カテゴリ: ├ 滋賀・奈良・関西( 33 )

海津大崎桜#2

海津大崎を訪れた最大の目的は夜桜。満開から数日が経過してたので、上手くいけば夜桜の飛花もイケるかもと淡い期待もありました。

e0272231_20414741.jpg

今回は湖と街灯りも構図したいと考えていたので、立ち位置はおのずと決まってきます。そこに強すぎず弱すぎずの風がレンズ方向に吹き、その風に乗った花びらがある程度舞い上がってくれないと良い感じに撮れません。
またストロボ設定も重要で、風の強さと舞う花びらの量によって一回発光か?連続発光か?を考え、花びらまでの距離・レンズ画角・ストロボ照射角・発光出力・連続発光なら発光間隔と発光回数、それらに空の青が残せる背景露光量(時間帯)も考慮しながら臨機応変に設定します。
19時前から20時過ぎまで粘って、あれこれやりながら撮れたのが上です。

e0272231_19231671.jpg
上は驚きの光景!湖からの突風に来た道を振り返ったら、それを受け激しい花嵐になった時のショットで、自分が此れまで見てきた中で過去最大に激しい桜吹雪でした。
全てのカットでピント距離が少しづつ違うのは「花びらが多すぎて何処を撮れば良いか?」の判断に迷ったからです(汗)
この時の眼に見えた周囲の明るさを再現したのが3段目の画像。かなり暗い状況の中なか、花びらが標識などにバチバチ叩きつけられる音が凄くて、それも人生初のことでした。

e0272231_22024224.jpg
怒涛の花嵐が過ぎ去ると道路や湖面には大量の花びらが散り積もり、今年の桜が終演間近であるのを告げています。
儚くも美しい花の宴でありました。


海津大崎としての桜並木道の歴史は1936年6月(昭11)に大崎トンネル完成記念として海津村(現・マキノ町)が植樹をしたのが正式な始まりだそうですが、桜並木誕生のきっかけは村が植樹するのを遡って約5年前、当時の滋賀県高島地方事務所に勤める一人の修路作業員が、若木を自費で購入して自ら植えた事から始まります。
その彼は重労働であった海津の湖岸道修路作業に日々携わりながら、自らの癒しの為に桜を増やしていく中、やがてその気持ちは此処を通る人々を桜並木でもてなしたい思いに昇華していったのです。
植樹3年後に彼の桜が花をつけると、それを観た村の青年団も彼の活動に賛同して植樹に加わるようになり、最初の桜並木が誕生します。そして桜植樹・保護活動は海津村、後に現在のマキノ町と受け継がれた事で、今の素晴らしい桜並木へと成長しました。

海津大崎桜にはそんな素敵な歴史がありました。

毎年しつこく書かずにいられないのが桜並木や桜公園の存在について。
特にソメイヨシノは自生木ではなく、接ぎ木から造らなければ生まれない種ですから、全てのソメイヨシノは誰かが植えて育てたもの。その事はソメイヨシノの数だけ桜物語が存在しているという事です。
桜を通してそんな桜物語を見ている事に気付かされ、私はそれに出会うために桜を撮り続けているのかも知れません。断片的でも片鱗でも桜物語を知る事で、桜はもちろんその地域の魅力にも気づかされ、そして少しだけ桜と親密になれた気持ちにもなります。
海津大崎にある樹齢80年を越えるソメイヨシノ。その木は海津大崎桜の切っ掛けとなった修路作業員・宗戸清七氏が植えられた桜かも知れません。再訪の際には是非ともその桜に会ってきたいと思ってます。



[PR]
by hanashigai | 2018-04-24 12:00 |  ├ 滋賀・奈良・関西 | Trackback | Comments(4)

海津大崎桜#1

前回に海津大崎桜をゆっくり撮り歩いたのが2013年。その時は奇麗なお姉さんと散歩させて貰いながら楽しいひと時でした。
※その記事がこれ
あれから早くも5年が経過と驚きでしたが、それはともかく此処は相変わらずの混雑。でもそれが頷ける桜の美しさでした♪

e0272231_15175754.jpg
大崎の観光船乗り場前には随分以前からお茶屋&お土産店があり、その店前にある枝垂桜が素晴らしく美しいです。船着き場・お茶屋さんが在り、周辺はもちろんお寺さんの参道までぼんぼり飾りがあって、海津大崎エリアでは華やかな風情があります。

e0272231_15325606.jpg
花見散歩中に発見した桜愛を感じる光景がこれ。
山の斜面が崩れないようにコンクリート擁壁(ようへき)で養生していますが、よく観ると桜がある部分を上手い具合に処理しています。此れができるマキノ町(施工に関わった全ての関係者の方々)に激しくリスペクトせずにいられません。私的には海津大崎桜がシンボライズされた光景に映りました。

e0272231_15322893.jpg

上段は素敵なお花見風景。凝った料理とお酒を持ち寄り、騒がず大人な花見を楽しまれていたジェントルマン四人組。
僕が帰る頃、ジェントルマンさん達は綺麗に後片付けされてから、徒歩で数キロ先のバス停?駅?に向かって歩いて行かれました。素晴らしいですね\(^o^)/

観光船を眺めながら脳内再生してたフレーズが森高千里さんの「頬なでる~潮風~沖を走る連絡船~」って、夏の歌なんですけどね。まぁそれほどに穏やかなお花見日和の春だったという事です♪

e0272231_15184326.jpg

「日本のさくら名所100選」に選定される海津大崎の桜は、高島市マキノ町海津から長浜市の境までの区間(県道557号)にある琵琶湖の湖岸桜並木をいい、約4kmの湖岸沿いに続く湖岸道路に、樹齢80年越えの老木桜から若木桜まで約800本のソメイヨシノが桜のトンネルを作り出してます。
ちなみに海津大崎から長浜市境を越えて先に続く、県道513号・512号(奥琵琶湖パークウェイ18.8km含む)の湖岸沿いにも、延々と桜が植えられており、その桜並木約24kmも加えると、全長約28kmにもなる桜並木道になるのが凄いところ。奥琵琶湖パークウェイの桜は樹齢20~25年と比較的に若いものの、約4,000本の桜は見応えたっぷりです。


[PR]
by hanashigai | 2018-04-23 12:00 |  ├ 滋賀・奈良・関西 | Trackback | Comments(6)

琵琶湖の畔で春みつけた!

今季の冬は大寒波に見舞われて大混乱の地域もあったけど、気付いてみれば三月が目前!ようやく春の足音が聞こえてきましたね。
まだまだ朝晩は冷え込みますが、昼間に晴れて青空が広がると陽射しが暖かくて嬉しいです。
春の菜の花・夏の向日葵で知られる琵琶湖の東側湖畔「なぎさ公園」で小さい春みつけた!してきました。
e0272231_22205054.jpg
e0272231_22193885.jpg
e0272231_22194992.jpg
e0272231_22203153.jpg


[PR]
by hanashigai | 2018-02-27 19:00 |  ├ 滋賀・奈良・関西 | Trackback | Comments(18)

六月の風景♯2

e0272231_09230092.jpg

e0272231_09222566.jpg
午後5時を知らせるサイレンが鳴った時、一人で此処に居たのでビビりました(笑)
画像で見るよりずっと暗いです。※拝観者が自身で御堂の照明を点けるようになってますが私は暗がりのままがよかったので。
そして暗いので御本尊も見えません。でも気配を感じて(想像して)いればよいのです♪

e0272231_09223665.jpg
う~ん、なんと云うおおらかさ!
この日は時間も遅いので後ろ髪引かれつつ帰路につきました。

e0272231_09224937.jpg
雨の風景を探して訪れた此処。
自宅から車で1時間ちょっと掛かるけど、フィルム時代から定期的に通っています。
盛夏を前に心と身体に潤いをいただきました♪


[PR]
by hanashigai | 2017-06-11 19:00 |  ├ 滋賀・奈良・関西 | Trackback | Comments(2)

六月の風景♯1 sanpo

せっかく梅雨入りをしたので雨の風景を求めてウロウロ。
e0272231_09232040.jpg
田んぼの苗が少し育ち、まだギリギリ若葉色の木々も残る今、ファインダーを埋め尽くすのは緑いっぱいの風景。

e0272231_09231041.jpg
未明からの雨、かなりしっかり降っていますが川の水は濁りなく透きとおっていました。
この上流の山あいは落葉樹が豊富な証拠ですね。

e0272231_09221944.jpg
雨に濡れた風景は重厚感が増しています。
雨音と川のせせらぎに混じって「カジカカエル」の美しい鳴き声が響きはじめました♪
とても贅沢な時間です。



[PR]
by hanashigai | 2017-06-10 19:00 |  ├ 滋賀・奈良・関西 | Trackback | Comments(4)

天川村訪問

奈良県吉野でロケがあったので、ついでに天川村に立ち寄りました。
約30年程前に来たことがある懐かしい場所です♪

e0272231_09120715.jpg
渓谷を縫って流れる清流「天の川」
清らかに透き通る水は、この地の生命の源、命の水。

e0272231_09131020.jpg
上写真の一部分をトリミングしてみると、川の上流に向かって浮遊する「アマゴ」の集団が見えました。
上流から流されてくる獲物を狙って、皆が同じ方向を向いています。
魚影は豊富でも釣るのが難しい魚なのも、「アマゴ・イワナ」の魅力。

e0272231_10110872.jpg
34.241136,135.853454

30年前には確実に無かったはずの橋を背景に天の川で釣りを楽しむ風景を写真に収める。
僕なら「もう少し下手に立ってザラ瀬に放り込んでから水流の勢いでエサが底に潜り込んで、また浮いてくるように投げるなぁ~」と思いながらショット。

e0272231_09123008.jpg
立ち寄った商店前の大きな水槽には「アマゴ」がどっさり。
日本の清流魚として「イワナ」に並ぶ美味な魚です。※鮎も清流魚だけど僕の中ではジャンルが少し違う。
味噌を薄く敷いた熊笹に、魚を載せて魚の腹にも薬味味噌を詰めて蒸し焼きにするのが僕の好きな食べ方。
もちろんオーソドックスに塩焼きも絶品ですけど、酒も一緒にいきたいので濃い目の味付けで♪

e0272231_00011500.jpg
34.244786,135.858335

上の写真をとってたら、大阪ナンバーの車から降りてきた女の子達が「アマゴってなに~?」と、楽しそうに撮影会を始めたので声掛けして撮らせてもらいました。
仮に彼女たちが30年後に此処を訪れた時、どんな風景になってるのかな~。

e0272231_10120918.jpg
34.245747,135.855309

30年前のあの日から過ぎた歲月を考えれば、当たり前のように当時の記憶風景は無くなっていました。
それは此処があの時に来た同じ場所と別の所かも?と思うくらいの変化です。

しかし私の記憶が曖昧なのも確かなようで、途中の道すら思い出せず・・・道標に従って走ってたら突然着いた感じ!
京都から高速道路でかなり近い所まで来て、更に旧道横のバイパスや幅が拡張された道路、かつては峠越えが必要だった所も、山を貫いた幾つかの長いトンネルを快適に走って来たのですから「記憶の断片と一致する風景に出会えないのも当然」と云うのが実態です。
もはや此処にかつて私が感じた秘境感はありませんが、でも此処で暮らす人達にとって格段に安全・便利になり、住民の方々の暮らしを優先して発展したのは素晴らしいことです。

便利な道が繋がれば訪れる方も増え、それによって此処も潤うのです。
僕は町の商店でこの地方の「醤油・味噌・吉野産のワンカップ酒・柿の葉寿司・吉野杉の割り箸」を買い求めて京都への帰路につきました。


[PR]
by hanashigai | 2017-06-07 19:00 |  ├ 滋賀・奈良・関西 | Trackback | Comments(8)

奈良・東大寺金堂と二月堂

e0272231_18262137.jpg
滋賀・信楽高原鉄道の訪問で奈良時代に創建された紫香楽宮を知って以来、気になっていたのが奈良。
仕事以外で奈良に行った記憶は既に数十年も遡る私、丁度好い機会なので奈良・東大寺を訪れてみました。


e0272231_18265202.jpg
e0272231_19532773.jpg
奈良公園を抜け東大寺南大門で早くもその存在感に圧倒されます。
この門の両脇で東大寺を守護するのが金剛力士像(仁王像)の阿行像と吽行像。
二体の仁王像が睨みを効かせる姿は大迫力で、姿を見て泣き出してしまう子供もいるかも知れません。
門の真ん中で天井を見上げてみると、木造軸造りの複雑な木組み構造が観察できてそれも素晴らしい。
かつては朱塗りだったのが伺える南大門は、観る者によっては剥げた塗装がみず簿らしく思うかも知れません。
が、綺麗過ぎない事によって「今までに経た時間」を想像させ「貫禄を漂わせる」印象に結び付いてると感じました。


e0272231_18262898.jpg
いよいよ東大寺金堂(東大寺大仏殿)を拝観。
超巨大な金堂は威圧的にも思える存在感で、時の権力の象徴として平城京の外からも存在を示すものだったのかも知れません。
そして、この規模の重要文化財には珍しく写真撮影が許されてるのも驚き!でも直ぐにカメラを向けるのは気が引けるので大仏様にご挨拶をすませてから。
それにしても遥か昔にこんな建築物を造った奈良時代の人々は凄い技術を持っていたのですね。


e0272231_18264296.jpg
金堂(大仏殿)から少し歩いて二月堂も拝観しました。
東大寺二月堂と云えば誰もが思い浮かべる行事「お水取り」が有名です。
今年のお水取りを終えたばかりのタイミングなので、その時の松明の炭がまだ彼方此方に残っておりました。
とても有名で素晴らしい御堂ですが人が少なくて落ち着いて拝観できます。
それは金堂でも感じた事ですが、人の少なさは奈良の魅力の一つだと思いました。

e0272231_18263566.jpg
今回は東大寺金堂(大仏殿)と東大寺二月堂を拝観して終えましたが、奈良にはまだまだ訪れるべき場所が数多くありますので、また機会をつくって訪れてみたいと思います。

奈良・東大寺大仏殿(東大寺金堂)と云えば云わずと知れた世界最大の木造建築。
現代の建築木材(集積材や構造合板)をもちいた建築を木造建築の範疇に含めれば、もはや世界最大ではないらしいが、木造軸組建築(いわゆる木組みの建築)では今なお世界最大とされる。
その東大寺金堂は戦乱によって二度も完全焼失しており、現在の金堂は江戸時代に再建されたもので、更に近年も様々な修善を施され今日に至る。
ちなみに現在の姿は最初に建てられた金堂の約三分の二程の大きさであるらしい!今でも建物の大きさで圧倒的な存在感を示す東大寺金堂であるが、元の姿は更に巨大だったというのだから、これはもう唖然とするしかない!!
そして遥か昔の人々が完全焼失した金堂を「二回も建て直した(計三回建てた)」事実にも驚愕した。
僅か数百年のうちに三回も東大寺金堂(東大寺大仏殿)を建てるそのパワーの源は何だったのか?そんな所にも関心を抱いた。
今回も前知識はなく突然の思い付きで出掛けた(前知識がないぶん対面した時の驚きやワクワクも大きいのを経験で知ってるので)が、京都の平安時代よりも古い奈良時代、きっとその歴史背景と合わせて建築様式等も細かく観察していけば更に面白いのだろうとも思う。
それは奈良に通い慣れて余裕が生まれてからの楽しみにして、暫らくは奈良のスケールに圧倒される驚きを楽しみたい♪


[PR]
by hanashigai | 2017-03-26 19:00 |  ├ 滋賀・奈良・関西 | Trackback | Comments(10)

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

琵琶湖の湖畔AM02:50
街灯の類が全く無い漆黒の闇に包まれた此の道は、生活道路としては殆ど使われない寂しい道。
なので自分の車が邪魔にならず害光の影響も受けにくいとあって、たまに来る夜景&星空撮影ポイントです。
この日もいつものように所定の位置に向かっていると、突然ヘッドライトに照らし出されたのがコレ!!
e0272231_21293196.jpg

e0272231_21303182.jpg
正体を暴く前に闇に溶けて消えていったが、これがUMAって云う奴なのでしょうか?


UMAってのはもちろん嘘です。
小さな何かが二足歩行で此方に向かってきた時はびっくりしたけど、直ぐにフクロウの類とわかりました。
先ずは助手席のカメラで撮りましたが、星空用にマウントしてた超広角ズームのテレ側30ミリでは物足りない。
他は50ミリしか無かったけど30ミリよりはましなので、レンズを付け替えて再び車内から撮ってました。

車はギアを入れたままフットブレーキで止まってるだけなので、ブレーキを緩めながら時間を掛けてジリジリと近づくと約5メートル程までの距離に。
そこで数枚撮り終えてもフクロウは毛づくろいをしたりと落ち着いた様子・・・ガラス越しでなくシャープに撮りたい気持ちもあり、ダメもとで靴を脱いで動作をゆっくりしながら脅かさないように外に出てみる。
しゃがみながら少しずつ少しずつ更に距離を詰めて撮ったのが下の画像。

e0272231_22581656.jpg
相手は野生のフクロウ、僅かな時間でしたが、とても幸運な出会いでした。

[PR]
by hanashigai | 2017-01-31 19:00 |  ├ 滋賀・奈良・関西 | Trackback | Comments(17)

大人の雪遊び


しつこく大雪のタイミングで撮った写真をポストしております。
今回は滋賀県・高島市の白髭神社。
私のブログでも何度か紹介していますし、何よりも超有名スポットなので神社に関しては詳しくは別のWEBで(笑)

e0272231_16270879.jpg
このクソ寒いなかカップルで撮影に来るなんてクソ羨ましいですね♪
礼儀正しい彼氏さんでしたよ\(^o^)/
手前の雪にだけ内蔵フラッシュを当てて撮りました。
少しだけ降ってる「感じ」で表現するなら、GNの小さな内蔵フラッシュで十分と思ったわけです。

e0272231_16265947.jpg
フラッシュを焚かずにスローシャッターで。
鳥居がライトアップされてる週末よりも、ライトアップのない平日のほうが好みかも知れません。
その平日&雪のチャンスがあったのですが、突然の大雪で湖西道路が大渋滞してしまい、到達できませんでした(;´д`)トホホ…
また次のチャンスを狙います。



[PR]
by hanashigai | 2017-01-27 19:00 |  ├ 滋賀・奈良・関西 | Trackback | Comments(20)

滋賀県マキノ・メタセコイヤ並木道


自宅から比叡山を眺めると秋のなごり色が見えますが12月を迎え冬本番が迫っていますね。
少し前の週末午後に色づき具合を見に出掛けた滋賀県マキノ・メタセコイヤ並木道。
近くまで行くと駐車場待ちか何かで、渋滞が起きる程の混雑だったので(゚∀゚)、その日は予定を変えて木之本を散策しました。
そして昨日、メタセコイア並木道へリベンジ♪平日・16時をまわっていたのにかなりの賑わいで驚きでした!

ひととおり歩いたので帰ろうか?と云うタイミングで自撮り中の綺麗なお姉さんを発見\(^o^)/
声掛けしてから背景に並木が続くように立って貰い、さらに地面の傾斜と背丈を考えて立ち位置を入れ替わって貰らいました。

e0272231_06181208.jpg
初期のAF-S80-200/2.8でVR無しにも関わらずISO800に抑え、絞りを開けなかったのが理由で1/6秒の低速シャッター。
この時すでに周囲は暗くなっていて、ご覧の通りブレてます(^_^;)
e0272231_06182811.jpg
で、ボディを変えてISO3200まで上げて絞り開放でなんとか良い感じになりました。
画角は105mmにしています。
やはりシャッタースピードが稼げるって重要ですね(※1/10秒だけど画角の差が効いてます!)

e0272231_06184958.jpg
此方は画角だけ180mmにして。
盛大に被写体ブレしてますが、お姉さんの可愛さは上手く撮れてると思います\(^o^)/
滋賀県と静岡県からのお姉さんでした♪

e0272231_06193016.jpg
日没直前の並木道をD7000+10mmフィッシュアイで。
この辺りはスキー場があるくらいに極寒なので、もう暫くすれば雪が積もるかもしれません。
その時にもまた撮れればと思います。



[PR]
by hanashigai | 2016-12-03 19:00 |  ├ 滋賀・奈良・関西 | Trackback | Comments(14)