人気ブログランキング |

思い出の冬ショット♯4


e0272231_11332790.jpg
e0272231_11334555.jpg
e0272231_11333824.jpg
e0272231_11350415.jpg
例によって冬感が希薄ですけど、12月~2月に撮った写真たちです。
なぜに「思い出の~」かと言うと、改築や撤去や所有者が変わるなどして風景が若干、もしくは大幅に変化していて二度と取れない写真だから。
♯5は冬っぽくします(笑)


by hanashigai | 2019-03-03 12:00 | 日本の四季彩 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://hanasigai.exblog.jp/tb/28045517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kaotti-1 at 2019-03-03 13:27
ホッとする斜陽の優しい橙色、夜へ向かう街に付く温かい橙色。
とても素敵ですね。

この街辺りも空き家はお隣の大国の方に所有権が移っていたりして、少し寂しく思っています。
京都も他人事では無いのですよね。
Commented by hanashigai at 2019-03-03 18:14
>kaottiさんへ
ありがとうございます。
日本は外国資本からの土地収得に対しても全く規制がないそうです。
国土をどのように守るかは勿論、自然環境資源を守る事に無頓着過ぎて恐ろしいですよね。
敵性国にも平気で土地を所有させるのは如何なものか?と思っています。
Commented by G7_2007 at 2019-03-03 18:35
2枚目は琵琶湖でしょうか?
今はなき観覧車?
Commented by hanashigai at 2019-03-03 22:16
>G7さんへ
琵琶湖タワーの観覧車です。
遊園地がなくなり跡地がショッピングセンターになっても、観覧車だけは暫くありましたね。
正確に何処だったか忘れましたが、タイか?ベトナムだったか?東南アジアに輸出されたそうです。
Commented by sarusaM1 at 2019-03-04 10:27
仰るように二度と同じ風景は撮れないでしょうね。
特に自然風景は。

最近、テレビやYouTubeなどを見ると通行人の顔などにモザイク処理してあるのが気になります。
これの影響で例えば混雑している郡上踊りを(動画で)撮影するのに躊躇しています。
肖像権?のようなものがあると思うのですが、郡上踊りの動画をモザイク処理したら何の動画か分からなくなってしまいますし、
処理する作業も大変ですし、そのためだけにパソコンの能力も必要です。
処理なしだと公開不能でお蔵入りでしょうか?
写真「スチル」にも同じことが言えそうですが、美しい風景の中に人の顔が写り、
そこだけモザイクかけると不自然というか写真が台無しになってしまいます。
数人なら声をかけて許可を貰うなどが出来ますが大勢では不可能です。
時間がなければ人のいないタイミングで撮るのは不可能ですし、誰一人いない有名観光地は不自然です。
ピントでぼかしたり逆光にすればいいのですがそれが出来ない場面もあるので。
一昔前なら自分がテレビや新聞、雑誌などに写っていると喜んだものですが、
時代の変化でしょうか(´・ω・`)。
Commented by hanashigai at 2019-03-04 20:18
>sarusaさんへ
sarusaさんが言われる場面での肖像権について、撮影&公開が問題になるケースはほぼ無いと考えるので公開しても大丈夫だと思いますが、その映像を見てないので100%の断言はでき無いのを前提に補足すると、
なぜ肖像権侵害に当たらないかと考えるかは、郡上おどりは不特定多数の人が訪れる祭り会場の踊り場面であり、同じく不特定多数の方が風景や踊り場面を写真やビデオに撮る場所でもありますから、そのフレームに入ってしまう事は予測がつきやすく、自らそれを承知してその場に訪れていると解釈される事が大半であるので、それすなわち撮影に同意しているとみなせるからです。
ただし同じ人物を常にクローズアップした場面を公開する場合は、人物が特定されないように撮るか、撮影許可&公開許可を取るのが望ましいです。
判断基準は「写された人が社会生活上の不利益を被る可能性があるか?」であり、それを一般的な基準で考えれば「撮る&公開しても良い場所&場面か?」が、判断しやすいと思います。
ただし表現が悪意のある編集や使われ方などの場合は「肖像権侵害」はもちろん「名誉毀損」に該当してしまいます。
例えば花見会場で、撮影されているのを相手が認知してる状態で「数人が皆で楽しく乾杯してる場面を撮る&公開」はセーフと考えても良さそうですが、「泥酔して倒れ込んでしまってる人を、顔が判別出来る状態で撮影し公開する」のは肖像権侵害(+名誉毀損)にあたると考えます。
なぜなら後者の場合は圧倒的に「他人に見られたくない姿」であろうと容易に想像できるからです。
でも泥酔した人や周囲の状況がわからないように「人物判別&撮影地が曖昧になる程度に処理編集した場合」はセーフとなりそうです。
上の二例をセーフと表現するのは「撮影許可&公開許可」が少し曖昧であったり、「撮影許可&公開許可なしだけど特定不可能」だからです。
パソコン性能や処理作業労力に関しては「撮る&公開する側の勝手」ですから、その労力を理由に必要な処理をしないのは100%認められないでしょう。
※アウトな場合は該当映像の削除、再編集で対応出来る事が多いと思います。
※更に公開によって収益性があるかないかでも判断が必要になると思います。
上記は、私自身の基準として頭の片隅に置いている事ですから、sarusaさんもいろいろ調べて知識共有いただければ有難いです。
Commented by sarusaM1 at 2019-03-04 22:33
なるほど!勉強になりました。ありがとうございますm(__)m
気になったのは
あるテレビ番組で混雑している有名観光地でロケした映像で、番組に参加しているタレントなどを除いた普通の通行人の顔という顔が(混雑していた訳ですからかなりの数になります)全てモザイク処理されていたのに驚いたんです。
郡上踊りにもロケが来てましたがその放送を見たところモザイク処理された踊り子さん達の姿も有りました。
テレビはネットに比べて遥かに多くの人が視聴するわけで、そのなかに自分の顔が写っていてクレームを入れる人も居るのでその対策もあると思いますが・・・。
Commented by hanashigai at 2019-03-04 23:58
>sarusaさんへ
おっしゃるようにクレーム対策しているのだと思います。
ロケ地から観光地情報系の番組と内容を推察して、たまたま写り込んだ人物の全消しは過剰とも言えますが、制作側が最初からクレームの入らない対策をしてるのではないでしょうか。
スポンサーとの兼ね合いや著作権などの事もあり、場合によっては自販機や看板にもモザイクやボカシが入る筈です。
sarusaさんが見られた放送の場合は「写された人が社会生活上の不利益を被る可能性があるか?」の判断ではなく、自分の顔が写って無くてもクレームをする人は居そうですから、その対策なのかな?と想像します。
名前
URL
削除用パスワード
<< 思い出の冬ショット♯5 思い出の冬ショット♯3 >>