人気ブログランキング |

カテゴリ: ├ さくら京都( 37 )

大原の里、桜散る頃

京都市内とはいっても結構な北に位置する「大原の里」は、
気温が低い分だけ桜の開花も遅い。

もちろん既に俗にいう見頃は過ぎてしまってるけど、
まだ十分に楽しめそうなので出掛けてきました。

e0272231_00034632.jpg
e0272231_00042330.jpg
e0272231_00035886.jpg
e0272231_00040466.jpg
e0272231_00080264.jpg
風を感じる時に周囲を見渡すと、何処かに桜が舞っている♪
時に華々しく!時に一片、二片!

e0272231_00075211.jpg
透き通る川のせせらぎにも。

桜が空高く舞うのを観て、渡り鳥が旅立っていく姿と重なって見えたり、
川の流れにユラユラ乗っていくのを、幼魚が川を下るように思えたりと、
ロマンチストが過ぎるハゲです(笑)

e0272231_00084241.jpg
菜の花畑で元気なお姉さん二人組。

e0272231_00085168.jpg
シンガポールからの旅行者さん。
初京都旅行の初日を大原にするとかイイね♪
良い旅になりますように。

春本番!あなたのお気に入りの桜ショット2019


by hanashigai | 2019-04-19 12:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(6)

今季最初の桜は雪桜

昨日の朝は季節外れの積雪で迎えました!
もう桜の季節を迎えてるので、もちろん桜と雪を絡めて撮りたい♪
そんな気持ちから、まだ薄暗い早朝のうちに撮影ポイントを探し車を走らせます。
e0272231_21001371.jpg
桜といえばソメイヨシノが代表格ですが、雪をまとった白い花はなかなか難易度が高いと思いながらウロウロ・・・。
で、偶然見つけたのは濃いピンクが愛らしい桜の若木。

e0272231_21002289.jpg
元気な咲きっぷり、ほぼ満開だったので雪の積もり具合もいい感じでした。
ただ霜焼けにならないか?と、少し心配。

e0272231_21003279.jpg
此方は別の場所で見つけた大きな山桜。
道路沿いの山裾なので、APS-C・200mmで引き寄せてます。
背景が空なので更に雪が目立たないけど、モコモコして可愛い風景になっていました。

e0272231_21004318.jpg
そして最後は咲き始めのソメイヨシノ。

この時期、まさかの寒の戻りで珍しい桜風景に出会え、朝から嬉しい一日でした\(^o^)/


by hanashigai | 2019-04-04 12:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(10)

もうすぐ桜

3月下旬を迎え桜の季節が迫ってまいりました。
皆様いかがお過ごしですか?

寝込むほどでは無いけれど、不覚にも風邪をひいてしまい、ちょい微熱発生など体調を崩していた3月上旬から中旬でした。
※おかげさまで今は快復しております\(^o^)/
e0272231_22331887.jpg
梅を撮りそこねてしまったので、今は桜がすっごく待ち遠しいです。
今年の祇園しだれ桜はどんなかな♪
※数年前に植樹された桜の若木が、ボリュームある枝垂れっぷりで老木の周囲を飾っていて華やかさが増しています。
早くも東京では開花したそうで驚き!


e0272231_22333145.jpg
祇園白川の桜も蕾が膨らんで来ているでしょうか?近畿地方の桜開花は来週中頃らしいです!(3/19時点)
ちょっと早いのでは?と思って昨年の画像データを調べると、上の写真は3/25でした!!
そして本日21日に桜開花した東京は、なんと昨年よりも四日遅いとのこと・・・自分の感覚がだんだんズレてきてるようで怖いです(汗)

e0272231_22334993.jpg
今年は「梅」と「東山花灯路」を撮らずに終わってしまいました。
なによりも数百人の綺麗なお姉さんを撮り逃がしていると思うと超絶に凹みます(笑)
なので「お姉さん9:桜1」の割合で桜の季節を撮り歩くことになるでしょう。
まぁ東山花灯路で思う存分撮れてても、結局は「お姉さん9:桜1」の割合になるんですけどね~。

e0272231_22340607.jpg
祇園白川で撮ったずいぶん前の写真ですが、桜の枝に止まる不思議な格好の野鳥。
猛禽類のような雰囲気ありつつ、実はサギの仲間だったりするのでしょうか?
調べたけどわかりませんでした(汗)
祇園白川では白鷺や青鷺を頻繁に見掛けますが、この子はこの時だけです。


by hanashigai | 2019-03-21 12:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(10)

今年の桜♯3


e0272231_04362605.jpg

京都は青葉が爽やかな季節になってきました。ほんの十数日前程には桜熱にやられてたけど、ようやくそれが落ち着きつつあります。今年は京都市内各所はもちろん、訪れる先々で素晴らしい桜風景に出会えて、本当によい桜の季節を過ごせました。
名残惜しいですが桜は儚さも魅力ですし、何よりも季節は留まらずです。また来年も素敵な桜風景・桜物語に出会えますように。

少し前にソメイヨシノの寿命60年説が一般的らしいと書いたけど、軽く調べただけで樹齢100年越えのソメイヨシノが、意外なほど多く日本全国に現存してました!

東京都文京区:1877年(明10)樹齢141年。
福島県郡山市:1878年(明11)樹齢140年。
青森県弘前市:1882年(明15)樹齢136年。樹齢100年越え300本以上。
神奈川県秦野市:1892年(明25)樹齢126年が二本。
群馬県前橋市:1898年(明31)樹齢120年。

東京都世田谷区:1935年(昭10)植樹から83年を経過中。
滋賀県高島市:1936年(昭11)植樹から82年を経過中。

特に青森県弘前市の弘前公園には樹齢100年以上のソメイヨシノが300本以上もあるらしく驚きました(゚д゚)!寿命60年説は一体なんなのだろう?と思い、それについても調べたので、また次の機会に書くことにします。



by hanashigai | 2018-04-25 12:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(4)

京都の桜 祇園枝垂桜 

2018年の春も「祇園枝垂れ桜」は立派に花を咲かせてくれました♪

この大桜の周囲には数本の若い枝垂れ桜が植えられています。
祇園枝垂れ桜を桜を育てられた桜守職人のお仕事ですから「当たり前だ」と怒られそうですが、満開のタイミング、若桜と大桜を重ね合わせた樹形、全く見事なバランスですよね。
その若桜も合わせて何処から眺めれば美しいか?どこから撮れば美しいか?を考えながら、今年の円山公園・祇園枝垂れ桜を花見しました。

e0272231_18524100.jpg
e0272231_09312731.jpg

この日も時間は留まらず、桜の季節が少しづつ少しずつ、だけど確実に進んでいきます。それも桜の美しさです。

円山公園のど真ん中にある此の桜は、京都で一番有名な桜かも知れません。
もう十年程も前になる「そうだ京都、いこう」の春CMにも出演した祇園枝垂れ桜は、昭和34年3月(1959年)に植樹され、樹齢90年を超える立派な一本桜です。
花を付けた姿は特に威風堂々としていて、ライトアップされて夜空に浮かぶ妖艶な佇まいは、魂を奪われてしまうのではないか?と思う程の溜め息気が出る美しさを誇ります。
そんな祇園枝垂れ桜ですから京都人はもちろん、全国から訪れる花見客を魅了し親しまれ続けてます。

そしてこの桜は嵯峨野の桜守職人、十六代・佐野藤右衛門さんが育てた桜であるのも皆さん御存知のとおり。その桜を当たり前のように毎春に花見できるのは凄く幸せな事です。ちなみに蹴上インクライン桜並木も氏の仕事なのだそうです。

近年様々な要因で樹の勢いが衰えているのも事実です。
なので必ず聞こえてくるのは、昔と今を比べて「可愛そう」「みずぼらしい」「切ってあげればよいのに」なんて言う声。
でもそれは違うと思うんですね。
なにも無理やりに延命させている訳ではなく、桜が生きようとしてるから、桜守職人さんはじめ多くの関係者がそれを支えているんです。
この桜の親木は220年を生きたそうです。命が生きる過程の通過点が祇園枝垂れ桜の今の姿なだけで、まだまだ此の先もずっと京都の春を華やかに彩ってくれると思っております。
※祇園枝垂れ桜は江戸彼岸桜の改良種であり正式名は「一重彼岸枝垂桜」です。


by hanashigai | 2018-04-14 12:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(0)

京都の桜 祇園白川らへん 

もう既に初夏を迎える準備の此の一帯。今年の桜風景も見事でした。
e0272231_00145401.jpg
e0272231_00150543.jpg
e0272231_00140939.jpg
e0272231_00143520.jpg
今年も祇園白川ライトアップの催しは開催されませんでしたが、それでも十分に夜桜花見を楽しめます。
この界隈には料亭などのお店が川沿いに立ち並んでるし、また生活道路なので街灯もあり今でも十分に明るいのです。
一昨年までの大混雑が解消されて本来の風景に近づいて来てます♪



by hanashigai | 2018-04-13 12:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(4)

京都の桜 八坂神社と円山公園らへん

e0272231_09393017.jpg
ユラユラと風に揺れる夜桜。1秒間の桜の動きをマルチ発光でストップモーション。丸山公園は低い位置から高い場所まで様々な桜があるのでバリエーションが撮りやすいです。二年前までは学生が昼間は広いスペースを場所取り&夜は大騒ぎしてましたが、昨年から規制されて、多くの方が花見を楽しめる公園になってます。非常に良い事だと思います。

e0272231_09365547.jpg
お正月には遠く及ばなくても桜の季節は大勢の客で賑わいます。円山公園の桜に気を取られがちですが、八坂神社境内にも奇麗な桜があります。南楼門の参道、手水舎前、本殿後の神馬舎前など桜風景が美しいです。

e0272231_18523552.jpg
やはり円山公園の桜風景は豪華絢爛ですね。
篝火と灯篭と夜桜の豪華3点盛りに、この日はとどめのブルームーン満月の特盛でした。東山の稜線から浮かんでくる月と、円山公園の桜たちに酔いしれました。

e0272231_09370209.jpg
花見茶屋の照明も円山公園の夜桜花見を美しく演出。
お茶席には生ビールのジョッキが次々に運ばれてました。今年は暖かな夜が続いたので茶席でゆっくり花見を楽しまれた方が多かったでしょうね。羨ましい~。※私は減量モードなのでビールも我慢してます。


by hanashigai | 2018-04-12 12:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(2)

京都の桜 ねねの道と清水寺らへん

e0272231_22490806.jpg

ねねの道・石塀小路の界隈は数年前に比べると若干ですが、観光客の往来が少なく感じたけど実際はどうなのかな?桜は昨年同様に美しく綺麗に咲いていました。ここも夕方の逆光が綺麗な所です。

e0272231_22493606.jpg

清水寺は流石の混雑!今期はこの時の一度だけ登ってきました。清水坂の人がハンパなかったです(^_^;)
清水さんは夜間ライトアップもあるので見応えあります~♪暖かい日が続いた今年の夜間拝観はラッキーでしたね\(^o^)/


by hanashigai | 2018-04-09 12:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(2)

京都の桜 高瀬川らへん

京都の繁華街、木屋町を流れる高瀬川。
川沿いの桜並木が美しい此処は、市内でも早めに満開になるエリアです。
e0272231_18315664.jpg
e0272231_18322454.jpg
既に御覧の様子ですが、此れは此れで実に風情がありました。



by hanashigai | 2018-04-02 13:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(10)

今年の桜♯2

e0272231_19121955.jpg
昨年見つけたここの桜も見事に51年目の満開を迎え、見事な咲きっぷりで出迎えてくれました♪
車で通り掛かりに立ち寄った親子連れ、娘さんが熱心に写真を撮ってます。
そんな光景も嬉しく眺められるのが「写真を撮る眼になってる時」の私です。

所で此の桜、何本かの支柱で大きな枝を支えてる桜・・・の筈ですが、受けの縄が外れて枝がズレてたり、受けが朽ちてしまったりと既に殆どが支えになっていない事。
御高齢のおばあちゃんなので御自分では当然直せないし、なんとかしたいのだけど余計なお節介かなぁ。

e0272231_01521310.jpg
毎年撮っている「祇園枝垂れ桜」は今年のライトアップ(かがり火)期間中に満開になりませんでした。
なので今年はライトアップされてない夜桜。
でもしっとり妖艶な姿がとても美しいです。

私が薄暗い桜を撮ってると何人かの観光客さんに「これライトアップしてるんですか?」と尋ねられました。
事情を説明すると落胆される方ばかり。
なので撮影後のプレビューを見て貰うと、脅ろきつつも同時に凄く喜んでくださいました。
満開の祇園枝垂れ桜が眼の前にあるのにガッカリしてしまうなんて勿体ないですもんね♪

e0272231_19133852.jpg
京都市内の桜が見頃を迎える頃に鴨川を散歩。
この時期に此処を歩いたのは初めての事で、河川敷で皆さんそれぞれ桜(春)を楽しんでる光景を眺めてると、此方にも嬉しい楽しいが伝染してきます♪

桜のトンネルをサイクリングの外国人家族が気持ちよさげに駆け抜けていきました。

e0272231_19124967.jpg
これも鴨川の河川敷。
近所の方々でしょうか?こんなロケーションで花見が出来るなんて羨ましいなと思いながらショット。
数年前なら絶対に撮る事は無かった光景ですが、最近は日本の桜風景の一場面として好きになりました♪
ただし河川敷をブルーシートで埋め尽くして、大勢で騒ぎまくるような集まりには眉をひそめる事になりますけどね。

e0272231_19123954.jpg

今年最後の桜は高野川の桜並木で。

此処は移築した区役所への交通利便性向上の為に、新たな道路橋梁を架ける工事が行われています。
此処から160m先にも既に橋があり、それを使って対岸に行く場合と比べて約320mが短縮できるだけなんですが・・・。
もう少し工事が進めば数本の桜は切られてしまうでしょう。
植樹から30年は経ってる円熟期を迎えた桜、これから益々美しい桜風景になった筈ですから残念でなりません。

来年は絶対に撮れない姿ですから、此処の桜の思い出に感謝しながら写真を撮りました。



by hanashigai | 2017-05-14 19:00 |  ├ さくら京都 | Trackback | Comments(6)