人気ブログランキング |

<   2014年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

秋の装い えいでん「こもれび」2014 


二ノ瀬駅で撮り鉄した2014年の秋

今回は「こもれび号」をテーマにまとめました。

e0272231_2142364.jpg



e0272231_21664.jpg


e0272231_21622100.jpg


e0272231_2172343.jpg
D700・D7000  24-70/2.8・17-35/2.8-4  皇紀2674

この駅でもみじの大木とすごしながら行き交う電車を見送っていると、車体に沿線の美しい四季がデザインされた叡山電鉄「こもれび号」について、ある事に気づきました。

この「こもれび号」が停車した時の二ノ瀬駅「大もみじ」と車体の紅葉ラッピングの位置があまりにも絵になりすぎること!!これは偶然なのか?
計算された演出なら完璧すぎますよね!
もしや何処かの駅では、桜・新緑・雪景が重なる場面もあるのか・・・?

この駅のように「まさに此処だ!」と云うような風景を探す地元旅も面白そう♪なんて思いました。

※自然・環境の大切さを呼びかける電車をコンセプトにカラーリングデザインされた叡山電鉄「こもれび号」外観には沿線の四季の風景と、そこに生息する動物達が描かれています。
そして「ギャラリートレイン」として、車内には時期毎に様々なテーマの作品展示も!それは沿線の園児ちゃん達が描いた絵であったり、作家さんの本格的な作品だったりと、旅の一期一会を土地や季節だけでなく、電車での移動中にも感じられる素晴らしい企画です。


by hanashigai | 2014-11-29 22:00 |  └ えいでん・らんでん | Trackback | Comments(10)

秋の装い えいでん「二ノ瀬駅」2014

e0272231_175228.jpg


e0272231_18545.jpg


e0272231_191857.jpg


e0272231_193053.jpg
D700・D7000  17-35/2.8-4  24-70/2.8  トリミングあり  皇紀2674

先週末の叡電地元旅からですが
暗い時間帯になってしまっても通ってます。

ムービーなんぞ、めったにまわさないのですが
此処にはやられてしまいました。

なるほど人気の場所のようで、多くの方がひっきりなしに訪れてました。

停車中の車窓からも皆さん、カメラを向けられて、
そんな光景を見ていても、ほっこり嬉しくなってしまう素敵な駅です。


  
by hanashigai | 2014-11-27 00:00 |  └ えいでん・らんでん | Trackback | Comments(10)

秋の装い もみじのトンネル2014  


叡山電鉄の一日乗車券を購入して「もみじのトンネル」ライトアップを堪能してきました。
お目当ては車窓を楽しむ為に造られた大人気車両の「きらら」乗車。叡電の地元に暮らしていながら「きらら」は今回が初の乗車なのです!そして沿線全てを走破したのも今回初!!
というか叡山電車に乗ったのはたぶん中学1~2年生以来30数年ぶりの事ですから、凄く新鮮な気持ちで乗り鉄でき、本人的には日帰り小旅行をしてきた気分で余韻まで楽しんだ濃い一日に大満足です♪

e0272231_23112392.jpg
「きらら」の車窓。もみじの紅葉ライトアップは、秋の叡電鞍馬線恒例の催しになりましたね。

e0272231_2312454.jpg
運転席窓から迫り来る紅葉ライトアップも。この区間は乗客の皆さんシャッターチャンスなのでバシバシ撮られてます。

e0272231_23125358.jpg
そして「こもれび」から、秋もみじの紅葉ライトアップも。

長い一日でしたがたっぷり叡電を堪能して、加えて楽しい出会いにも恵まれました。
先ずお一人目は貴船神社で声を掛けて頂いた方。
話をしていくうちに同じ事業所と契約する同業者と判明してビックリ!撮影地域が違うので顔を合わすのは初めてだったのです。
しかも僕が以前に取引してた他の事業所にも関連されてて、今日はそこの撮影だったとの事。
世間は狭いですね~。

お二人目は「きらら」車内でお声を掛けてくださった方。
もみじライトアップの写しどころをご伝授いただきました。
さらに話をお聞きしていると、なんとTV映像製作ディレクターの経歴持ち主!加えてえらい綺麗な方!!
終点の駅舎で少しお話をさせていただいて、予定外の楽しいひと時を過ごさせて頂きました♪

秋の京都は素敵です\(^o^)/


by hanashigai | 2014-11-22 00:00 |  └ えいでん・らんでん | Trackback | Comments(10)

京都、秋の装い2014  


今年も京都に秋がやって来ました。

e0272231_1644718.jpg
D7000  24-70/2.8  皇紀2674

平日の今日もあちこちが賑わっていると思います。

僕は残念ながら自宅でガッツリ仕事中!
今日、明日中にやってしまわないと、また週末をはさんで忙しくなるし・・・(´・ω・`)

写真は昨日の移動中にほんの少し立ち寄って撮りました。
帰宅はいつもどおり遅かったので、綺麗だと感じた時、素通りせずにカメラを構えて正解でした♪

さて、息抜きのブログポストはこれぐらいにして、再び仕事に復帰します。
by hanashigai | 2014-11-19 18:00 | 日本の四季彩 | Trackback | Comments(6)

思い出の旅客機 マクドネルダグラスMD-81/MD-90

e0272231_226481.jpg



e0272231_2273118.jpg



e0272231_2281198.jpg



e0272231_2283028.jpg



e0272231_2210552.jpg
D300

このMD81/MD90(M81/M90)達もエアバスA300(AB6)同様に、JASとJALの経営統合時に引き継がれた機材達。

機体の大きさからの想像とは裏腹に、かなり勇ましいエンジン音の旅客機だった印象が残っています。

伊丹(ITM)に行けば当たり前のように見かけた機体ですが、
いつの間にか伊丹(ITM)には飛来しなくなり、そのまま新鶴丸カラーにも会うこと無く全機が退役していきました。

JASのクロサワレインボーの時代には飛行機に殆ど興味が無かったし、
僕が伊丹(ITM)に通い始めた頃は、既にJALカラーに。
なのでJAS時代をちゃんと撮った事が無いのが悔やまれます。(それは他のJASの機材達にも云えますが・・・。)
e0272231_1394494.jpg
フィルムカメラ

沖縄旅行への出発便待ち時間で偶然にとらえたのが上のショット。
辛うじてクロサワレインボーが確認できます。


つい最近知ったのですが、このMD90(M90)も東日本大震災後の航空輸送で奮闘をしたそうです。

とても個性的なデザインの機体ですよね。
僕は機首の丸っこくてクラシカルな造形が特に好きでした。
by hanashigai | 2014-11-15 22:00 |  ├ KIX・ITM | Trackback | Comments(8)

河合神社と綺麗なお姉さん

e0272231_22101131.jpg

きらめきに誘われてついフラフラと。

ここ河合神社のご祭神、玉依姫命(たまよりひめのみこと)は

日本第一美麗神とされ女性の守護神だそう!

なるほど、ご覧のとおりの美しさ!!

e0272231_22431955.jpg
e0272231_22434543.jpg
D7000  80-200/2.8  SB-900

どおりで美女が多いわけだ。

はぁ~、それにしても本当に綺麗だな~!


by hanashigai | 2014-11-12 23:00 |  ├ 京都寺社めぐり | Trackback | Comments(8)

森の道 朽木村 sanpo

雨の天気予報だったけど帰宅途中の回り道。
今回は滋賀県・朽木村です。

此処が旧道になって既に二十年以上が経過し、交通量が減って半ば放置状態。

その分良い感じに自然が勢力を取り戻してきました。
e0272231_23215664.jpg
e0272231_23223356.jpg

京都と福井県・若狭地方を結ぶ「鯖街道」として、山深い谷川 を縫う険しく細い道。
道の両脇には四季の自然美が豊富で、此処を通る度に写真を撮りたいと思う場所でした。
しかし国道なのでひっきりなしに車が往来し、脇に車を留めて写真をなんてのは不可能。

山と森を切り開いてバイパスを通した事で、この旧道はとても静かな道となり、皮肉にも自然破壊の象徴のような公共道路開発が、念願だった自然風景に接する機会を作ってくれたのです。

雨粒が木の葉を叩く音と、渓流の川音との違いをハッキリと感じれる程に静かな森の道で、日没間近のひとときを楽しみました。

e0272231_23232692.jpg
D700  80-200/2.8  皇紀2674  滋賀県・朽木村

一時間程で完全に真っ暗になり集落の街灯が闇に家屋を浮かび上がらせます。
懐かしい日本の原風景が残る、森の道です。


by hanashigai | 2014-11-08 00:00 |  ├ 滋賀・奈良・関西 | Trackback | Comments(12)

秋の味覚 美味ツガニ(四万十産の川ガニ)


秋が旬の四万十川産ツガニ(川蟹・モクズガニ)をお取り寄せしました。
注文の翌日に発泡スチロール箱に入って到着。
早速箱を開けるとネット袋に入れられた蟹が全部で12杯も。
甲羅の横幅が7~8センチ程もあり、なかなかのボリュームです!(セコガニと同じくらいのサイズ)
因みにお値段は1キロ/¥2,000-(送料別¥710-)でした。

e0272231_2264918.jpg
水洗いの為にネット袋から別の容器に移すと、シャカシャカと音を立てながら脱走劇が始まります。
とても活きが良く俊敏に逃げるので、写真を撮ってから直ぐに深い鍋に投入!

e0272231_227113.jpg
初めての生きた蟹におっかなびっくりの夏。
ほんまビビリですわ(笑)

e0272231_2272828.jpg
食塩水で茹でること15分。甲羅が朱くなり蟹の香りが食欲をそそります。
今が旬の訳は繁殖期のメスには沢山の内子が詰まっているから。
その内子は茹でるとホクホクした食感と濃厚な甘み、もちろん蟹ミソもこってり濃厚で美味しィ~!とても贅沢な味でした♪
日本酒と合わせたらより味わい深かったろうなぁ。

※写真を撮らなければッ!と気付いた時は、既に手でカメラを触りたくない状態だったので甲羅の中身が撮れてません(汗)


by hanashigai | 2014-11-06 12:00 | ネコの夏ちゃん | Trackback | Comments(10)

京都、秋の装い 「下鴨神社」2014



e0272231_23413223.jpg



e0272231_23431821.jpg

D7000  80-200/2.8  皇紀2674


11月3日、夕方の下鴨神社。

イロハモミジは依然として緑色を保っていますが、銀杏は黄色の割合が多くなってます。

少しづつ秋の装いになってまいりました。
by hanashigai | 2014-11-04 23:00 |  ├ 京都寺社めぐり | Trackback | Comments(6)