タグ:猩猩 ( 1 ) タグの人気記事

有松山車まつり#4 猩猩(しょうじょう)

ここで有松山車まつりに現れる神様のお話しを。
有松天満社秋季大祭の昼の部には「天狗」と「猩猩(しょうじょう)」が出現します。
天狗は皆さんよくご存知と思いますが、猩猩は如何でしょうか?
※私は有松祭で遭遇したものの帰宅後に調べてみるまで、何の神様かを存じておりませんでした。能の演目に登場するらしいので詳しい方はおられるかも・・・。
e0272231_16194378.jpg
有松山車まつりの猩猩さま(と天狗様)、もちろん福の神であるのは言うまでもなく、子供をみつけると手に持った団扇で頭を優しくポンポン撫でて、無病息災を願いお祓いしながら練り歩きする様子が見られます。
でも幼い子供達にはとても恐ろしい存在のようで、猩猩が近づいてくると小さな子供の殆どはワンワン泣きながら親の後ろに隠れてしまうか逃げ出してしまう始末…2メートル超の巨体で、猩猩さまについては「だらりと伸びた赤い髪の間から赤ら顔でカッと見開いた瞳、歯を食いしばった独特の表情」で見つめられたたま近づいてくるのですから、そりゃあ怖いでしょう♪このビジュアルでは仕方ないです(笑)

e0272231_16195618.jpg
猩猩さまも日本各地の伝説や昔話に登場し、山に居いれば海にも現れたりと、かなりアクティブな神様。
といっても古くは神様ではなく物の怪の類だったようで、歓迎されるよりは災いの元のような捉え方をされていた様子。

そんな猩猩さまも過去には七福神の一人になっていた経歴もあり「大酒のみであるからにして全身が真っ赤に染まっている姿格好」は、よくよく見れば愛嬌があり親しみを感じる神様に見えてきます♪
夜の部で遭遇するのを楽しみにしてたのですが「昼間でもガン泣きする子供が続出」なのですから、流石の神さまも自粛されてるんでしょうね。

ウィキペディアで猩猩を調べてみるとズバリ「有松まつり」の猩猩さまが写真で登場しているのでなんだか嬉しいです\(^o^)/特に東海地方の祭りによく出没するらしいので、また遭遇できれば良いな~と思ってます。


[PR]
by hanashigai | 2017-10-13 19:00 |   └ 東海北陸の祭り | Trackback | Comments(4)