人気ブログランキング |

タグ:車 ( 8 ) タグの人気記事

さよならカプチーノ



e0272231_19195295.jpg

昨日の午後、愛車カプチーノが廃車の為に引き取られていきました。
平成4年に新車登録してから実に25年間所有した車。やはり寂しいものがありますね。

e0272231_19421923.jpg

e0272231_19244659.jpg


このスズキ・カプチーノはとにかく楽しく遊べる、実に好い車でした。
遠方では新潟・東京・千葉・群馬、富士山一周や四国一周、広島の尾道、ちょっと遠くなら岐阜の高山・奥飛騨、長野の松本や岡山等と各地への旅行で大活躍してくれ、季節も問わず、雪道・未舗装路もガンガン走ってくれた愛車です。

軽量な車重を生かしてキビキビ軽快に走れる事と、加えてフルオープンになるのもこの車特有の魅力。
そしてその小ささと軽さによって生み出される消耗品交換サイクルの少なさは特筆物で、かなりのエコな車でもあったのです。
そして簡単な整備なら自分でできてしまうのも楽しかった。
電気を使う部品もバッテリーターミナルを外すだけで触り放題でした。
※今の車はコンピュータがあちこちに介在してて、電気をいじるのはちょっと怖いですよね。
僕の車はフレームにリベット打ち増設し補強したので、剛性がありキシミなども極僅かでした。

また次に遊べる車を選ぶなら現時点ではカプチーノの一択で、程度の良い中古車を探したい気持ちが大きいです。

25年間お世話になったスズキ・カプチーノ、ありがとう。


by hanashigai | 2017-02-26 19:00 | オヤジのたわごと | Trackback | Comments(18)

イエローバルブの誘惑


1980年中頃~90年頃まで大流行したイエローバルブをご存知だろうか?
車の黄色ヘッドライト電球の事だ。

初期の物は電球に黄色いガラスカバーが仕組まれた物で暗かったのだが、最終的には蒸着染色された製品までに進化した。
この頃の車のライトはガラス製レンズ・金属製反射板なので熱に強かった事もあり、後にハイワッテージバルブも流行。
カプラやハーネス(電気配線)類を対応品にすれば150Wくらいの電球が装着でき、僕のホンダ・バラードCR-Xにはラリー車用の電気配線に交換して、130/150W程度の明るい電球を仕込み、IPF製スポット2灯+IPF製フォグ2灯も増設してた時もありました。
街なかでは使う機会が無いのですが当時は見た目の格好良さに満足してたのです(笑)
※ちなみにヘッドライトはPIAA製ヨーロッパ使用のライトレンズに交換済み。

イメージはル・マンを走る箱車やWRCのクルマたちだったのです(ネット拝借画像)
e0272231_02042700.jpg

スズキ・カプチーノはプロジェクターレンズなのでイエローバルブに交換しても色が主張せず、それが物足りないと思っていました。
ちなみにガラスに直接レンズカットが施された古い車達だと下写真(全てネット拝借)のように格好良くなるのです。
e0272231_02003593.jpg

e0272231_02004642.jpg


ホンダN-BOXならイエローバルブにしたら好さげでは?と思いやってみた結果、ガラス面にレンズカットされた昔の車のような見栄えにはならないようで少しガッカリ!

真正面から見れば黄色いけど、ちょっと角度がつくと殆ど無色になってしまう ┐(´д`)┌

それよりも、なによりも製品パッケージに「車検対応」と大きく明記されてたので安心して購入し、取り付けてから元のバルブをそのケースに入れる時、小さく小さく書かれてた「注意事項」を発見してビックリ (@ ̄□ ̄@;)!!
なんと平成18年以降生産の型式車両は「イエローバルブ禁止」になっていた!!
ほんの束の間の黄色い電球でした。

e0272231_02022218.jpg
イエローバルブ駄目になりましたが、ウインカーはオレンジのレンズカバーが好みなので、上画像(フォトショ加工済)のようにしたいと思ってます・・・これは難易度高そう!

レンズカバーが経年変化で曇ってしまったら分解してチャレンジしてみようとおもいます。
実際はいつになる事やら。


写真素材のピクスタ

by hanashigai | 2016-12-17 19:00 | オヤジのたわごと | Trackback | Comments(10)

湖岸でスロータイム



湖岸に車を横づけにすれば真横に湖が迫る此処。
初夏の頃は人も少なくてのんびりできるお気に入りの場所です。

e0272231_22323991.jpg
大胆に両側のスライドドアをあけ放ってみた!途端に湖からの風が吹き抜けてとても心地よい♪

e0272231_22331797.jpg
此処で一時間半程を過ごしていたら、だんだんと風が強くなってきて御覧の様子に!
※この時は水しぶきが車内に入るので流石にドアを閉めました。

e0272231_22335211.jpg
e0272231_22355309.jpg
此処に人がいるのも珍しいのに、ミャンマーからの子たちと聞いてビックリ!
自転車をもう少しだけフレーム内に移動させるべきだった。

彼女が手にしてるスマホでも撮ってあげたら好評でした♪
「アプリに好い仕事をさせてる」のは日本の女の子達と一緒ですね~♡


by hanashigai | 2016-06-01 19:00 |  ├ 滋賀・奈良・関西 | Trackback | Comments(10)

ランボルギーニ・イオタ

CR-Xに引き続きの模型撮り。
今回は「 lamborghini jota 」はスーパーカー世代には懐かしい、かの「潮来のオックス」が駆る名車。
1969年のデザインなのが驚きですが、ベース車両のミウラ(Miura)は1966年に登場してる訳で、イタリアのカーデザインって凄いなって思います。

でも日本でも殆ど同時期に、ニッサンフェアレディ240Z・トヨタ2000GT・マツダコスモスポーツがありましたから、当時のジャパンデザインの底力も負けてはいませんよ~。
e0272231_05221019.jpg
e0272231_05221853.jpg
前回のCR-X模型撮影で「ライティング毎に分けて撮影する意味」を友人に聞かれたので下の gif を作ってみました。
e0272231_11374859.gif

照明を分けた理由はSB900の一灯+部屋のシーリングライト+レフで撮ってるからです。

デジカメ対応のクリップオンストロボはSB900とSB800の各一灯しか所有してません。
マニュアル発光してるのでフィルム時代のストロボも使えますが、同調とか色々面倒なのと、何よりも狭い室内でストロボ&反射板&遮光板を多灯設置して設定するのが面倒なのです。

なのでSB900一灯だけで遠隔発光した画像を合成した次第です。
※シーリングライトはハイライト用に使いました。
光を均一にまわす目的であれば大きな光源2~3灯と反射板とトレぺで良いですが、アンバランスな光で作った画像が欲しいのと、やはりスペースが無いのでそれは却下なのです。

ストロボ光が当たった所が変化してるのが分かるのではないでしょうか?
※ストロボ光は照射距離と照射角をいじってます。

これらの画像の必要な箇所だけを合成して一枚の画像にしたのが、前回のCR-Xや今回の jotaとなりました。

by hanashigai | 2016-02-29 19:00 | カメラスタイル | Trackback | Comments(10)

ホンダ・バラードCR-X1.5i  

見てのとおりスケールモデルです。
25年以上も前に作って箱に入れっぱなしだったのを出してきました。
自分の愛車だった事もあって、そこそこ真面目に作ったのですが、
そもそも此れはホンダ・チューナー「無限」製の外装を装着した車、
鈴鹿サーキットでマーシャルカーを務めた、「無限CR-Xプロ」をモデル化したものなので、
僕の車とは若干形が異なります。
当時はブリスターフェンダーの形が格好良く見えて憧れたものでした。
e0272231_2393835.jpg
e0272231_0374767.jpg
D7000に80-200/2.8を装着して三脚にセットし、SB900も三脚スタンドに着けてスレーブ発光してます。
モデルは黒レフ板の上に乗せてハイライトだけが写る露光~モデル全部が写る露光までを、数カット撮影後にPCで合成して更に色々いじって上の画像を造りました。
以前、石垣空港を飛び立つYS-11をリアルに再現したら、逆にイマイチ面白くなかったので、スケールモデルっぽく再現してみました。
たまにはこう云う遊びも良いですね♪

今年も一年間、拙い当ブログに脚を運んでくださった皆様に励まされ、
楽しい日々を送る事が出来ました。
また来年も変わらぬお付き合いを宜しくお願い致します。
皆さまどうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
by hanashigai | 2015-12-28 17:00 | カメラスタイル | Trackback | Comments(6)

ホンダ バラードスポーツ CR-X 1.5i


先日、とても懐かしい思いをする事があった。

と云っても現実世界での話ではなくて、例によって夢の中での出来事!

かつて僕が所有していたマイカー「ホンダ CR-X」と云う車に夢で再会したのだ。
これまでも夢に車が出て来る場面は多々あったのだけど、この車が登場したのはきっと初めての事。

夢から覚めた時の余韻は相当にズッシリと重く、とてもとても懐かしい気持ちになった。

ただし夢の中では銀色のボディーカラーを纏っていたので、実際には僕の車とは云えないのだけど(夢から覚めて考えれば)
ドアノブの手応えや、ステアリング越しのメーター周りの雰囲気、カーステレオ(当時はカセットテープだった)は、
僕が乗っていたのとよく似ていたので、まぁ、マイカーと云う夢設定だったのだろう。
純正シートの(僕のは社外品に代えてた)表面素材の触り心地と、柔らか目な座面の感触を覚えていたのには驚いた!

実は夢のストーリーは全く覚えていなくて、フロントガラス越しに映しだされる風景と、
特徴のあるメーター周りの造形が凄く印象に残っている。

夢から醒めたその時から、数日たってもCR-Xと云う車が頭から離れず、
なんとなく「バラードスポーツCR-X」とキーボードをたたき中古車検索をすると、
なんと当時の新車価格程度のプライスが付けられている車があってびっくり!!

もちろんいくら状態が良くてもそんな価格で買い直そうなんて気持ちは起こりはしないけど、
程よいエンジン出力と軽い重量とのバランスが取れているこの車を、
もう一度運転してみたいなぁ!とは思う。

本当に懐かしいです。

e0272231_1755525.jpg


e0272231_1844470.jpg
Nikon FE2  36-72/3.5  アートフィルター  ネガフィルム  1992頃

写真は当時のマイカーです。
学生の分際にも関わらずローンを組んで買った中古車!
けれど半分も返済しないうちに大きな自損事故をしてしまい、
それを修理したので更にローンがかさみ大変だった(もちろん自業自得)

その分、思い入れが強くて社会人になってから今の車と二台所有していた頃もありました。
流石に維持費が大変になり廃車にしたのだけれど、
トラックに乗せられて運ばれていく時はウルッときてしまいました(笑)




by hanashigai | 2014-06-30 23:00 | オヤジのたわごと | Trackback | Comments(10)

猛暑日のロケ撮(スズキ・カプチーノ)



先週土曜日、日本列島で軒並み30℃超(京都は34℃超)の真夏日でしたが、
そんな中、滋賀県までロケ撮に行ってまいりました。

依頼主は友人で「自分の愛車(スズキ・カプチーノ)をちゃんと撮りたい」と云う事ですが、
費用も節約したい(もちろん仕事として請けました)との事から、その車一台で移動しながらの撮影!

ガッツリ10時間近く拘束されて、撮影枚数は600枚超えてましたが、
会うのも約8ヶ月ぶり位だったので楽しみながら撮れました♪

日焼けあとがヒリヒリしてます!
e0272231_024898.jpg
e0272231_1543862.jpg

e0272231_034271.jpg
e0272231_1545513.jpg
e0272231_155128.jpg
D700  80-200/2.8  SB-900 ・ SB-800  画像加工

補助光(スピードライト)の存在を目立たさないように撮ったり、
またその逆でも撮っていますが、与えられた条件の中で上手く撮れていると自画自賛しています(笑)

まぁ、自画自賛しないと誰も褒めてくれないので・・・。


いい感じの光線&カップルだったので、ついでにパシャリ☆=
e0272231_04662.jpg
D7000  80-200/2.8  トリミング
by hanashigai | 2014-06-02 00:00 | カメラスタイル | Trackback | Comments(6)

夜の千本鳥居 京都伏見稲荷大社

e0272231_0465069.jpg
D7000  TAMRON24-70/2.8  SB-800  Koki2673(2013)


e0272231_047670.jpg
D7000  TAMRON24-70/2.8  Koki2673(2013)


e0272231_0472077.jpg
D7000  TAMRON24-70/2.8  Koki2673(2013)
伏見のお稲荷さんは祇園界隈に次いでよく訪れます。
僕の場合は夕方からが多いですが、その時間帯の独特の雰囲気がたまりません!
朱に塗られた千本鳥居をくぐりながら山を登って「四ツ辻」まで。
ここに到達すると京都を眼下に眺めながら、お茶屋さんで甘味や軽い食事も楽しめます。
風情があって良いですよ~♪

まぁ、僕が行く時間にはたいがい閉まってます(;´∀`)

e0272231_0473575.jpg
D7000  DX18-200/3.5-5.6G  Koki2673(2013)
先月末に車検受けてきました。
平成4年に新車で購入して以来、ずっと乗り続けて23万キロを突破しましたが、
まだ頑張らせてます・・・と、云ってもここ数年は年間1千キロも乗らないですが。
ひさ~しぶりに撮ったので載っけてみました。
by hanashigai | 2013-10-18 08:00 |  ├ 京都寺社めぐり | Trackback | Comments(19)