D750シャッター不良

導入から既に二年経過した私のD750、後継機の噂もちらほら聞き始めてるけどどうなんだろう?
ニコンZ6は¥22万前後、ライバルのEOS-Rは更に低価格な¥19万前後と、価格面でも魅力的な135判フルサイズミラーレス機がある今、D750後継機を作っても売れ難いと思うのだが・・・。
そのD750は135判フルサイズ機とは言え、かなり狭いフォーカスエリアが不満なくらい(大きな不満だけど(笑))で、その他は快適に使える機材なので今後もガッツリ使っていきたいと思っています。

そんなD750ですが「シャッターが正常に動作せず撮影画像にケラレが生じる場合がある」とメーカーアナウンス(2015/07/09一回目・2016/02/29ニ回目対象機追加・2017/07/12三回目対象機再追加)があり、シリアルナンバーを調べると私の機材も該当機種に。
「保証期間外でも無償修理」との事なので、不具合が出てから修理依頼するつもりで使ってたところ、先日のタルテツ撮りでとうとう「シャッター幕が写り込む」ケラレ症状が発生しました。

e0272231_01500409.jpg
既に数か月前から「電源オンから最初のワンショット目が、一時的ミラーアップ後に一呼吸おいてシャッターが切れる」動作不良が頻繁に発生してたので、そろそろ来そうだと思いつつも、肝心の「ケラレ症状」が無かったのと、繁忙期に重なっていたので修理に出せず騙し騙し使ってましたが、とうとう修理センターに送ることとなりました。
ニ週間程度の預かり期間が必要らしいので今のタイミングだったのが幸いでした(´▽`) ホッ

e0272231_08522888.jpg
e0272231_08545101.jpg
135判フルサイズでも広範囲なフォーカスエリアを実現している昨今のミラーレス機と比べれば見劣するけど、DSLR機としてはフォーカスエリアが広いので、特に超広角レンズ装着時に快適なD500。
タムロン10-24mm(model B023)をつけて持ち歩く事が多くなりました。
その10-24mmは安価な超広角レンズにも関わらず歪みが少なく、画面周辺域もシャープ、逆光時にもフレア・ゴーストが出にくい予想以上に素晴らしいレンズなので、もしAPS-C機用の超広角レンズをお探しなら選択肢の上位に入れても良いと思います♪

ただし純正RAW現像ソフトのNX-Dでは歪み補正 (歪曲収差補正)が効かないので、少ない歪だとしても徹底的に補正したい場合は他社RAW現像ソフトを使うことになります・・・が、それは純正レンズ以外を選ぶ場合は共通事項なので大したデメリットにはならないですよね♪
むしろ撮影時にファインダー内で直線などを意識する方が、持ち帰ってからの作業がスムーズです。

ミラーレス135判フルサイズ機はソニーEマウントシリーズがカメラ熟成度・レンズ充実度(サードパーティ含め)で抜きんでてる現状だけど、ニコンZが来年中に計16本のレンズを揃えるらしい!
中でも大三元レンズと言われる24-70/2.8と70-200/2.8が19年中、14-24/2.8を20年中に出すようだから、かなりハイペース開発ですね。

D750を更新する頃にはニコンZ・キャノンRもレンズ充実し、更に新ボディも登場してそう。
パナソニックSはシグマレンズも使えるので嬉しい悩みに悶えてると思うと今から楽しみです。
はたして今から三~四年後のカメラ勢力図はどうなっているのでしょう?


by hanashigai | 2019-01-13 12:00 | カメラスタイル | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://hanasigai.exblog.jp/tb/27908931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by G7_2007 at 2019-01-13 22:15
D750はいいカメラでした。おっしゃるようにフォーカスエリアの狭さには困ることもありましたが...
それ以外の性能には満足してましたが、私は大きさと重さが辛くなって、昨年α7ⅲに乗り換えちゃいました。
今のところ大変満足しております!! (^_^)v
ただ一点、センサーにゴミが付きやすいのがねぇ...
Commented by sarusaM1 at 2019-01-14 08:56
幸いにも私のD750は対象外だったのですが、「シャッター幕が写り込む」という現象まで起きているんですね。
でもこの写真はある意味貴重な写真かもしれませんよ修理したら撮れませんからね・・

インフルエンザで自宅軟禁中、熱も下がり体調が回復した時に鉄道模型で遊んでました。ここだけの話ですがHOゲージにも手を出してしまいまして・・・
80分の1スケールの鉄道模型は半端ないです。Nゲージは150分の1ですから約2倍に、体積では4倍になります。
一眼レフの世界には(今は多少違ってるかも知れませんが)Nikonとcanonの2大メーカーがありますよね?
それと同じように鉄道模型の世界にもTOMIXとKATOの2大メーカーに分かれています。
鉄道模型は国際規格で統一されているので互換性は有ります(TOMIXの線路にKATOの車両を走らせたり)
異なるメーカー同士の連結はカプラー(連結器)交換の必要は有りますが。
ちなみに私はNゲージはTOMIXでほぼ揃えています(模型を始めるきっかけとなった長良川鉄道の模型がTOMIXでしたから)
HOではKATOで揃えつつありますね(価格が安いため)
話の脱線、長文失礼いたしました。m(__)m
ちなみに私の鉄道模型での脱線事故は日常茶飯事です。
Commented by hanashigai at 2019-01-14 18:15
>G7さん
135判フルサイズ機としてはコンパクトなD750も、ミラーレス機に比べれば大柄で重いですもんね。
α7ⅲは評判が良くセールスも好調ですから、アフターマーケットの役立ち部品も多そうで好さげです。
そうか!ミラーレス機はセンサーにゴミが付きやすいのですね?
なるほどミラーがゴミ除けの役割を果たしていたとは。
シグマみたいにガラスカバーをつけてくれれば随分ましになりそうだけど、各社が追従しないと言うことは効果が低いのでしょうか・・・。
Commented by hanashigai at 2019-01-14 18:31
>sarusaさんへ
D750はシャッターボックスをシンプル機構にコンパクト&コストダウンを図っている機材ですが、そのぶん耐久性や信頼性に劣るとも言われていました。
実際、アナウンスのようなリコールが何度かあったので、ネガティブ評価仕方ないところですね。
リコールで直すのはユーザー再度としては当たり前の対応ですが、できれば製品になる前にしっかり作り込んで欲しいと思います。

体調が回復されている都の事で何よりと思います。
HOゲージの鉄道模型は結構な大きさですね!
あれで編成が多い車両を集めるのはお金もかかりそうですが、置き場所にも困りそうです。
京都駅ビルに鉄道模型ショップがあるので、一度覗いたことがあります。
沢山の車両があってカラフルで華やかでしたが、何が何処の列車か?現役車両か?など、殆ど分からないまま眺めていました。
京都鉄道博物館のNゲージジオラマ?はちびっ子に大人気なのは当然ですが、大人も食い入るように眺めているのが印象的でした。
Commented by sarusaM1 at 2019-01-15 08:24
下の写真のハート形のイルミの元名鉄の車両ですが、
TOMIXからHOゲージで発売されてますが2~3万するので買えません(^^;
上から2番目の樽見鉄道のNゲージ車両を持ってますが樽見鉄道の客車も発売されていて(機関車も)こちらも欲しくなってます。

最近のHOゲージは車体がプラスチック製なので車両によってはNゲージとほぼ変わらない値段で売ってます。
昔は真鍮製だったそうで10万以上はしたそうですが。
京都鉄道博物館はHOゲージだと思います。JR東海のリニア・鉄道館のジオラマもHOゲージです。
大勢で眺めようとするとNゲージだと細かすぎて見にくいとおもいます。
仰る通りHOゲージは場所を取ります。フル編成で走らせようとすると8畳くらいの部屋がまるごと必要です。
ちなみに今の状態だと最大6両編成が精一杯です。
でも物理的に大きくて質量がある上、大きい分パーツも細かく作られていてリアルさは上です。
(オッサンになってくると細かい作業が難しくなってくるので大きいHOのが楽というのも有ります・・・笑)
Nと比べて脱線はしにくいです。
ちなみにNでプッシュプル(先頭と最後尾に動力車または機関車をつなげる事)すると中間の車両が浮き上がって脱線、横転します。
どちらかというとレイアウト組んで走らせるならNゲージ、飾って眺めるならHOですね。
もしhanashigaiさんの家で鉄道模型のレイアウト組んだら猫の夏ちゃんがどんな反応するか気になりますが(^^;
Commented by hanashigai at 2019-01-15 14:41
>sarusaさんへ
¥2万~¥3万もするなんて、高価なんですね!
さらに昔は10万以上もする物があったとは!!
なるほど会場の大きさで考えれば、小さな車両よりも大きな車両の方が観覧しやすいので、sarusaさんのおっしゃるとおりHOゲージかも知れませんね。
もちろん走らせるのが前提だとスペースもそれなりになりますし、さらに高価な車両を沢山つなげると、それこそカメラ一台分くらいになってしまいそうで、なかなか手が出しにくそうな世界ですね。
うちで鉄道模型レイアウトは不可能なのは、スペース確保ももちろんそうですが、御想像のとおり夏の餌食となってしまいます(汗)
Commented by sarusaM1 at 2019-01-15 17:51
仰るように夏ちゃんがまるでゴジラみたいになっちゃいそうですね(^^;
HOゲージは今のレイアウトのスペースだと例えば新幹線のフル編成で走らせようとすると「C」の字みたいに先頭車の目の前に最後尾が有ってリアルさに欠けてつまらなくなります(´・ω・`)。
そうです、一両で2万~3万もするんです。Nゲージなら北斗星辺りのフル編成が買える値段です。
ちなみに蒸気機関車はあの複雑な動きを再現するのに技術が居るからだと思いますがNゲージでも1両最低1万くらいです。

インフルエンザの闘病中にまた可愛いYouTubeチャンネル見つけました。
https://www.youtube.com/channel/UCJVeXs_GIqzQeS4hqWUL5RA/videos
柴犬2匹と子猫2匹のチャンネルなんですが、仲良しで可愛すぎてもうメロメロになっちゃいますよ。
Commented by hanashigai at 2019-01-16 07:38
>sarusaさんへ
完全にゴジラ化しちゃいますね(笑)
大きな模型ならディテール細部も細かく再現されて見応えありますが、小さなモデルでも細部が簡略化されてるがゆえに粗が目立ち難いという良さがありますね。
プラモの話ですが、スケールが同じで型式も同じ実車の模型でも、プラモメーカー毎に造詣が微妙に異なるのが面白いと思っていました。実物を忠実にスケールモデル化してしまうとリアル感が薄れてしまうらしく、あえて形を変えてしまうのだそうで面白いですよね。

※可愛いYouTube情報ありがとうございました。
Commented by renchiyan4 at 2019-01-17 05:37
おはようございます
センサーが見える機種はゴミ自分で処理できるのでいいのですが
コンデジの場合メーカーに出さないとどうにもならないので困り
ものです フルサイズのミラーレスいつかレンズ遊びに一台欲し
いです・・・
Commented by hanashigai at 2019-01-17 12:20
>renchiyanさんへ
こんにちは
僕のコンデジもいつの間にかゴミが入ってしまいました。
おっしゃるようにメーカーに出すしかないってのが厄介ですね。
次の機材更新時にはミラーレスを選ぶと思うので、その頃には色々なメーカーで機種が充実してると嬉しいですね♪
名前
URL
削除用パスワード
<< 冬の湖北に行ってきた 2019年撮り初めは樽見鉄道で >>