさな!貴船口駅は空いてるじゃないか」って?
写真の貴船口駅は20:52(もみじのトンネルライトアップの上がり電車ラストチャンス)の光景。それでも此の人なのです。
※ちなみに私は 青もみじ新緑ライトアップの貴船口駅の方が好み

e0272231_11053262.jpg
展望列車「きらら」は20:00を回った頃の鞍馬行きなら人が少なくなっていくけど、出町柳行きはずっと混んでたみたいです。
まぁ「きらら」の車窓からは別格の「紅葉のトンネル」や「新緑トンネル」を体験できるので、その人気ぶりは納得のところですね。
この時期に遠くから観光に訪れたなら、無理をしてでも空いてる時間帯(20時以降)に乗って「きらら」の車窓を体験して欲しいです。

e0272231_17025332.jpg
そして「秋の叡電乗り鉄」ラストは貴船駅から岩倉駅まで。
乗り込んだ電車は「きらら」ではないけど、「もみじのトンネルライトアップ」区間の消灯時刻前をギリギリセーフで通過♪
今回の「もみじのトンネルライトアップ」区間で車窓を撮れたのは、結局20:00をまわっての上下合わせて三本(きらら一回・他2回)だけでした。
※私の好きなポジションから撮る場合は乗客が多いと絵になりづらいですが、皆さんがお好きな運転席後ろなどは鞍馬か出町柳から乗れば、ポジション確保しやすいと思います。

こうして今年も叡電の紅葉ライトアップイベント(二ノ瀬駅ライトアップも含め)が無事に閉幕し、電車が運んでくれた多くの人たちとの巡り会わせ、たくさんの幸せ時間をいただいき感謝一杯の秋を過ごせました。


by hanashigai | 2018-12-11 12:00 |  └ えいでん・らんでん | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://hanasigai.exblog.jp/tb/27686059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by G7_2007 at 2018-12-11 22:48
瑠璃光院の人気は凄いですからね!!
でもけっこうお高いのがねぇ... ^_^;
Commented by hanashigai at 2018-12-12 00:25
>G7さんへ
僕が拝観してた数年前は¥500で入れ替えなんて無かったのですが、今は入れ替え制であの拝観料!
躊躇しちゃいますね。



Commented by croix7ley at 2018-12-12 22:33
秋真っ盛りの叡山電鉄は出町柳駅のあの混雑を見ただけで
ちょっと怖気づいてしまうほど、近年の人気は凄まじいですね。
瑠璃光院は、昼間の拝観は2014年以来行っていませんが
さすがに高い拝観料で入れ替え制なんて聞いたら
行く気が失せてしまいました。八瀬比叡山口や鞍馬の駅も
こんなに賑わっているのですね。ひえいとレトロ車両とのコラボも
素敵なプレゼントでしたね。
今年も沢山の煌きの風景を拝見できてすごく楽しかったです!!
ありがとうございました^^
Commented by hanashigai at 2018-12-13 00:00
>leyさんへ
観光異シーズンの叡電・出町柳駅は凄いですね。
「きらら」待ちの列ができる事もあるようです!
瑠璃光院に関しては今の拝観事情から僕も同じような気持ちで、
今回は「時間つぶし」的な考えで行こうと思ったのですが、
拝観券が売り切れで良かったのかも知れません(笑)
※ゆっくり拝観できた以前の経験があるので落胆してしまうかも知れませんから。
八瀬駅ではクリスマスイルミ(期間的にはウインターイルミ?)が始まってます。
先日に写真インストラクターしてきましたが、今年も好い感じにピカってます\(^o^)/
その模様も後日ポストしますので、お手すきの時に覗きに来て下さいねm(__)m
Commented by sarusaM1 at 2018-12-13 08:10
今季は秋が長いですね(ただ単に雪が降るのが遅いだけですが)
秋の叡電、お写真を拝見しているとまた行きたくなってきますが、以前行ったときより混雑してそうです。
ところでで730形は2両編成以上で運行されることは有りますか?
叡電にはきららなどの2両固定編成が有りますが。
昔は長編成の列車に憧れてました。
かなり昔ですが長良川鉄道に7両の客車列車のユーロライナーがJRから入線したことがあったそうです。
でも名古屋に15年以上住んでからは長編成の列車に慣れてしまい、逆に単行のほうが良くなってしまい、
鉄道模型でも単行の気動車をトコトコ走らせるのが「マイブーム」になってます(^^;
東北の新幹線のはやぶさなど、長編成の列車をフル編成で持ってたりしますが。
Commented by hanashigai at 2018-12-13 10:15
>sarusaさんへ
京都もようやくの晩秋風景になりました。
そして東日本(関東甲信越)は今夜あたりから雪のようですので、遅い冬の到来になりましたね。
秋の叡電はここ数年は乗客数を伸ばしているようです。
沿線の神社や寺院の存在が大きいのと、やはり来日する外国人客が増えたのが最大の要因だと乗客層を見て感じます。
730形の2両編成以上についてですが、普段は沿線風景を身近に眺める場所にいないのと、何よりも車両を見て型式が分かる見識がないので全く分からないです(^_^;)
僕は車両そのものよりも「駅風景・沿線風景・車窓風景」などが好きで、更に今のところはローカル鉄道しか興味ない「にわか鉄」ですから、パッと見で分かるのは「きらら」「こもれび」「クラシック731」「ひえい」くらいで、しかも型式については「ひえい・クラシック731」を覚えた程度です。
長良川鉄道に客車列車(←この言い方も最近知った)はWEBで古い画像を見て存じてました。
樽見鉄道も観光シーズンには同じように走ってたそうですね?
Commented by sarusaM1 at 2018-12-13 12:35
それに比べると長良川鉄道の通っているすぐ近くに住んで居る私は良い条件かも知れません。
最近は上り始発がコトンコトンと通り過ぎていく音で目を覚まし、下り最終が通り過ぎる音を(ジョイント音、汽笛も)聴きながら眠りつきます。
単行がほとんどですがたまに2両編成で行くことも有りその時は走行音が明らかに違いますから分かるんです。

郡上市でフォトコンテストが開催されます。「第2回 郡上市清流環境フォトコンテスト」
詳しくはコチラ
https://compe.japandesign.ne.jp/gujo-seiryu-photo-2018/
よろしければ応募してみませんか(^^)



Commented by hanashigai at 2018-12-13 18:55
>sarusaさんへ
確か長良川も目の前でしたよね。
日本屈指の河川とローカル鉄道が、すぐ近くなのですから羨ましい限りです。
そして音で編成まで聞き分けるなんて凄い!
電車の音を心地よく感じながら暮らせるのも素敵な事ですね。
フォトコンテストの情報ありがとうございました。
Commented by sarusaM1 at 2018-12-20 15:25
自宅からは直線距離で線路まで約60m(駅までは数キロですが)、長良川までは約150mくらいでしょうか。
これを近いとみるか、遠いと見るかは分かりませんが・・。
しかも1階分高い所に建ってますので(2階の部屋の窓から眺めると3階から眺めたような景色になります)
眺めが良いというのも多少あると思います。
列車の音は赤ちゃんの頃から聞きなれていて日常の光景ですが、十数年名古屋に行って、帰ってきてみてはじめてその良さに気が付いた感じです。
ちなみに友人を部屋に泊めると列車の音に反応します。
普段鉄道沿線でない所に暮らしているとそうなるんでしょうね・・。
Commented by hanashigai at 2018-12-20 18:03
>sarusaさんへ
自宅から線路まで直線距離約60mは目の前と言える距離ですね。
そして長良川までは約150m、素晴らしいじゃないですか\(^o^)/
うちからその距離圏内に見えるのは道路と家屋の屋根ばかりです。
すぐ横を川が流れてますが護岸が高く、また川幅が狭いので姿は見えません。
大雨の時は水が増えて凄い音だけが聞こえてきます。
ただ遠目には比叡山が見えるので窓からの風景は気に入っています♪
難点は建物が直角に折れ曲がる道の横に建っているので、車両が一時停止後に再び走り出す時のエンジン音がうるさいです。
特に路線バスの発進音は振動も伴うので慣れるまで大変でした。
名前
URL
削除用パスワード
<< Illumi-station(... 棚田百選の里へ・滋賀県高島市畑地区 >>