カテゴリ:日本の四季彩( 40 )

秋爛漫


e0272231_02111203.jpg
亀岡市・桑山神社 24-70/2.8
左京区・下鴨神社 18-35/1.8

e0272231_02114230.jpg
左京区・下鴨神社 50/1.4

e0272231_02115981.jpg
左京区・称名院 15-30/3.5-4.5
左京区・阿弥陀寺 24-70/2.8 
左京区・蓮華寺 15-30/3.5-4.5

e0272231_02115017.jpg
左京区・二ノ瀬駅 10-17/3.5-4.5

e0272231_02154563.jpg
大津市・明王院 17-35/2.8-4
左京区・阿弥陀寺 17-35/2.8-4

華やか~にまとめたかったのに晩秋の渋い色合いばかり。
今年の秋は曇りや雨に出掛けて地面を見てる事が多かったのもあって(汗)

あっという間に秋が過ぎていき街はクリスマスモード、そして正月モードになっていきますね。
そろそろスタッドレスタイヤ交換と年賀状の準備も始めなければ。


[PR]
by hanashigai | 2017-12-06 19:00 | 日本の四季彩 | Trackback | Comments(6)

京都の春、はじまりました。

京都に春の訪れを告げるイベント「東山花灯路」が今年も開催されています。
私はまだ出掛けてないので天気予報を探りながらイメトレしてます♪
e0272231_05420985.jpg
東山花灯路は雨の日に訪れるのが断然に好きです。
石畳の小路に灯篭の光が反射して、華やかで美しい風景が出現するからです。

e0272231_05425462.jpg

上は2007年の東山花灯路。
まだ電線が地中に埋んでない時代なので電線・電柱が些か目障りですが、それも含めてこの時代の風景です。
電線云々よりも「JPEGだけで撮っていた」のが今思うと勿体無かったかも。
「フィルムも一発勝負なんだから」とそれが潔いと思っての事でしたが、今考えれば笑えますね。
フィルム時代はISO400を倍に増感して凌いでいた事もあり、デジタルの高感度ノイズの弊害よりも「スチルでISO3200+手持ち撮影」ができる事に感動してました。


e0272231_05413874.jpg

石塀小路の石畳も美しい灯篭の光に染まっていました。
その石塀小路・・・今年は撮る気分になるか?


e0272231_05414550.jpg

産寧坂と八坂道。
此処の折れ曲がっていく石畳小路が界隈で、現在もっとも好きな風景です。
撮影の時間帯をもっと早くすれば空のブルーも表現できて綺麗です。
が、しかし「京都の夜(暗さ)」を撮りたい時はあえて遅い時間帯を選んで出掛けていました。
東京や大阪等の大都会には無い「本物の夜」が、京都の中心地にはあると考えていて、それは例えば空が無駄に明るくないとか、暗闇が存在していると云う事です。
殆どの方は「夜」に本物も偽物も、へったくれも無いと思われるでしょうけど、ちゃんと暗い夜空って重要だと思うのです。


e0272231_05423522.jpg

雨が雪になってしまった時もありました。
さすがに積雪にはならないです。
けれど気持ちが既に春になってるので服装も若干春仕様。
なので寒さのあまり手に力が入って構えたカメラが安定しないのが失敗でした(笑)
でも雪が舞い落ちる花灯路はとても幻想的で美しい光景でした。

何年かぶんの東山花灯路を「綺麗なお姉さん」抜きで回想しました。
今年の東山花灯路は一週間早く始まってるので此れを書いてるまさにこの瞬間、大勢の人で賑わう東山界隈だと思います。
きっと綺麗なお姉さんが大勢・・・そういえば東山界隈でお姉さんを最後に撮ったのは昨年秋の事。
そろそろ始動しよっかな♪


[PR]
by hanashigai | 2017-03-06 19:00 | 日本の四季彩 | Trackback | Comments(18)

誰ぞ彼は・・・。


八坂の塔へと向かう石畳の道。
黄昏の光景。
e0272231_18172227.jpg

「黄昏(たそがれ)」を古くは「たそかれ」と云い、夕方の薄暗くなる頃に顔が見分け難くなる時間帯「誰そ彼(たそかれ)」と云ったのが語源なんだそうだ。
この時間帯を「夕方」と一括りにしないで「誰彼時(黄昏時)」と呼び広めた日本語って素敵ですよね♪



[PR]
by hanashigai | 2016-09-28 19:00 | 日本の四季彩 | Trackback | Comments(12)

京都雪夜



ちょっと古い写真ばかりですが京都の雪夜です。
e0272231_464396.jpg

e0272231_16215637.jpg

e0272231_04153657.jpg




[PR]
by hanashigai | 2016-01-09 19:00 | 日本の四季彩 | Trackback | Comments(12)

旬が過ぎててごめんなさい。

いつの写真やねんッ!?って云うツッコミは無しでお願いします。
e0272231_191790.jpg


e0272231_110990.jpg



日が違いますが上と同じ場所で、綺麗なお姉さんも。
e0272231_112635.jpg
手を伸ばして自撮りしてる女の子の、
苦労して撮ってる感じが可愛くて、つい声をお掛けしてしまいます。

e0272231_1121765.jpg
最近流行りの自撮り棒はいまいち好きになれないです。
何故なら、おじさんが活躍できる機会が減るので(笑)
お願いだから自撮り棒はしまっとってくださいね。




[PR]
by hanashigai | 2015-12-18 19:00 | 日本の四季彩 | Trackback | Comments(4)

晩秋彩々



e0272231_16521553.jpg



e0272231_16524244.jpg



e0272231_16525198.jpg



e0272231_16525987.jpg



e0272231_1653860.jpg




[PR]
by hanashigai | 2015-12-01 19:00 | 日本の四季彩 | Trackback | Comments(10)

秋の足音


e0272231_1471254.jpg


駐車場に停めてある車に乗り込むと、車内の暖かさにホッとするようになりました。
少しづつ秋が深まっています。



[PR]
by hanashigai | 2015-10-08 17:00 | 日本の四季彩 | Trackback | Comments(14)

夜の清水坂界隈を歩く


昼間は大勢の観光客で賑わう八坂・清水坂界隈は、夏であれば午後19:00前後から人影がぐっと減って静かな街に。

それに合わせるように空は夜への準備が始まった事を、自らの色彩の変化で知らせてくれる。
ブルーモーメントとかゴールデンアワーとかマジックアワー等と云われる空(時間帯)です。

e0272231_18235422.jpg

e0272231_18250452.jpg
e0272231_18251674.jpg
この数十分間に此処を散歩できた日はとても得をした気持ちなれます。

京都に暮らしてる僕がその光景に見とれる程に美しい時間帯にも関わらず、先に書いたように観光客は殆どいません!
「人でごったがえしてないから美しい風景」なのだろうけど、せっかく旅行にきてるのなら「この綺麗な佇まいも観てほしい」と云う思いがあったりもします。

宿の事とか食事の事とか都合があるだろうけど、せめて近辺に宿があるなら夜の八坂清水界隈も歩いて欲しいなぁと思うのです。


[PR]
by hanashigai | 2015-09-20 17:00 | 日本の四季彩 | Trackback | Comments(8)

夏の日



久しぶりに可愛い女の子たちに「おにいさん」と呼ばれたので気を良くしている私でしたが、
先日に撮る機会があった女の子達には「カメラマンのおっちゃん」と云われました。
やっぱ軽く凹みますね(笑)

この写真は自撮り写真を送ってくださった物です。
※オリジナルはもちろんボカシは入ってません。
e0272231_21174741.jpg


夏はオリオンビールが美味い季節です。
汗ばむ陽ざしの下、嵐山の河原でグビッと行きました♪
電車旅だと呑んでもOKなのが嬉しいです\(^o^)/
e0272231_21164716.jpg


この夏は人生初、嵯峨野の竹林小路へ。
見上げると風が竹の葉を撫でて涼やかな音を奏でていました。
e0272231_21170685.jpg



ここはトロッコ列車が通るJRの踏切です。
踏切と人力車の風景がいい感じでした。
この数秒のショットの間に蚊の襲撃を受けて痒いのなんの!
痒くなったり伝染病を媒介しなければ、
「パチン」とやられずに済むのになぁといつも思います。
e0272231_21172912.jpg





[PR]
by hanashigai | 2015-09-14 17:00 | 日本の四季彩 | Trackback | Comments(4)

夏の光景

e0272231_3341541.jpg


e0272231_3342862.jpg


e0272231_3344026.jpg


数年前の写真ばかりで恐縮です。
[PR]
by hanashigai | 2015-08-29 17:00 | 日本の四季彩 | Trackback | Comments(10)