人気ブログランキング |

カテゴリ:  ├ はんなり散歩写真( 53 )

護衛艦の艦上公開を見学してきたよ

各地で様々な催しで賑わうGWのさなか、京都府舞鶴市にある舞鶴基地(海上自衛隊舞鶴地方隊)のイベントに行ってきました。
前回から3年ぶりの訪問です。
e0272231_21365325.jpg
今回の目的は「自衛隊護衛艦の艦上公開」です
前半・後半で公開される艦艇が分けられ、私達は後半だったので護衛艦「せんだい」を見学します。
※写真上段は前半に公開されてたイージス護衛艦「あたご」

e0272231_22004581.jpg
到着が午前の部終了直後だったので、午後の部まで時間つぶしします。
埠頭のすぐ横の舞鶴赤レンガ倉庫群(重要文化財・近代産業遺産)に行ったり、埠頭に係留された自衛隊艦艇を見て回ります。

この日の主な係留艦艇は、補給艦「ましゅう」、護衛艦「せんだい」、イージス護衛艦「あたご」、護衛艦「ふゆづき」の大型艦艇と、ミサイル艇が2隻。
そして護衛艦「ひゅうが」は定検・改造・改修なのか?対岸の埠頭に係留してあった。

風にはためく旭日旗、そして日本国旗。美しいね~♪

e0272231_21595058.jpg
上が艦上公開される護衛艦「せんだい」
13:00を回ったので既に見学者が甲板上にいます。
今年はGW中に「令和」を迎えたから「満艦飾」を施されてるかも?なんて期待したけど、欲張りすぎましたね(笑)
この護衛艦「せんだい」は例の瀬取り現場を押さえた艦である。
e0272231_22002649.jpg

いよいよ護衛艦「せんだい」乗艦
艦上公開の見学者で長い列になってますが、殆ど立ち止まること無く流れていきます。

甲板には自衛官さんが安全の為に配置されており、見学者の質問に対応されたり、一緒に写ったりと皆さん忙しそう。
うちの両親も∠(・ω・) ありがとうございました。

主砲は撮影スポットと化してましたが、皆さん順序よく譲り合いながら、終始にこやかに見学・撮影がすすんでいました。

e0272231_22003950.jpg
護衛艦が護衛艦として任務する為の各種兵器装備
艦上見学をしての感想は、船体の割には軽装だなぁって印象。
なぜなら圧倒的な数で押し寄せる敵勢に対して、数発打てば弾切れ方式の魚雷やミサイルが主兵装なのは、素人目には凄く心細いと感じる。
※舞鶴地方隊は秋田県から島根県までの日本海側が警備区であり、その日本海側に在るロシア(軍事力世界2位・核兵器保有)・中国(世界3位・核兵器保有)・韓国(世界7位)・北朝鮮(世界18位・核兵器保有)と全てが敵勢国家だし、その広大範囲と強力な相手を、8隻の各種護衛艦と2隻のミサイル艇でまかなうって・・・!

e0272231_22061577.jpg
イージス護衛艦「あたご」の艦橋
快晴の空の下、PLフィルター付きレンズで格好良さげな反射をさぐる。
この日は全てのカットを、D500+10-24mmで撮影しました。
超広角なのでPLムラが出やすいけど、反射コントロール&こってり色が優先順位だったので良しとします\(^o^)/

e0272231_22050874.jpg
護衛艦「あたご」船体側面の塗装が雑だなぁ、と思いつつ眺めてると「潜水艦の艦橋」に見えなくもない。
そんな無駄な事はしないか(笑)

次回は護衛艦「ひゅうが」の艦上見学したいな~。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

 
2010年春、まだ平成の沖縄県石垣市竹富島で
私が連泊するいつもの宿に、ガタイの良い兄ちゃんが同じ宿泊客としてやって来た。
夜になるとその日を同じ宿で過ごす客同士での「ユンタク」が始まり、前日まで波照間島を旅行してたと、その兄ちゃん。
懐かしさもあり彼のコンデジ画像を見せてもらっていたら、メモリーの後半に迷彩服を着た兄ちゃん達の画像が数十枚!

その画像の事を尋ねると、兄ちゃんは「自分は自衛官で・・・」と、戸惑いつつ「皆さん、気分を害されませんでしたか」と少し顔が曇る。
私はとっさに「誰も気分なんて害さへんよ~」と答えつつ、心の中で「国防の任に務める青年が余りにも不憫ではないか!」と思った。

彼は部隊転属するらしく、その前の休暇で八重山を訪れたとの事で、志高い思いや興味深い話をしをたくさん聞かせてもらい、楽しいユンタクを過ごした♪
※きっとマニアの方なら知れた内容だと思うけど、それでも言葉を選びながら慎重に話されていたのを思い出す。
翌日、帰ると聞いてたので港まで送る積もりだったが、まだ皆(私を含めた他の客)が寝てる間に、朝食を取らずに早朝一番の船で島を立ってしまったので、
挨拶を出来なかったのが残念だった。

あれから9年、日本は国民が「自衛隊員さんに感謝し誇れる国」、自衛隊の皆さんが「自らの職務を誇ってよい国」に少しは近づいただろうか?

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ 
by hanashigai | 2019-05-10 12:00 |   ├ はんなり散歩写真 | Trackback | Comments(0)

2017結び♯4

e0272231_17342266.jpg
e0272231_17335482.jpg
e0272231_17340601.jpg


by hanashigai | 2017-12-31 19:00 |   ├ はんなり散歩写真 | Trackback

2017結び♯3

e0272231_09202354.jpg
e0272231_09194732.jpg
e0272231_09561888.jpg
e0272231_09200601.jpg

by hanashigai | 2017-12-29 19:00 |   ├ はんなり散歩写真 | Trackback

2017結び♯2


e0272231_18275842.jpg
e0272231_09353349.jpg
e0272231_09354737.jpg


by hanashigai | 2017-12-27 19:00 |   ├ はんなり散歩写真 | Trackback

2017結び♯1

クリスマスが終わっていよいよ年の瀬、年越しムードになって参りました。お陰様で私は29日まで忙しくさせていただけています。そんな事はさておき私の2017年を写真で振り返ろうと試みました。HDDから使えそうな写真を探ってみると、それぞれに思い入れがある写真ばかりで、その前後の写真も見ていると時間ばかりが経ってしまいます(笑)濃い一年だったと云う事にしておきます。

e0272231_18405490.jpg
e0272231_18410868.jpg

2017年を月毎、季節毎に振り返って写真掲載しますので、どうぞお付き合いください。




by hanashigai | 2017-12-26 19:00 |   ├ はんなり散歩写真 | Trackback | Comments(6)

京都駅ビル探検♯2

e0272231_09471608.jpg
e0272231_09461625.jpg
e0272231_09514994.jpg
e0272231_09472914.jpg


by hanashigai | 2017-12-21 19:00 |   ├ はんなり散歩写真 | Trackback

駅ビル探検

レンズを新調したので帰りがけに早速撮ってみました。
e0272231_23340694.jpg
e0272231_23513647.jpg
e0272231_23532249.jpg
e0272231_23341997.jpg


by hanashigai | 2017-12-16 19:00 |   ├ はんなり散歩写真 | Trackback | Comments(8)

岩倉散歩道♯3(田舎風景浪漫)

季節は初夏、空模様は曇り時々晴、時刻は15時過ぎ・・・積雪の冬以来に地元散歩をしてきました。
e0272231_12064578.jpg
引っ越してきてずっと此処から「田と桜並木と比叡山」を撮りたいと思っていました。
ただし田んぼの畦道に入らないと撮れないフレーミングなので、今まで撮れずに今期の桜も逃してしまいました。
でもこの日、地主さんから畦に入る許可をいただけました♪
※お声掛け時に畦道入口の柵を作ってる最中だったので冷や汗ものでした(笑)

何故に柵を設置してるか?と云うと、犬の散歩をさせる飼い主が糞の不始末をするせい。
草刈り機で畦の除草をすると、顔や身体に糞が飛んでくるのだそうで!とても酷いことですよね。
「飼い主が後始末してくれれば散歩くらいかまわないのに」・・・と柵で子供達の遊び場までも無くす結果に凄く残念そうでした。
撮り終わってから再びお礼を言いに行くと「えぇの撮れましたか?」「何時でも来ておくれやっしゃ」と、素敵なお母さんなんです。

e0272231_12065828.jpg
此処の田んぼも田植えがされてました♪
岩倉は田舎町なのに年々農地が減って宅地化されておりハラハラしていたところ。
今季も美しい日本の原風景を見せてもらえます\(^o^)/
本当は水が張られ、それが少し落ち着いた頃に撮りたかったのですがタイミングが合わず…それでもやっぱり嬉しいです。
※この画像は二枚を横繋ぎしてパノラマ風にしてます。

e0272231_12075400.jpg
前回の岩倉散歩でも撮ったフレームと構図です。
雪景の冬からガラリと風景が変わって、それが僅か数か月前なのですから、季節の移ろいの儚さを沁沁と感じます。
奥の田んぼは田植えがされてないので、もしかすると今後は宅地になるのかも知れません。

e0272231_12071328.jpg
最後は約20年前のフィルム写真と共に。
フィルム時代の此処は蔵の土壁や漆喰が剥がれてて、それが時間を重ねた年輪のようで味わい深い佇まいでした。
今の写真と比べると柿の木の育ち具合も丁度好いボリュームですね。
各要素が配置バランスがとても美しく僕好みの風景です。
でも何よりも嬉しいのは「此処の田んぼがまだ現役な事」なのです。\(^o^)/

当時、ここのお爺さんが壁も蔵もボロボロで恥ずかしいとおっしゃってましたが、それも込みで「美しい風景に見えます」と返すと、大変に驚かれてた(不思議がられた)のを思い出します(笑)

おじいちゃん、今見比べてもこの時の風景はとても美しいと思いますよ♪

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
 

by hanashigai | 2017-05-25 19:00 |   ├ はんなり散歩写真 | Trackback | Comments(6)

岩倉散歩道♯2


引き続き通学路散歩にお付き合いください。
歩き始めたのが夕方だったので一時間もしないうちに空が暗くなりはじめます。
山の向こうにある太陽はまだ十分な高さだけれど、山に囲まれた岩倉の町は早い時間に日が暮れてしまうのです。
ちなみに空が焼けるのは太陽が愛宕山の向こうに沈んでからなので、それまでかなり時差がある筈です。
e0272231_22120778.jpg
此処は中学生時代の部活終わり時の帰り道からみた風景。
朝は小学生時代の友人と通ってたけど、部活が違うので帰路は別ルートでした。
まだ稲作をされている田んぼなので夏から秋までの風景が凄く綺麗です。
※家々の向こう側に岩倉川が流れています。

e0272231_22123210.jpg
二枚目の写真の右方向。
隣の田んぼなのにこっちは雪がしっかり残ってました!何故こんなに違うのでしょうね?

e0272231_16114631.jpg
上は通学路ではないですが私の好きな風景。
此処も稲作をされているので季節毎の風景がとても綺麗です。
やはり此処も初夏の風景が一番好きですね♪
後ろの比叡山が好い感じに色付いてきました。

e0272231_16073903.jpg
上は岩倉実相院への参道です。
小・中・高・大学時代を過ごした界隈なので知り合いも多いです。引っ越してきた当時と比べると道路が格段に良くなりました。

a.画像右端の自販機がある御宅、以前は売店を経営されてたので、よく家のお使いに行きました。二、三十円をもって駄菓子を求めたりも(笑)
b.画像、親切な案内表示を発見。岩倉実相院は数十年前のテレビで多くの方々が存在を知る事になり、それから一時期は観光バスまでやってくる程に!今は随分落ち着きました。
c.とd.に写る蔵の向こう側には、背の高い大木と竹林があって、昼間でもうす暗く鬱蒼としていたのを思い出します。
そうそうc.画像に写る蔵の前から奥の電柱までのほんの十数メートルは、雪が降ると溶けずに残って必ずガリガリに凍結してたものです。今は塩カルで対応してるのでしょうね。

久しぶりの通学路散歩で懐かしい風景が多く残っていたのは嬉しい事でした。
といっても変わってない風景を選んで撮り歩いたので、そんな印象が濃いのかも知れません。
でも鳥が飛ぶ高さで界隈を俯瞰で眺めれば、実際はかなりの農地が埋められ、山は削り開かれて宅地になり、大きく立派な歴史あるお宅が無くなり分譲地になっていたりと、過ぎた時間を考えれば当たり前の変化が見られます。
洛北の田舎ですが、これからもまだまだ変化していく此処、今後も撮れるうちに記録に残しておきたいと思っています。


by hanashigai | 2017-01-24 19:00 |   ├ はんなり散歩写真 | Trackback | Comments(13)

岩倉散歩道♯1


私が埼玉県熊谷市から京都市左京区岩倉に引っ越してきたのは昭和54/12/06、ちょうど今回のような雪の後で、かなりの残雪がある寒い日でした。
生まれてから小学三年生までの東京では何度かの雪が降り、子供が雪遊びをするには十分に積ったのを覚えてますが、
埼玉で暮らした三年間は雪の記憶は一度だけでしたから殆ど雪の存在を忘れてたかもしれません。

新たな引っ越し先界隈はメインのバス通りがデコボコ(一応舗装はされてた)の田舎道。
そんな道を揺られながら道路脇や家の屋根に積もる雪を横目にやってきたのですから、幼心に「凄い所に来たな!!」と思ったものです。※叡電岩倉駅から木幡駅までの両脇は一面が田畑の時代です。
転校した学校への通学路は、舗装されていても道の中央(車のタイヤで踏まれない部分)はひび割れて雑草がニョキニョキ生えてる!か、砂利道!のどちらかで、途中にはなんと「牛小屋」までもあったんです!!

古き良き時代ともいえる懐かしい思い出です。

前置きが長くなりましたが、
先週末の雪で殺風景な田舎の風景が少しだけ華やいで、少年時代に学校へ通った道を歩きたくなりました。※そういえば十年ほど前にも突然思い立って此の通学路を歩いたなぁ(笑)
久ぶりの通学路は今どうなっているか?ちょっとした探検のような気持ちでの通学路散歩です。
e0272231_20291341.jpg
此処は小学生時代は砂利道でした。
正面から左に続くブロック塀は、当時は土壁で蔵ももちろん土壁・漆喰塗りの立派な物でした。
左側は道幅が少し拡張されたようです。
右に見える黄土色の土壁は当時のままの面影が!(もちろん幾度となく補修はされてる筈です)

e0272231_20283720.jpg
ここは余り変化がありません!35年前の風景がほぼそのまま残っていました!!
写真の岩倉川は、当時はお世辞にも綺麗とは言えませんでしたが、今は澄んだ水が流れています。
でも当時でも此処から2キロ程も遡れば清流といえる流れになり、小学生当時から川エビ・サワガニ・清流の魚(ハゼやシマドジョウ)等が捕れたんですよ。

e0272231_20280978.jpg

上写真の右の道を進んだ写真です。
この界隈は農家が多く立派な造りの日本家屋と蔵が多く残っています。
軽自動車でも通るのは厳しい路地なので小学生の頃は安全の為もあって此処を歩かされました。
私は初夏の此処の道が大好きでした♪

e0272231_20231933.jpg
少し進んで上を見上げます。
当時は白漆喰の立派な蔵に囲まれた素敵ポイントだったんです。
私は幼い頃から「田舎の風情」が好きだったようです(笑)
右は少しリフォームされた御様子ですね。

e0272231_20300420.jpg
最上段の写真を左に折れるとこの風景が現れます。
正面は京都滋賀の県境にある名峰・比叡山。
この風景も大して変わっていませんが、奥の塀が以前は木板だったような・・・いや!この立派な家にそれはないか?記憶というのは曖昧ですね。
でも絶対に間違いないのは、引っ越してきた小学生の頃から手前の畑が「田んぼだったら綺麗なのに」と思っていた場所です(笑)

e0272231_22131644.jpg
上地点からから更に数十メートル進んで。
時差があるので色が違いますが、此処までワイドにすると幼い頃のままの風景です。
川の護岸も、その上のブロックも、左端の白っぽい建物もそのまま!
とても懐かしいです。

山歩き用の靴を履いて歩きましたが、ほんの2時間程で中がビッショリ濡れて、帰宅した時は足がふやけてました(笑)
久しぶりに歩いて、今も好きな田舎風景が残されていたのが嬉しいです♪
また春、夏、秋と歩いてみたいと思いました。
下手すると同級生や後輩の「子供」が通学路を歩いてる!!なんてのも十分に有り得ますね。



by hanashigai | 2017-01-21 19:00 |   ├ はんなり散歩写真 | Trackback | Comments(22)